催物案内|イベント

 社会福祉法人十和田市社会福祉協議会が主催となり、市内の中高生が社会福祉やボランティアの大切さについて学び、意見交換を通じて「思いやりの気持ち・助け合いの気持ち」を育むことを目的とする十和田市中高生福祉サミット「思いやり広場」が1月11日に市民交流プラザトワーレで開催された。
 参加した市内5つの中学校から生徒12名と十和田西高生5名が社会福祉について意見交換をした。社会とは?福祉とは?社会福祉とは?を考え、自己紹介の後にグループで高齢者について話し合い、それぞれの意見を発表しあった。
cyugakubortanthi19.jpg
 午後に訪問予定の「ふれあい・いきいきサロン」で高齢者に楽しんでもらえるように伝言ゲームや新聞玉入れ、風船バレーなどを練習。午後にはふれあい・いきいきサロンへ移動し、生徒らは実際に高齢者と触れ合いながらお互いに楽しい時間を過ごした。
 一般社団法人十和田市観光協会主催の第18回「十和田市写真コンテスト」の表彰式が1月11日に十和田市民図書館で行われた。
 会長の稲本修明氏は「平成13年から開催されている写真コンテストに協力頂いた方々に感謝。第18回目となる今回は208作品の中から22作品に各賞を表彰致します。今年3月に一旦解散となるが、十和田市の魅力を発信するためにも十和田DMOとして新たに開催する予定です。」と挨拶した。
 最優秀賞を受賞したのは十和田市在住の佐藤幸一さん。今回で4度目の最優秀賞となった。タイトル「現代美術館アート広場夜景」は水玉の女の子が見ているファンタジーのような世界。全体のブルーの色合いも美しく、絵本の1ページのような作品である。と十和田市写真コンテスト審査員・写真家の和田光弘氏より賛辞を受けた。
syasinkontesut1.jpg
 和田光弘賞は小笠原正明さんが受賞。タイトル「シルエット」はライトアップされた夜の現代美術館に力強く映るシルエットの大胆な構図と繊細なポイントが心憎いと賛辞を受けた。
syasinkontesut2.jpg
表彰式終了後は今回の作品をベースに和田光弘氏による講習会が行われた。作品は図書館、市役所展望台で展示される。
 ...以下、入選者の紹介(作品タイトルは省略)
▽最優秀賞・佐藤幸一▽優秀賞・鹿内秀雄/松林操▽和田光弘賞・小笠原正明▽春の十和田賞・相内悦子/向井義幸▽夏の十和田賞・白山健悦/逓駅隆英▽秋の十和田賞・サーミエントマイケル/笹森敏雄▽冬の十和田賞・清水目章司/漆舘俊尚▽佳作・中野渡俊彦/砂渡勝彦/青山一夫/三浦譲/山本敏夫/松橋洋司/逓駅和子/神玲子/木村清栄/中渡和誉

Mariula

[イベント, 催物案内, 演芸, 舞踏, 音楽]
mariuaika.jpg
 ▽日時/2月9日(土)10日(日)午後6時開演▽チケット/一般30000円・学生2000円(当日500円増)▽会場/青森県立美術館アレコホール▽お問い合わせ/℡017‐783‐5243「
hachioiwaikonsat8.jpg
 ▽日時/2月11日(月・祝)午後3時30分開演▽チケット/前売り3000円・当日3500円▽会場/はっちシアター2▽お問い合わせ/℡01178‐22‐8228
hapikon192.jpg
 ▽日時/2月10日(日)午後2時~午後5時30分予定▽会費/男性3000円・女性2000円▽対象/30~50才までの独身男女▽会場/サン・ロイヤルとわだ▽お問い合わせ/ハピ婚実行委員会/sp2h79v9@citrus.ocn.ne.jp
huyuinotanboart.jpg
 ▽期間/2月8日(金)~2月11日(月・祝)▽入場/無料▽会場/田舎館村「弥生の里展望所」周辺」▽お問い合わせ/℡0172‐58‐2111
蔵元の奥深さと出合うチャンス!!
sinsyuwotanosimukai5.jpg
 ▽日時/3月8日(金)午後6時~午後8時▽会場/富士屋グランドホール▽料金/5000円▽お問い合わせ/℡0176‐23‐7251
八戸市内パフォーマー最大の祭典!
hacinohepaforma.jpg
▽PERFORMER/WE ARE THE HACHINOHE/八戸ハーモニカ友の会/西園スウィングジャズバンド/おのバンド/∞SPIKES/wink/オヒア・レフア・フラ/ハウオリフラ/ライズはしかみ/Baton Team Fluorites/フラスタジオ プメハナ▽ゲスト/十日市秀悦/M.A.T.E▽MC/中島美華
 ▽日時/2月24日(日)午後1時開演▽会場八戸市公会堂ホール▽入場料/500円▽お問い合わせ/℡0178‐44‐7171
 同時開催「第14回はちのへ子どもフェスタ」▽日時/2月24日(日)午前10時~▽会場/公会堂・公会堂文化ホール▽入場/無料
冬と遊ぼう
▽冬花火▽乙女の像ライトアップ▽氷瀑ツアー▽雪のメモリアルフォト▽バナナボート▽ハートオブジェ▽冬自転車物語▽イルミネーション▽引馬乗馬体験
huyuonogatari19.jpg
 ▽期間/~2月24日(日)平日午後3時~午後9時・土日祝午前11時~午後9時▽会場/十和田湖畔休屋イベント特設会場▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐75‐2425
 ▽ピンク花火の打ち上げ/3月1日(金)~3月3日(日)
 第2回目となる「桜流鏑馬フォトコンテスト」が行われ、エントリー作品117点の中で写真展示、SNSによる一般投票から選ばれた作品の受賞表彰式が11月23日に市民交流プラザトワーレで開催された。
 初めに十和田乗馬倶楽部・上村鮎子さんが「当初はカメラマンのマナーの悪さに馬が驚いてしまうことも多く困っていたが、カメラマンもカメラマンの立場からイベントを盛り上げようとしてくれていたことに気付き、選手とカメラマンの距離を近づけるためのイベントの1つとして始めた」とフォトコンテストを始めたきっかけを語り挨拶した。
yabusamefotokon3.jpg
 表彰式が執り行われ、受賞8作品・受賞者が紹介された。最優秀賞は来年度開催の桜流鏑馬のポスターとして起用される。以下、作品名・受賞者を紹介...
 ▽最優秀賞「とどけぇぇ~っ!!」(砂渡勝彦・青森県六戸町)▽優秀賞「ヨシッ!!」(三小田智子・東京都中央区)「艶やかに退く」(三小田智子・東京都中央区)▽十和田市観光商工部部長賞「MIYABI」(水野英樹・千葉県船橋市)▽十和田市観光協会賞「Shoot!」(北川孝)▽小山田邦弥賞「お休みタイム」(成田穂積・青森県野辺地町)▽流鏑馬競技連盟東北支部賞「華麗なる出走」(中野渡俊彦・青森県十和田市)▽写真のオクヤマ賞「いざ出陣」(風穴一男・青森県八戸市)
yabusamefotokon2.jpg
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15