催物案内|展示

  十和田市郷土館が市内小学生を対象に令和2年度移動郷土館を実施した。
 子どもたちがなかなか足を運ぶことのない郷土館の企画展や特別展を知ってもらい、昔使われていた民具を使った講習会を行い、時代の流れと文明の進化を子供たちに体験してもらうことを目的とし開催された。
 1月21日から3月4日までの期間で13校を回って実施。今回は2月10日に実施された十和田市立南小学校へ取材へ行った。
demawejyuyou4.jpg
 初めに昔の道具の説明をする。100年ほど前の電話機は最初は壁掛け型で、一度通信する機関へ電話をつなぎ、そこから相手側の返事を待って、つながったら初めて通話が出来る。長い時で通話が始まるまで1時間かかる時もあったという。1部落に1電話という普及率から置き電話になり、黒電話というダイヤル式の電話になる頃には1家庭に1電話になった。今はスマホの時代で1人1電話の時代でどこでも通話が出来るように進化。
demawejyuyou1.jpg
 計算機は初めは机並みの大きなソロバンで、それからからくり仕掛けの手回し機械になった。実際には書く計算よりも遅くなったが当時は役所などで使われていたらしい。そして現在は手のひらサイズの電卓となり、ソーラー電池でデジタル表記。様々な難しい計算が一瞬で出来るように進化。
 明かりはロウソクで灯していた行燈から菜の花やイワシの油で燃え光るランタンとなり、今はリモコンやスイッチで簡単に点けれる電球となった。行燈は火事の危険性があったり、ランタンはススで黒くなってしまうので子供たちが掃除するのが日課だったという。それぞれに始まりがあって、時代の流れとともに便利になったり、コンパクト化したりなど進化していることが体験しながら子どもたちは理解していた。
demawejyuyou2.jpg
 それから子供たちは麻で織られた昔の服(田付・袖なし・まかない)を着て、今の服との違いを実感。そのまま廊下で昔の子供たちが仕事にしていた水運び体験をした。当時は近くの川へ水汲みに行き、桶いっぱいの重い水をかつぎ棒を使って運ぶ。デコボコ道を歩いて水を溜める貯水槽のようなものに移して使用していた。実際に少しの距離をかついで体験してみたが、子供たちはかなり大変そうだった。今は家の蛇口を捻るだけで安全な水が出てくる。子どもたちは改めて水道の便利さを実感した。
demawejyuyou3.jpg
 最後に昔のアイロン体験。ヒノシと呼ばれる炭火をいれた杓のようなものでシワを伸ばす。炭火アイロンも使ってやってみたが、思ってたよりはシワが取れなくて苦戦していた。
 子どもたちは今の時代がどれほど便利なのか、昔の人たちの生活と比べてみながら体験し、学んだ。これをきっかけに郷土館へ足を運んで十和田市の歴史を知ることにつながればこれからの未来にもつながっていくと感じた。
 イオンスーパーセンター十和田フードコート前で1月10日から17日の期間、十和田地区4つのライオンズクラブそれぞれが市内小・中学校の協力を得て、ライオンズクラブ国際平和ポスター展示会を開催した。今年度のテーマは「平和への道のり」。感情豊かな子どもたちが平和を祈り一生懸命描いた約90点の作品が飾られた。
 クラブ優秀賞は法奥小6年・石倉縁さん、西小6年・角田明音さん、三本木中1年・中谷望さんが受賞した。
rainzuposuter.jpg
touminnsai21.jpg
 ▽期間/~4月5日(日)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
 第19回十和田市写真コンテスト(十和田奥入瀬観光機構主催)の入選作17点が決まり、10日に市民図書館で表彰式が行われた。十和田市街地の四季や祭事、行事などがテーマで、市内外から151点の応募があった。
 最優秀賞には三浦譲さん(十和田市)の「疎水に映る」が選ばれた。三浦さんは3度目の挑戦。駒街道の水路に花火を見る浴衣の女性。それを映す疎水の情景が不思議な世界観を醸し出す。
syasinnkontesut1.jpg
 優秀賞には落ち葉散る秋の駒街道を写した小笠原正明さん(十和田市)の「紅い道に遊ぶ」、サイリウムダンスで踊る祭事の一場面を写した館山昇さん(青森市)の「○輪火」が選ばれた。特別賞として和田光弘賞はヨサコイを1シーンを写した佐藤幸一さん(十和田市)の「茜空に大旗が舞う」が入賞した。
syasinnkontesut2.jpg
syasinnkontesut3.jpg
syasinnkontesut4.jpg
 他の入賞者は以下の通り(※作品名は省略)
▽春の十和田賞/松林操(七戸町)▽夏の十和田賞/中野渡俊彦(十和田市)▽秋の十和田賞/内田佳子(八戸市)▽冬の十和田賞/逓駅隆英(東北町)▽春の行祭事賞/井端政雄(十和田市)▽夏の行祭事賞/相馬勉(弘前市)▽秋の行祭事賞/マイク・サーミエント(埼玉県)▽冬の行祭事賞/宮本範道(十和田市)▽佳作/水野英樹(千葉県)/相馬悦子(青森市)/附田日出行(七戸町)/畑井康平(十和田市)/松橋洋司(東北町)。写真は3月末まで十和田市観光物産センターで展示している。
 十和田市馬事公苑称徳館でつがる市の生田工務所が制作した「馬ねぶた」を2台設置し公開。
 2000年6月の開館以来、青森ねぶたと八戸三社大祭の山車のレプリカが老朽化したため、新たな作品の制作を依頼し、昨年12月に入れ替えた。
 2台のうち1台はつがる市の「馬市まつり」で実際に運行されるねぶたをイメージし、称徳館に展示するために特別に制作されたもの。色鮮やかで迫力ある5頭の馬が来館者を迎える。
syoutokukanntenji1.jpg
 もう1台は、平家物語の一節「宇治川の先陣争い」を題材にしており、2人の武将が源頼朝から名馬を拝領した面目にかけて先陣を争った場面をねぶたにしたもの。暗い中に浮かび上がる作品は観るだけでねぶたの気分を味わえる。
syoutokukanntenji2.jpg
 「馬市まつり」は称徳館入口のすぐ横のピロティ(無料)に展示するとともに、つがる市観光物産協会のより協力より、馬市まつりの風景を記録したDVDの上映も行っている。「宇治川の先陣争い」は驥北館(有料)に飾られている。入館料は一般310円・大学生、高校生は105円。中学生以下は無料となっている。
syaisnten1912ninnome.jpg
 10月12日から14日の3日間、写友「光陰」写真展「時と光の記憶」が十和田市民文化センターで開催された。小笠原正明事務局長、国分光明会長、宮本範道副会長、鈴木耕二郎さん、米田トキさん、山本安人さんの6人がそれぞれのテーマを持って撮った写真を48点(50枚)展示した。
terayamasyuujinokotoba.jpg
 ▽会期/~4月12日(日)▽会場/寺山修司記念館エキジビットホール▽観覧料/一般個人550円(常設展330円+企画展220円)一般団体440円(20名以上)高大生110円・小中学生60円(土曜日は中学生以下無料)▽お問い合わせ/℡0176‐59‐3434
jyoumoniseki.jpg
 ▽期間/12月7日(土)~1月30日(木)▽会場/青森県立郷土館大ホール▽チケット/12月一般310円・高校大学生150円/1月一般250円・高校大学生120円(団体割引あり)▽お問い合わせ/TEL・017‐777‐1585

今日出海展

[催物案内, 展示]
kyousyukaiten.jpg
 ▽期間/10月26日(土)~1月13日(月・祝)▽会場/青森県近代文学館▽料金/入館無料▽お問い合わせ/TEL017‐739‐2575
ikimonogadeautoi.jpg
▽期間/~2020年1月13日(月)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
 関連イベント・日程▽AKI INOMATA作品集刊行記念トーク&サイン会/10月26日(土)午後3時~午後4時▽その他のイベント・10月28日(月)午後7時に銀座蔦屋書店にてトークイベントを開催予定
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11