どんぐりの森 山楽校

  • どんぐりの森 山楽校の写真1
  • どんぐりの森 山楽校の写真2
  • どんぐりの森 山楽校の写真3
  • どんぐりの森 山楽校の写真4
  • どんぐりの森 山楽校の写真5
  • どんぐりの森 山楽校の写真6
  • どんぐりの森 山楽校の写真7
  • どんぐりの森 山楽校の写真8
  • どんぐりの森 山楽校の写真9
  • どんぐりの森 山楽校の写真10
  • どんぐりの森 山楽校の写真11
sizenenerugi-2.jpg 3・11東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故のあと、国民の自然エネルギーに対する関心が高まっている。
 NPO法人どんぐりの森・山楽校(川村清市塾長)では、12月12日、十和田市民文化センターで、将来を担う子供や孫たちに自慢できる郷土の環境を...のテーマに、自然エネルギー市民フォーラム(青い森地域創造基金補助事業)を開催した。
 フォーラムは、どんぐりの森・山楽校の川村清市塾長をコーディネーターに、日本環境学会前会長の和田武さんが基調講演した他、中型風力発電機を製作している駒井ハルテック㈱の豊田玲子さん、東北再生可能エネルギー利活用大賞を受賞した岩手県一関市の照井土地改良区の阿部洋一さん、稲生川に小規模の水力発電所建設している青森県上北地域県民局の吉岡裕芳さんらが、現在の取組み状況を報告した。
 講演あとのディスカッションでは、会場からの質問に、各先生方が答える形で行なわれた。
 
sizenenerugi-1.jpg まず最初に、「再生可能エネルギー普及による地域活性化~市民・地域共同発電所づくりで農村地域を元気に!~」のテーマで基調講演をした和田武さんは、地球温暖化は深刻な状況になってきている。二〇〇七年に締結された、二〇〇八~二〇一二年までの温室効果ガス排出量を決めた京都議定書では日本は-6㌫、ドイツ及びデンマークは-21㌫であった。これを二〇一〇年の段階での実績で見ると日本はわずか-1㌫、ドイツは-21・7㌫、オランダは-18・7㌫の実績をあげている。
 また日本は、3・11の東日本大震災による福島第一原発の事故により原発の危険性が誰の目にも明らかになってきたにも関わらず、原発は産業発展に欠かせない。原発はCOを排出しない環境にやさしいエネルギーであるとして原発推進策をとってきた。
 しかし原発を推進策を出しているのは日本だけで、世界は今再生可能エネルギー(風力・太陽光・バイオマスなど)を推進しているとして、ドイツやデンマークでの取り組みを紹介した。
 ドイツは、原発の段階的廃止を打ち出し、デンマークは原発不所持である。
 ドイツやデンマークで再生可能エネルギー普及が飛躍的に進んでいる理由として、第一に電力買取制度、熱・燃料利用推進制度、環境税など積極的な普及推進政策をとっている。
 第二に地域に利益が還元されるなど市民・地域主体中心の普及方法をとっている。
 第三に、それによってCO削減、雇用の創出、エネルギーの自給率向上など再生可能エネルギーの普及促進は社会に好影響を与えている。
 また、再生可能エネルギーは、少量ずつ分散的であるが枯渇することなく無限である。特に農山村地域に多い。これに対して石炭、石油などの化石資源、ウランなどは有限でありいずれは枯渇する。
 デンマークでは、二〇二〇年までに消費電力の50㌫を風力で供給。二〇三〇年までに発電所での石炭利用を禁止。石油ボイラーを全廃。二〇三五年までに電力・暖房用はすべて再生可能エネルギーにする。二〇五〇年までに再生可能エネルギーに完全移行するという計画を立てているなど、自然エネルギーの先進地を紹介し参加者に深い感銘を与えた。
 なぜドイツ、オランダなどヨーロッパで出来て日本では出来ないのであろうか。
 日本では東京電力や東北電力など大資本が電気をつくり供給する制度をとっている。
 それに対してヨーロッパは、小規模ではあるが地域住民や民間団体、地方自治体などが電気を作っている。
 日本でも、最近太陽光発電が目だってきたが、日本の総エネルギーを賄えるだけの資源量は充分あるという。自然エネルギーを推進するかどうかは、国の政策が重要になってくる。地球温暖化と、原発の危険性を考えたとき、非常に考えさせられた和田さんの基調講演であった。
 
sizenenerugi-3.jpg 続いて、「中型風力発電によるコミュニティ風車の可能性」と題して、駒井ハルテック㈱の豊田玲子さんが報告した。
 豊田さんは、現在は大型化が顕著であるが、日本の風車資源は山の上が多いために、大型機が入りにくい場所も多い。日本の気象・地形条件に沿った中型の風車を開発した。風力発電適地は、年間平均風速が毎秒5・5~6以上なければならないなど、風力発電の条件などを報告した。
 
 続いて、「疎水百選の農業用水を利用した水力発電」と題して、東北再生可能エネルギー利活用大賞~東北経済産業局長表彰~を受賞した、照井土地改良区の千葉満さんが報告した。
 照井堰は、今から850年ほど前の平安の末期、当時、干魃や飢饉で苦しみ悩まされ続けた村々の窮地を救うために、奥州藤原秀衡の家臣照井太郎高春が、磐井川から取水して用水路を造った。それによって現在の岩手県一関市・平泉町一帯が美田に変えられた。その工事をした照井高春の姓を取って照井堰用水と命名された。
 照井発電所は、その照井堰に造られた小型の水力発電所で最大50kW、常時30kWを発電。一般家庭での約15軒分の発電をしている。その取組みと管理状況が報告された。
 
 そして最後は、現在進められている稲生川の水力発電所である。
 この稲生川水力発電所は、県の事業であるために「稲生川を活用した小水力発電施設の整備について」と題して、青森県上北地域県民局の吉岡裕芳さんが報告した。
 稲生川が2本あるのをご存知であろうか。1本は新渡戸傳が開削した稲生川。これは奥入瀬川の旧十和田湖町の中里から取水してる。もう1本は国営事業で開削した稲生川である。これは同じく両泉寺から取水しているが現在は法量発電所から出た水をそのまま稲生川に流している。
 その2本の稲生川が、国道102号線十和田市農協八郷給油所裏の佐井幅で、国営で開削した稲生川が新渡戸傳が開削した稲生川に落とす形で合流している。
 稲生川水力発電所は、2本の稲生川の落差を利用して造られる。平成26年の完成予定だが、その発電量は最大182kWと、照井発電所の4倍近くあることが報告された。
 以上、基調講演を含めて4人が発言。ディスカッションは会場から質問を受けて4人の先生がそれに答えるという形で行なったが、午後6時から始まり午後9時までの3時間、時間が過ぎても次々と質問がでるなど、自然エネルギーに対する関心の高さを伺わせたエネルギーフォーラムであった。

 日本名瀑百選の一つ、松見の滝に行きます。一人ではなかなか行けません。上り約4時間、下り約3時間、併せ7時間の1日コースです。
 
matuminotaki.jpg▽日時/10月20日(日)午前8時
  焼山の「奥入瀬湧水館」駐車場集合
▽参加料/500円(保険代等)
▽服装/山歩きできる格好・水、おにぎり等昼食持参
▽申し込み〆切/10月13日(日)
▽申し込み/090‐2602‐8097(小笠原)

hotarukanshou.jpg 7月2日、片淵川流域にあるどんぐりの森・山楽校(川村清市塾長)のホタル鑑賞会に、法奥小学校(向井博校長)5年生の児童20名、同父母、先生及び、どんぐりの森関係者併せ約60名が集まり、ホタルの飛翔に歓声をあげた。
 どんぐりの森・山楽校では開塾した平成20年(二〇〇八)よりホタル観察会を行なっていたが、昨年の観察会で天間舘中2年の哘光輔君がメスのゲンジボタルを1匹捕まえた。何とそのホタルが400個の卵を産んだ。それを、どんぐりの森の副会長であり三沢高校の小川隆教諭が孵化させ育てた。
 一方、ゲンジボタルの餌であるカワニナを法奥小学校の児童たちが昨年より教室で育てていた。
 そしてそのカワニナとホタルの幼虫約200匹を、5月15日に放流した。それから約50日経った7月6日に観察会を行なったもの。
 この日は、気温が低くホタルの飛翔は少なかったが、それでも20匹ほど飛び、子どもたちが大きな歓声をあげていた。
 この日もメスを数匹捕まえ、すでに1200個ほどの卵を産んでいる。

 どんぐりの森・山楽校平成25年度新年会

 sinnenkai.jpgどんぐりの森・山楽校の今年最初の活動である、平成25年度の新年会が、1月12日、会員の店である食事処ポプリで行なわれた。

 これには会員16名が参加。川村清市塾長から、平成25年度の各種補助金の申請状況が報告された他、ホタル担当の小川隆副会長から、昨年ホタルの里の集いが行なわれたとき、参加した子どもがゲンジホタルの雌を捕まえた。その雌から400匹の幼虫が生まれ、今育てているところである。春にその幼虫をどんぐりの森に放したいと報告された。

 みんなは大喜び。10匹か20匹飛んだだけですごいのに、400匹飛んだら、どうなるのと、今から胸を膨らませていた。

 まずは今年も幸先よい、どんぐりの森の出発であった。

日本の名瀑100選、大町桂月も行った秘境の名瀑

行き3時間30分、帰り3時間、約30,000歩
 donguri1.jpg明治41年(一九〇八)、十和田湖を世に紹介した大町桂月が、五戸町出身の、雑誌『太陽』編集長・鳥谷部春汀の案内で、初めて十和田湖を訪れたとき、松見の滝にも行っている。
 その紀行文が、翌明治42年(一九〇九)に発刊された『太陽』に「奥羽一周記」として掲載された。
 このとき大町桂月は、十和田の山のことなら何でも知っている「山の神」といわれていた大田吉司の案内で、道がなかったために、黄瀬川を上り松見の滝まで行っている。
 大町桂月は、松見の滝を次のように書いている。
 「松見の瀑、一に黄瀬の瀑とも云ふ。一山全く骨を露はし、上は裂けて鉄の如し。その合する処より、一川の水、総束せられて直下す。凡そ二十丈(約60㍍)、下はまた五六丈(約15~18㍍)の巌を蔽うて下る。此の上方の、二つに裂けたる巌の山は、姫小松を戴く。後ろを見れば巨巌天を衝きて、それの頂にも、姫小松生ひたり。このあたりの山々には、松なし。ただここのみにあるを以て、松見の瀑というふなりとぞ。岩質はと問えば、玄武岩なりといふ。巌に松、而して三十丈(約91㍍)の飛瀑と云ふのみにても、山水の遊に慣れたる者は、既に飛び立つ思ひすべき也」
 今から約100年前に書かれた、大町桂月の松見の滝を紹介する名文である。
 今は、日本の滝100選に選ばれ、秘境の名瀑として知られている。
 10月21日、どんぐりの森・山楽校(川村清市塾長)の一行16人が、松見の滝へとハイキングした。奥入瀬川と黄瀬川が交じ合う入口から約9㌔。上り約3時間30分、下り約3時間。初心者にはちょっときついコースである。が、松見の滝に着いたときの感激はひとしおであった。
 整備された道路でも3時間30分の道のり。道路のなかった100年前は、黄瀬川を上っているから片道5時間以上はかかっているであろう。それにしても、当時で落差三十丈、つまり91㍍。その計測の正確さには驚かされる。

donguri2.jpg

 9.22hosogoehotarunosatokour.jpg 青森県には、よこはまホタル村や青森細越ホタル里、八戸白銀南公民館協力会など、ホタルで町おこしをしている団体が幾つかあるが、その中の一つ、青森細越ホタルの里が、どんぐりの森・山楽校に来て、一泊キャンプしながら交流会を行なった。

 細越ホタルの里は、かつてはゲンジホタルが300~400匹飛んでおり、田んぼのあぜ道がホタルの光ロードになるほどであった。一晩に数千人の市民が訪れ、市の虫にホタルがなったほどである。

 どんぐりの森・山楽校で10~15匹飛んだだけで歓声をあげている私たち。300、400匹飛んだら、どんなにすごいだろうと思うと同時に、ぜひどんぐりでも将来は100匹、200匹飛ばすぞと夢が湧いてくるような交流会キャンプであった。

 どんぐりでもやろうと、今年から会員の何人かが、ゲンジホタルの餌であるカワニナの養殖及び、ゲンジホタルの養殖を始めた。

8.4chensoukoushukai3.jpg 8.4chensoukoushukai2.jpgどんぐりの森・山楽校では、意外にチェンソーを使う機会が多い。が、チェンソーの使い方は、これまでよく事故がお起きなかったもんだというほど、全くのど素人。

 8月4日に、チェンソーアートの菅岡仁さんを招いて、チェンソー講習会を行なった。この日はまず、チェンソーの歯の部分を分解して、チェンソーの手入れと、チェンの研磨の仕方を学んだ。びっくりするほどの切れ味に参加者は皆びっくり。今まで如何にいい加減であったかが思い知らされた講習会であった。

8.4chensoukoushukai4.jpg

 夜は「どんぐりの森・山楽校」でホタル鑑賞会
 

hotaru.jpg ひとむかし前までは家の庭先まで飛んで来たホタル。今は、ほとんど見られなくなってきた。
 ホタルは、自然環境のひとつバロメーターでもある。
 青森県には、横浜町をはじめ、そのホタルを守って行こうと取り組んでいる地域が幾つかあり、その人たちが、青森県ホタルの会(佐藤鐡雄会長)を結成し、交流を深めている。
 その青森県ホタルの里の集いが、7月14日、体験発表は十和田市東公民館で、ホタルの観察会はどんぐりの森・山楽校(川村清市塾長)で行われた。
hotaru1.jpg 体験発表は、細越ホタルの里の会(青森市)、よこはまホタル村(横浜町)、八戸白銀南公民館(八戸市)、どんぐりの森・山楽校(十和田市)の4ヵ所。
 青森市細越には、400匹のゲンジボタルが飛び交い、ヘイケボタルで田の畔道がわかるほどであったなど、それぞれの地域の体験を発表した。
 また夕方から、どんぐりの森・山楽校でゲンジボタルを鑑賞。その後は、バーベーキューをしながら、ホタルに寄せる夢を夜遅くまで語り、キャンプをした。

7.14hotarunosatonotudoi.jpg

 6.24o-na-kouryukai1.jpg 国際森林年の昨年行われた植樹祭には150名が参加した。

6.24o-na-kouryukai2.jpg そして1年経った今年、植えたブナが無事であろうか、どれくらい成長しているであろうか。確かめると共に、手入れをする、ブナのオーナー初夏の交流会が、6月24日、どんぐりの森・山楽校で行われた。

 第1回目の今年は、35名が参加。まず自分の植えたブナの木を無事か確かめると共に、終わってからどんぐりの広場で、持参したおにぎりと、どんぐりの森・山楽校が準備した山菜汁を食べながら、自己紹介、そしてブナへの思いなどを語り合った。

 今年が、第1回目で、毎年この時期に2回、3回と行っていく予定である。何年経ったらブナは僕の背を追い越すであろうか。楽しみである。

6.24o-na-kouryukai3.jpg

 6.10shokujusai4.jpg6.10shokujusai3.jpg 青森中央学院大学のベトナムからの留学生たちが、6月10日、どんぐりの森・山楽校に、留学記念にブナを植樹した。

 一行、引率者をいれて7人は、青森市からどんぐりの森に到着。この日は、あいにくの小雨。雨合羽を着ての植樹となったが、土が湿りブナには最高の植樹日和となった。

 終わって、山菜汁や、十和田名物バラ焼きなどを食べながら交流。素直で学習意欲に湧く、ベトナム留学生たちから、むしろ学ぶことが多かった植樹祭であった。

 このように、どんぐりのブナの森には、昨年の植樹祭には米軍三沢基地から10名ほどが参加。そして今年はベトナム人と、国際的なブナの森になりそう。

6.10shokujusai2.jpg 

1  2  3

どんぐりの森 山楽校
入会のご案内

どんぐりの森 山楽校へのご入会をご希望される方は、下記申込み用紙(PDF)を印刷し必要事項をご記入いただき、FAXまたは郵送にてお申込みください。

どんぐりの森 山学校
入会申込書
(PDF:130KB)

BUNKA新聞社
〒034-0022  青森県
 十和田市東二十四番町28-5
   TEL:0176-23-0249
   FAX:0176-23-0292

年間の主な活動

2月
▼スノーシュー・トレッキング
十和田湖、奥入瀬渓流、八甲田周辺
スノーシュー・トレッキング
4月
▼山開き
雪に閉ざされていたどんぐりの森 山楽校の山開きです。
山開き
5月
▼八甲田の頂上から尻すべり
八甲田高田大岳(1585m)頂上より尻すべりを行います。
八甲田の頂上から尻すべり

▼熱気球打ち上げ
十和田市春まつりと並行して熱気球打ち上げまず。
熱気球打ち上げ
6月
▼自然を丸ごと食べよう
どんぐりの森・山楽校で山菜を採り、その場で料理して食べます。
自然を丸ごと食べよう

▼ブナのオーナー初夏の交流会
ブナの森に植樹したオーナーの交流会です。
ブナのオーナー初夏の交流会
7月
▼ホタルキャンプ
ゲンジホタルを養殖。ホタルの里を目指しています。
ホタルキャンプ
9月
▼熱気球打ち上げ
十和田市秋祭りと並行して熱気球打ち上げます。
熱気球打ち上げ
10月
▼キノコ汁会
どんぐりの森で育てたキノコを味わいます。
キノコ汁会
その他
▼チェンソーアート講習会
チェンソーアート講習会
植樹、間伐財を材を利用したキノコ類の栽培、カシスや山ブドウなどの栽培などもを行っています。

最近の写真

※写真をクリックすると記事にアクセスできます。

  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/12/post-864.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/12/post-864.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/12/post-864.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/09/post-772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/07/60-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2013/01/400.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/12/mo.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/12/mo.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/09/post-559.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/08/post-558.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/08/post-558.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/08/post-558.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/08/post-558.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/07/post-419.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/07/post-419.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/07/post-419.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/07/post-419.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/06/post-557.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/06/post-557.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/06/post-557.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/06/post-557.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/06/post-557.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/post-556.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/24-3.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/05/24-3.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/04/post-313.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/04/post-313.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/04/post-555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/04/post-555.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/03/post-290.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/02/10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/02/10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/02/10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/02/10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2012/01/2012-7.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/11/post-157.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/11/post-157.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/11/post-157.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/11/post-157.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/11/post-157.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/09/post-89.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/09/post-89.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/09/post-37.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/09/post-37.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/06/post-18.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2011/03/post-15.html