催物案内|舞踏

 第49回目となる十和田市民文化祭が11月3日から4日の2日間で開催された。
 大ホールや和室を使用した舞台部門と、生涯学習ホールや研修室での展示部門に分かれ、十和田市で活躍する舞踊やダンス、様々なジャンルの文化展が開催され、多くの来場者が訪れた。
siminbunkaasia.jpg
siminbunkaasia2.jpg
 参加した団体を以下で紹介...
 ▽舞台部門/北園幼稚園/すみ子モダンバレエ研究所/柊Dance&Ballet/カントリーダンス愛好会/花柳流 花すず会/ピリアロハ オ フラ/泉流 泉寿会十和田/オハイ アリイ フラ スタジオ/とわだナニャドヤラ保存会/DANCE WAG/若柳流 柳尚会/ダンス バレエ リセ豊島舞踊研究所/ポラリスフラ/若柳流 柳永会十和田教室/花柳流 美好会/北里大学演劇部/國風流十和田吟詠会/寿大学吟詠クラブ/十和田宝生会/クレールウインド オーケストラ/ジュニアオーケストラ十和田/十和田フィルハーモニー管弦楽団/十和田マンドリンクラブ/生田流宮城社 田中社中/生田流琴十月会/ハッピー・ジャズ・オーケストラ/牛小屋ご近所バンド/うたなかま/コーラス四季/コールアゼリア/とわだ混声合唱団 ▽展示部門では写真展、書道展、水墨画展、盆栽展、文芸展、自然界展、美術展、手工芸展、陶芸展、蘭展、いけ花展など展示された。
benronataikaibosyuu.jpg
▽弁論者/60歳からの主張・テーマ「これが私の生きる道」自らの経験や体験・生きがい・これからやりたいことなど原稿用紙2枚にまとめて壇上で発表してみませんか?
▽出品者/作品展・テーマ「私のとっておき」日ごろの活動の成果として絵画・写真・俳句・手工芸・フラワーアレンジメントなどの自慢の作品を展示しませんか?
▽出場者/ファッションショー・テーマ「人生彩色」これまでの人生で叶えきれなかった夢をファッションショーで表現してみませんか?
参加・出品をご希望の方は「コミュニティワーク礎」までご連絡ください。お問い合わせ/℡080‐2838‐7505(担当・吉田)
sumikobarree18.jpg
 ▽日時/10月14日(日)午後1時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0178‐44‐9088(すみ子モダンバレエ研究所)
~FootStep学園ってどんなところ?~
 ▽代表/YUKIE▽ゲスト/藤井咲江
fooototsep18.jpg
 ▽日時/9月23日(日)午後2時~午後3時30分▽会場/十和田市民文化センター▽チケット/中学生以上・前売1000円(当日1500円)/4歳~小学生・前売500円(当日1000円)/3歳以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐23‐4793(小さな森こども園・伊藤・福地まで)
hiiiragidance.jpg
第7回定期演奏会
 ▽日時/7月28日(土)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場料/無料▽お問い合わせ/℡0176‐58‐7011

 市民交流プラザトワーレで5月13日に「子育て応援フォーラムinとわだ」が開催された。未就学児を連れた親子が訪れ、会場は賑わった。
 基調講演では「親が変われば子どもも変わる~子どもとのちょうどいい関係をみつけよう~」をテーマに一般社団法人家族力向上研究所代表・桑子和佳絵さんが務めた。
kosodateforamu1.jpg
 ママ(パパ)エゴグラム(しっかり度・やさしさ度・おとな度・こども度・いい人度)を理解した言動を意識すると子供に対してストレスの少ない状態で接することができる。自分はどうなのかを自己分析して低いポイントを上げることで、こどもに対して使う言葉が変化し、こどもが受ける感じも変わってくる。子育てであるだろう親子のやり取りの例を伝えると、参加した親たちは大きく頷いていた。基調講演後には「地域で支える子育てとは...」をテーマにパネルディスカッションが行われ、桑子さんに社会福祉法人北心会理事長・宮本範道氏、げんき接骨院院長・服部玄気氏、健康福祉部部長・北館祐子氏をパネリストに招き、子育てに必要な知識や体験談を語った。
kosodateforamu2.jpg
kosodateforamu3.jpg
kosodateforamu4.jpg
kosodateforamu5.jpg
 また、会場では様々なイベントが同時開催。AOMORIバルーン集団ねじりんごによるバル―ンショーや十和田市食生活改善推進員会によるおやつレシピの紹介と無料振る舞い、若木加奈子先生の乳児と親の親子ヨガ教室、北里大学あしたぼの会によるブロッコリーのDNAを抽出する実験授業、市内保育園の協力による地域子育て支援センターひろばではダンスイベントなどが行われた。市民交流プラザ全体を使った様々な団体と親子の交流時間は、子どもたちのたくさんの笑顔と親たちに必要な知識を学べた子育て応援フォーラムとなった。
 十和田市民文化センターで2月11日「第28回伝統芸能まつり」が開演された。
 各地域に伝わる舞踊は歴史を辿り、舞が生まれた理由を知る事が出来る。それを地域で残し歴史と文化を伝えていく伝統芸能。舞と衣装と小道具でその地域の時代の背景を想わせ踊る。毎年招待芸能を呼ぶことも目玉の一つ、今年は秋田県由利本荘市から国指定重要無形民俗文化財「本海獅子舞番楽」を招待し開催された。
dentougeinou18.jpg
 会場にはたくさんの観客が訪れ、全13の団体(保存会)が伝承されてきた舞踊を披露した。継承が難しいと言われる伝統芸能の中で沢田鶏舞保存会は沢田小児童や卒業生が地域の活動として取り組み、軽やかな足取りで鶏舞を披露した。
dentougeinomaturi18.jpg
 ▽日時/2月11日(日)正午~▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/Tel0176‐72‐2313
 10月21日に十和田市民文化センターで第3回目となる「こどもヒップホップぱらだいす」が開演された。出演者、出演チームは全26組。小さな子の可愛らしいダンスや小学生の伸び伸びしたダンス、中・高生や大人のキレキレのダンスなどで会場は盛り上がった。静かに聴くコンサートではなく掛け声や拍手など会場も一体となって音楽とダンスを楽しんだ。次回は2018年秋に開催する予定。お問い合わせは...0176‐24‐2777
kodomohipuhop1.jpg
kodomohipuhop2.jpg
kodomohipuhop3.jpg

 十和田市を代表する祭りの1つとして毎年恒例となった「2017とわだYosakoi夢まつり」が開催された。9月30日は前祭として駒っこ広場で行われ、本祭の10月1日は午前10時から午後4時まで市役所、東北電力前、桜の広場前で止まる事無く次々とヨサコイの演舞が披露された。天気は快晴、県内外から集まった20以上のヨサコイチームが激しい音楽に合わせて各々の創作した舞踊と早着替え、迫力ある旗振りで観客を魅了した。1人1人が汗を流し笑顔で踊る。心からヨサコイを楽しんでいる雰囲気が表情や身振りから伝わってきたパフォーマンスで「とわだYosakoi夢まつり」は大盛況のまま終わった。

yosakoui1703.jpg yosakoui1702.jpg
yosakoui1701.jpg


1  2  3  4  5