催物案内|イベント

トワ恋

[イベント, 催物案内]
towakoi.jpg
恋活セミナー+イベントINFORMATION
 ▽セミナー①Step1・「初対面、もう怖くない」第一印象力アップセミナー&交流会(終了)
 ▽セミナー②Step2・「また会いたい!と思わせる」引き寄せ力アップセミナー&交流会▽日時/7月29日(日)
 ▽イベント①Step3・きみと恋するとわだフォト散歩(奥入瀬編)▽日時/9月1日(土)
 ▽イベント②Step4・きみと恋するとわだフォト散歩(バス旅編)▽日時/10月6日(土)▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6712
natuyasumitaikenkyousitu.jpg
 ▽チョウの標本を作ろう!/沖縄のチョウ(アオスジアゲハ)を使って標本を作ります▽日時/7月21日(土)22日(日)①午前11時~②午後1時~▽会場/交流館▽参加料/100円
 ▽レジンアート体験/レジンを使ってキーホルダーやマグネットなどを作ります▽日時/8月5日(日)①午前10時30分~②午後1時30分~▽会場/交流館▽参加料/600円
 ▽牧場の朝を体験しよう!/馬のえさやりや手入れをして馬と仲良くなろう▽日時/8月11日(土)12日(日)13日(月)①午前8時~午前10時▽会場/駒っこ牧場▽参加料/2000円
 ▽手形でアート/画用紙に押した手形に絵を描いたりシールやマスキングテープを貼って作ります▽日時/8月11日(土)12日(日)①午前10時30分~②午後1時30分~▽会場/交流館▽参加料/200円
 ▽フェアトレードビーズで作るブレスレット/インドとんぼ玉を使ってブレスレットを作ります▽日時/8月19日(日)①午前10時30分~②午後1時30分~▽会場/交流館▽参加料/500円~▽お問い合わせ/℡0176‐20‐6022/0176‐26‐2100
nibchisyousemin1.jpg
 1人で悩まず語り合う事で、和やかな介護にしましょう!
 ▽日時/7月21日(土)午後1時30分~午後3時30分▽会場/十和田市民文化センター第7研修室▽参加費/無料(※つどいは家族の会の会員の会費などで運営されています。会員以外の方には、資料代金として100円ほどのご寄付をお願いしております)▽お問い合わせ/℡0176‐22-1617(十和田地域世話人・佐々木弘子)
 市民交流プラザトワーレで5月13日に「子育て応援フォーラムinとわだ」が開催された。未就学児を連れた親子が訪れ、会場は賑わった。
 基調講演では「親が変われば子どもも変わる~子どもとのちょうどいい関係をみつけよう~」をテーマに一般社団法人家族力向上研究所代表・桑子和佳絵さんが務めた。
kosodateforamu1.jpg
 ママ(パパ)エゴグラム(しっかり度・やさしさ度・おとな度・こども度・いい人度)を理解した言動を意識すると子供に対してストレスの少ない状態で接することができる。自分はどうなのかを自己分析して低いポイントを上げることで、こどもに対して使う言葉が変化し、こどもが受ける感じも変わってくる。子育てであるだろう親子のやり取りの例を伝えると、参加した親たちは大きく頷いていた。基調講演後には「地域で支える子育てとは...」をテーマにパネルディスカッションが行われ、桑子さんに社会福祉法人北心会理事長・宮本範道氏、げんき接骨院院長・服部玄気氏、健康福祉部部長・北館祐子氏をパネリストに招き、子育てに必要な知識や体験談を語った。
kosodateforamu2.jpg
kosodateforamu3.jpg
kosodateforamu4.jpg
kosodateforamu5.jpg
 また、会場では様々なイベントが同時開催。AOMORIバルーン集団ねじりんごによるバル―ンショーや十和田市食生活改善推進員会によるおやつレシピの紹介と無料振る舞い、若木加奈子先生の乳児と親の親子ヨガ教室、北里大学あしたぼの会によるブロッコリーのDNAを抽出する実験授業、市内保育園の協力による地域子育て支援センターひろばではダンスイベントなどが行われた。市民交流プラザ全体を使った様々な団体と親子の交流時間は、子どもたちのたくさんの笑顔と親たちに必要な知識を学べた子育て応援フォーラムとなった。
 十和田市立三本木小学校6年生児童が修学旅行先での十和田市PR活動を行う取り組みに協力するために、十和田バラ焼きゼミナールと十和田西高観光PRセンターの生徒がPRの心得についての勉強会を開催した。
barazemisansyoi1.jpg
 始めに畑中舌校長が6年生児童86名になぜ「バラ焼きでまちおこし」が始まったのかを講義をする。
 きっかけは2010年、東北新幹線全線開業に合わせ、十和田市を活性化させる仕掛けを作りたいとの想いから、十和田バラ焼きゼミナールを結成。様々な難題を乗り越えて参加したのが「まちおこしのための大祭典B‐1グランプリ」だった。十和田西校と連携し、市民を巻き込んで盛り上げる。郡山大会ではゴールドグランプリを見事に受賞。翌年、開催地として十和田市に大会を誘致し結成から数年で十和田市の魅力を全国に発信した。
 バラゼミがメディアなどに注目されるために考えた工夫とは?まちおこしとは経済効果と人づくりにあり、それをどう実践してきたのか。おもてなしの心は「配慮・責任・尊敬・知る」から始まると伝えた。
 他にも遼寧大学での講義、日中国交正常化45周年×B‐1グランプリin瀋陽、ゴミいただき隊で活躍した三本木中学生徒の活動などを知らせた。
 現在はバラゼミ関連商品は50を超えるほどで、そのすべての商品に十和田市を発信していく仕掛けをしている。観光の原点はふるさとを支える力だと伝え、ないものねだりからあるもの探しを普段からしていこうと児童らに語った。
barazemisansyoi3.jpg
 次に西高生が講師となり、人の心を引き付ける力(魅力)を身に付けて欲しいと児童らと発声の練習・声の掛け方・十和田のPRの仕方などを元気な声と笑顔で教えた。
barazemisansyoi2.jpg
barazemisansyoi4.jpg
 次に児童らが十和田バラ焼きの調理体験をしている間に十和田市の魅力を知る・伝える練習をする。知らなかった知識が興味となり、それを伝える難しさと面白さを学びながら勉強会は終了した。最後に自分たちで調理した十和田バラ焼きを食べ、今日学んだ事を活かして修学旅行先でのPRに新たな決意を持って頑張りたいと挨拶した。
 2018しちのへ春まつりが開催。中央商店街で開催された「第8回しちのへひなまつり」や旧南部縦貫鉄道七戸駅構内で開催された「レールバスとあそぼう2018」など様々な関連イベントが行われた。5月11日から25日までの間は七戸町で「天王神社つつじまつり」も開催され多くの観光客が訪れ約500本のつつじが美しく咲き乱れた。
pizakanivall.jpg
 春まつり最後を飾る人気イベントの「第7回ピザカーニバルinしちのへ」は商店街ではなくイオン七戸駐車場で開催。駐車場が足りなくなるほどの来場者が訪れ、全10団体が特色のあるピザを振る舞い賑わった。
 カワヨグリーン牧場で「2018春の牧場まつりinカワヨグリーン牧場」が5月4日5日の2日間開催された。会場では人気のツリーイング体験やパークゴルフ、ペットボトルロケット飛ばしなどが行われ、下田中学校、八戸工業大学第二高等学校、六戸高校がボランティアスタッフとして参加し、ゆるキャラのももちゃん(自由の女神)、おいらくん(おいらせ町マスコット)が来場者を迎えた。
 4日のみ開催で今年で8回目となった「紙芝居ライブ」では毎年復興応援の義援金を呼び掛け、2017年度文部科学省から表彰。集まった子どもたちに「でんしゃがくるよ」「うみにしずんだおに」などの紙芝居を読み語りかけた。
kawayokamisbai.jpg
 5日のみ開催のステージイベントでは、ばばらあやかさん、胡蝶蘭舞(和太鼓演奏)、Marmaladeのバンド演奏で会場を盛り上げた。
 今年で寺山修司没後35周年を記念した「寺山修司記念館フェスティバル2018春」が5月3日から5日の3日間開催された。
 大人気のムシムシコロコロパークでは三沢高等学校生徒ボランティア部が協力。子どもたちが木製の遊具で楽しみ、家族の時間を過ごした。寺山修司顕彰文学碑では「献花」、寺山修司へのオマージュ「われに五月を」が行われ、三沢市立堀口中学校生徒が朗読した。
 4日には企画展「竹宮惠子カレイドスコープ」の連携企画としてトーク&サイン会が行われ、竹宮さんと寺山氏との出会いから作品に携わった思い出などを語った。
terayamafese18.jpg
 その後は三上博史ライブ「万才!ジルベール寺山修司」が開演され会場を盛り上げた。
 「駒っこランド春まつり」が5月3日から6日までの4日間開催された。
 今年のゴールデンウィークは3日が朝から雨が降り、4日は肌寒い風が吹き、5日に太陽が少し顔を出すような天候となったが、5日には駐車場が埋まるほど多くの家族連れが駒っこランドに訪れた。
 イベントではふれあいミニ動物園・ジュニアオーケストラ十和田演奏会・北里大学生によるジャグリングショー&バルーンアートプレゼントなどが開演された。5日に開演された十和田マジッククラブのマジックショーでは去年観客で見たという子どもたちがクラブに入会し、デビューショーを成功させ会場を盛り上げた。
komakkoharu18.jpg
 また、十和田市馬事公苑称徳館では「第4回駒っこランド写真コンテスト作品展」が6月10日まで展示、次回作品の募集もされている。お問い合わせは...0176‐26‐2100迄
imawoikeru.jpg
 ▽日時/6月17日(日)午前10時~・午後1時~開演▽会場/十和田市東コミュニティセンター(旧東公民館)▽受講料/2000円(定員25人)▽お問い合わせ/℡090‐2369‐7831(池坊十和田支部・松田)
9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19