催物案内|イベント

 4月29日に十和田市馬事公苑オープン記念企画の一つとして称徳館民話シアターで「民話フェスティバル」が開演された。
minnwafesu1.jpg

 民話と紙芝居、民話劇とわらべ歌などを開演。十和田語りべ「わの会」が主催。スペシャルゲストとしてテノール歌手の山内豪士さんが出演し、わらべ歌やふるさとの四季の歌のメドレーなどを披露。友情出演として噺家の馬はなし亭呑助さんが民話劇に出演した。民話や民話劇、紙芝居なども南部の方言独特の語りと内容で会場からは笑いが絶えなかった。
minnwafesu2.jpg
minnwafesu3.jpg
 4月22日から5月21日まで十和田市馬事公苑称徳館で「南部のちいさな世界~思い出の風景展~」が開催。
 ミニチュア工房ちびっつ@の協力で1/24サイズのミニチュアが展示。八戸を中心とした実在した店舗や風景、郷土料理などを忠実に再現することにこだわって作成した。
 また、29日(土)は十和田市馬事公苑グランドオープン記念日につき観覧無料となり、たくさんの人が来場していた。作品の作成の様子も見えるように当日は展示品の横でちびっつ@代表の雫石氏が実際にミニチュアの作成をしていた。「私たちのことばである作品を見て思い出してください。そして忘れないでください」と願う作品には昔懐かしい温かさがある。
chiisanasekai.jpg
 他にも5月4日・5日には様々な体験教室も実施。称徳館の観覧料は一般300円/高校大学生100円/中学生以下無料となる。お問い合わせは...0176‐26‐2100迄
4月21日~23日の3日間、しちのへ春まつりのイベントの一つ、第7回七戸ひな祭りが開催された。
 中央商店街19ヵ所をひな壇やつるし雛で飾り付け、まちの歴史と一緒に見て楽しむひな祭りには多くの来場者が訪れていた。
sichinohinamatu1.jpg
sichinohinamatu2.jpg
 またしちのへ春まつりでは他にも多数のイベントを開催予定。4月15日~七戸町立鷹山宇一記念美術館で「ルドゥーテのバラ展」、4月22日~道の駅しちのへで「春の文化村物産まつり」、5月3日~「天王つつじまつり」、5月4日~旧南部縦貫鉄道七戸駅構内で「レールとあそぼう」2017」、5月14日は七戸町中央商店街で「第6回ピザカーニバルinしちのへ」など春を楽しめるイベントが用意されている。詳しいお問い合わせは...0176‐62‐2137(春まつり実行委員会)迄
 4月22日に十和田市民交流プラザトワーレでエステサロンAnje(アンジェ)主催の「大人の文化祭YOIYOI」開催された。大人も子供も楽しめるワークショップとして様々な癒しの体験ブースが来場者を迎える。会場には大人の女性、親子連れが多く、男性の姿も見られた。会話を楽しみながら触れ合い体験する大人の文化祭にはたくさんの笑顔が見られた。
otonabunkasai1.jpg
otonabunkasai2.jpg
otonabunkasai3.jpg
出展者、イベントは以下の通り...▽ジュエリーハート/大人(キッズ)リボン・ヘアアクセサリー作り▽スイートサラ/アロマハイストーン(アロマと石膏で作るインテリア雑貨作り)▽ココローズ/ボーセラーツ(世界で一つのオリジナル食器作り)▽サクラミント/パワーストーンアクセサリー作り▽ユヌランコントル/カフェミナージュ(デコレーションクラフト)▽アトリエシュエット/肩こり改善20分▽ハッピークローバー/耳つぼジェリー15分・プチ誕生日体質鑑定15分▽アンジュ/エナジーハンド20分・ヘッドリラク15分
お問い合わせは...090‐7932‐3412迄
 5月の4日・5日の2日間、カワヨグリーン牧場で「2017春の牧場まつりinカワヨグリーン牧場」が開催された。会場ではツリーイング体験(ロープで木登り)やバター作り体験、ペーパークラフト作りなどのコーナーがあり、たくさんの親子連れが来場した。
 5日のみのステージイベントとして、シンガーソングライターのばばらあやかの青空ライブやmarmaladeのバンド演奏、胡蝶蘭舞の和太鼓演奏などが開演され、晴天の牧場に音楽を響かせていた。
kawayoharumaturi2.jpg
 牧野館では紙芝居ライブも開演され、紙しばい倶楽部とわだ・おはなしぼっくすによる震災復興支援のための紙芝居が上演された。
kawayoharumaturi1.jpg
 パークゴルフや牧場バーベキューで盛り上がる広場にはゆるキャラのももちゃんやおいらせ町のマスコットおいらくんが登場し、子どもたちと触れ合っていた。また、下田中学校、八戸工業大学第二高等学校、六戸高等学校の生徒らがボランティアでお手伝い。
kawayoharumaturi3.jpg
主催のふれあい牧場デー実行委員会に協力していた。天気にも恵まれたカワヨグリーン牧場の春まつりは大盛況のまま終了した。
 5月3日から5日の3日間、十和田市馬事公苑駒っこランドで「駒っこランド春祭り」が開催された。オープニングセレモニーでは小山田市長が「来場者数も記録を更新し市内外から十和田市へ足を運んできてもらっている。黒澤理事長はじめスタッフの努力が結び毎年恒例となる春祭りも開催の運びとなり喜ばしい」と挨拶した。
komakoharumatujyuni.jpg
 初日となる3日は駐車場も満杯となる程の来場者が訪れ、毎年恒例となったジュニアオーケストラ十和田の演奏会が行われ春祭りの開催を祝うように曲を奏でた。他にもふれあいミニ移動動物園も開園。フクロウやカメレオンなど珍しい小動物などと触れ合い、親子で楽しめる時間を過ごした。
komakoidoudoubutu.jpg
4日はジャグリングショー&バルーンアート、蹄鉄投げのイベントが行われ、5日はマジックショー、スーパーボールすくいなどのイベントが行われた。来場者は家族連れが特に多く、ゴールデンウィークを駒っこランドで過ごすのも恒例となっていると感じた。
 4月19日に十和田市馬事公苑駒っこランドで十和田カトリック幼稚園園児を招いて交流館前のフラワーガーデンの春の花植え会と馬車始走会、にんじんあげ体験が行われた。
 十和田カトリック幼稚園園児41名がスコップと鉢を持ってビオラの花を植える。自分が植えた花が成長するのを見るためにまた来たいと声が聞こえた。午前中は少し曇り空だった天候も午後には太陽が顔を出し、園児らを歓迎する。
komakokohanaue.jpg
 花植えが終わってからは牧場へ移動し、班に分かれて馬車に乗ったり、馬へにんじんあげ体験をした。初めは身体の大きな馬に驚きながらも優しくにんじんを持ってあげる園児らは馬との時間を触れ合いながら過ごしていた。
komakokoninjin.jpg
↑初めは少しこわがりながらも勇気をもってにんじんをあげる園児
komakokobasori.jpg
終了後は十和田馬事公苑理事長・黒澤氏からお菓子のプレゼントが配られ園児らは満足そうに笑顔を見せていた。
zzsinnbuyoutaikai.jpg
 第14回グランドチャンピオン早乙女清次郎杯チャリティショー
 ▽日時/7月16日(日)午前11時開演▽会場/十和田市民文化センター▽入場券/指定席2500円(当日3000円)/自由席2000円(当日2500円)▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200
 十和田市オペラ振興会主催「シャンパン・女・ワルツの三拍子?!今宵何があろうとも全てはシャンパンのせいなのさ!」
koumori.jpg
 ▽日時/11月19日(日)午後4時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽チケット/3000円▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200/アドレス:koumori2017@yahoo.co.jp

世界観客動員数700万人突破!!THE日本エンターテイメント八戸再上陸
drumutaosipuu.jpg
 ▽日時/7月14日(金)午後7時開演▽会場/八戸市公会堂▽チケット/S席6500円・A席5500円・B席3500円▽お問い合わせ/℡0178‐44‐7171
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11