夢追人ニュース

 今年4月28日に「14‐54CAFE」をオープンした中野渡さん夫婦を訪ねた。中野渡卓也さん(26)は青森市出身、中野渡実知さん(26)は弘前市出身の移住者夫婦。大学卒業後に青森市の特別支援学校の臨時講師として勤務したことが2人の出会いで、去年の5月に十和田市に遊びに来たときに「14‐54」オーナーのアレックスとマイケルに出会い、将来的には飲食店もやってみたいとの想いもあった中野渡さんと14‐54でカフェをしてくれる人を探していたアレックスと意気投合し、転職を決意したという。7月には起業企画書を提出し、12月にはプレオープン。臨時講師を退職後に4月正式オープンと、出会いから行動までがとても早く驚かされた。
nakanowatarihusai.jpg
 中野渡さんは十和田湖や奥入瀬渓流のイメージが強かった十和田市の街なかを歩いてみると美術館があったり意外と都会だと感じた。寂しくなったシャッター街にも逆にいろんな可能性を感じたという。カフェでは地産品の野菜や県産品のコーヒーなどを提供したい。珍しいゴボウのホットサンドも人気がある。とりあえずは肩肘を張らずにカフェというより14‐54をコミュニケーションスペースとして利用してもらい、+αでホットサンドやコーヒーなど召し上がってもらえれば嬉しいと語った。
 フォトスタジオおだしまの「小田島星和」さんが6月に開催された青森県写真協会主催の第4回写真コンテスト・自由作品の部で金賞を受賞した。コンテストは他に営業作品の部と全体のグランプリからなる。テーマが自由なことからフォトスタジオおだしまで夏期に企画したキッズフォトキャンぺ―ンからシャボン玉で遊ぶ親子の写真を選んだ。タイトルは「シャボン玉いっぱい」でシャボン玉で遊ぶ親子の時間、子どもの表情に注目し、仕上がりを見て親が喜ぶような写真にしたかったと語る。
odasimahosikazu.jpg
odasimahosikazu3.jpg
 また、受賞を喜ぶ小田島さんが現在、もう一つ取り組んでいるのが西日本豪雨災害によって流れてしまった写真の洗浄だ。泥の中のバクテリアが写真を食べてしまうので時間と共に増殖するバクテリアで真っ白になってしまった写真もある。PGC(全国の若手写真館経営者が参加活動する団体)を通して岡山県にある写真館から写真洗浄の依頼があり、それを引き受けた。作業自体はそれほど難しくないのでFacebookなどでボランティアを呼び掛け手伝ってもらってもいる。被災地から届いたばかりの写真は泥と薬品の溶けたような臭いが混ざり、その悲惨さを物語る。洗った写真はくっつかないように一枚一枚離して干していく。感情移入しては作業が進まないので坦々とこなしているが、とある家族の何千枚とある写真を洗浄しながら赤ちゃんからの成長を見守ると、まるで知っている人かのような錯覚も覚えてしまい、現在はどうなってるか気になってしまうという。
odasimahosikazu2.jpg
 東日本大震災の頃は学生だったので気付けなかったことは、パソコンやスマホのデータは何かの拍子で消えてしまう事もあるのできちんとプリントをして形として残していないと思い出も流され消えてしまうと感じた。
 大掃除の時にうっかり昔のアルバムを開いてしまい、思い出を振り返ると作業が止まってしまう経験は誰でもあるのではないか?写真には思い出や記憶を形として残す力がある。スマホの画像データではなく、形として残して欲しいと語った。
 十和田市立三本木小学校女子ミニバスケットボールスポーツ少年団(以下、三小ミニバス)が7月21日・22日に開催された東北電力旗第31回東北ミニバスケットボール大会の青森県予選会で見事に優勝し、念願の東北電力旗東北大会へ出場する事が決まった。今年度の6年生は藤坂小との合同チームで地区大会を圧勝。県大会決勝でも56対30と浜館(東青1位)に快勝した。
 8月7日には小山田市長を表敬訪問し、結果を報告。子どもたちは「チームのために頑張りたい。自分の役割を一生懸命やって東北大会では優勝を目指したい」と抱負を語った。桜田コーチは「東北電力旗は初めて出場する。会場の雰囲気に呑まれないように頑張ってきます」とコメントした。
sansyouminbasu.jpg
【結果報告】
1回戦で福島2位代表の芳賀ミニバスに38対40で敗れ、力を出し切れずトーナメントを初戦敗退することとなった。
 十和田市立三本木中学校女子バスケットボール部(以下三中女バス)が8月8日から三日間、山形県酒田市で行われた第48回東北中学校バスケットボールにおいて準優勝の成績を残し、念願の全国大会への出場権を獲得した。経緯としては青森県大会で2位以上の成績を残したチームが東北大会へ、東北大会で2位以上の成績を残したチームが全国大会へと勝ち進む。三中女バスは去年まで3度も東北大会へ連続出場しており、今回が4度目、悲願の全国大会初出場となった。
 全国大会は8月22日から25日まで行われ、会場は山口県防府市。本州の最北端から最南端までの遠征となる。8月16日には小山田市長へ表敬訪問し、「先輩方の想いもつないで全国大会では自分の役割を果たしたい」と抱負を語った。
sancyuuzenkoku.jpg
【結果報告】
予選リーグ:三本木49‐81取石(近畿)/三本木60‐47光井(中国)/1勝1敗となり、ブロック2位での決勝トーナメントに進出/決勝トーナメント‥三本木42‐50梁瀬(近畿)/惜しくも8点差で敗れ、全国への挑戦は終わった。
 十和田レスリングクラブ所属の菅原美紅さん(ちとせ小3年)、齊藤寧彩さん(三本木小3年)、久田虎徹くん(六戸町立六戸小6年)が7月27日から大阪で3日間開催された「第35回全国少年少女レスリング選手権大会」で優秀な成績を収めたことを報告するため、監督の清水目伸さんと一緒に小山田市長を表敬訪問をした。
 大会は全国218のクラブから1339名が集い、小学3年生から小学6年生の部で階級別・トーナメント式で行われた。十和田レスリングクラブからは在籍約30名の中から8名が参加し、菅原さんが3年女子24㎏級で優勝、齊藤さんが3年女子++33㎏級で優勝、久田くんが6年男子36㎏級で3位入賞となった。
resringuyusyou.jpg
 菅原さんは「伊調選手の活躍を見た父に勧められて始めた。優勝できて嬉しい」と報告。
 齊藤さんは「生まれた頃から道場と共に育った。姉が中学でも優勝しているので将来は金メダルを目指したい」と抱負を述べた。
 久田くんは「4年生の頃はベスト8、今回は3位だったが、次の大会では優勝を目指して頑張りたい」と決意を伝えた。
 清水目さんは「大会は台風が重なった日で大変だった。階級は二ヶ月前からの申し込みとなるので成長期の子は体重管理も難しい。自分の教え子から金メダル選手が出ることを目標にしたい」と市長に語った。小山田市長は激励の言葉を贈り、今後の活躍に期待した。
 三沢市民の森で8月26日にWon Up oiraseの主催によるドッグフェス「Paw Paw Party」が開催された。「Won Up oirase」は人と暮らす動物たちがもっと穏やかに過ごせるように、大切な命が奪われることのないように、犬と暮らす飼い主から一歩踏み出そうと集まった団体。第1回目はカワヨグリーンロッヂで開催されたが予想を超える来場者がいたために今回は三沢で開催。犬を飼っている人は多くてもドッグフェスは県南、津軽、岩木の三ヶ所だけしかないという。会場には大小・犬種様々なワンちゃんと飼い主が集まり多国籍交流会のようになっていた。会場内では元祖飛行犬カメラマン・的場信幸さんが空中に浮いているような跳んでる瞬間の写真を撮影。他の飼い主からの人気も高かった警察犬ナッツ(過去に虐待され保護されたナッツは献身的な愛護により回復。その後、訓練や試験を受けて嘱託警察犬としての資格を取得した話題の犬)も会場を歩いて周り来場した飼い主やワンちゃんと写真撮影をしていた。獣医師によるおはなし会。飼い主とワンちゃんで行うドッグヨガなど愛犬との絆を1UPさせたフェスは大盛況のまま終了した。
dogfess.jpg
↑中央左側にいるのが話題の警察犬ナッツ

 現在メディアの放送などでも多く使用される「ドローン」。ヘリコプターを飛ばさなくても上空からの調査・警備・空撮に有効な手段でもあり、災害調査、鳥獣被害対策、プロモーションビデオの撮影、大規模構造物の調査・点検、農作物の生育状況の把握や農薬散布にいたるまで多岐にわたり今後の様々な分野での更なる活用が期待されている。しかし、ドローンはあっても(購入は誰でも可能)法律を守り、許可がなくては使用できない。許可が下りても技術者がいなければ有効活用できない。そこで情報の共有や防災減災及び地域の発展に資することを目的とした「ドローンイノベーションネットワーク(以下DIN)」を7月30日にサン・ロイヤルとわだで設立した。
dororninove1.jpg
 当日は様々な目的に適したドローンが展示・紹介され、デモ飛行なども行われた。防災・防犯・建設・調査など有効活用できる場面がイメージできる。会員の他にも消防署、警察署、市役所、建設業協会からも来賓として参加があったことからも、これからのドローン有効活用には注目が高いことがわかる。
dororninove2.jpg
 発起人でもあり、DINの会長と選任された株式会社大阪・関川明氏は「ドローンというアイテムは様々な場所で多岐にわたり更なる活躍が見込める。有効活用と安心安全を推進していきたい」と挨拶した。
dororninove3.jpg
技術顧問として選任されたITH合同会社国土交通省認定ドローン講習団体・高見雅之氏は「ドローンが普及し無くなった仕事もある。景色ではなくデータとして残すことを目的として管理することに意味がある。」と災害にあった町の景色の前と後を比べる映像を紹介し、原因を解明することで今後の防災にもつながると伝えた。現在は雨の中でも飛ばせるドローンも開発されており、災害緊急時に薬や食料などの物資の供給にも期待できると伝えた。
ふしぎな花倶楽部押し花インストラクター
東大野美穂子押し花教室
講師 東大野 美穂子さん
higasioonomihoko.jpg
 現在、十和田馬事公苑称徳館で企画展「蝶と押し花アート展」で押し花を展示している東大野美穂子押し花教室の講師・東大野美穂子さんを訪ねた。昭和35年4月28日生まれの十和田市出身。高校卒業後は東京の大学へ進学し、被服やデザインを専攻する。
 小さな頃から花は身近にあって草木や庭木がある環境で育ててもらったという東大野さん。「花」の表現方法は種類や大きさや色や形によっても違い、フラワーアレンジメントやいけ花やドライフラワーや花壇作りなど用途もジャンルも多種多様ある。その中でも小さな花が大好きで旅行先での風景を押し花で表現するのが好きだったという。
 嫁ぎ先が美容院だったために初めは花嫁のブーケ作りやフラワーアレンジメントなどをしていた。九州・東京・北海道では盛んな押し花のインストラクターとして「ふしぎな花倶楽部」のセミナーに参加。全国を回って勉強を兼ねて活動していたが、一言で「押し花」と言っても好みやジャンルは人それぞれで自分がやりたい作品作りに専念するために約22年前から自身の押し花教室を始めた。
 称徳館での企画展は今回で3回目。毎年11月の市民文化祭でも作品を展示、4月から5月頃まで浅虫の道の駅でも個展を開催している。また、受け入れボランティアの職場体験として小・中学生、幼稚園の母親などを対象にした講習会も行い指導もしている。押し花教室では生徒募集中。お問い合わせは...090‐9036‐8277迄
 七戸町立鷹山宇一美術館で7月14日から「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」で一世を風靡した漫画界のレジェンド「松本零士」展が開催され、多くのファンが訪れた。会期は9月9日まで。
matumotoreiji5.jpg
 会場では宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999、宇宙海賊キャプテンハーロックなどアニメブームを巻き起こした宇宙を舞台にした作品の原画や資料などが多数展示された。また、展示だけではなく松本零士氏本人の作品への制作の想いなどを語った映像もあり、観る人を飽きさせず新しい発見もある。
↓宇宙を舞台に活躍した人気キャラ。上からメーテル1997年(漫画表紙絵)、スターシャ(直筆原稿)、宇宙海賊キャプテンハーロック(直筆原稿)Ⓒ松本零士
matumotoreiji3.jpg
matumotoreiji2.jpg
matumotoreiji1.jpg
matumotoreiji4.jpg
matumotoreiji6.jpg
 他にも15歳でのデビュー作「蜜蜂の冒険」から始まり、意外と知らない人も多いだろう松本零士氏の漫画家としての遍歴も紹介。SF漫画、昆虫漫画、少女漫画、少年漫画、青年漫画、男おいどんシリーズ、戦場漫画を経てアニメと漫画の名作宇宙戦艦ヤマトに至ったことが解る。会場内ではインスタ映えしそうなメーテルと車掌さんのコスチュームや漫画のコマを切り抜いた巨大パネル写真立て(ここでは写真撮影OK)もあり、過去に出版した多くの漫画本も展示されている。入館料は一般850円、高校・大学生400円、小・中学生200円(団体割引きあり)。8月12日には松本零士氏のサイン会(図録購入先着100名限定)を予定。お問い合わせは...0176‐62‐5858迄
 十和田湖の美しさを肌で感じながら秋田県と青森県にまたがり湖畔を疾走する第3回「十和田湖マラソン」が7月8日に開催された。今回は秋田県大川岱からスタートするハーフコース、そして体力に自信のない方でも参加し易いように休屋スタートのクォーターコースを新設。事前登録ではハーフ429人、クォーター194人がエントリーし登録参加者は600人を超えた。
 前日から降り続ける雨に開催も心配されたが天気予報を覆し、朝の4時には雨は止み、心地よい風と太陽が道路を乾かした。そのためか当日は少し減ってハーフ378人、クォーター169人、トータル547人が十和田湖マラソンに参加した。
towadakomarason182.jpg
 開会の挨拶では十和田湖マラソン大会実行委員長・佐藤百年さんが「3回目ということもあり、今年からクォーターコースも新設。ランナーも若い人だけではなく年輩者(最高齢は81歳)も増えた。ボランティアスタッフも学生が多いので交流を楽しみながら十和田湖の魅力を感じて欲しい」と開催出来る喜びと感謝の気持ちを伝えた。選手宣誓では今大会最年少の秋田県立花輪高等学校・米田依里湖さんが大きな声で元気に選手宣誓を誓った。
towadakomarason183.jpg
towadakomarason184.jpg
 ハーフコースの選手は遊覧船に乗船し、スタート地点の大川岱に移動。会場では十和田西高等学校の生徒らが荷物受け取りや水分補給の提供などを行い参加者を歓迎した。
towadakomarason185.jpg
十和田湖マラソンは県境を越え、湖畔に面し、カーブが多く、そして最大標高差184mの起伏あるコースを走る事が特徴だ。ランナーの準備も整い、号砲で一斉にスタート!ゴールのある子の口までランナーは笑顔で駆け抜けた。
towadakomarason186.jpg
 十和田商工会議所青年部が主催となり開催している十和田湖マラソンではコース途中の給水所、ゴール地点、特設会場に十和田湖小中学校、十和田第一中学校、北里大学生らがボランティアスタッフとして汗を流し手伝ってくれる姿があり、参加したランナーからも「子ども達から元気をもらった」など好評な声もあった。
towadakomarason189.jpg
towadakomarason188.jpg
towadakomarason187.jpg
towadakomarason1810.jpg
towadakomarason1811.jpg
 閉会式がある特設会場ではまちおこし団体バラゼミの「十和田バラ焼き」と十和田特産品を使った「十和田湖ひめます汁」が無料振る舞いされ、疲れたランナーの身体を癒していた。表彰式では賞状と上北農産加工(株)からスタミナ源たれが」手渡され、ランナーたちはお互いに労をねぎらい祝っていた。
towadakomarason1812.jpg
 大会結果は以下の通り...(※1位のみ記載)【ハーフ男子】▽高校生以上39歳以下/加藤和彦(宮城県)1時間17分52秒▽40歳代/尾崎紀幸(秋田県)1時間16分22秒▽50歳代/河野献(山形県)1時間20分43秒▽60歳以上/石岡博幸(弘前市)1時間27分13秒  【クォーター男子】▽高校生以上39歳以下/木村高雄(秋田県)44分17秒▽40歳代/里村喜美夫(十和田市)45分9秒▽50歳代/佐々木重信(青森市)46分48秒▽60歳以上/赤坂裕司(岩手県)58分31秒  【ハーフ女子】▽高校生以上39歳以下/鈴木絵里(秋田県)1時間20分18秒▽40歳代/氷上奈穂子(東京都)1時間46分8秒▽50歳代/赤坂玲子(岩手県)1時間35分40秒▽60歳以上/秋田秀子(秋田県)1時間46分10秒  【クォーター女子】▽高校生以上39歳以下/田山礼美(秋田県)56分0秒▽40歳代/苗代沢栄里(秋田県)50分18秒▽50歳代/石岡祐子(青森市)1時間2分44秒▽60歳以上/篠本典子(神奈川県)1時間4分6秒
towadakomarason1813.jpg
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14