十和田健康乗馬クラブ

3月例会 《湯ノ台雪上トレッキング》

joubakurabu.jpg 早春の候 一日一日と春めいて参りました。皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、「十和田の休日乗馬クラブ」今年2回目のトレッキングは、堅雪の上を馬で歩く雪上トレッキングです。これは十和田ならではの乗馬トレッキングです。
 以下、日程は次の通り。
 ▽日 時/3月25日(日)午前7時30分~
     十和田乗馬倶楽部集合
 ▽コース/湯ノ台牧場
 ▽初心者/初めての人は、今回は難しいのでご遠慮下さい
 ▽定 員/先着12名まで
  《懇親会》
 ▽午後6時~

 ▽スナック慕情
   (懇親会には初めての人も積極的に参加して下さい)
*申し込み及び問い合わせ/℡080‐1815‐1624(佐藤)・090-2602-8097

*写真は、雪道のトレッキングですが、雪上トレッキングではありません。雪上トレッキングは、道路をはずれて、雪の上を歩きます。

2012年新春トレッキング

1gatyjouba1.jpg1gatujouba2.jpg 2012年新春トレッキングは、十和田乗馬倶楽部から、馬事公苑駒っこランドを一周しての約15㌔。雪に興奮して馬が横になるなどちょっとしたハプニングもあった。

  が、今回の話題は、何といっても着物にモンペ姿、そしてマントの乗馬美人が現れたことである。

 この着物モンペ美人、実はある呉服屋の社長さん。呉服屋だけに洋服はパジャマしかないという。山菜採りに行こうが、、山登りしようがすべて着物にモンペ姿で徹底している。

 4人で始めた十和田の休日乗馬クラブの会員は、弁護士や大学の名誉教授、会社の社長さん、スナックのママさん、年金暮らしの悠々自適のおっさんなど、様々な職業、価値観を持つ人たちが入ってきて、1年経った現在24人。

 ということから夜は定例総会で規約を改正。

 そしてクラブには欠かせない懇親会と、いつものことであるが、私が家に帰ったのは午前様でした。

1gatujouba3.jpg

jouba3.jpgjouba2.jpgjouba5.jpg 11月27日に行われた小川原湖畔トレッキングには、新人3名を含む14名が参加。

 コースは、道の駅「おがわらこ」を出発、湖畔を南廻りして、米軍三沢基地の無線傍受基地「像のオリ」のちょっと先までの、約2時間。

 当日朝は雪模様。

 が、私は晴れ男だと自称する佐藤会長の予告通り、小川原湖に着いたとたんに雪は止み、お天道様が顔を出す始末。風もなく、晩秋のおだやかな湖畔を左に見ながらのトレッキング。

 今日も楽しい1日でした。青森県に生まれた幸せを感じた1日でした。

 夜は勿論、昼のトレッキングの映像見ながらの懇親会。最後はカラオケで盛り上がったとサ。

 イヤー、良がった、よがった!!

jouba1.jpg 

ogawarako.gif  さて、「十和田の休日乗馬クラブ」今年最後のトレッキングは小川原湖周辺といたします。
 それぞれご多忙かと思いますが、下記の日時で行ないますのでお申し込み下さい。

《小川原湖周辺トレッキング》
・日 時/11月27日(日)午前9時30分~
     道の駅小川原湖集合(旧上北町小川原湖畔)
・コース/小川原湖水浴場~小川原湖周辺
・初心者/初心者は、11月23日(水)または26日(土)
 午前10時~十和田乗馬倶楽部で練習を行ないます。
《懇親会》
・トレッキング終了後、トレッキングの写真・映像を見 ながら、ちょっと早めの忘年会を兼ね、午後6時~副 会長の店である「慕情」で行ないます。(但し、自分の好きな酒持込可)
*申し込み及び問い合わせ
℡080‐1815‐1624(佐藤)・℡090‐2602‐8097(小笠原)

 

 11月5日、歴史のまち七戸町で、七戸鎧まつりが行われたが、それと平行して騎馬武者行列が行われた。この騎馬武者行列に、十和田の休日乗馬クラブから2名参加。勇姿を見せ、沿道の人々から注目された。

 

kibamusha.gif武者姿の佐藤清会長(前列)と副会長の古賀隆也さん

jouba.jpg 9月25日は、台風15号一過のあとの秋晴れ。
 湯ノ台に午前9時集合。会員13名参加。初心者は30分ほど練習して午前10時出発。八甲田のブナの二次林の中をトレッキング。谷地温泉の手前まで片道1時間ちょっとの行程。
 この日は、暑いほどの天気。しかし、ブナ林は、木漏れ日が落ち、木肌は美く輝き、森林浴しながらのトレッキング。 

 夜は、この日の写真と映像を見ながらの懇親会と、まさに十和田の休日の楽し~い1日でした。
 jouba2.jpg次回は、11月27日(日)の予定。

 9gatutorekkingu2.jpg初秋の候 各位におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 東日本大震災もようやく復興へ向かったかと思った矢先、今度は台風12号が、死者34人、行方不明57人という被害をもたらしました。十和田地域は災害の少なく住むに最高の地域だと改めて思いました。
 さて、9月例会は、1時間ほど、常歩、速歩など乗馬の基本レッスンを行い、湯ノ台から蔦川上流の秘境猿倉大滝のあるところまで行きます。

 以下、日程は次ぎの通り。
          記
基本レッスンと秘境猿倉大滝
・日 時/9月25日(日)午前9時湯ノ台食堂前集合
     *24日雨天の場合は10月2日(日)同時刻
・コース/湯ノ台-蔦川上流秘境猿倉大滝
     *夜6時~慕情にて懇親会

*申し込みは、℡080‐1815‐1624(佐藤)
         TEL090‐2602-8097(小笠原)迄

 写真は、秘境猿倉大滝と、蔦川沿いのブナ林

9gatutorekkinngu1.jpg

torekkinngu3.jpg 馬のまち十和田ならではの大人の遊び。

 十和田市の特徴の一つは、馬のまちである。馬のテーマパーク駒っこランドをはじめ、春の桜流鏑馬、秋の駒フェスタ、あるいは馬術競技などと、馬のイベントも多い。
 が、馬を市民レベルで楽しんでこそ、ほんとうの馬のまちといえると結成されたのが十和田の休日乗馬クラブ(佐藤清会長)である。
 十和田の休日乗馬クラブの入会資格は、男性は概ね60歳以上、女性は概ね50歳以上の、いわば大人の遊びである。年、6~7回、百石の海岸、小川原湖周辺、八甲田ブナの森、奥入瀬渓流などをトレッキングする。そして夜は、トレッキングの映像を見ながらの懇親会である。
 最近は、女性会員も多くなり、これもまた楽しい。
 7月24日、この日は、湯ノ台の牧場を出発し、奥入瀬渓流をトレッキング。往復4時間半のトレッキングであった。

 

torekkinngu1.jpg           女性会員たちの勇姿。恰好いいでしょう(写真提供・西野有一)

 

torekkinngu2.jpg          トレッキングが終わって笑顔も爽やか。ご苦労様でした

torekkingu4.gif

 

torekkingu6.giftorekkingu5.gifその前日の夜は蒼星の森のゲストハウスで一泊。交流を深めました(写真は、杉の丸太が立ち、全面ガラス張り蒼星の森ゲストハウスとその内部)。素敵でしょう

 奥入瀬渓流をトレッキングしよう

 中高年者や女性を中心とした乗馬トレッキングの会「十和田の休日乗馬クラブ」(佐藤清会長)では、7月例会の参加者を募集しています。

 以下、要項は次ぎの通りです。 

 日 時/7月24日(日)午前5時 湯ノ台食堂前出発(観光シーズンのため車が来ない早朝トレッキング) 

 コース/湯ノ台-焼山-奥入瀬渓流-子ノ口までの約3時間

 *もし、朝起き不安な方は、23日(土)夜、蒼星の森のゲストハウスで泊まることができます。

  午後6時、湯ノ台食堂集合。夜、バーベーキュー等行ないます。寝袋と飲み物は各自持参

 *詳しい問い合わせは、℡090‐1815-1624(佐藤)迄

 

jouba.jpg  

 このほど、大人の遊び「十和田の休日乗馬クラブ」が設立されました。

 入会視覚は男性概ね60歳以上、女性は概ね50歳以上。隔月で、八甲田のすそ野のブナの二次林や、百石海岸、小川原湖湖畔などを馬でトレッキングします。

 馬もいいが、終わってから、飲むのが楽しみ。初心者、女性歓迎。

   申し込みは、TEL090-2602-8097(小笠原迄)

joba02.jpg joba01.jpg

1  2  3