十和田健康乗馬クラブ

趣味に乗馬を楽しむ簗田睦子さん
84歳で全国乗馬倶楽部振興会の5級ライセンスを取得

yanadamutuko1.gif
 会員資格「男性概ね60歳以上、女性概ね50歳以上」という乗馬クラブがある。十和田健康乗馬クラブ(佐藤清会長)がそれである。
 現在会員は女性8名、男性12名の併せて20名。うち80歳代1名、70歳代10名、60歳代5名、60歳未満4名と、おそらく全国最高齢者の乗馬クラブである。
 その最高齢者乗馬クラブの最高齢者が今年10月に全国乗馬倶楽部振興会の5級ライセンスを取得した梁田睦子さん、御年84歳である。
 「私ね、お花、お茶、日本舞踊、裂織などたくさんの趣味を持っていて、それなりの資格を取っています。次に何をやろうかと考えていたとき、十和田に桜流鏑馬を見に行ったんです。女性が全速力で走る馬に乗って矢を射るでしょう。感激しました。あ、今年は午年だ。馬もいいな、こんなおばあちゃんでもできるかしらと思って十和田乗馬倶楽部に電話したところ、会長がどうぞといってくれて、5月ころから練習しました。馬に乗ったときはただただ嬉しくってね。それが新聞に載ったところ友達から電話がかかって来て、みんなが集まってお祝いのパーティーを開いてくれたんです」と語る。
 簗田睦子さん、昭和5年(一九二七)2月、旧天間林村出身。夫は学校の先生をしていたこともあり専業主婦であった。が、午年の今年馬に出会った。十和田乗馬倶楽部に練習に通い、10月に乗馬5級のライセンスを取得。今は4級に迫る勢いだ。
 超高齢化社会の日本。高齢になっても趣味と生きる目標をもち、病気知らずで活動する。梁田さんは超高齢化社会の高齢者の生きる一つの手本だ。
 十和田健康乗馬クラブは、平成22年(二〇一〇)に発足。隔月で奥入瀬渓流や八甲田山麓蒼星の森、奥入瀬川河川敷、小川原湖湖畔、三沢淋代海岸、十和田市周辺など大自然の中をトレッキング。終わった後は、その日のトレッキングの映像を見ながらの懇親会はまた楽しい。会員の平均年齢は70歳強だが、誰も自分は高齢者だなんて思っていない。

yanadamutuko2.gif
yanadamutuko3.gif
 写真上/十和田乗馬倶楽部の中野渡会長と余裕をもって談笑しながら乗馬する簗田睦子さん(12月)。写真下十和田健康乗馬クラブの仲間と奥入瀬川河川敷をトレッキングる簗田さんこのときはちょっと緊張ぎみであった(7月)


 今年の7月例会は、森林浴+乗馬の、ブナの二次林の何回目かの蒼星の森であった。この日は、参加人数がが多く2班に分かれてのトレッキングでった。

 蒼星の森はいつも優しく迎えてくれる

 

7.14-1.jpg

蒼星の森に向かう

 

7.14-2.jpg

蒼星の森の入口に咲くガクアジサイ

 

7.14-3.jpg

ブナの二次林の緑が美しい

 

7.14-4.jpg

 5月例会は、三沢ミス・ビードル海岸で初めての駈足だった。

 この日は曇りでちょっと風がありと、気候条件はあまりよくなかったが、初めての駈足にしては、参加者全員見事に走りきった。

5.19-1.jpg三沢海岸を疾走する

 

5.19-1.01.jpg 松林を抜けて三沢海岸に向かう

 

5.19-2.jpg 今日は風がありちょっと波が高そうである

5.19-3.jpg

大疾走する 

5.19-4.jpgミス・ビードル号記念碑の前で記念写真

 

 

jouba0.jpg 3月例会は、八甲田の麓湯ノ台での堅雪での雪上トレッキングでたあったが、この日はまだ堅くなっておらず、堅雪は渡れなかった。そのため国道103号線の入口から湯ノ台の乗馬倶楽部の施設まで往復の乗馬となった。しかし、馬が雪に足をとられながらであったが、雪の八甲田高田大岳は美しく、楽しいトレッキングであった。11名参加。

jouba1.jpg

jouba5.jpg

jouba4.jpg

jouba3.jpg

jouba2.jpg

01jouba1.jpg 01jouba2.jpg1月例会は、十和田乗馬倶楽部周辺の約12㌔。終了後に通常総会を行い、平成25年度のトレッキング計画と、新しい役員を選出しました。

 平成24年度の延べトレッキングキロ数は約100キロということでした。

 結果、学術顧問に小林裕志さん、技術顧問に中野渡利彦さん、会長に佐藤清さん、事務局長に新屋敷四十美さんが決まりました。

 今年度は、新会員も積極的に受け入れ、初心者とベテランにわけトレッキングの予定。

 また、平成25年度は、

 ・3月24日/八甲田雪上トレッキング(約15㌔)

 ・5月19日/三沢海岸トレッキング(約30㌔)

 ・7月14日/奥入瀬渓流トレッキング

 ・9月15日/奥入瀬川下流トレッキング

 ・11月17日/高森山周辺トレッキング

  総距離数は130~140キロの予定。 

 入会希望者は、事務局、℡080-1815-1624(佐藤)・090-2790-7727(新屋敷)迄お問い合わせ下さい。

 平成24年度は、事故もなく、5回、延べ距離約100㌔を走りました。その中で5回とも参加したひとは5人、その中に杉本佳築子さんと、田中文子さんの二人の女性が入っています。
 さて、十和田の休日乗馬クラブが発足して4年目に入り、来年は新たな発展の年になるかと思っております。
 つきましては、平成25年度の第1回トレッキング及び総会を下記の日時にて行いますので、ご案内申し上げます。
 なお、トレッキングは乗馬倶楽部周辺になるかと思います。

●トレッキング
∵日 時/平成25年1月20日(日)午前10時、十和田乗馬倶楽部集合
∵コース/十和田乗馬倶楽部周辺
1gatuannai.jpg●総会及び懇親会
∵日 時/トレッキング終了後の午後1時~
∵会 場/慕情
申し込み〆切/1月10日(木)迄

問い合わせ ℡080-1815-1624(佐藤)・090-2602-8097(小笠原)

 11gatujouba1.jpg 11gatujouba4.jpg 11gatujouba2.jpg平成24年度最後の例会は、高森山周辺の12㌔のトレッキングでした。

 十和田乗馬倶楽部を出発し、板ノ沢の藁人形の前を通り、深持集落を通り、そして田んぼ道を引き返してきました。

 途中、雪がちらついてきたけれど、終了後は楽しい懇親会が待っているだけに、雪なんてなんのその。

 今年最後のトレッキングも、ああ楽しかった。

 

11gatujouba3.jpg 

9月例会 9.16.3.jpg 9.16.5.jpg十和田市は青森県有数の水田地帯。9月はちょうど実りの秋である。その黄金色に実る田んぼ道のトレッキングであった。

  コースは、十和田乗馬倶楽部から、奥入瀬川に出て、川添えを約15着ろ下り、往復30キロのコース。

 この日は、大発見(?)が一つあった。それは、奥入瀬川にたくさんのサギがいたのである。むかしはほとんどいなかったサギ。いつのころから奥入瀬川に住むようになったろう。

9.16.4.jpg

9.16.1.jpg

 7月例会7.15.1.jpg7.15.5.jpg 八甲田連峰、高田大岳の麓、湯ノ台にあるにある蒼星の森は標高が結構高い。そのために下界が晴れていても、蒼星の森は曇っているということも度々である。

 十和田の休日乗馬クラブ7月例会は、ブナの二次林の蒼星の森であった。

 この日は、参加人数が多く、午前と午後の二組に分かれての約28キロのトレッキング。下界は晴れていたが、蒼星の森は霧の中。というより、下界から見ると雲がかかっているように見えるであろう。その雲、幻想的な濃霧の中のトレッキングであった。

 

7.15.2.jpg7.15.3.jpg7.15.4.jpg 

 

5月例会5.20,1.jpg 5.20.2.jpg3月例会の雪上トレッキングは、天候不順のため中止。

 5月例会は、新緑の奥入瀬渓流トレッキングであった。

 コースは、湯ノ台蒼星の森から、焼山まで下り、奥入瀬渓流をのぼり、小林林業の入口までの往復、約28キロである。

 この日の参加者は13名。残雪残る八甲田の麓蒼星の森。新緑萌える奥入瀬渓流と、大自然に抱かれたコースである。

 5.20,3.jpg終了後はいつもの通りで楽しい懇親会とカラオケ。

 十和田の休日乗馬クラブの会則の目的に、こんな文章がある。

 「馬を通じて遊び、飲み、交流し、健康増進と、乗馬文化の普及に貢献する」

 だから、飲んで交流することは、活動の一環であるのである。

1  2  3