いちりんざしのススメ

おへやに"いちりん"でもお花があるととても気持ちがよいものです。いちりんざしの飾りかたやおすすめの花を花ことばとともにご紹介いたします。

ichirinzasi193.jpg
スターチスの仲間ですが、お花が細かくやわらかい雰囲気が特徴です。カサカサのお花なのでこれもまたドライフラワーに最適!花言葉は「永久不変」です。3月の送別にもよい花言葉ですね。ちなみに花束に入っているピンクのバラの花言葉は「上品」。
2つの花言葉を合わせると、変わらずに上品なあなたでいてください!となります。
それぞれの花の花言葉をあわせると、それも楽しいかもしれません。
花言葉から花を探すときは、季節によってないもの、入荷がないもの、という花があるので気をつけましょう。

ichirinzasi192.jpg
 おしゃれな女子に注目度の高いミモザ。
ここのところのナチュラルブームで人気が更に高まりました。
ミモザのリース、いちりんざし、ミモザのブーケと、飾り方もいろいろです。
お花屋さんには今の時期しか入荷がなく、短い間しかお目にかかることはできませんが、ドライフラワーで楽しむのも良いでしょう。
暖かい地方では地植えも可能ですが、この寒い十和田では残念ですが地植えはできません。もふもふとした黄色い花が鮮やかで可愛らしく、他のお花の脇役としてもその存在は絶妙です。
花言葉は「優雅」「友情」です。大切なお友達に、さりげなくプレゼントしてみても良いですね。
あまり見かけることがないミモザです。お見逃しなく!

ichirinzasi3012.jpg
12月といえばクリスマスです。
 この時期になると街のいたるところで見かけるクリスマスツリーやリース。そこに使われているのはモミの木です。モミの木には色んな言い伝えがありますが、その中のひとつにこんなおはなしがあります。 ...ドイツ中部の山岳部では、もみの木に住む小人が木に留まることで村に幸せを運んでくれるという信仰が生まれたそうです(^^)そのモミの木にロウソクなどを飾りつけツリーの周りを踊るお祭りが、クリスマスツリーの起源になったとか。
モミの木は魔除けとして飾られてるというお話もあります。
 みなさんも、キラキラと輝くクリスマス装飾を楽しんではいかがですか?
モミの木の花言葉は「高尚」「永遠」「正直」「誠実」です。

11月のいちりんざしのすすめ

今月のいちりんざしのすすめは『わたの木』です。
※ドライフラワーです。
綿がポンポンといっぽんの枝に、飾り付けたかのように可愛らしくついています。これからの時期のアレンジメントのワンポイントとして大活躍!
最近はドライフラワーが人気です。
お部屋のインテリアに、お店のディスプレイに、またリースやスワッグに取り入れると素敵ですね(^^)
街はクリスマスの飾り付けに様変わりしました。お家のツリーにもわたの木を飾るとかわいくなりますよ!
ichirinzasi1811.jpg

10月のいちりんざしのすすめ

今月は大人気の「ユーカリ」です!
ユーカリと聞くと、コアラを思い出す方も多いでしよう。
今やフレッシュでもドライフラワーでも、人気のシルバーグリーンです。すこしくすんだグリーンが特徴で、近頃のナチュラル系の花束やアレンジ、またブライダルにも欠かせない花材のひとつになりました。
アロマの精油としても人気で、癒しの効果がありますよ。
また風水でも!玄関に置くと良いとか。
万能なユーカリをぜひおためしください(^^)
ichirinn189.jpg

ichirin918.jpg
花の中でも知名度はバラに続きトップ3に入るでしょうね(^^)
見た目に豪華ですから、多くの場面で喜ばれるお花です。
白、ピンク、黄色、赤...品種がとてもたくさんあり、私たちも覚えきれません。
もっともメジャーな"カサブランカ"。これもまた品種名でオリエンタルユリの中のひとつの名前なのです。
この大きな花のユリを全般的に"カサブランカ"というのではないのでご注意を!
人気のカサブランカも近頃はなかなかお目見えすることがなくなりましたが、よりよく品種改良したユリたちがたくさんありますので、カサブランカファンの方々は違う品種のユリも楽しんでみてください。
ユリの花ことばは、純粋。

ochirinzasi188.jpg
 8月の一輪挿しは〈ハスの実〉です。
これなに??と思うような姿ですよね。
じつはこれ、ハスの花のあとなのです。シャワーヘッドのような、なんともユニークな姿ですよね。
涼やかな葉物でシンプルに合わせ、和風の花瓶などに行けてあげると素敵に仕上がります。
今人気のドライフラワーにしても、とても素敵です。
乾燥したところに吊るしておくだけで簡単にドライフラワーになります。
吊るさずに花瓶に入れたままではキレイなドライフラワーは出来ませんのでご注意ください。

 今月は『ケイトウ』ですが、淡いピンクベージュのモダンな色です。
ichirini187.jpg
 写真のように枝物とあわせ、シンプルに。すっきりととオシャレな雰囲気になりますよ。秋と思われがちなケイトウですが、花屋の店頭には7月くらいから並び始めます。
花言葉は《オシャレ》。
よく見かける赤とは違い、こねような色のケイトウは本当にオシャレ!
ガラスの花瓶よりも、陶器などの器が相性良さそうですね。
水替えと切り戻しをこまめにしてあげると日持ちしますよ。
またドライフラワーにもおすすめです(^^)

6月のいちりんざしのすすめ

 6月のいちりんざしのすすめは《バンダ》です。
ichirinzasi1806.jpg
独特な雰囲気の蘭の花。
紫もはっきりとし、いろいろなシーンで大活躍のお花です。今回はいちりんだけ使ってコサージュにいたしました。どんな色のお洋服にも合いそうです。お祝いのアレンジメントにももちろん大活躍!個性的なイメージにしたいとか、少し大人っぽくしたいとか...という時にはぜひお使いください。
 また日持ちも抜群ですから、お供えのお花でもよろこばれるお花です。白とムラサキの組み合わせで凛とした感じに仕上がります。
花言葉は、身軽・上品な美しさ・華やかな恋・個性的。

5月の一輪挿しのススメ

今月の《いちりんざしのすすめ》は、
デルフィニューム
ichirinzasi305.jpg
花言葉は「清明」。その花言葉を思わせる清々しい色!
薄紙のような花びらが、ふんわりとした優しい雰囲気を表現しています。
デルフィニュームは綺麗なアオやミズイロで、なかなかない青系の花として人気も高いです。薄いピンクやムラサキもあり、こちらもパステル系の花あわせをするととてもかわいらしくなります。これからの暑くなる季節にはこの爽やかなお花はオススメです!
いちりんざしでも十分に満足できるお花です(^^)