催物案内|演劇

 第13回「上十三もの忘れフォーラム2018」が4月14日に十和田市民文化センターで開催された。
 会場には1000人を超える来場者が訪れ、阿部クリニック院長・阿部芳則氏が司会を務め、もの忘れフォーラムは始まった。
 十和田済誠会病院副院長・江渡江氏が「睡眠と運動」をテーマに、十和田市立中央病院脳神経外科診療部長・赤坂健一氏が「脳卒中と認知症」をテーマに、はるひと診療所院長・片野春人氏が「糖尿病と認知症」をテーマに、それぞれ認知症が引き起こす病気や認知症の原因となる生活習慣について講演を行った。講演と言っても堅苦しい雰囲気ではなく、漫談や歌を交えての勉強会のような内容で会場からは何度も笑い声が響いていた。
 後半は恒例となった竹内淳子&じゅんちゃん一座の寸劇。面白く分かり易く認知症について学べる寸劇はファンも多く期待される。今回は第7作目となる新作「相棒~振り向けば君がいる、前見れば友がいる~」が開演された。今回は長男の「若年性認知症」についての本人、家族、周りの人たちの悩みをテーマに演じられた。その人らしく生きるために周りの支援(相棒)が必要だと伝えた。
 講演終了後は講演を務めた先生方と高松病院認知症疾患医療センターセンター長・高松幸生氏と十和田市高齢介護課保健師・気田多香子さんをパネラーとして招き、パネルディスカッションを行い様々な実例からの見解や予防策などを意見交換した。
monowasurefo1.jpg
monowasurefo2.jpg
monowasurefo3.jpg
wagauchirapu.jpg
 ▽日時/5月25日(金)午後6時30分/5月26日(土)午後1時30分開演▽会場/八戸市公会堂文化ホール▽チケット/前売り一般2000円(当日2500円)学生800円(当日1000円)▽お問い合わせ/℡0178‐45‐1511
歌にダンス、笑いも満載!これぞミュージカルの王道 ハッピーエンド確約!
kisumekeit.jpg
 ▽日時/7月15日(日)午後0時30分開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽料金/S席4500円・A席3500円▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200
▽講演1「睡眠と運動」十和田済誠会病院副院長・江渡江▽講演2「脳卒中と認知症」十和田市立中央病院脳神経外科診療部長・赤坂健一▽講演3「相棒~振り向けば君がいる、前見れば友がいる~」竹内淳子&じゅんちゃん一座▽講演4「糖尿病と認知症」はるひと診療所院長・片野春人▽パネルディスカッション/司会・阿部クリニック院長・阿部芳則
monowasurefo2018.jpg
 ▽日時/4月14日(土)午後1時~午後4時▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽お問い合わせ/℡017‐722‐6122

しあわせの雨傘

[催物案内, 演劇]
 社長夫人シュザンヌは、家事も仕事もしなくて良い、と夫に言われる「お飾りの妻」。夫のロベールは仕事最優先、シュザンヌの事など見向きもせず、秘書のナデージュを愛人にしていた。ある日、社長ロベールの横暴な経営に反発する労働者がストライキに入り、ロベールは軟禁状態に。この窮地をシュザンヌは、元恋人で今は共産党員の市長であるババンの協力で組合との交渉に成功する。ところが、軟禁から解放された夫は心臓発作を起こしてしまう。夫に代わり、シュザンヌが社長に就任するが...。
siawasenoamagasa.jpg
 ▽日時/6月9日(土)午後6時30分/6月10日(日)午後1時30分開演▽会場/八戸市公会堂▽チケット/会員制▽お問い合わせ/℡0178‐43‐0615

素劇 楢山節考

[催物案内, 演劇]
人が生まれ、生きて、死ぬことの意味、命あるものの在り方を問いかける深沢七郎の原作を、一面の黒と白い線だけの空間に、豊かな遊び心で次々と場面をつむぎ出し、観客の想像力の中に総天然色の景色を浮かび上がらせる素劇ならではの舞台。
hiyamasekkou.jpg
 ▽日時/4月12日(木)午後6時30分開演/4月13日(金)午後1時30分開演▽会場/八戸市民劇場▽チケット/会員制▽お問い合わせ/℡0178‐43‐0615
 十和田市民文化センターで十和田こども劇団の第24回定期公演が開演された。
 今回は十和田湖の宇樽部を舞台に自然や命の大切さを知りながら成長していく小人の妖精(コロボックル)の物語「たるべの森のニポポ」が演じられた。子どもたちは会場に訪れた多くの観客の前で元気に大きな声で舞台を演じていた。
 主人公のコロボックル・ニポポは、森に棲む木霊やカエルと過ごしている毎日を送りながら何のために生まれ、どんな役割が自分にあるのか考えていた。不思議な力で森に迷い込んだ人間の子ども達と出会い、様々な経験を通して成長して行くニポポが演出されていた。
tarubenipopop.jpg
 新しい演出では最近メディアで取り上げられている「幻の穴堰」もストーリー中に取り入れられ十和田市をもっとイメージしやすくなっていた。
 自然の大切を学び無事に森から抜け出した子ども達。人と自然が共存していく十和田市を表現し舞台は終了。笑顔で充実感溢れる子ども達に会 場からは拍手喝采が贈られた。
 十和田こども劇団では劇団員を募集中。小学2年生から中学1年生まで気軽に参加できる体験教室も開催している。お問い合わせは...080‐1834‐5134(事務局・大久保)迄
koureisankabo.jpg
 ▽日時/12月14日(木)午後1時~▽会場/南公民館ホール▽参加/無料▽お問い合わせ/TEL0176‐25‐8633(十和田市老人クラブ連合会)
tarubenimiori.jpg
 ▽日時/11月12日(日)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料お問い合わせ/TEL0178‐72‐2313
siminnbunkasai48.jpg
 ▽日時/11月4日(土)~11月5日(日)午前10時~午後5時(5日は午後4時まで)▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11