催物案内|演劇

dennennnisisumisawa.jpg
世界6都市で上演された市街劇が、新たに幻想市街劇として三沢に出現する!現実と幻想の狭間に、増殖する「寺山修司」!
 ▽日時/8月6日(日)午後1時から午後7時(予定)▽会場/三沢市内各所▽市街劇参加券/大人2000円・学生1500円▽お問い合わせ/寺山修司記念館・℡0176‐59‐3434
kazmamorio.jpg
東京の下町で小さな葬儀屋を営む男、武藤万作。二年前の事故で、愛する妻と娘を失った...。以来、憔悴しきって仕事は手につかず、酒浸りの毎日...。ある日、警察から葬儀の依頼があった。亡くなったのはシリア人。持ち物の中にはコーランと怪しい紋章が入っていた...。
 ▽日時/9月26日(火)午後6時30分開演▽会場/リンクモア平安閣市民ホール▽入場/S席5500円・A席4500円▽お問い合わせ/017‐773‐7300

アンデルセン

[催物案内, 演劇]
anderusen.jpg
劇団四季
愛することで、人生は特別な物語になる。
 ▽日時/7月25日(火)午後6時30分開演▽会場/八戸市公会堂大ホール▽料金/S1席・S席8640円/S席(学生・子ども)・A席6480円/A席(学生・子ども)4320円/B席3240円▽お問い合わせ/℡022‐716‐1221(劇団四季仙台オフィス)
zzsinnbuyoutaikai.jpg
 第14回グランドチャンピオン早乙女清次郎杯チャリティショー
 ▽日時/7月16日(日)午前11時開演▽会場/十和田市民文化センター▽入場券/指定席2500円(当日3000円)/自由席2000円(当日2500円)▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200
 十和田市オペラ振興会主催「シャンパン・女・ワルツの三拍子?!今宵何があろうとも全てはシャンパンのせいなのさ!」
koumori.jpg
 ▽日時/11月19日(日)午後4時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽チケット/3000円▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200/アドレス:koumori2017@yahoo.co.jp

jyunininnootoko.jpg
 問われているのは少年なのか、陪審員たちか、いや、客席の私たちかも知れない。文句なしの名作。八戸市民劇場の55周年の夏に、満を持して登場!
 ▽日時/6月13日(火)・午後6時30分開演/6月14日(水)午後1時30分開演▽会場/八戸市公民館▽入場/会員制(八戸市民劇場は会員制の演劇鑑賞団体です。入会金と一ヶ月分の会費で入会できます。お近くの会員か直接八戸市民劇場へご相談ください。)▽お問い合わせ/℡0178‐43‐0615(八戸市民劇場)

あかつきぼし

[催物案内, 演劇]
akatukibosi.jpg
 ▽日時/5月26日(金)午後7時開演/5月27日(土)午後2時開演▽会場/八戸市公民館ホール▽入場料/大人2000円(当日2500円)・学生500円(当日800円)▽お問い合わせ/℡0178‐45‐1511
kiminokoe.jpg
 ▽日時/5月3日(水)午後2時開演▽会場/八戸市公会堂▽チケット/一般1500円(当日2000円)・学生800円(当日1000円)▽お問い合わせ/℡0178‐44‐7171

七人の墓友

[催物案内, 演劇]
sichininohakatomokai.jpg
雑誌編集者の仁美はある日突然、実家の母・邦子にスカイツリーの展望台に呼び出される。飼い犬の桃太郎が死んだというのだ。死や人生についてしみじみと語る邦子に、仁美は母の心境の変化を感じ取る。夏、家族や友人が久しぶりに顔を揃えた実家で、ひょんな諍いから邦子は夫・義男への積年の不満を爆発させ「あなたと同じ墓には入りたくない」と口走ってしまう。さらに海外在住の仁美の弟・義明が驚くべき告白をし一家は大騒動に。そして邦子は地元のファミレスでやがて「墓友」となる個性豊かな老人たちと出会いー。
 ▽日時/4月2日(日)・午後1時30分開演▽会場/八戸市公会堂▽入場/会員制(八戸市民劇場は会員制の演劇鑑賞団体です。入会金と一ヶ月分の会費で入会できます。お近くの会員か直接八戸市民劇場へご相談ください。)▽お問い合わせ/℡0178‐43‐0615(八戸市民劇場)

 12月16日に楽しくわかりやすく寸劇で認知症の認知活動をしている「じゅんちゃん一座」が甲東中学校を訪問した。
 これは認知症になりうる高齢者や、それを支える一世代下の家族にだけではなく、誤解や偏見がないようにその二世代下の子供たちにも理解をしてもらおうと企画された。体育館に集まった甲東中学校の297名の生徒らが竹内先生の講演を聞いて寸劇を鑑賞した。今回のテーマは物忘れで財布をどこに置いたか忘れたお婆ちゃんと、財布を盗んだと疑われた息子の嫁のお話。
jyuncyankoutou.jpg
 解り易く笑いも入れての寸劇に生徒らも興味を示していたようで、竹内先生の説明にも黙って耳を傾けていた。認知症は周りの理解が大切だという事を理解し、講演は終了。じゅんちゃん一座は1月31日に七戸高校で講演予定。他にも多数問い合わせがあるようだ。講演へのお問い合わせは...「junchanichiza@gmail.com」迄
1  2  3  4  5  6  7  8  9