夢追人ニュース

 今年10月10日で創業80周年を迎えた太子食品工業株式会社。これまでの歴史や、これからの展望について専務取締役・工藤裕平さんにお話しを伺った。
 80周年を迎えられたこと、まずはお客様に感謝を伝えたいです。創業者である故・工藤榮次郎が工藤商店として1940年に創業、1964年に法人化。1990年に現在のロゴマークに変え、これまで80年の長きにわたり地域の方々に愛されてきた。創業の志を忘れずに理念を再確認する年だとも思う。人口減少や、競合企業など時代の変化に今までとは違う危機感を持つことが必要。100年企業を目指して経営ビジョンを策定しなくてはいけない。
 80周年記念事業の1つとして青森県のご当地アイドル「りんご娘」をイメージキャラクターとしてCMキャンペーンを実施中。対象商品についている「80周年マーク」を応募はがきに貼って送ると抽選でオリジナルグッズや景品が当たる。嬉しいことに制作したCMが大好評で、すでに予想を超える応募が集まっている。もう一つは80周年記念の新商品「六穀太子納豆」の開発。大豆にウルチヒエ(粳稗)、モチキビ(餅黍)、黒米、赤米、アマランサス(赤粟)を最適な状態になるように別々に蒸して合わせた。栄養価を高めたうえで、人手で1つ1つ手盛りする。ポリフェノールが多く含まれ、とても糸引きの良い納豆に仕上がり、通販で展開。
 80周年のスローガンは『始動』。2030年までには新工場増設、売上高を伸ばし新事業にも取り組んでいきたい。80周年を迎えたことで100周年に向け始動する。これまでに感謝し、これからの世界の太子を目指すべく大きな大志を持ち始動していきたい。そのために3つのことを柱に考える。
 1つ目は「人」。基本的には、生産を止める事が出来ないので工場には休みがなく、社員には交代で休んでもらっている。30~40年勤務のベテランが多いが、土日交替出勤などもあり、子育てする世代には厳しい条件もある。環境としては若手と女性の雇用を増やせるような働きやすい会社をつくりたい。世代交代と人材育成を同時に進行し、働き方改革を実施する。2つ目は「食」。植物をベースにした世界に通用する食品開発を目指したい。豆腐・納豆に続く新たな売り場の開拓をする。大豆は肉に替わるタンパク質であり、ダイエットなどに向いている時代に適した食材である。食育や社会貢献も進めていきながら、大豆をベースにした新食品を思案中。太子ブランドを拡大するためにも業界を超えたコラボ商品なども考えたい。3つ目は「環境」。フードロスや脱プラスチックに注目し、環境問題にも対応していく。また、あまり一般的には知られてないが豆腐を作るときに出る泡を消す消泡剤や乳化にがりを使わない独自の技術開発でのこだわり製法もPRしていく。
 時代の移り変わりもあり、顧客の真の『満足』が多様化している。安心・安全・健康で美味しいという「信頼」、知ることや自分でやることで感動する「体験」、SDGsへの取り組みで持続的な発展に繋げる「貢献」。多様化には変化し対応しながらも、ものづくりに対する創業の理念だけは変えずに全国、世界の太子へと持続可能な発展をしていきたいと語った。
taisisyokuhin.jpg
↑10月からイメージキャラに起用のRINGOMUSUME(りんご娘)ポスターと工藤専務取締役(応接室にて。※写真用にマスクは外してもらいました)
 新型コロナウイルスで中止となった春・夏・秋まつりの代替イベントとして十和田市、十和田商工会議所・十和田奥入瀬観光機構が主催となり、十和田「春・夏・秋まるっとフェス」を9月5日・6日の2日間開催した。十和田市官庁街通り、中央駐車場などを会場は新型コロナウイルス対策として入場口では検温や手指の消毒、感染経路を知るための名前の記載などがあり、入場制限を1日3500人以下とした。新型コロナによる自粛で飲食料品や衣料・雑貨などの在庫を抱えた事業者の支援も兼ねての出店もあり、普段の祭りとは少し違ったお店の並びとなった。
harunatuakifes1.jpg
harunatufes2.jpg
 初日5日のオープニングセレモニーでは小山田市長が「子どもたちが一生懸命練習したお囃子などを披露するので、市民の皆さんも盛り上げて欲しい」と挨拶。まきばのこども園年長の杉沢愛和さん、杉林朔吾さん、新山恵麻さんが声を合わせて「コロナに負けるな!十和田市の元気!」と開会宣言をした。
harunatuakifes3.jpg
harunatuakifes4.jpg
 会場の中央駐車場では、元気いっぱいのまきばのこども園園児による和太鼓の演舞から始まり練習の成果を披露、特設ステージでは十和田中学校吹奏楽部と三本木高等学校吹奏楽部による演奏。ポラリスフラの踊りなどが披露された。素人によるカラオケ選手権や花柳流花すず会の舞踊、北野好美ミニライブが行われた。官庁街イベントでは三本木小唄が流し踊りをし、道路をキャンパスにしたチョークでお絵かきできるスペースで子どもたちが遊んでいた。ねじりんごのバルーン教室にも子どもたちが集まり、青い風船でハートを作った。また、十和田高校会議所の生徒らも出展し、暑い日に嬉しいスイーツやジュースなどを販売していた。午後6時から60発の花火の打ち上げもあり、フェスの初日のフィナーレを飾った。
harunatuakifes5.jpg
harunatuakifes8.jpg
 6日はイベントが盛り沢山でステージイベントでは暫楽団フルハウス・あんぱんヒップホップクラス・渡純司ライブ・DANCEDANCE WAG/十和田水神雷太鼓・桜田マコトライブ・愛野由梨奈ライブ・南小学校合唱部などが会場を盛り上げた。そして、最後にはお祭りの花形である太鼓の競演。秋まつり町内会十和田囃子演奏会が開演された。
harunatuakifes6.jpg
harunatuakifes7.jpg
 官庁街イベントでは「3on3 BASKET BALL大会」が開催。小学生の部と中学生以上の部に分かれ、DJブースを設けたり、途中ラップやダンスイベントをはさみながら大会を盛り上げた。小学生の部では全8チームが参加。熱戦を繰り広げ、三本木小学校男子6年生チーム「T・H・R・2」が優勝した。中学生以上のブロックでは12チームが参加。高校生や社会人の身体をぶつけ合った迫力ある対決やハイレベルな技術の応戦でどの試合でも歓声が沸いた。接戦を制し、優勝したのは社会人チームの「NSN」。記念品を贈呈し大会は終了。参加者からは是非来年も参加したいとの声も多かった。最終日は交通規制の関係で明るい時間帯に打ち上げる「昼花火」で「春・夏・秋まるっとフェス」を締めくくった。 新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止されているが、きちんと対策を設け、主催者と来場者が理解をすれば問題ないと証明した。久しぶりのイベントには多くの来場者の笑顔が溢れていた。
 株式会社お菓子のみやきん(宮沢一史代表取締役)は主力商品【駒饅頭】の誕生日が9月27日であることを、この度「日本記念日協会」に認定されたことを受け、認定証授与式を七戸町観光交流センターで行った。
 式典が行われた観光交流センターには大正天皇陛下が移動の際に使用した高等官馬車が展示されている。ここで開催された理由として、駒饅頭の由来は明治41年9月27日に、当時皇太子であった大正天皇が七戸町にある種馬牧場に行啓された。それに先立ち初代が小豆あんを入れた酒饅頭を献上したところ「駒饅頭」と命名されたことにある。今から112年前の9月27日に命名された命名日を駒饅頭の誕生日とした。
 まちのお菓子が記念日として認定されたのは漢字表記登録「饅頭」としては日本初となる。式典では宮澤ひろ子取締役相談役の開会の挨拶から始まり、駒饅頭のCM上映、認定書授与、そして社員の心を込めた手作りのくす玉割りが行われた。
 宮沢一史代表は「コロナの影響もあり、お世話になった多くの人を招くことが出来なかったが、本会場で式典が行えたことは大変に喜ばしい。お菓子として献上品は多くあるが、命名品は数少ない。売れる物を作る事はもちろん大事だが、大正天皇陛下から命名された駒饅頭を100年以上伝え続けることで歴史を感じることができる。今後ともよろしくお願いします」と挨拶した。
miyakin112nenn1.jpg
 一般社団法人日本記念日協会・加瀬清志代表理事は「このまちに伺ったのは初めてで、協会として青森県へ来たのは2年前の青天の霹靂以来。記念日はそのまちの人が誇りを持っているものに差し上げている。地元に根付いたお菓子メーカーで受けたのは珍しく、全国へ知ってもらうきっかけになればいいと思う。歴史ある馬の町に掛けて"駒饅頭は和菓子のサラブレットです"とキャッチフレーズも考えてきた。来年の9月27日にも何か企画してみて欲しい」と挨拶した。
 小又七戸町長は「七戸町を代表するお菓子は駒饅頭で間違いない」と喜び、馬とまちの歴史を語り、米内山青森県商工会連合会会長は「小さな頃から親戚のようにみやきんと育った。4代目となり、お菓子工場をスタジオとしてPRしたり、新しいものに取り組んでいることは素晴らしいことだと思う。創意工夫もあり、その中で変わらない駒饅頭が認定されたことは喜ばしい」と祝辞を述べて式典は終了した。
 また、当日は駒饅頭と高等官馬車を地域の大切な財産として沢山の人たちに知っていただき、この幸せを「お福分け」をしたいという想いからみやきん6店舗(七戸本店・三沢店・十和田総本店・八戸店・イオン十和田店・イオン七戸十和田店)で授与式開始13時に合わせて先着30名様に記念の紅白饅頭をプレゼントした。宮沢代表は「来年の9月27日にも何かの企画を考えたい。」と駒饅頭の誕生日記念日認定を喜んだ。
 青森県立三本木農業高校で中小企業庁令和2年度企業家教育授業に応募、採択され、企業家による出前授業が開講された。
 9月8日に農業経済科1・2年生の生徒68名を対象に「株式会社LOCO・SIKI」代表取締役 芝崎壽一郎さんが講師を務めた。
sibasakikouenkai.jpg
 芝崎さんは自己紹介後に365を起業する経緯を生徒らに説明。兵庫県出身で関東のみならず全国を歩き、料理人・アドバイザーとして活動していた中で、青森県の高品質な食材と出会った。食材ロスを減らし、保存のきく冷凍食品に目を向け、七戸町に冷凍食品メーカーを起ち上げた。
 冷凍食品と言っても添加物や防腐剤や化学調味料や発色着色料を使わずに一つずつ手作りで料理。独自の冷凍技術で料理人の作り立ての味を保存することに成功。
 それから様々な人とのつながりをきっかけに十和田市に他の業者と競合しない複合商業施設を目指してオープンした。
 全国では200を超えるブランド豚がある中で、独自にアップルポークを開発したり、小売店として見せるように各店舗を専門店として設け、こだわりのチーズ専門店や、地域の特産品を使った加工商品の開発。若者の流行にいち早く対応するカフェなど、若者から観光客まで対応できる他にはない複合商業施設として位置付けた。
 また、冷凍食品の強みを活かした海外事業では安心・安全・高品質な商品の輸出などしている。未来につなげるための挑戦を続けるためにこれからも商品開発をしていくと生徒らに伝えた。
 最後にこの講師を受けた理由の1つとして、この高校の卒業生がスタッフとして働いてくれたり、農家としてお付き合いがあるからで、今日聞いてくれた生徒の中で、何かの形でこれから関わりがあれば嬉しいと伝えて出前授業は終了した。
 十和田市連合PTA(畑中会長※以下、市連Pと略)では子どもたちがコロナ対策に加え、エアコンのない30℃を超える教室で熱中症などの健康被害を未然に防止するために扇風機を回収し、市内小中学校へ無償提供する活動を行っている。
 その活動に賛同した十和田市商工会議所青年部(佐々木会長)から新品の扇風機を10台市連Pへ寄付することとなり、今回は十和田市立東小学校(小原校長)へ寄付する運びとなった。
 畑中氏と佐々木氏が9月10日に東小へ来校し扇風機を寄付した。代表として受け取った東小児童会運営委員会の杉本快晟くん(6年)と高橋一華さん(6年)は「暑くて勉強するのも大変。扇風機があれば集中して勉強が出来ると思います。」と感謝の言葉を述べた。小原校長は「現在1クラス2台設置してあるが、やはり前後左右に4台は必要。音楽室などの特別クラスへはわざわざクラスから扇風機を持って移動しているので本当にありがたい」と感謝した。
syoukousennpuukikizou.jpg
 畑中氏は扇風機の回収活動は当初の目標の158台を大きく超え、258台(9月8日時点)となっている。当初の希望台数は確保でき、三本木附属中学校へも寄付もした。今後、猛暑から蒸し暑い日が続くとみられるので、希望学級へは扇風機を届けたいと語った。
 十和田市出身のモノマネタレント「りんごちゃん」が9月17日に市や観光や食をPRする「十和田奥入瀬観光大使」に任命された。
 十和田市現代美術館屋外イベントスペースで就任式が行われ、観光大使として就任したりんごちゃんが小山田市長と共に盆踊りで親しまれる「三本木小唄」の浴衣姿で登場した。
ringocyan2.jpg
 小山田市長は「2019年のヤフー検索急上昇ランキングで選ばれ、美しい容姿とギャップのあるモノマネで人気のあるタレントとして全国的にも有名なりんごちゃんに観光大使として就任して頂いた。十和田市は素晴らしい観光資源や農畜産物があるが、新型コロナウイルスの影響を受け、大変厳しい状況下にある。このような時期に観光大使として引き受けてくれたのは本当に有難い。十和田市の魅力を発信できるようにお願いし、りんごちゃんも応援していきたい」と挨拶した。
ringocyan1.jpg
 観光大使として就任したりんごちゃんは「私は十和田市で育ってきたし、休みの日には帰ってきたくなる大好きな故郷です。そのまちの観光大使になれるのは感謝しかないです。昨日は奥入瀬へ行ってきましたが、楽しくて時間が足りないくらいで、改めて自然の良さに気付けました。帰ってきて一番初めにするのは深呼吸。この十和田市の自然や美味しい食べ物の『匂い』が大好きです。日本中に大好きな十和田市の魅力を伝えられるように『スターティン』します」と抱負を述べた。
 挨拶終了後に観光大使としての「名刺」の進呈と記念撮影が行われた。その後の市長とりんごちゃんの対談では、りんごちゃんと同じ三本木農業高等学校出身の錦富士の話しから始まり、市長からりんごちゃんのアート作品の制作や桜流鏑馬にちなんだ企画などの提案が出され、りんごちゃんからはやってみたいことですでに実現した「りんごベーグル」の紹介がされた。りんごベーグルは市内取り扱い店舗・インターネットで10月中旬から販売される。また、市では年度内にりんごちゃんが登場する観光動画の制作をすることを発表した。
ringocyan4.jpg
ringocyan3.jpg
 また、この日は観光大使の第一弾の仕事として、市内25店舗が参加し、10月3日から11月31日まで開催される「おいしい十和田グルメフェア」の告知がされた(※詳しくは本紙7Pで記載)。観光大使の任期は2022年度3月31日迄。それまで観光大使としての活躍を期待し、十和田市出身のタレントとして応援していきたい。
十和田青果株式会社
代表取締役社長 坂田 真也さん
sakatasinnichi.jpg
坂田 真也さんプロフィール
昭和50年5月5日生まれ(45)十和田市出身。三本木農業を卒業後は東京農業大学国際農業開発学科へ進学。卒業後は親との約束を守り、地元就職をする。学生時代から熱中していたサッカー関係の知り合いから紹介され、十和田青果株式会社へ入社した。平成26年に部長へ昇進。平成28年に民営化するタイミングで前野月社長に若い世代の力が欲しいと代表取締役社長として就任した。

 今年で40周年を迎えた十和田青果株式会社の代表取締役社長の坂田真也さんを訪ねた。
 十和田青果株式会社は昭和55年、済誠会病院前にあった野菜の協同卸売り市場から移転し、株式会社として現在の場所に会社を設立。市が管理し、会社が運営をするという半官半民で運営していたが平成28年に民営化となった。
 坂田さんは学生時代から専念していたサッカー関係の人の紹介で、大学を卒業後に十和田青果株式会社に入社。経理・総務を経て部長に昇進。民営化をきっかけに前社長の野月さんから任命され40歳という若さで代表取締役社長として就任した。働く側から働く人を養う側の立場になったことで会社を経営していくための視野を広げたり、地域貢献も考えるようになったという。
 会社では社員としてイベント業務を任されるようになり、子会社として立ち上げた有限会社十美商事の営業も兼務した。年に2回ある東京・大阪の展示会では地元野菜を売り込んだりと、全国の野菜の相場との戦いは大変だったと営業時代を振り返る。十和田市の野菜を全国へ広めていきたい。直接農家さんから仕入れている責任もあり、従業員だけではなく、農家さんの生活も考える。生産者と消費者をつなげる役割をしっかりと果たしたいと語った。
 新型コロナウイルスの影響で外食産業からの注文は落ちているが、スーパーなどからの需要はあり、売り上げは実質上がった。40周年記念事業は残念ながら中止となったが、いま地域貢献出来るタイミングと考え、市へマスク10万枚を寄贈した。
 安心・安全・安定供給と品質管理を心掛け、十和田市の野菜を一人でも多くの人に届けたいと語った。
有限会社 みのる養豚
常務取締役 中野渡 大さん
nakanowataridai.jpg
中野渡 大さんプロフィール
昭和53年4月2日生まれ(42)十和田市出身。三本木農業畜産科を卒業後、北里大学畜産学科へ進学。卒業後は栃木県にある養豚会社へ就職。5年間勤務した後、家業である有限会社みのる養豚へ入社。栃木県の会社で学んだ知識と経験を活かして自社の拡大を目標に勤める。

 昭和43年創業の養豚会社・有限会社みのる養豚の常務取締役、中野渡大さんを訪ねた。
 中野渡さんは幼少の頃から養豚の仕事を手伝わされたり、家業に対しては3K(きつい・汚い・危険)のイメージしかなかったために、本音を言うと家業を継ぐつもりはなかったという。それでも長男として三本木農業、北里大学で畜産を学び、栃木県の養豚会社へ勤務。そこで養豚会社のイメージはガラっと変わったという。勤めた会社は福利厚生がしっかりしていて、休日も保障されている。何より会社が綺麗で仕事に対する意識も変わったという。辞めたくはなかったが、家業であるみのる養豚もこうあるべきと5年間勤めた後に退社。帰郷し入社した。
 当時は農場は2つ(現在は5)だったために親も子も混ざり合っている豚舎だった。現状を知り、昔からいる従業員とコミュニケーションを取りながら意識作り、環境作りから始めた。まずは農場を増やし、豚の大きさに合った施設で飼うこと。ピックフローと言われる仕組みで、例えで言うなら学校のようなイメージ。親は別の農場へ、子どもは大人になったら次の農場へ、移動する際に農場をきれいにして次の世代を迎える。それまでは1つのクラスに親も子も大人も一緒にいる部屋だったのでこれではいい環境とは言えず、ストレスや病気やケガもあった。
 農場を増やしたことで規模を拡大し、家族経営から従業員を守るための会社経営へと意識も変わった。従業員は帰郷した当時より4倍ほど増やす事も出来た。奥入瀬ガーリックポークや十和田ガーリックポークのブランド化など、県外への販売経路も確立し、会社としての地盤を固めてきた。
 養豚は糞尿が出るので、それをたい肥として農家へ分け、それで育ったにんにくや野菜を飼料として購入する。青森県は全国でもトップクラスの飼料米の生産地でもあり、地域との連携として、循環型農業を目指していきたいと語る。
 安心安全高品質をPRするためにJGAPを1つの農場で取得。今後は飼育豚舎3つ全ての取得を目指したい。新しい豚舎は餌やりや掃除にオートメーション機能を取り入れ、従業員も働きやすい環境を作っていく。安心で美味しい愛情込めて育てた豚をぜひ食べて欲しいと笑顔で語った。
 十和田市の北里大学獣医学部に実在した動物愛護サークル「犬部」が映画化されることが決定した。原案は今から10年前に同サークルの活動をまとめた片野ゆかさんのノンフィクション作品「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)で漫画家もされているもの。
 映画監督は「花戦さ」で第41回日本アカデミー賞優秀作品賞を受賞。「影踏み」などを撮った篠原哲雄さんが務め、主人公の花井颯太役をNHKの朝ドラ「スカーレット」など話題作に出演している俳優の林遣都さん、その親友の柴崎涼介役を数々の映画やドラマで活躍の人気俳優 中川大志さんが演じる。
 映画は同サークルを設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公・花井颯太が仲間とともに動物愛護に奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時間軸で構成。現代を主軸にかつての「犬部」の仲間たちを再び巻き込んで信念を曲げずに突き進む。
 林さんが演じるのは「犬のためなら死ねる」というほどの犬バカという役どころ。林さんは「溢れんばかりの愛が詰まった作品で、動物を愛し、救おうとしている人たちの願いを一人でも多くの人に届けることが自分の役目だと思う」とコメント。中川さんは「役者として、動物が大好きな一人の人間として、この作品を世の中に届けたい」とコメントした。
 他にキャストは現在非公開で今後、順次発表される予定。公開はKADOKAWAの配給で2021年に予定している。
inubu1.jpg
↑林遣都さん
↓中川大志さん
inubu2.jpg
 十和田流鏑馬観光連盟が新型コロナウイルスの影響を受け、春の桜流鏑馬が中止となったことにより、県外にいる生徒らにも改めて知ってるようで意外と知らない乗馬の安全確保と流鏑馬理論を学ぶクリニックを開催した。クリニックはオンラインで全国とリモートでつながり行われた。
rimortyabusame.jpg
 8月29日に十和田市総合体育センター2階で講師に南部流流鏑馬会副会長・菊池茂勝さんと日本流鏑馬競技連盟公認指導員・上村鮎子さんを招き行われた。会場生徒は18名、Zoomアプリをインストールした関東方面のリモート生徒ら(通称・東京組)17名が参加。和鞍・和踏みの知識と、つま先に力を入れる騎乗姿勢の理論。「つがい・構え」の動作の練習などを行った。初の試みとしてのオンラインクリニックは意外なところで苦戦した場面も見られた。講師の菊池さんの早口の南部弁が東京組はほとんど聞き取れないハプニングもあり、上村さんが解かり易く解説するように伝えていた。座学を学んだ翌日は実技レッスンとなり、十和田乗馬倶楽部で開催。馬の取り扱いの基本と流鏑馬実技をレッスンした。
 また、十和田乗馬倶楽部では第4回桜流鏑馬フォトコンテストも開催。過去5回の桜流鏑馬で撮影した写真がテーマで、一次選考を通過したやぶさめ部門30点、自由写真部門25点、計55点が選ばれた。作品は投票箱での一般投票、フェイスブック・インスタグラムの「いいね」投票と審査員票で各賞を決定。やぶさめ部門1位は次年度のポスターに採用される。投票は11月20日まで受付。結果発表・表彰式は12月20日に予定。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の写真

※写真をクリックすると記事にアクセスできます。

  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-58.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/65-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-2021-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2820.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-61.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2809.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2802.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2801.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-18-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2788.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2786.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2776.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2769.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/100-80.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2761.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2759.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2756.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2754.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2753.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2752.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2752.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2749.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/08/post-2734.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/08/post-2731.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/08/post-2731.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/60-11.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/60-11.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/60-11.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/21454.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/post-2737.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/post-2737.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/07/locosiki.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2720.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2717.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2717.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2716.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2716.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/post-2711.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/06/dont-forget-sakura-yabusame.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/05/npo-diary.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/05/-2-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/05/-2-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/05/post-2710.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/05/post-2709.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/15-14.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/15-14.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/15-14.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2701.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2699.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/04/post-2697.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/post-2694.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/we-love-30.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/we-love-30.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/we-love-30.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/we-love-30.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/post-2685.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/03/post-2685.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/20-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/20-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/20-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/20-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/-vol1---.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/-vol1---.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/41-21.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/post-2669.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/02/post-2668.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/01/post-2657.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/01/post-2657.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2646.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2645.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2642.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2639.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/26-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/26-17.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2638.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2637.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2637.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/12/post-2634.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2616.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2615.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/-5.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/-5.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/30-19.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/15-13.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/15-13.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/15-13.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2610.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2610.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/11/post-2608.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2598.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2597.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2596.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2596.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2596.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/yosakoi-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/yosakoi-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2592.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2592.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2592.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2592.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/10/post-2592.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2567.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2565.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2564.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/-87.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/09/post-2554.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2545.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2544.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2535.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2534.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2019/08/post-2533.html