夢追人ニュース

新しいことに常にチャレンジ
十和田飲食店を支える期待の若手経営者
anzainaoki.jpg
 ~安西直軌さんプロフィール~ 平成2年8月22日生まれ(28)十和田市出身。八戸水産高等学校に進学。3年生の夏に諸事情により中退し、十和田市の飲食店で勤める。それから三沢市の「和がや」で5年勤めた後、東京へ2年、飲食関係の仕事をしながら勉強した。帰郷してから26歳の若さで旧島津家跡地に旬彩和海を新規改装オープンした。今年7月で3年目を迎える。
 十和田市の飲食店旬彩和海の店長を勤める安斉直軌さんを訪ねた。水産高校を中退後は十和田市、三沢市、東京と様々な飲食店で働きながら、仕事のノウハウを学んだ。十和田市で海鮮系の飲食店をやりたいとの強い想いから26歳という若さで起業した。
 5年間勤めたという三沢市からの独自の仕入れルートもあり、調理や接客などの仕事の基本も身につけたが、経営は初めてでわからないことが多かった。オープン当初は4人でスタート。スタッフは募集してもなかなか集まらず、新人スタッフの教育をしても仕事を覚える前に辞めてしまう。新人スタッフが入るとまた始めから教えることをしなくてはいけないため負担も多く、初年度は人の入れ替えも激しかったという。徐々に経営も安定し、仕事にも慣れたスタッフも増えてきたことで気持に少し余裕も生まれてから、安西さんが次に考えたのはスタッフのことだと教えてくれた。社会保険をかけてあげたいと法人化し、社会的信用を安定させたいと今年2月に株式会社として設立。また雇用のためにも日曜定休をなくし、信用できるスタッフらとお店を盛り上げていきたいと意気込んだ。
 オープン当初は海鮮メインだったが、調理スタッフも増えた事で肉料理なども増やしている。お客様が楽しめるように新しいメニューを開発していき、凝った料理を勉強しながら季節のおススメなど提供していきたいと語った。
優先順位も変わる時代に適応し
会社と社員のためのバランスを考える
oosakayouici.jpg
~大坂陽一さんプロフィール~
 昭和56年5月22日生まれ(37)十和田市出身。十和田工業高等学校建築科を卒業後、八戸工業大学へ進学。卒業後に八戸市の建設会社へ就職。約3年勤務し、家業を継ぐために26歳の頃帰郷し、株式会社大阪へ入社した。
 ㈱大阪の専務取締役でもあり、㈲大昇運輸の代表取締役を勤める大坂陽一さんを訪ねた。大学を卒業してから八戸市の建設会社で勤務し、26歳まで建築業務に従事していたが、家業を継ぐため帰郷。入社当時、会社は土木がメインだったが総合建設業として仕事の範囲を拡大する。自身は営業課長として働きいていたが、責任を持ち、発言権を行使するために33歳と言う若さで㈲大昇運輸の代表取締役として就任した。そうしたことで仕事に対する考え方は少し変わってきた。会社の利益のためだけに働くのではなく、社員のためにこれからどうしていかなくてはならないかを考えるようになった。
 仕事では「人・物・金」のバランスが一番大事。会社を運営していくためにはどれかが欠けていてはいけない。その中でも一番大事なものは「人」だと語る。父世代はいくらでも仕事があって、働く人もいて、その利益で重機などを買った。休む間を惜しんで働く職人さんがいたからこそ成り立っていたが、今は違う。仕事があっても人手が足りないのが現状だ。物にお金を投資する時代から人にお金を投資する時代になった。
 これからは新卒者の確保など、学生に対するPRもしていきたい。先の事は考えながら、しっかりと今を見据えてフラットな目線を大事にしていきたいと語った。
 公益社団法人「小さな親切」運動本部では、お互いを思いやるという社会づくりに貢献する活動を行っている個人・団体を推薦し、表彰する活動を行っている。
 このほど「小さな親切」運動青森県本部を通じ、十和田支部より推薦を受けた4団体の受章が決定し、2月16日に市民交流プラザトワーレで表彰式が行われた。鳥谷部一嘉会長が実行章を贈呈。表彰を受けた団体、功績は以下の通り...【十和田市立北園小学校】児童が樹木を6年間育てたり、いじめサミット会議を開いて「日本一やさしい心」を目指して活動を続けている。/【十和田市立藤坂小学校】伝統芸能の駒踊りの伝承活動や秋祭りへの参加を通して郷土愛を育んでいる。/【さわらびボランティアの会】十和田市立中央病院で朝から利用者のイスの補助や案内などのボランティア活動をしている。/【馬はなし亭一座】チャリティー寄席を定期的に開催し、募金を東日本大震災の被災地へ毎年寄付している。
chiisanasinsetuenda.jpg
 表彰後に馬はなし亭一座の馬はなし亭呑助さんが漫談で笑いを、たなかポン太さんが昔ばなしを語り、式典を締めた。
 十和田市立松陽小学校では子どもたちの健全な自立を促すための取り組みの1つとして「弁当の日」を実践している。2月18日には12月に続き2回目の弁当の日を実施。学年ごとに難易度を変え、1・2年生は自分で弁当につめる。3・4年生はおかずを一品作る。家庭科のある5・6年生は全部自分で作ると決めた。
 お昼時間には全学年で2教室に分かれ昼食。 六年生は作ったお弁当の感想を発表した。手作りのお弁当を羨ましそうに覗く低学年と、少し恥ずかしそうに食べる高学年の姿があった。
bentounohisyouyou19.jpg
 「弁当の日」講演会などの希望があれば受け付けている。お問い合わせは...FAX0176‐25‐6060(大友歯科医院長・大友聡之)迄
 三本木農業高等学校植物科学科では平成24年度より「十和田きみがらスリッパ生産組合」および「十和田市農林部とわだ産品販売戦略課」と連携し、きみがらスリッパの原料となるデントコーンの栽培、普及活動に取り組んでいる。きみがらスリッパは現在、新宿ビームスジャパンで販売が開始されるなど、生産が追いつかないほど受注があるが、少子高齢化のため後継者の育成が課題となっている。
 三農と生産組合が連携を開始してから7年、悲願の後継者が誕生した。今年度卒業する生徒の1人、村井咲彩さんがきみがらスリッパ生産組合に加入したことを発表した。
dentokoukeisya.jpg
 村井さんは「1年生の時からこの活動に参加して、デントコーンがきみがらスリッパになることに興味を持った。地元に就職が決まったことをきっかけに地域の伝統工芸を守っていきたいと思いました」と笑顔で教えてくれた。
 また、十和田工業高等学校機械・エネルギー科も3年前から折りたたみ式製作台の研究に取り組んでいて、毎年改良しながら今回で4代目となる製作台を提供した。作成した福田瑞紀くんと苫米地優人くんは「僕たちは十和田市出身ではないのですが先輩の取り組みを見て興味を持った。持ち運びしやすいように軽量化も考えた。ものづくりで地域貢献することが出来て嬉しい」と答え、会員から改良点についてアドバイスを受けていた。
 きみがらスリッパの製作技術向上のため、講習会を定期的に開催している十和田きみがらスリッパ生産組合組合長の宮本桂子さんは「若い人の加入は本当に嬉しい。東京からも参加してくれる人もいて、会員も増え、組合も活性化している。今後も若者と連携しながら伝統工芸を発展させていきたい」と喜んでいた。
 十和田きみがらスリッパ生産組合は組合員を募集している。お問い合わせは...0176‐51‐6743(清野)迄
 とわだ市民活動ネットワーク主催の「中央病院フォーラム~中央病院の明日をみんなで考えよう~」が2月9日に十和田市民文化センターで開催された。
 代表の山端氏は「市民に中央病院への興味と理解をして欲しいとフォーラムを企画した。今回、予定していた長隆先生がインフルエンザのため、佐藤俊男先生に代理を頼んだ。現在中央病院の稼働率が減ってきている。このままでは無くなってしまい、そうなると市民が大変な事になる。地域と医療の連携を図ることが大事で、行政と地域が病院を守っていかなくてはならない。しかし、現状として人口減少は止まらない。そんな中で私たちがどうするかを考えるためのフォーラムにしたい」と挨拶した。
cyuubyouforam.jpg
 始めに経営アドバイザー・税理士の夏苅千晶さんが講師を務めた。実際に中央病院の平成8年からの年度別収益的収支の状況がわかる会計グラフを見ながら評論し、全国で26番目に経営状況が悪い。病院運営のために一時借入金を繰り返すと第二の夕張になる可能性もある。と危険な状況にあることを指摘。民間のノウハウを入れて抜本的な経営改革をしてもらう。地方独立行政法人として医師の派遣をお願いしてもらうなど目先を変えた方法もあると提言した。
 次に日本海総合病院理事長室参事の佐藤俊男先生は独立行政法人に移行した経緯と結果を紹介。地方はどこも本当に大変だが安心して故郷で住めるような環境を作っていくために重要性の高い医療・介護福祉を地域・行政が守っていかなくてはならない。病院経営は医療収入を増やしていかないと根本的解決にはならない。と話した。
 パネリストを務めるのは十和田医師会会長の小嶋泰彦氏、元中央病院審議会委員・税理士の鳥越正美氏、元中央病院事務局長の梅村健司氏の3名。
cyuubyouforam2.jpg
 小嶋氏は数年前に長先生と対談した時に病院を作るためには身の丈に合わないような莫大な金額がかかると言われた。病院の建設費から収益費を差し引くと、人口減少もあり、赤字が出るのは当たり前にも思えた。人件費に関しては削ることは必要ではないと思うが、薬の購入費などは共同購入や業者と交渉して経費を抑える方法もあるのではないかと意見した。
 鳥越氏は経営状況は厳しいと思い、まずは病院経営を勉強した。一日250万円の赤字が出ていると新聞で知り、検討委員会を起ち上げ、全適を実行した。独立行政法人化には大賛成。どんな組織でも言えることだが改革をするためには強烈なリーダーシップが必要。この赤字をどのようにするか様々な課題はあるが、企業負債が大きくては独立は難しい。建築費を医療収益から負担するのではなく、市が負担するべきと意見した。
 梅村氏は6年間、事務局長として勤めた病院でどのようなことが行われてきたかを振り返る。平成17年度に産婦人科を引き上げてしまい、医療収入は愕然と減った。医師不足から入院患者数を減らさざるも止む得なかった。医療収入をあげなければどうにもならないため、医師の確保に休みも返上して奔走した。任期が終わってから始まった緩和医療はまだ早いと思った。まずは医師確保、医療収入を上げるために市民一丸となって経営改善に取り組まなければいけないと語った。
 進行を務めたかけはし新聞の簗田さんは「今日は何かの結論が出るわけではないが、これだけの知識や想いがある人がいるのであればもっと時間を取って議論してもいいのではないか」と次回のフォーラムにも期待する。その後も意見交換は行われたが、講演時間が足りないほど濃く熱く語られ中央病院フォーラムは終了した。
2019年度スローガン PRIDE~誇れる仲間、誇れる地域を~
故郷の土と向き合い、郷土を愛する仕事人
nakamuratakahiro.jpg
~中村貴大さんプロフィール~
 昭和54年2月23日生まれ(39)三沢市出身。中学卒業後は八戸工業大学第一高等学校土木科に進学。高校卒業後は北海道にある専修大学北海道短期大学土木科に進学し、卒業後は家業を継ぐために帰郷した。
 創業は昭和51年。平成元年に中村整地から「有限会社中村整地興業」として会社設立。専務取締役として会社と地域の発展に貢献する。
 2010年に公益社団法人三沢青年会議所に入会し、56代理事長として就任した。

 公益社団法人三沢青年会議所(以下、三沢JCと略)の56代理事長として就任した有限会社中村整地興業の専務取締役・中村貴大さんを訪ねた。
 中村さんは三沢市で生まれ、八戸の高校へ進み、北海道の大学へ行って家業を継ぐために地元に帰郷。当初は主に水田の整地などを受けていたが市役所からの元請けで規模の大きい仕事を受けるためには一級土木施工管理士が必要だった。社員で資格取得をしてる人がいなかったため、最初に資格取得に専念し、創業昭和51年、会社設立は平成元年となる有限会社中村整地興業の専務取締役として会社と地域に貢献してきた。
 2010年に三沢JCに入会。きっかけは選挙時に会った司会者(当時のJCメンバーの程川さん)の人前で堂々と話しをする姿を見て憧れたことだという。入会してからは会社も忙しかったため、ほとんど参加は出来なかったが2年目に「人づくり委員会」の委員長を任せられた。そこでJCメンバーが何のために誰のために活動しているかを知った。
 去年、同大学卒でもあり、理事長だった新堂さん(現直前理事)から力を貸してほしいと言われ副理事長を任せられた。去年の三沢JCの一大事業とも言える「東北青年フォーラムinMISAWA」「創立55周年事業」では地域の様々な人と協力したり、お願いをしたりなど、全国から集まってくるJCメンバーや地域の方々のために走り回ったことは自分の大きな成長につながったと思うし、そのつながりを大事にしていきたいと語った。
 今年、三沢JCの理事長として就任し、スローガンを「PRIDE~誇れる仲間、誇れる地域を~」とした。
 去年経験できた素晴らしい活動に対する恩返しとして、JCメンバーが今年からどう変わったのかを見せる年でもあるという。まずは本年度スタートの多くのメンバーが入会5年未満であるため、会員拡大と会員の教育に力を入れていきたい。この地域のために何が必要か、今後どうあるべきかを真剣に見つめ直し、誇りを持って行動することが恩返しにつながると思うと語った。
 今年度の事業としては地域を誇れる青少年育成のための三沢沖縄児童交換事業。育つ環境の違う子どもたちが地域や自然との関わりを感じることができるコミュニケーションを通じて、自分の住む地域の魅力と誇りを感じて欲しい。また、メンバーの意識を高めるための市長との懇親会や拡大セミナー、三沢国際サマーフェスティバルやチャリティーゴルフコンペなど、毎年行っていることをもっと発信できるようにしたいと意欲を見せた。
 新しい取り組みとして、予定ではあるが8月頃に30歳の若者をターゲットにした「三十路式」を企画したい。UターンやIターンなどにつなげるために地域の魅力を再発信できる場にしたい。若者が帰郷できない理由の一つとして「仕事がない」とあるが、地方の人手不足は深刻だ。若者が挑戦できる地域の開発化に繋げていき、恩返しがしたいと笑顔で語った。
 昨年の夏の東北電力旗青森県大会を制した三本木女子ミニバスケットボールスポーツ少年団が12月22日23日に行われた第50回全国ミニバスケットボール大会青森県予選兼第43回青森県スポーツ少年団フェスティバル・ミニバスケットボール競技会で見事優勝し、全国大会への出場権を手にした。1月15日に小山田市長を表敬訪問し、大会優勝の報告と全国大会への決意を伝えた。
 県大会は1回戦目に夏の決勝で対戦した浜館(青森)と試合となり、監督が仕事で不在の中で始まった。試合は接戦のまま残り0.6秒で負けていたが、諦めずに最後まで闘い、逆転シュートを決めることができ、47対46の1点差で逆転勝利!一番苦しかった試合だったと振り返る。続く2回戦、準決勝は対戦相手に10点差以上離した内容で勝ち進み、決勝戦は和徳(弘前)と対戦。危なげない試合運びでリードを広げ、54対37で優勝し、県1位の栄光と全国大会への切符を手に入れた。
sansyouminibasuzenkoku.jpg
 コーチの桜田さんは「夏よりも点差は縮まり、厳しい戦いが多かったが、夏に引き続き、結果を残せて良かった。東北大会では力を出し切れずに一回戦負けを喫してしまったので全国大会では少しでもいい結果を残したい」と意気込みを見せた。
 子どもたちの感想でも東北大会での悔しい想いが強いという印象を受けた。全国大会では練習の成果を発揮して悔いを残さないことを目標に市長に決意を伝えた。市長は「夏に続いて青森県のチャンピオンになった。最後の最後まで一生懸命やることが大事」と子どもたちを激励した。全国大会は3月28日~30日に群馬県高崎市で開催される予定。
 以下選手を紹介(※学年・背番号・学校名は省略)▽竹内結菜▽角瑞稀▽保坂美羽▽上久保南▽佐々木日那▽石ヶ守柊子▽小山田朱恩▽寅谷由菜▽小山田りさら▽前山梓▽小原陽愛▽成田来夢▽木村悠愛▽丸井沙弥子▽金沢莉央
 公益社団法人十和田青年会議所(以下、十和田JC)が2019年度新年祝賀会を1月22日に富士屋グランドホールで開催した。同会議所の会員、県内の青年会議所メンバー、政治・経済関係者など約150名が出席し、新年を祝い挨拶を交わした。
 オープニングでは北里三源色が景気づけにヨサコイを披露。こっそりと大学生と一緒に必死に踊る十和田JC第63代国分聡理事長も見え、会場から大きな拍手を浴びた。息の上がったまま壇上へ上り、呼吸を整えてから新年度の挨拶。
senenkaigisyosinnenaki.jpg
 「今年のスローガンは『信じる。挑む~自分次第が導く価値づくり』とし、5つの基本方針を軸に活動していく。
 失敗しても笑顔で挑戦し続ける活動で種を蒔き、明るい未来の花を咲かせるために活動していきたい。十和田JCの魅力と価値を発信し、会員拡大を目指す。そのために知識や経験を得るためだけの団体ではなく、多くの人とのつながりを成長につなげられる共感性の高い価値を生み出していきたい。今年は25名スタート。1年後には45名在籍を目指し取り組んでいきたい。
 平成から新しい時代に変わる。新たな地域ビジネスモデルとなるため、多くの企業家と連携し、地域経済の発展にも寄与したい。
 青少年育成にも目を向け、現代の子どもたちに必要なのは希望を持った大人の姿を見せる事だと思いました。周りへの感謝、夢を持てる子どもを育成するために活動したい。
 秋祭り中日運営は47回目を迎える。先輩方からの伝統を伝えてきた。もっと多くの人に知ってもらうために共同性が必要。伝統を守りながらも、新たなことにも挑戦もしていきたい。
 私たち会員一同はまだまだ未熟ですが、笑顔を忘れず、真剣に取り組んでいきます。」と新年度の取り組みを約束し、挨拶した。
 小山田市長は「十和田市は人口減少・高齢化も進んでいるが、新たに企業を起こす人も多い。通りすがりではなく、目的人口を増やしていき、稼ぐ地域にしていく。DMOも4月から稼働する。若い人たちの力を大いに期待しています。」と祝辞を述べた。
 関係者代表各位が鏡開きを行い、齊下勝弘特別会員会長の乾杯の音頭で今年一年の発展を祈念した。
 2019年、創業113周年、会社設立61周年を迎えた十和田市のベストローカルストア「カケモ」の新春交換会が1月10日に富士屋グランドホールで開催された。
 取引のある企業・業者から約150名が来場し、カケモグループの新年の基本方針や決意を聞きながら交流を深めた。
 初めに代表取締役会長の欠畑了治氏(86)が「カケモが時代の流れと共に歩み続け創業113年、会社設立61周年を迎えられたことに感謝。お客様、従業員、業者のために接客サービスの向上、品揃えのレベルアップをしていきたい」と挨拶した。
kakemo20191.jpg
 次に代表取締役社長の欠畑茂治氏が挨拶。「去年は視察のためにシアトルへ行ってきました。アメリカ西海岸では建設ラッシュで人が賑わう町があり、そこで50坪ほどの小さなお店に入りました。その店はQRコードで入店し、カゴに商品を自由に入れてそのまま店を出る無人店でした。日本でも同じような店があるが理由は人手不足のためではなく利便性のため、ネットショッピングやデリバリーなどが普及していく時代にローカルストアがどうやって生き残るか考えさせらました。今年は新元号に変わり、消費税の増税など、かつて経験したことがない波がある。大変な時代だからこそチャンスはある。近年活躍が多いスポーツ選手を見て感じた『諦めない』ことをスローガンにしていきます」と力強く語った。
 挨拶後には役員及び、各店舗の店長、各部門のバイヤーらが壇上に上がり、今後益々の発展を約束し挨拶をした。
kakemo20192.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11