催物案内|講演

hukusitaikai141.jpg
 第14回十和田市社会福祉大会が10月24日に十和田市民文化センターで開催された。オープニングではとわだ混声合唱団30名が美しいハーモニーを響かせ、大会式典では十和田市社会福祉協議会会長・江渡恵美さん、十和田市長・小山田久さんが開会の挨拶を務めた。
hukusitaikai181.jpg
 社会福祉に貢献した十和田市社会福祉協議会関係の67の個人・団体への表彰式が行われ、代表として田中潤一さん、久保広美さん、柳澤博子さん、沼宮内佑子さんが表彰を受けた。次に協同募金運動へ尽力された奉仕者、寄付された個人・団体・町内会への感謝状が贈られ、代表として吉田壮一さん、十和田身体障害者福祉会、西小稲町内会が表彰を受けた。
 続いて小学生から高校生までを対象とした福祉の作品コンクールほんわかハート展最優秀賞作品への表彰が行われ、作文部門で最優秀賞を受けた十和田中学校1年・田中心雪さんが自身の経験や自閉症について読んだ本から感じた作文「それぞれの世界」を朗読した。作文・ポエム・書道・絵画・写真の部門別に入賞した子どもたちが表彰を受けた。
hukusitaikai182.jpg
 大会後半は記念講演として様々なメディアで活躍している青山良平氏が「言葉は心を伝えるか」をテーマに講演をする。方言も文化だと語り、自身も誕生日だと公言する10月23日を「津軽弁の日」として毎年講演をしている。アナウンサーとして標準語を意識していたが自分らしく東北弁を出していくことで個性が認められたことや、国外のロケで言葉が通じなくても心は伝わることなど体験してきたことを面白く可笑しく語り、会場を盛り上げた。
sittokutounyoubyou.jpg
 ▽日時/11 月12日(月)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6791
hidatakayamasemina.jpg
 ▽日時/12月22日(土)午後3時~午後5時▽会場/十和田市民文化センター第四研修室▽定員/80名▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡0176‐23‐5866(NPO奥入瀬自然観光資源研究会)
naruhodohousyasen.jpg
▽第一部 基調講演
「がん放射線治療の最前線~がん細胞を選択的に破壊するホウ素中性子捕捉療法~」
▽講師/高井良尋(南東北BNCT研究センター センター長)
▽第二部 成果報告(青森県委託調査)○牧草への放射性セシウム移行低減に向けて○母体内における放射線被ばくの影響を調べる○下北半島太平洋側沿岸における流れの変動の伝播について
 ▽日時/11月22日(木)午後1時30分~午後4時30分▽会場/八戸プラザホテル本館1階ブリリアント▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡0178‐44‐3121
mutusisinpojiumu.jpg
 ▽期間/10月14日(日)午後1時~▽会場/下北文化会館大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0175‐28‐3500
吉良創先生のライアーミニコンサート&講演会
スマートフォンと子どもたち 現代メディアがあたえる子どもへの影響
sumafotokodomo.jpg
 ▽期間/10月8日(月・祝)午前10時~午前12時▽会場/三沢市国際交流教育センタープレイルーム▽参加費/無料▽お問い合わせ/℡070‐5348‐7583(石澤)
terayanaertkarej18.jpg
座学4回・ワークショップ3回の全7講座。
 ▽日時/10月31日(水)11月1日(木)藤田貴大(マームとジプシー主宰・演劇作家)「演劇ワークショップ」午後7時~午後9時▽会場/三沢市国際交流教育センター
 ▽日時/12月15日(土)中村慶一(画家)×相馬信吉(青森まちかど歴史の庵「奏海」の会会長)「寺山修司と無名な私」午後2時~午後4時▽会場/三沢市総合社会福祉センター
 ▽日時/1月26日(土)久慈きみ代(青森大学教授)「寺山修司 資料は語る‐後期作品理解のための序」午後2時~午後4時▽会場/三沢市国際交流教育センター
テーマ・ニッポンの食と農 この10年
日本は、世界一の農産物輸入国である。このままでいいのだろうか。日本の農業を考えてみよう。
kenjyoumieko.jpg
 ▽日時/11月8日(木)午後6時30分開講▽会場/十和田市民文化センター生涯楽手ホール▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6742
syakaihukusitaikai14.jpg
▽講師/青山良平
 ▽日時/10月24日(水)午後1時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/TEL0176‐23‐2992
benronataikaibosyuu.jpg
▽弁論者/60歳からの主張・テーマ「これが私の生きる道」自らの経験や体験・生きがい・これからやりたいことなど原稿用紙2枚にまとめて壇上で発表してみませんか?
▽出品者/作品展・テーマ「私のとっておき」日ごろの活動の成果として絵画・写真・俳句・手工芸・フラワーアレンジメントなどの自慢の作品を展示しませんか?
▽出場者/ファッションショー・テーマ「人生彩色」これまでの人生で叶えきれなかった夢をファッションショーで表現してみませんか?
参加・出品をご希望の方は「コミュニティワーク礎」までご連絡ください。お問い合わせ/℡080‐2838‐7505(担当・吉田)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11