催物案内|美術

十和田市のまちを美術館にするプロジェクト〝Arts Towada〟が10周年を迎えたことを機に、十和田市現代美術館では開館以来の初の常設展入れ替えと展示室の増築をする。
 寄託作品を展示し、新たな作品を合計3点公開。その公開作品の1つ、常設作品として4月1日からドイツ在住の塩田千春さんによる十和田をモチーフにした新作を公開する。
 塩田千春さんは1972年、大阪府生まれ。ベルリン在住。生と死という人間の根源的な問題に向き合い、「生きることとは何か」、「存在とは何か」を探求しつつ、その場所やものに宿る記憶といった不在の中の存在感を糸で紡ぐ大規模なインスタレーションを中心に、立体、写真、映像など多様な手法を用いた作品を制作。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2015年には、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表作家として選出される。 森美術館、南オーストラリア美術館、ヨークシャー彫刻公園、K21-ノルトライン・ヴェストファーレン州立美術館、高知県立美術館、丸亀猪熊源一郎現代美術館、国立国際美術館を含む世界各地での個展のほか、シドニー・ビエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭、キエフ国際現代美術ビエンナーレ、横浜トリエンナーレなどの国際展にも多数参加。
 3月20日に選考記者会見を開き、塩田千春作品公開記念ギャラリートークを開催した。
 塩田さんは「もともとは絵画を描いていたが2次元で表現できることの限界を感じ、糸を使った作品制作へと移行し、アートの世界へ入った。制作しているとよく夢を見る。夢を見ている時間も大事で、作りたいものが浮かぶまでイメージを膨らます。十和田は火山噴火から湖が生まれ、そこから渓流となり、その水をまちに引いて十和田市が生まれたと聞いたので命を運ぶ水をイメージした。十和田湖で昔使っていたという木造の船を使い、赤い糸を使った空間で生と死とつながりを表現した。」と話した。
 作品の構想は約1年半。製作期間は約10日間。常設展示ということで普段使っている糸よりも細く丈夫なものにした。使用した毛糸の玉は600個、約8.4㎞にもなる。
 塩田さんは「世界中を旅して作品を作っているが、いつもは期間展示が終わると糸を切って作品を壊してしまうので、見たい時に見れる常設展示は初めてかもしれない。作品は入った瞬間に生きてることはこうだとインスタレーション(空間を作品として体験させる芸術)、瞬間の哲学を感じて欲しいと思って作ったが、現代アートは答えがないもの。人によって受け取り方が違っていいと思うので、意味を考えながら作品を鑑賞してもらえれば嬉しい。」と語った。
mizuohune.jpg
 作品は4月1日(木)より一般公開される。お問い合わせは...0176‐20‐1127(十和田市現代美術館)迄

touminnsai21.jpg
 ▽期間/~4月5日(日)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
ikimonogadeautoi.jpg
▽期間/~2020年1月13日(月)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
 関連イベント・日程▽AKI INOMATA作品集刊行記念トーク&サイン会/10月26日(土)午後3時~午後4時▽その他のイベント・10月28日(月)午後7時に銀座蔦屋書店にてトークイベントを開催予定
hamadareiko.jpg
 ▽期間/7月14日(日)~15日(月・祝)▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料
cyarchirukaihga.jpg
 ▽期間/3月15日(金)~3月17日(日)▽会場/十和田市民文化センター▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐22‐1971(十和田チャーチル会・石田)/0176‐23‐9251(絵画こう会・竹ヶ原)
usokaradetamakoto.jpg
 ▽期間/4月13日(土)~9月1日(日)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
 関連イベント・日程▽オープニングトーク/4月13日(土)午後2時~▽「美術館ではない場所で」/7月28日(日)▽「まちを拡張する」/8月17日(土)▽duenn・Nyantaro・津田翔平・谷川俊太郎ライブ/8月17日(土)午後7時~午後8時▽「コミュニティと共に企てる」/8月31日(土)▽「地域アートはどこにある」/9月1日(日)

探展

[催物案内, 展示, 美術]
tanten.jpg
 ▽期間/2月9日(土)~2月11日(月・祝)▽入場/無料▽会場/十和田市現代美術館市民活動スペース▽お問い合わせ/℡070‐4024‐0838
 第49回目となる十和田市民文化祭が11月3日から4日の2日間で開催された。
 大ホールや和室を使用した舞台部門と、生涯学習ホールや研修室での展示部門に分かれ、十和田市で活躍する舞踊やダンス、様々なジャンルの文化展が開催され、多くの来場者が訪れた。
siminbunkaasia.jpg
siminbunkaasia2.jpg
 参加した団体を以下で紹介...
 ▽舞台部門/北園幼稚園/すみ子モダンバレエ研究所/柊Dance&Ballet/カントリーダンス愛好会/花柳流 花すず会/ピリアロハ オ フラ/泉流 泉寿会十和田/オハイ アリイ フラ スタジオ/とわだナニャドヤラ保存会/DANCE WAG/若柳流 柳尚会/ダンス バレエ リセ豊島舞踊研究所/ポラリスフラ/若柳流 柳永会十和田教室/花柳流 美好会/北里大学演劇部/國風流十和田吟詠会/寿大学吟詠クラブ/十和田宝生会/クレールウインド オーケストラ/ジュニアオーケストラ十和田/十和田フィルハーモニー管弦楽団/十和田マンドリンクラブ/生田流宮城社 田中社中/生田流琴十月会/ハッピー・ジャズ・オーケストラ/牛小屋ご近所バンド/うたなかま/コーラス四季/コールアゼリア/とわだ混声合唱団 ▽展示部門では写真展、書道展、水墨画展、盆栽展、文芸展、自然界展、美術展、手工芸展、陶芸展、蘭展、いけ花展など展示された。

Art Decision in Towada

[催物案内, 展示, 工芸, 美術]
artdhurecsyon.jpg
 ▽期間/10月7日(日)~10月9日(火)▽会場/十和田市民交流プラザトワーレ▽観覧料/無料▽お問い合わせ/℡0176‐23‐0646
benronataikaibosyuu.jpg
▽弁論者/60歳からの主張・テーマ「これが私の生きる道」自らの経験や体験・生きがい・これからやりたいことなど原稿用紙2枚にまとめて壇上で発表してみませんか?
▽出品者/作品展・テーマ「私のとっておき」日ごろの活動の成果として絵画・写真・俳句・手工芸・フラワーアレンジメントなどの自慢の作品を展示しませんか?
▽出場者/ファッションショー・テーマ「人生彩色」これまでの人生で叶えきれなかった夢をファッションショーで表現してみませんか?
参加・出品をご希望の方は「コミュニティワーク礎」までご連絡ください。お問い合わせ/℡080‐2838‐7505(担当・吉田)
1  2  3  4  5  6  7  8  9