催物案内|演芸

春風亭一之輔独演会

[催物案内, 演芸]
sunoputeiichinosuke.jpg
 ▽日時/5月27日(日)▽会場/シネマディクト・ルージュ館▽入場料/前売り3000円(当日3500円)▽お問い合わせ/℡017‐722‐2068
gorakunorakugi387.jpg
 ▽日時/4月15日(日)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター第2研修室▽木戸銭/500円・わんドリンク付き▽お問い合わせ/℡090‐9533‐3390(馬はなし亭呑助)▽今後の口演日程/5月13日(日)・6月10日(日)・7月8日(日)・8月12日(日)~
nakamuraouyakosyumei.jpg
 ▽日時/7月7日(土)~8日(日)2日間4回公演・午前11時▽会場/明治の芝居小屋康楽館(秋田県小坂町)▽観劇料金/特別席19000円・松席13000円・竹席10000円・自由席7000円(先行予約1000円引き)▽観劇券の販売・幕の内弁当・宿泊施設のご予約、お問い合わせ/℡0186‐29‐3732
 十和田市民文化センターで2月11日「第28回伝統芸能まつり」が開演された。
 各地域に伝わる舞踊は歴史を辿り、舞が生まれた理由を知る事が出来る。それを地域で残し歴史と文化を伝えていく伝統芸能。舞と衣装と小道具でその地域の時代の背景を想わせ踊る。毎年招待芸能を呼ぶことも目玉の一つ、今年は秋田県由利本荘市から国指定重要無形民俗文化財「本海獅子舞番楽」を招待し開催された。
dentougeinou18.jpg
 会場にはたくさんの観客が訪れ、全13の団体(保存会)が伝承されてきた舞踊を披露した。継承が難しいと言われる伝統芸能の中で沢田鶏舞保存会は沢田小児童や卒業生が地域の活動として取り組み、軽やかな足取りで鶏舞を披露した。
dentougeinomaturi18.jpg
 ▽日時/2月11日(日)正午~▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/Tel0176‐72‐2313
geinouhappyoukai.jpg
 ▽日時/2月9日(金)午前10時~▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽参加費/無料▽お問い合わせ/Tel0176‐25‐8633
tachikawaenraku.jpg
 ▽日時/2018年3月4日(日)午後2時開演▽会場/田園ホール(矢巾町文化会館)▽入場/一般3,050円・シニア2,050円・小中学生1,000円
sibahama1.jpg
 ▽日時/12月27日(水)午後7時開演▽会場/ポータブルミュージアムはっち▽出演/馬はなし亭 呑助▽お問い合わせは...TEL090‐9533‐3390/FB http://www.facebook.com\yasuhisa.enta /メール(PC) umahanasitei@yahoo.co.jp
sibahama2.jpg

siminnbunkasai48.jpg
 ▽日時/11月4日(土)~11月5日(日)午前10時~午後5時(5日は午後4時まで)▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料
 8月6日にみのり苑で夕涼み会が開催された。利用者とその家族や地域の人にも楽しんでもらい、思い出に残るような祭りにしたいと毎年好評開催されているイベントだ。屋台メニューも充実し、お婆ちゃんから子供まで四世代にわたる家族も楽しんでいる姿もあった。
 会場を盛り上げるのは馬花道の躍動感あるヨサコイに舞扇会の気品のある舞踊、パワフルジャパン十和田のゆるキャラたちも応援に駆けつけた。職員による盆踊りが終わる頃には少し暗さも増してきて、舞台もライトアップ。水神雷太鼓による演奏のあとには恒例の花火大会が打ち上げられた。天候も夕涼み会日和といえる気持ちのいい会場で来場者は食べて話して見て楽しんでいた。
minnorienyuusuzumi1.jpg
↑応援に駆け付けた子供たちに大人気のゆるキャラ、十和田ふぁみりーず
minnorienyuusuzumi2.jpg
↑↓会場を盛り上げる舞や太鼓の演舞
minnorienyuusuzumi3.jpg
minnorienyuusuzumi4.jpg
↑夜空を明るく照らす花火大会は大盛況のまま終わった

1  2  3  4  5  6  7  8