催物案内|展示

syaisnten1912ninnome.jpg
 10月12日から14日の3日間、写友「光陰」写真展「時と光の記憶」が十和田市民文化センターで開催された。小笠原正明事務局長、国分光明会長、宮本範道副会長、鈴木耕二郎さん、米田トキさん、山本安人さんの6人がそれぞれのテーマを持って撮った写真を48点(50枚)展示した。
terayamasyuujinokotoba.jpg
 ▽会期/~4月12日(日)▽会場/寺山修司記念館エキジビットホール▽観覧料/一般個人550円(常設展330円+企画展220円)一般団体440円(20名以上)高大生110円・小中学生60円(土曜日は中学生以下無料)▽お問い合わせ/℡0176‐59‐3434
ikimonogadeautoi.jpg
▽期間/~2020年1月13日(月)▽会場/十和田市現代美術館▽▽観覧料/企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。団体20名以上100円引き。高校生以下無料▽お問い合わせ/℡0176‐20‐1127
 関連イベント・日程▽AKI INOMATA作品集刊行記念トーク&サイン会/10月26日(土)午後3時~午後4時▽その他のイベント・10月28日(月)午後7時に銀座蔦屋書店にてトークイベントを開催予定
jyuuninnnome19.jpg
 ▽期間/10月25日(金)~10月27日(日)▽会場/十和田市民文化センター展示ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/℡0176‐22‐5200
 写真のオクヤマで第16回となる「ベビー&キッズスマイル写真展」が8月23日から25日の三日間、イオンスーパーセンター十和田店で開催された。
 対象年齢6ヶ月~10才までの可愛い笑顔のベビー&キッズが約100点飾られ、来場者の足を止めていた。
okuyamasyasinten.jpg
 写真のオクヤマではフォトウェディングやベビーアートフォト、他にもベリーペイント&マタニティ撮影やシルバーフォトなど、世代別に残しておきたい時間を提供している。お問い合わせは...0176‐21‐1515迄
 七戸町立鷹山宇一記念美術館で2016年に開催された「模型のタミヤがやってきた」が再び開催。会期は8月10日から9月8日まで。
mokeinotamiyaten.jpg
 美術館に入場すると懐かしいプラモデルやRCモデルなどが多数販売。メイン展示室には「F‐1マシン・タイレルP34」が中央に置かれ来場者を迎える。親子で楽しめるミニ四駆、ブームは今まで4回あるようで、世代を超えて懐かしさがあった。50周年を迎えた「1/35ミリタリーミニチュアシリーズ」は細かいところまで表現してあり、物語を想像させてくれる。
 8月24日25日には「親子でミニ四駆工作教室」、31日、9月1日には特別公演「プラモデルができるまで」も開催され、新田泰三氏(株式会社タミヤ催事課)が講師を務めた。
 日本刺繍と手織りの作品展「ぬいとり と おり」が8月11日から15日の5日間、市民交流プラザ トワーレで開催された。
 [繍・染織・錺]工房さんりの藤原史華さんの初個展となる。個展では普段は目にする事のない作業で使う道具なども置かれ、約20点の着物や反物が飾られた。作品は全て他にはない1点もの。自身で染めたという着物や色鮮やかな刺繍、スイカをモチーフにした作品や、完成までの下絵などの展示もあった。
nuitoioriten.jpg
kamisyasin.jpg
中井裕恭×森山大道×町口覚×三菱製紙八戸工場
 ▽期間/~11月4日(月)▽会場/八戸ブックセンターギャラリー▽お問い合わせ/℡0178‐20‐8368
jyouenjikouen.jpg
講師/馬場紀寿(東京大学教授)ミニレクチャー「仏像の見方、楽しみ方」
 ▽日時/9月15日(日)午後3時~午後4時30分▽会場/浄円寺会館▽入場料/無料
 第31回浄円寺生花展
 ▽会期/9月22日(日)~24日(火)午前10時~午後5時▽会場/浄円寺会館▽入場料/無料▽同時開催/「歌って健康になろう」演奏会▽日時/9月22日(日)午後1時30分~午後3時
▽お問い合わせ/℡0176‐72‐2725
hamadareikoten.jpg
 十和田市民文化センターで浜田玲子日本画展が開催された。43点もの作品が展示され、日本画ならではの独特な柔らかい作風に来場者は魅入っていた。その中でも「木々のささやき」は奥行きのある木々の間を差す木漏れ日を表現。差し込む光とそれによってできる影が日本画で表されていた。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11