催物案内|美術

 第49回目となる十和田市民文化祭が11月3日から4日の2日間で開催された。
 大ホールや和室を使用した舞台部門と、生涯学習ホールや研修室での展示部門に分かれ、十和田市で活躍する舞踊やダンス、様々なジャンルの文化展が開催され、多くの来場者が訪れた。
siminbunkaasia.jpg
siminbunkaasia2.jpg
 参加した団体を以下で紹介...
 ▽舞台部門/北園幼稚園/すみ子モダンバレエ研究所/柊Dance&Ballet/カントリーダンス愛好会/花柳流 花すず会/ピリアロハ オ フラ/泉流 泉寿会十和田/オハイ アリイ フラ スタジオ/とわだナニャドヤラ保存会/DANCE WAG/若柳流 柳尚会/ダンス バレエ リセ豊島舞踊研究所/ポラリスフラ/若柳流 柳永会十和田教室/花柳流 美好会/北里大学演劇部/國風流十和田吟詠会/寿大学吟詠クラブ/十和田宝生会/クレールウインド オーケストラ/ジュニアオーケストラ十和田/十和田フィルハーモニー管弦楽団/十和田マンドリンクラブ/生田流宮城社 田中社中/生田流琴十月会/ハッピー・ジャズ・オーケストラ/牛小屋ご近所バンド/うたなかま/コーラス四季/コールアゼリア/とわだ混声合唱団 ▽展示部門では写真展、書道展、水墨画展、盆栽展、文芸展、自然界展、美術展、手工芸展、陶芸展、蘭展、いけ花展など展示された。

Art Decision in Towada

[催物案内, 展示, 工芸, 美術]
artdhurecsyon.jpg
 ▽期間/10月7日(日)~10月9日(火)▽会場/十和田市民交流プラザトワーレ▽観覧料/無料▽お問い合わせ/℡0176‐23‐0646
benronataikaibosyuu.jpg
▽弁論者/60歳からの主張・テーマ「これが私の生きる道」自らの経験や体験・生きがい・これからやりたいことなど原稿用紙2枚にまとめて壇上で発表してみませんか?
▽出品者/作品展・テーマ「私のとっておき」日ごろの活動の成果として絵画・写真・俳句・手工芸・フラワーアレンジメントなどの自慢の作品を展示しませんか?
▽出場者/ファッションショー・テーマ「人生彩色」これまでの人生で叶えきれなかった夢をファッションショーで表現してみませんか?
参加・出品をご希望の方は「コミュニティワーク礎」までご連絡ください。お問い合わせ/℡080‐2838‐7505(担当・吉田)
 日野口晃さん(85)が主催するふぉるむ美術教室の第37回目の作品展「ふぉるむ美術展」が6月9日から12日に十和田市民交流プラザ「トワーレ」で開催された。13名の出展者が45点の作品を展示。風景や人、果物や動物などテーマを自由に決められた油絵作品は額縁に飾られ、写真のようにも見える。また、長靴や顔の彫刻も展示されていた。日野口さんは会員には作品を作る上で、人の真似をしないように注意をしている。他の人がやらない世界を創造したいと語る。美術教室は会員募集。現在生徒は20代から80代までの幅広い年齢層がいるので気軽に参加して欲しい。お問い合わせは...0176-23-0646迄
forumuten.jpg

 明山應義さんの油絵展が6月8日から10日の3日間、十和田市民文化センター展示ホールで開催された。展示室に入ると目に飛び込んでくる浮き上がって見えるような迫力のある絵に圧倒される。昨年の六本木国立美術館での第81回新制作協会展出品作品「少年」(150号)をはじめ、十和田近郊の山林を切り拓いた牧野の風景、シベリア取材からの作品等、0号から300号までの約50点余りを展示。展示室にはその功績を証明するかのように1987年、彫刻家の第一人者で文化勲章を受章した佐藤忠良先生との出会いを写した写真があり、当時では驚くべき技法で描かれた作品と若かりし頃の明山さんが写されている。1978年から画家として40年、明山さんの作品は観る人を惹きつける迫力があると感じた。作品に関するお問い合わせは...090-7791-6326(明山應義)迄
satukiten18.jpg

atorienobuten.jpg
▽期間/8月10日(金)~8月12日(日)▽会場/十和田市民文化センター第1研修室▽主宰/東信昭
suudofor.jpg
 ▽期間/~10月14日(日)▽会場/十和田市現代美術館▽キュレータートーク/10月14日(日)午後1時~▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
imawoikeru.jpg
 ▽日時/6月17日(日)午前10時~・午後1時~開演▽会場/十和田市東コミュニティセンター(旧東公民館)▽受講料/2000円(定員25人)▽お問い合わせ/℡090‐2369‐7831(池坊十和田支部・松田)
「これからのコミックは、たぶん『風と木の詩』以後という呼び方で、かわってゆくことだろう」寺山修司
takemiyakeiko.jpg
 ▽期間/~7月29日(日)▽会場/寺山修司記念館エキジビットホール▽入場料/一般個人530円(常設展310円+企画展220円)・一般団体430円(20名以上)・高大生100円・小中学生50円※土曜日は小中学生無料▽お問い合わせ/℡0176‐59‐3434

まちをかえる建築

[催物案内, 美術, 講演]
十和田市現代美術館を設計した建築家、西沢立衛氏による記念講演会
machikaerukenchiku.jpg
 ▽日時/4月28日(土)午後2時開演▽会場/十和田市民文化センター1階生涯学習ホール▽参加/無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127

1  2  3  4  5  6  7  8