催物案内|講演

 3月10日にサン・ロイヤルとわだで公益社団法人十和田青年会議所主催の異業種名刺交換会が開催された。その特別講演として「上司が変われば働き方が変わる~多様なライフスタイルを尊重した人を活かすマネイジメントとは?~」をテーマにイクボスプロジェクト・NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也氏を講師に迎えて開演された。
 開会の挨拶では十和田JC理事長・小関教仁さんが「私事ですが2児の父であり、製麺の工場長をしています。そして理事長としてJC運動などを両立するのは大変難しい。少子高齢化など様々な問題は時代と共に変化していく。今日の講演で学んだ事を是非明日から役立てたい」と挨拶。
 企画委員長の米内山さんは30年後には4万人を切るであろう十和田市、自分たちの子どものために何をやるべきか考えなくてはならない。今回はイクボス・働き方改革を実践している安藤氏を招きましたと挨拶した。
 安藤哲也氏は9回の転職の後にファザーリングジャパンを設立。著書も多く出版しているイクボスプロジェクトの代表だ。なぜイクボスなのか?共働きが当たり前の時代に、育児と介護を女性に押し付けると出生率が下がったり離婚率が上がったりする。男性が家事・育児をすることによって解決する課題だが会社組織・上司が理解できなければ良くなることはない。長時間労働、業務の属人化を改善して休みやすい環境を周りで作っていかなくてはならない。
ikubosuandou.jpg
 8対2だった仕事と家庭のバランスを5対5にする。それでも仕事の業績は落としてはならない。そのためには8の仕事を5の時間で終わらせることが必要となってくる。仕事の量ではなく質を上げる事で仕事と家庭のワークライフバランスを楽しむことが出来き、会社にも家庭にも自分にもプラスになる。上司もそれを理解し、業務の改善、育休の推進や部下への気配りなど働きやすい職場作りに取り組んでいく。支援と貢献の関係性が会社と個人の信頼性で結ばれていく事がイクボスプロジェクトなんだと語った。講演が終わった後は来場した50名程の参加者が名刺交換会を行い交流を深めていた。
 3月9日にサン・ロイヤルとわだで「平成28年度精神保健福祉セミナー」が開催された。
 開会の挨拶では一般財団法人済誠会代表理事・江渡篤子さんが「障害者への理解と支援を深めていかなくてはならない。今回の講演は大人にもある発達障害、障害者虐待防止について素晴らしい講師の方がきてくれました。しっかりと聞いて学びたいと思います」と挨拶した。
seisinihokensemina.jpg
 第1部は「発達障害の診断と治療」~大人の発達障害を含めて~をテーマに講師に青森県立精神保健福祉センター所長・田中治先生(医学博士・精神科医)を招いて講演は始まった。配布された資料には解り易いようにADHDについて記載。大したことのないような問題でも仕事や生活面で支障をきたしている人が多く、その原因が実は大人の発達障害であることが多い事がわかってきた。発達の定義としては精神発達遅滞・自閉症スペクトラム障害(自閉性障害やアスペルガー症候群などがまとめられた障害)・注意欠陥多動性障害・発達性協調運動障害など複雑な障害・症状・疾患が重なっている事を指す。
 幼少時は自身では気付きにくいために周りの支援が必要、大人になってからは自分で気が付くこともあり、しっかりと症状と向き合う事で解決できることもあると伝えた。
seisinihokensemina2.jpg
 第2部は「障害者虐待の防止と権利擁護」をテーマに青森県障害者権利擁護センター係長・中谷隆則氏が講師を務めた。初めに利用者からの苦情の傾向や件数をグラフにして発表。現在は不適切な対応などのサービス苦情件数もなくなってはおらず、支援(仕事)が未熟であると虐待に走る傾向がみられる。小さな事でも重要で人によって当たり前の事でもプロ意識を持って行動しなければ傷つけてしまうことがあると例をあげて説明した。「○○ちゃん」や「○○くん」と呼ぶことは虐待?プロレスごっこ遊びは虐待?職員の思いや考えに利用者を合わせようとするのは虐待?些細な事でも受け取る側の価値観で考える事の難しさを知り、多様な考え方に柔軟な対応で支援をして欲しいと伝え講演は終了した。
 2月11日に富士屋グランドホールで「あおもり野菜ソムリエの会とわだクラブ」が主催の講演会が開催された。第1部のテーマを「食卓の向こうにみえるもの だから「弁当の日」なんだ」と題し、西日本新聞社の編集企画委員・佐藤弘氏を招いておこなわれた。
aiubentounohi.jpg
 初めに口を動かす「あいうべ体操」の大切さを伝え、来場者全員で実践してみる。笑い声が絶えないような面白い話術や人によって答えが変わるような質問を1人1人に投げかける。聴く講演会ではなく考える講演会にしたいと来場者を飽きさせる間を与えずに講演は進行していった。
 次に助産師の訴えの映像を鑑賞。現代の妊娠、出産、性の問題に向き合うと、最後にたどり着いたのは「食」だった。性と生と食はつながることに気が付いた。それは子供たちの食や環境による体温低下や免疫力低下が原因だと昔と今の違いを教えてくれた。
 次に今の若者は自分の体の事がわかっていない。とある大学生らの食生活のデータを元に身体を作る食事についての知識不足や料理の作り方がわかっていない事を指摘した。そこで家庭で料理を作る環境を作るために子供たちだけで作る「弁当の日」が出来たと語った。これによって食べ物を残す子供も減り、料理に対する感謝の気持ちを生み、身体にもいい食事を摂る事が出来、子供たちの心身の成長にもつながる。全国の小中学校で実践している子供たちの笑顔を伝えた。子どもには食べ物を与えるよりも作り方を教える方が食育になると教えられた講演会となった。
 第2部は大友歯科医院院長・大友聡之氏と「地域性の違いにみる子どもたちの現場から」と題し、対談をして終了した。
 2月26日に富士屋グランドホールで「6次産業化推進シンポジウム」が開催された。第1部では基調講演として「アジアにおける地域特産品の可能性」と題し、講師にブレインワークス代表取締役・近藤昇氏を招いて行われた。
 近藤氏は日本はマーケティングを怠っていた。アジアにどんな国があるか知る事、日本の今と昔を知る事が武器となると語り、ベトナムとミャンマーに視野を向ける。日本は安心・安全のイメージがあり信用ビジネスが出来る。お互いの認識不足を知る事が伝える事となり、地域特産品の魅力発見の可能性となるかもしれない。現在は健康食品ブームや人気のお菓子にビジネスチャンスがある事を伝えた。
 海外展開の例を当社・他社の実例からの事例として発表し、地方活性化と海外の連携ポイントを「食」と「健康」に視点を当てて考える事を伝えた。
rokujisangyou2017.jpg
 第2部では海外マーケティングの調査報告「アジアにおける十和田産品のマーティング調査」を㈱パワフルジャパン十和田の野月氏が発表。現状では健康食品は高くても売れている事や、日本酒の評価が高かった事を報告した。
 第3部はパネルディスカッション。6次産業化の取り組みについて東北農政局地域連携課課長の長尾氏、㈱ブレインワークス代表取締役・近藤氏、㈱小原工業十和田香美工房・松田さん、国産㈱代表取締役・影山氏がパネリストとしてこれからの展開について話し合った。
 第4部として地域の加工品PRブースが隣会場に設けられ交流を深めていた。
kanminkyoukai.jpg
1月27日に富士屋グランドホールで講師に(公社)青森県公共嘱託登記土地家屋調査士協会の代表理事・高見雅之氏を招いて「これでわかった!?官民境界」をテーマに講演会が開催された。
 支部長・橋場氏は「現況有姿(元々の姿の意味)でも土地の仲介の売買をするためにしっかりと理解してお客様に引き渡す事が大事。安全・安心・正確な情報を知るためにどうすればよいか?杭はあってもずれている事が多く実際は杭すらないところが多い。土地の所有権などのトラブルがないように勉強しなくてはならない」と挨拶した。
 講師の高見氏はいち早く「ドローン」の技術を取り入れた人物。明治時代から始まった不動産登記法は当時、縄を引いて土地の区分けをしていた頃もあり、民法よりも先に出来たもので実際には定まっていない。「市民参画権」の法律を知り、境界「筆界」で表す「所有権界」を確定させなくてはならない。筆界は正方形や直線などは少なく、実際は定まっていないことの方が多いようだ。道路工事や建設工事などで少しずつずれてくる土地の官民の境界は曖昧な区分けとなっていることがわかる。
 そこでドローンを使い、細かく写真を真上から撮り、正確な区分けをしていく事が必要になると画像を見せて説明した。テーマに「わかった!?」と疑問文をつけていることも理解できるほど難しい官民境界。売買する側はしっかりと理解をして説明できるように学びましょうと講演は終わった。
 追記※専門的な言葉が多く、間違って解釈してしまっている可能性もあるので気が付いた方はご連絡ください。
siminiokoiikaikouza02.jpg
▽講師/白十字訪問看護ステーション代表取締役所長・「暮らしの保健室」室長・NPO法人白十字在宅ボランティアの会理事長・秋山正子
▽講師/認定NPO法人ホームホスピス宮崎理事長・一般社団法人全国ホームホスピス協会理事長・市原美穂
 ▽日時/2月19日(日)午前10時~午後0時30分▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡080‐5556‐5864

▽講師/FJファウンダー代表理事・NPO法人タイガーマスク基金代表理事・安藤哲也氏
andoutetuya.jpg





 ▽日時/3月10日(金)午後7時特別公演としてNPO法人ファザーリングジャパン代表理事・安藤哲也氏を招いて少子高齢化時代に対応した働き方・マネジメントについて「働き方改革」「イクボス」についての講演会/午後8時30分から異業種名刺交換会開催。▽会場/サン・ロイヤルとわだ▽参加者/募集▽参加費/5000円▽主催/十和田青年会議所▽お問い合わせ/℡0176‐23‐2266
gyakkyounitachi.jpg
▽講師/生き物文化誌学会評議員・岩手県大槌町議会事務局長・佐々木 健氏
 東日本大震災で甚大な津波被害を受けた岩手県大槌町...‐だけど僕らはくじけない‐地位良い資源としての湧水や淡水型イトヨなどに着目、幅広い人脈を活かし、復興に尽力・東奔西走するケンさん(佐々木氏)をお招きし、講演会を開催します。
 ▽日時/2月18日(土)午後3時開講▽会場/十和田市民文化センター第4研修室(2階)▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐51‐6783
kongononihonkeizaini.jpg
 ▽日時/2月1日(水)午後2時~午後3時▽会場/富士屋グランドホール▽聴講料/無料▽お問い合わせ/0176‐25‐3435▽主催/(公社)上十三法人会
 12月16日に楽しくわかりやすく寸劇で認知症の認知活動をしている「じゅんちゃん一座」が甲東中学校を訪問した。
 これは認知症になりうる高齢者や、それを支える一世代下の家族にだけではなく、誤解や偏見がないようにその二世代下の子供たちにも理解をしてもらおうと企画された。体育館に集まった甲東中学校の297名の生徒らが竹内先生の講演を聞いて寸劇を鑑賞した。今回のテーマは物忘れで財布をどこに置いたか忘れたお婆ちゃんと、財布を盗んだと疑われた息子の嫁のお話。
jyuncyankoutou.jpg
 解り易く笑いも入れての寸劇に生徒らも興味を示していたようで、竹内先生の説明にも黙って耳を傾けていた。認知症は周りの理解が大切だという事を理解し、講演は終了。じゅんちゃん一座は1月31日に七戸高校で講演予定。他にも多数問い合わせがあるようだ。講演へのお問い合わせは...「junchanichiza@gmail.com」迄
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11