催物案内|講演

 市内、近隣の中学生を対象に文化やスポーツで活躍した著名人を講師に呼び、夢を叶える力、その努力や体験や感動を伝え、将来の夢や希望の実現のため努力し目指す意欲や姿勢を育てる講演会「夢への挑戦」が9月5日に十和田市民文化センターで開催された。
 講演会は第2学年の中学生545名が参加し、講師であるサッカー日本女子代表前監督・佐々木則夫氏を招いて開演された。佐々木氏はサッカーを志す者なら誰でも知っているであろうFIFA女子ワールドカップで澤穂希選手を率いる日本代表を初の優勝に導いた一流の監督だ。
yumecyousen.jpg
 佐々木氏は「多感な時期だからこそ何かを感じて欲しい。1人1人がどういう生き方、姿勢なのか、聞き方次第で受け取り方も変わる。意味のない講演になるか意味のある講演になるかはあなた方次第でもある」と挨拶し講演を始めた。
 「今は様々な分野で世界に向けたグローバル化が進んでいるが、サッカー界はいち早く世界で通用するにはどうすればいいか視野を海外に向けていた。」そう伝えてから自分が計画したスケジュールをモニターで写した。1日、1ヶ月、1年という単位ではなく9年間のスケジュールから作成。世界の「なでしこ」になるというヴィジョンを持って夢と計画を掲げた。サッカーだけではなく、日本の女性として「ひたむき・明るい・芯が強い・礼儀正しい」のなでしこらしさをピッチの内外で表現し、フェアプレー賞も受けた。
 2011年、震災の年にドイツ女子サッカーワールドカップで優勝。選手育成は連携や技術や精度の向上を見るが、試合が始まると監督として出来る事は少ない。だからこそ選手主導の集団的知性を鍛える事に取り組んだ。その中で一番重要な能力は「コミュニケーション」だと話した。
 最後に2011年のワールドカップの映像を流した。いま見ても感動する夢を叶えた瞬間を見て子供たちは間違いなく何かを感じただろう。生徒代表の切田中学校2年・長沢健伸くんは「自分は達成したい目標があります。失敗を恐れずに挑戦していきたいです」と佐々木氏にお礼の言葉を述べた。
kodomonoseicyou.jpg
 日時/10月18 日(水)午前2時開演▽会場/十和田市民文化センター2F第4研修室▽対象/子育て中のお母さんお父さん、保育園関係者、指導者など▽お問い合わせ/℡070‐5348‐7583(石澤)
 8月4日に東公民館ホールで「~ふるさと再発見~あおもりの不思議な世界」講座が開催された。講師を務めるのは「しるばにあっぷる」編集長・山本光一さん。趣味が多彩でしるばにあっぷるの編集長の他にも約1000人程も集まる十和田湖ウォークの事務局や短歌の会、釣りの会なども手掛けている。身近にあって知らないものがたくさんある。様々なジャンルで好きな事をやっているだけでそれを記事にしている。風化して無くなってしまうものを取り上げたと自己紹介を含め挨拶した。
 それからはスライドを観ながら青森にある不思議な場所を紹介。つがる市の千本鳥居に並ぶ狐の像、入内の石神神社の長い階段を登るとある大きな目玉のような自然石、田子にある文字が表わされているたくさんの石にはシャメール族?の存在が確認できる。五所川原にある12本のヤス、1本の木から12本の木が分かれて伸びている。1本が枯れると新しい木が生えて来て12本を維持という不思議な木がある。青森市には八甲田山の不思議な森、雪中行軍があった場所で形がいびつな木があり、亡くなった人の怨念が宿っているといわれている。鹿角市にはクロマンタと呼ばれる赤い三角の形をした表面がある山がある。十和田湖にはたくさんの不思議な場所があってミステリーツアーでも出来ると思うと伝えた。全部で30種類ほどの不思議な場所、その言い伝えなどが来場者に語られ、室内で探検するミステリーツアーのように様々な不思議を紹介した。
 しるばにあっぷるは無料で販売。お問い合わせは...0178‐38‐7070(NPO法人青森県福祉サポート協会)迄
husiginabasyo.jpg
siminnnotudoi2017.jpg
 第1部・「神秘の奥入瀬渓流に魅せられて」講師/田中眞紀子氏
 第2部・コンサート「コールアゼリア」
 ▽日時/10月27日(金)午後1時開演▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料▽主催/NPO法人十和田奥入瀬郷づくり大学▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200
seikaten2017.jpg
 ▽日時/9月23 日(土)~26日(火)午前10時~午後5時まで展示
 ▽日時/9月23 日(土)午後1時30分から講演「八甲田雪中行軍・地元の秘話」講師/蛯名隆氏▽会場/浄円寺会館▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐72‐2725
 ▽日時/9月16日(土)午後1時30分開演▽会場/七戸南公民館集会室▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐62‐2876(090‐7073‐3219)小原保之迄
simindaigaku2017.jpg
 ▽第4講座「部活動(男子新体操)を基軸とした地方創生」▽講師/青森山田高校男子新体操部監督・荒川栄氏▽日時/8月30日(水)午後6時30分~▽会場/十和田市民文化センター生涯学習ホール 全7講座▽お問い合わせ/℡0176‐72‐2318

7月13日に富士屋グランドホールで平成29年度の上十三地区産業安全衛生大会が開催された。会場には約600人の事業主及び一般市民らが集まった。今年は1月から6月まで約61件の労働事故があり、この時点で去年より11件増だという。会社を仕切る経営者から現場を仕切る管理者、現場で働く従業員がしっかりと安全を意識したうえで頑張って欲しいと伝えた。それから労働災害物故者へ黙祷をし、安全衛生功労者へ表彰が行われた。
 受賞者は...㈱小原工業・菅原浩/㈲林崎工務店・林崎眞孝/㈱佐藤建設工業・佐藤陽大/石田産業㈱・千葉倫明/㈲漆坂林業・漆坂政行/㈲ながや運輸・長谷則光/㈱小政・小川政吉/社会福祉法人楽晴会・米内山貞子/㈱田嶋建装・田嶋義春/㈱新川電気・新川剛/一般財団法人東北電気保安協会十和田事業所・山本和也/㈲明水冷暖設備工業・水尻正明/㈱ベルテクプラント工業・福村孝浩/㈱ヤマショウフーズ・稲原明の14名
 大会宣言をし第一部は終了。第二部は特別講演として演題「今、日本が直面する内外の課題」と題し、講師にジャーナリスト・櫻井よしこ氏を招いて開演された。内容は...阿部内閣や加計学園問題の真実など記載出来ないものが多く省かせていただきます。
sakuraiyosiko.jpg
 近年増加している外国人観光客(インバウンド)のお客様の受け入れ環境整備の一環として宿泊事業者のインバウンド集客力と対応力を高め、誘客促進を図る事を目的としたインバウンドセミナーが開催された。焼山地区、休屋地区、市街地地区で行われ、宿泊事業者らがセミナーに参加。講師を務めるのは株式会社東日本朝日広告社青森支店勤務の植田収一氏。旅行会社からホテル業を経て海外経験を積んだ後、インバウンド専門コンサルティング企業を経営。2017年より青森県に移住し、東日本朝日広告社に勤務し宿泊施設コンサルティングなど幅広く担当し講師としても実績も豊富という経歴を持つ人だ。
 今回は「集客」をテーマに開催。インバウンドの状況確認、外国人観光客からの目線や宿泊予約方法の仕組みなどが伝えられ、観光地として「宿泊業が観光業をリードしていく」ための情報を語った。現在は買い物メインの旅行ではなく体験型の旅行へシフトしてきている。食も旅の一部とする概念も出て来て温泉+食で旅行を楽しむ観光客を集客する事が出来れば売れ上げにも直接つながる。ネットでの予約対応、ターゲットを絞った外国人観光客の言語に対応し、クレジットカードでの支払いを出来るようにすれば付加価値をつけて宿泊単価も高めることができると語った。
inbaunudosemina.jpg
benronbosyuu.jpg
 ▽日時/10月15日(日)午前9時~▽会場/十和田市民文化センター▽弁論者募集・テーマ「これが私の生きる道」▽作品展出品者募集・テーマ「私のとっておき」▽ファッションショー出場者募集・テーマ「人生彩色(いろいろ)」▽お問い合わせ/℡090‐5235‐0199(吉本)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11