催物案内|いろいろ

 市民交流プラザトワーレで5月13日に「子育て応援フォーラムinとわだ」が開催された。未就学児を連れた親子が訪れ、会場は賑わった。
 基調講演では「親が変われば子どもも変わる~子どもとのちょうどいい関係をみつけよう~」をテーマに一般社団法人家族力向上研究所代表・桑子和佳絵さんが務めた。
kosodateforamu1.jpg
 ママ(パパ)エゴグラム(しっかり度・やさしさ度・おとな度・こども度・いい人度)を理解した言動を意識すると子供に対してストレスの少ない状態で接することができる。自分はどうなのかを自己分析して低いポイントを上げることで、こどもに対して使う言葉が変化し、こどもが受ける感じも変わってくる。子育てであるだろう親子のやり取りの例を伝えると、参加した親たちは大きく頷いていた。基調講演後には「地域で支える子育てとは...」をテーマにパネルディスカッションが行われ、桑子さんに社会福祉法人北心会理事長・宮本範道氏、げんき接骨院院長・服部玄気氏、健康福祉部部長・北館祐子氏をパネリストに招き、子育てに必要な知識や体験談を語った。
kosodateforamu2.jpg
kosodateforamu3.jpg
kosodateforamu4.jpg
kosodateforamu5.jpg
 また、会場では様々なイベントが同時開催。AOMORIバルーン集団ねじりんごによるバル―ンショーや十和田市食生活改善推進員会によるおやつレシピの紹介と無料振る舞い、若木加奈子先生の乳児と親の親子ヨガ教室、北里大学あしたぼの会によるブロッコリーのDNAを抽出する実験授業、市内保育園の協力による地域子育て支援センターひろばではダンスイベントなどが行われた。市民交流プラザ全体を使った様々な団体と親子の交流時間は、子どもたちのたくさんの笑顔と親たちに必要な知識を学べた子育て応援フォーラムとなった。
 毎年恒例となった十和田湖冬物語実行委員会主催の「十和田湖冬物語2018」が2月2日から2月25日までの期間、十和田湖畔休屋冬物語特設会場で開催された。陸上自衛隊八戸駐屯地の隊員がメイン雪像を制作。ステージイベントではなまはげ太鼓、桜田マコト、愛踊祭(ご当地アイドルによるアニソンまつり)で優勝したりんご娘や北里大学生「三源色」によるヨサコイなど様々なイベントで会場を盛り上げ来場者を歓迎、かまくらBARや多くの出店(ゆきあかり横丁)で寒い冬空に温かさを演出した。十和田湖冬物語は昼と夜とそれぞれに違った魅力があり、家族連れや外国人観光客なども多く見られた。19日間の来場者は約23万5000人を記録し、冬の十和田湖を盛り上げた。
huyuymonogatari2.jpg
↓人気急上昇のご当地アイドル「りんご娘」
huyuymonogatari1.jpg
huyuymonogatari3.jpg
↑吹雪の中、負けない笑顔で元気に踊ってくれた北里ヨサコイチーム「三源色」
 「みやこうた」は「数字と色彩(いろ)の宝庫青森県」を全国にPRするため、1998年に創案された「3・8・5の16音」でうたを創る新文芸です。
miyakon2017.jpg
 ▽主催/中泊町教育委員会/みやこうたを創り楽しむ会▽募集期間/12月17日(日)~2018年1月29日(月)▽課題/テーマ「しあわせ」、その他(自由句)▽部門/A「一般・高校生の部」/B「中学・小学生の部」/C「写真・イラスト入りの部」(年齢制限なし)▽発表/2018年2月22日(木)▽応募・お問い合わせ/℡0173‐57‐2111
kenminbunkasai.jpg
 ▽日時/9月24日(日)午後1時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/017‐718‐5455
igskouryuupa.jpg
 ~楽しい時間を過ごしたい人集合!~
 ▽日時/9月16日(土)午後7時~午後9時▽会場/十和田倶楽部▽参加条件/青森県内で働く30~50歳の男女(募集人数40名)▽チケット/4000円▽お問い合わせ/℡0176‐58‐0350
benronbosyuu.jpg
 ▽日時/10月15日(日)午前9時~▽会場/十和田市民文化センター▽弁論者募集・テーマ「これが私の生きる道」▽作品展出品者募集・テーマ「私のとっておき」▽ファッションショー出場者募集・テーマ「人生彩色(いろいろ)」▽お問い合わせ/℡090‐5235‐0199(吉本)
 5月3日から5日の3日間、三沢市の寺山修司記念館で「寺山修司記念館フェスティバル2017」が開催された。特別企画展として「寺山修司とマンガ」も開催。「あしたのジョー」で話題となった力石徹の告別式の様子なども展示され、常設展示はもちろん、屋外多目的スペースでは人気の「ムシムシコロコロパークJr」や三上博史ライブ「あしたはどっちだ!‐あしたのジョー‐」が開演。記念館にはたくさんの来場者が訪れた。
terayamakoropark.jpg
 20周年記念として4日には生前交流のあった竹宮惠子トークショー「寺山修司とマンガ」が展示室で開催され椅子が足りなくなるほどの来場者で会場は埋め尽くされた。
terayamataidan1.jpg
 トークショーは漫画家であり、京都精華大学学長も務める竹宮惠子さんとアートディレクター・寺山偏陸さん、テラヤマ・ワールド代表であり寺山修司記念館の副館長・笹目浩之さんの3人で開演された。トークは昔話しから始まる。竹宮さんが当時住んでたボロアパートの大家に頼まれて寺山氏のサインを貰いにいったのがきっかけ。演劇や短歌など素晴らしい才能をもつ寺山氏と出会い、その短歌を漫画にする練習をした。17歳で漫画家デビュー。中学生向けの少女コミックに不倫や同性愛などのハードな内容を表して話題となったという。また、様々な作品からは知ることが出来ないプライベートでの寺山氏との思い出を3人で語りながらトークショーは終了した。
doitugokyousitu.jpg
開講コース▽生後6ヶ月からのリトミックコース▽3歳からのこどもピアノコース▽声楽・ボイトレコース(中学~大人)▽キッズ英会話コース▽キッズドイツ語コース▽大人のドイツ語コース▽お問い合わせ/℡050‐3579‐3325(亀山瑠香)
syucyouwarku.jpg
 ヴァイオリン豊川麗子、ソプラノ亀山瑠香、ピアノ平菜摘からなる3人の若手演奏家グループ「Colors」が出張コンサートや音楽体験ワークショップなど承ります。料金はお気軽にご相談ください▽お問い合わせ/℡050‐3579‐3325
tensinosyouzou.jpg
▽講師/金澤泰子
▽書道実演/金澤翔子
 ▽日時/10月26日(水)午前10時開演▽会場/十和田市民文化センター大ホール▽入場/無料▽お問い合わせ/0176‐23‐2992

1  2  3  4  5  6