催物案内|音楽

 北里大学交響楽団部が12月2日に十和田市民文化センター大ホールで第30回目となる定期演奏会を開演した。これまでの様々な形で支援していただいた方々や聴きにきてくれるお客様へ感謝の気持ちを込めてテーマを「古住今来」とした。演奏会では練習してきた成果を見事に表現し、会場に訪れた観客を迫力ある美しいオーケストラのハーモニーで魅了した。
kitasatoteien.jpg
↑会場に美しく重厚に響かせる北里大学交響楽団部のオーケストラのハーモニー

 ジュニアオーケストラ十和田が12月23日に十和田市民文化センターで第15回目となる定期演奏会を開演した。
 ジュニアオーケストラ十和田は平成13年に誕生。市内の高校生以下の子ども達を中心に活動、現在は19名が所属している。
jyuniaorke2017.jpg
 今回は第15回目の節目となり、少し難しい曲目にも挑戦。十和田フィルハーモニー管弦楽団、北里大学などのエキストラも協力。初心者向けのヴァイオリン教室で学ぶ子供たちも「キラキラ星変奏曲」演奏し会場を盛り上げた。休憩時間には楽器の体験コーナーも行い来場者との距離を縮めた。第1部「チェルドレンズ・マーチ」から演奏は開演し、総勢70名以上、下は5歳2ヶ月から上は80歳までのメンバーがジュニアオーケストラ十和田の定期演奏会に参加し会場にハーモニーを響かせ来場者を魅了した。
 ジュニアオーケストラ十和田は団員・教室受講生を募集している。初心者のためのヴァイオリン教室(6歳から)&チェロ教室(小3から)もあります。お問い合わせは...090‐4042‐9920(豊川)迄
 11月26日に十和田市民文化センターで平成29年度第30回「十和田市民合唱祭」が開演された。
 出演団体は南小学校合唱部、三本木小学校音楽部、みなみ大学、コーラス四季、十和田湖コーラス愛好会、滝の詩王者合唱団、コールアゼリア、とわだ混声合唱団の8団体。
 プログラムの開始を務めたのは南小学校合唱部、伴奏のないアカペラにも挑戦し、美しいハーモニーを奏でた。
 参加団体の最後を締めるとわだ混声合唱団は約50名の重厚なコーラスを奏で会場を魅了した。
 その後は大人と子どもたちの合同合唱でコンサートは盛り上がり、十和田市民合唱祭は幕を閉じた。
simingassyou2017.jpg
↑写真は「とわだ混声合唱団」

復刻の音色

[催物案内, 音楽]
hukkokunoneiro.jpg
 ▽日時/12月12日(火)午後7時開演▽会場/トータルネットホール仙台1階ロビー▽入場/無料▽お問い合わせ/TEL022‐262‐4721

藤原真理

[催物案内, 音楽]
hujiwaramari.jpg
 ▽日時/2月18日(日)午後2時開演▽会場/盛岡市民文化ホール小ホール▽チケット/S席4,500円・A席4,000円
heuwabunkaten.jpg
 ▽日時/12月9日(土)10日(日)▽会場/十和田市民文化センター・第一研修室▽入場/無料▽お問い合わせ/TEL0176‐23‐4271
haruyobukon2018.jpg
 ▽日時/2018年1月8日(月)午後2時開演▽会場/八戸市公会堂中ホール▽料金/一般1800円(当日2000円)・学生1000円(当日1200円)▽お問い合わせ/℡0178‐43‐8204(高橋)
jyuniaork2017.jpg
 ▽日時/12月23日(土)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐72‐2313
 ▽団員・教室受講生募集のお知らせ/ジュニアオーケストラ十和田で演奏してみたい、音楽が好きな小学生から高校生まで♪/練習日:土曜日午後1時30分から午後4時30分/市民文化センター第8・10研修室にて/活動費:月額1500円
 ♪初心者のためのヴァイオリン教室&チェロ教室もあります♪▽お問い合わせ/℡090‐4042‐9920( 事務局・豊川)

 10月に開催された「十和田ロックフェスティバル」で実行委員会が十和田市の児童用図書購入のためにと寄附を集め、集まった42,677円を10月30日に実行委員・鈴木さんと山端さんが小山田市長を表敬訪問し寄付採納をした。今回で2回目の寄付となる。
 小山田市長は「現在図書館では毎月600~700人ほどの利用者が訪れていて、新しい本の他にも古くなった本の補充なども必要なで本当に助かる。しっかりと児童の図書の購入にあてたい」と約束した。
 委員会代表の鈴木昌彦さんは「楽のあるまちづくりをしたいと思い3番街で営業しながらも定期的にアマチュアバンドのコンサートもやっている。プロではなくアマチュアの発表の場があってもいいんじゃないかと道の駅とわだぴあで開催し、参加者・来場者の理解をもらって募金を呼びかけた。集まった寄附金は是非、未来の子どもたちのために児童用の図書購入をして欲しい。」と語った。この寄付金で購入した本は一度展示されてから本棚に並ぶようだ。
IMG_9720.JPG
↑市長に寄付金を渡す十和田ロックフェスティバル実行委員会の鈴木昌彦さん(右)と山端潤一さん(左)
 菅原都々子さんの名曲「月がとっても青いから」を後援する全国カラオケコンクールが10月8日に開催された。全国から応募のあった参加者の予選が終わり、「月がとっても青いから」部門、「菅原都々子作品」部門、「自由曲」部門の3つの部門を勝ち抜いた参加者が決勝大会で自慢の歌声を熱唱した。会場は瀬川さとしさんと北野好美さんの軽快な司会進行で盛り上がり、特別審査委員でもある菅原都々子さんのライブや花岡優平さんのトーク&ライブで観客を魅了した。
tukiao20171.jpg
大会結果は以下の通り...
 「自由曲」部門/1位・渡邊由加さん/2位・須々田憲一さん/3位・渡邉由加さん(W入選は過去大会11回の中では初という快挙)
 「菅原都々子作品」部門/1位・安堵城弘子さん/2位・坂本敏男さん/3位・西谷智子さん(1位の安堵城さんは去年、月がとっても青いから部門で優勝)
「月がとっても青いから」部門/1位・工藤孝さん/2位・成田淳子さん/3位・西村大之さん(優勝した工藤さんは今大会で3回目の優勝。3位入賞の西村さんは決勝大会唯一の十和田市出身者)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11