催物案内|音楽

荒武裕一郎トリオ

[催物案内, 音楽]
kyudase20203.jpg
荒武裕一郎(p)
富樫マコト(b)
今泉総之輔(ds)
 ▽日時/3月21日(土)午後7時30分開演)▽チケット/前売3500円(1D付)・当日4000円(1D付)▽会場/キューダス・s▽主催/Colors▽お問い合わせ/℡0176‐58‐6133
koncherutoara.jpg
 ▽日時/3月13日(金)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター生涯学習ホール▽料金/一般1800円(当日2000円)▽お問い合わせ/℡080‐6038‐0876
 ▽吉田淳子(うた・ピアノ)
hokkaiutatabiza.jpg
昭和‐今よりも少し隣の人が近くに感じた時代 人は共に歌に酔い 歌に笑い 歌に涙した 今ここによみがえる懐かしい歌の数々 さあ あなたの想い出を迎えにきました‐
 ▽日時/2月26日(水)午後1時30分開演▽会場/三沢市公会堂小ホール▽チケット/2000円(当日2500円)▽お問い合わせ/℡0176‐53‐8711(三沢市公会堂)/011‐623‐6680(北海道歌旅座)
aomoburaban20201.jpg
 ▽出演/青森吹奏楽団・弘前市吹奏楽団・五所川原市吹奏楽団・下北吹奏楽団・八戸ウインドアンサンブル・クレールウインドオーケストラ
 ▽日時/2月23日(日)午後1時30分開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽料金/無料▽お問い合わせ/℡090‐7329‐4964(山下)
 ColorsコンサートシリーズVol6
varentainkons2020.jpg
 ▽豊川麗子(Violin)▽亀山瑠香(Soprano)▽田名部栄里(Piano)▽ゲストプレーヤー・佐藤慎悟(ピアニスト)
 ▽日時・チケット/2月23日(日・祝)昼の部・午後1時30分開演・3500円(演奏のみ・2000円)/夜の部・午後5時開演・4500円(演奏のみ・2000円)▽会場/レストランカワヨグリーンロッヂ▽主催/Colors▽お問い合わせ/℡0178‐56‐3981(レストランカワヨグリーンロッヂ)/0176‐78‐9198(スタジオR)
 令和元年度最後の北里大学交響楽団部の第32回目となる定期演奏会が12月7日に十和田市民文化センターで開演された。出演者は賛助出演やOGなどが協力し、指揮は中村芳文さんが務めた。
kitasatoteikiensou19.jpg
 第1部はクリスマスをテーマにした8曲メドレーからスタートし、歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲。悲劇的な事件を描いた曲で激しい場面を表現して演奏。続いて映画「もののけ姫」「となりのトトロ」のエンディングテーマ、美しく壮大な世界観をオーケストラで奏で、軽快なメロディをバイオリン・ピアノで弾き奏でた。第2部ではドヴォルザーク交響曲第8番を演奏、オーケストラそれぞれの楽器が主役となるようなパートで魅せ、オーケストラでしか表現できない重厚なハーモニーで会場へ響かせた。
 第17回目となるジュニアオーケストラ十和田の定期演奏会が12月22日に十和田市民文化センター大ホールで開演された。
 第1部は「巡礼の行列」から演奏がスタート。フランス民謡の「PAT-A―PAN」を演奏後に、ジュニアオーケストラの定演恒例の新人の子どもたちがステージ発表で挑戦する演奏の時間。ドイツ民謡の「カッコウ」「ちょうちょ」「キラキラ星変奏曲」の3曲を演奏。習って間もない可愛い保育園児、小学校低学年のバイオリン・チェロ教室の子どもたちが練習の成果をステージで発表した。
 「浜辺の歌」を演奏後にはジュニアオーケストラ初めての試み、絵本の朗読と音楽で届ける「べんとうべんたろう」を発表。「大好きなエリーゼのためにおいしいおべんとうを作るぞ~!」と始まるお話しでダジャレ満載のお話しの中には聞いたことのある音楽がたくさん組み込まれ、笑いもある今までにないジュニアオーケストラの魅力がステージで表現されていた。
jyuniaokesuta.jpg
 第2部は「おもちゃの交響曲」協奏曲集「調和の霊感」より第8番イ短調、第2組曲「アルルの女」から「メヌエット」と「ファランドール」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」メドレーが演奏され会場に訪れた観客を魅了した。
 ジュニアオーケストラ十和田は団員・教室受講生を募集中。初心者のためにのヴァイオリン&チェロ教室もあり。お問い合わせは...090-4042-9920(豊川)迄
~叙情歌をうたう~
newyerakonsu.jpg
 ▽日時/1月26日(日)午後2時開演▽会場/八戸プラザホテル▽チケット/2000円(コーヒー&ケーキ付)▽お問い合わせ/℡0178‐44‐3121
varentaikonsu.jpg
 ▽日時・チケット/2月23日(日・祝)昼の部・午後1時30分開演・3500円(演奏のみ・2000円)/夜の部・午後2時開演/午後5時開演・4500円(演奏のみ・2000円)▽会場/レストランカワヨグリーンロッヂ▽主催/Colors▽お問い合わせ/℡0178‐56‐3981(レストランカワヨグリーンロッヂ)/0176‐78‐9198(スタジオR)
 川崎富康先生(享年91歳)の追悼マンドリンコンサートが10月22日に十和田市民文化センターで開演された。故川崎さんは五戸町出身で教員時代にサッカー部のなかった五戸高校で顧問となり、県内でも強豪校と呼ばれるほどの礎を築いた指導でもあり、趣味で始めたマンドリンに音色に魅せられ、1964年にクラブを設立し、現在に至る。当初は演奏もしていたが、主に指揮者として編曲を担当し活躍。厳しくも情熱的な人柄で周りからも慕われていた。
 来賓挨拶では小山田久市長、十和田市文化協会の中里茉莉子会長が「市の文化にとって大きな柱を亡くした。今でも川崎先生の優しい笑顔が目に浮かぶ」と故人との思い出を語った。
 後を継いだ藤原寿子代表は「亡くなってからちょうど100日。何度も心を折られそうになりながらも周りの人たちに支えられ、この日を迎えることが出来ました。国民にとっても特別な日(即位礼正殿の儀)に開演できることは喜ばしいことです。今日は秋田県や盛岡からも賛助出演してくれた方もいて嬉しい。まだまだ未熟ではありますが、少しでもいい演奏をと努力しますので」と挨拶した。
mandrinkurabu19.jpg
 コンサートは3部構成となっており、第1部では「ロンド」「愛の挨拶」などをマンドリンの演奏で披露。第2部では川﨑さんが30年近く団長を務めた「とわだ混声合唱団が賛助出演し、心を込めた合唱で会場を包んだ。フィナーレはマンドリンの音色で奏でる「千の風になって」を会場全体で合唱した。
 終演後、十和田マンドリンクラブ藤原さんは「先生も千の風になって一緒にいてくれたと思う。ありがとうと伝えたい」と話した。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11