催物案内|講演

 十和田市健康都市宣言推進講演会が11月12日に十和田市民文化センターで開演された。
 初めに小山田市長が「短命県として十和田市は健康都市宣言をした。運動・栄養・睡眠・検査・心のバランスが大切。ガンや糖尿病の早期発見のために検診を推進している。この講演を聞いて自分の健康づくりに役立てて欲しい。元気で長生きする十和田市にしたい」と挨拶した。
 三村知事は「高血糖ストッパーズ」と一緒にダンスと寸劇を披露しながら「出汁活」をPR。「塩分の過剰摂取による高血圧や高血糖、喫煙や運動不足から糖尿病が始まる。1人1人が健康について考えてくれる青森県になって欲しい。生活習慣の改善が大切だ」と挨拶した。
sittokutounyoubyou1.jpg
 後半はテーマを「知って納得!糖尿病のあれこれ」と題し、藤原内科院長・藤原史門氏を講師として招いての講演会となった。
 始めに十和田市では糖尿病での死亡率が全国から見てもかなり高いと現状を伝えた。糖尿病になる原因として、膵臓から分泌されるホルモン・インスリンの作用不足によって血糖値が過剰になり起こると説明。糖尿病は日本人の食生活の変化により年々増加傾向にある。自覚症状があまりなく、合併症が起こることが糖尿病の一番怖いところだと伝えた。神経障害や失明や脳卒中など、病状が進行すると生き続ける為の透析治療が始まる。
 糖尿病治療法は3つ、食事療法・運動療法・薬物療法をバランスよく行うことが必要。商品名は明かせないがカロリーが高い食品は多く、糖質(炭水化物)の過剰摂取には気を付けることなど伝えた。適度な運動は血糖値を下げ、インスリン抵抗性の原因となる体脂肪を減らすことが出来る。ウォーキングなどの有酸素運動や筋トレなどのレジスタンス運動、体幹を鍛えるバランス運動などがある。薬物療法はインスリン注射などのイメージが強く敬遠されがちだが、患者さんのそれぞれの状態に応じたのみ薬を出しているので毎日きちんと飲むことが何より大切だと伝える。
sittokutounyoubyou2.jpg
 11月14日は『世界糖尿病デー』。インスリンを発見したバンディング博士の誕生日だという。それを記念して有名な観光施設では建物をブルーにライトアップしているという。是非、十和田市でもやってみてはいかがでしょうか?と要望を伝え、講演会は終了した。
ayamataroudioku.jpg
 ▽日時/12月15日(土)午前10時開演▽会場/八戸市公会堂文化ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0178‐20‐8368
hukusitaikai141.jpg
 第14回十和田市社会福祉大会が10月24日に十和田市民文化センターで開催された。オープニングではとわだ混声合唱団30名が美しいハーモニーを響かせ、大会式典では十和田市社会福祉協議会会長・江渡恵美さん、十和田市長・小山田久さんが開会の挨拶を務めた。
hukusitaikai181.jpg
 社会福祉に貢献した十和田市社会福祉協議会関係の67の個人・団体への表彰式が行われ、代表として田中潤一さん、久保広美さん、柳澤博子さん、沼宮内佑子さんが表彰を受けた。次に協同募金運動へ尽力された奉仕者、寄付された個人・団体・町内会への感謝状が贈られ、代表として吉田壮一さん、十和田身体障害者福祉会、西小稲町内会が表彰を受けた。
 続いて小学生から高校生までを対象とした福祉の作品コンクールほんわかハート展最優秀賞作品への表彰が行われ、作文部門で最優秀賞を受けた十和田中学校1年・田中心雪さんが自身の経験や自閉症について読んだ本から感じた作文「それぞれの世界」を朗読した。作文・ポエム・書道・絵画・写真の部門別に入賞した子どもたちが表彰を受けた。
hukusitaikai182.jpg
 大会後半は記念講演として様々なメディアで活躍している青山良平氏が「言葉は心を伝えるか」をテーマに講演をする。方言も文化だと語り、自身も誕生日だと公言する10月23日を「津軽弁の日」として毎年講演をしている。アナウンサーとして標準語を意識していたが自分らしく東北弁を出していくことで個性が認められたことや、国外のロケで言葉が通じなくても心は伝わることなど体験してきたことを面白く可笑しく語り、会場を盛り上げた。
sittokutounyoubyou.jpg
 ▽日時/11 月12日(月)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6791
hidatakayamasemina.jpg
 ▽日時/12月22日(土)午後3時~午後5時▽会場/十和田市民文化センター第四研修室▽定員/80名▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡0176‐23‐5866(NPO奥入瀬自然観光資源研究会)
naruhodohousyasen.jpg
▽第一部 基調講演
「がん放射線治療の最前線~がん細胞を選択的に破壊するホウ素中性子捕捉療法~」
▽講師/高井良尋(南東北BNCT研究センター センター長)
▽第二部 成果報告(青森県委託調査)○牧草への放射性セシウム移行低減に向けて○母体内における放射線被ばくの影響を調べる○下北半島太平洋側沿岸における流れの変動の伝播について
 ▽日時/11月22日(木)午後1時30分~午後4時30分▽会場/八戸プラザホテル本館1階ブリリアント▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡0178‐44‐3121
mutusisinpojiumu.jpg
 ▽期間/10月14日(日)午後1時~▽会場/下北文化会館大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0175‐28‐3500
吉良創先生のライアーミニコンサート&講演会
スマートフォンと子どもたち 現代メディアがあたえる子どもへの影響
sumafotokodomo.jpg
 ▽期間/10月8日(月・祝)午前10時~午前12時▽会場/三沢市国際交流教育センタープレイルーム▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡070‐5348‐7583(石澤)
terayanaertkarej18.jpg
座学4回・ワークショップ3回の全7講座。
 ▽日時/10月31日(水)11月1日(木)藤田貴大(マームとジプシー主宰・演劇作家)「演劇ワークショップ」午後7時~午後9時▽会場/三沢市国際交流教育センター
 ▽日時/12月15日(土)中村慶一(画家)×相馬信吉(青森まちかど歴史の庵「奏海」の会会長)「寺山修司と無名な私」午後2時~午後4時▽会場/三沢市総合社会福祉センター
 ▽日時/1月26日(土)久慈きみ代(青森大学教授)「寺山修司 資料は語る‐後期作品理解のための序」午後2時~午後4時▽会場/三沢市国際交流教育センター
テーマ・ニッポンの食と農 この10年
日本は、世界一の農産物輸入国である。このままでいいのだろうか。日本の農業を考えてみよう。
kenjyoumieko.jpg
 ▽日時/11月8日(木)午後6時30分開講▽会場/十和田市民文化センター生涯楽手ホール▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6742
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11