十和田湖ニュース

いに日本蘚苔類学会大会を十和田市開催にこぎつける 

kawaidaisuke.jpg
 最近、奥入瀬渓流に行くと石ケ戸から子ノ口まで歩いているひとがずいぶん多くなっている。
 奥入瀬渓流の魅力は、ブナ、カツラ、トチ、ミズナラ、サワクルミなど広葉樹の深い緑の天然林の中を、十和田湖から流れ出る清流がときにはなだらかに、ときには急勾配を岩肌に激しくぶつかり飛沫をあげて流れる。また、ところどころに高い崖から滝が真っ白な飛沫をあげて落ちてくる。
 そして、なにより魅力的なのはこんな大自然の中を、極端にいうならハイヒールを履いても歩けるのである。
 この奥入瀬渓流の深い緑を作っているのは実はコケである。川の中の石を見ても、崖の岩を見ても、古木の根元を見てもコケがびっしり生えている。
 明治35年(一九〇二)開通したばかりの奥入瀬渓流を歩いた詩人の大塚甲山が、「木の葉を沈め草を生じ、岩には苔あり緑深く、水には花あり紫に散り浮べり」と、コケが奥入瀬渓流の深い緑をつくっていると書いている。
 また、大正11年(一九二二)に大町桂月が発表した『山は富士、湖は十和田』中で、「焼山まで三里の間、川中に大小の巌石おほくして、その幾百千なるを知らず。しかして巌石ごとに必ず苔若しくは樹木をおぶ。これ奥入瀬川の特色にして天下にその比を見ず」と、コケが奥入瀬渓流の特色であると書いている。
 しかし、自動車道が作られ、人々が奥入瀬渓流を車で通るようになると、誰もコケに関心を示さなくなった。
 そのコケを再発見したのが河井大輔さんである。しかも、コケを観光にまで高めただけでなく、今年の日本蘚苔類学会第43回大会を十和田市での開催(8月26~28日・奥入瀬渓流ホテル)までにこぎつけ、奥入瀬渓流のコケが全国に知られることとなった。
 「北海道にいたときは、環境調査やアウトドア関係の雑誌の編集などをやっていて、ブナの森の良さに気がつきました。良質なブナの森は北海道ではヒグマがいるような山の中に行かなければ見られない。が、十和田に来てみると、極端にいうなら下駄ばきでも行けるようなところにブナの原生的な森がある。
 アウトドア関係の雑誌では釣り関係の取材が多かった。北海道の川にはほとんどすべて人の手が入っている。ところが奥入瀬渓流には必要最小限の改修しか加わっておらず、岩という岩、川の中にある石という石にすべてコケが生えている。これはすごいと思いました。なのに、このコケはなんというコケかと知りたくても、誰も知らない。京都のコケ庭に行くとちゃんと説明してくれる。そこで専門家を呼んでコケの勉強会をやったわけです」と語る。
 こうして奥入瀬渓流には日本有数の約300種類のコケがあり、奥入瀬の深い緑の基礎を作っているのはコケであることがわかった。奥入瀬渓流にコケがあるのは誰でもが知っている。が、その素晴らしさに気がついたのは河井さんだけであった。
 河井大輔。昭和39年(一九六四)大阪出身。東京で育つ。小学校のころからバードウオッチングなど自然に興味を持っていた。高校を卒業すると北海道の雄大な自然に憧れて札幌大学に入学。その後北海道でアウトドア関係の雑誌の編集に携わり、平成19年(二〇〇七)に奥入瀬に魅了され十和田市に移住。平成20年(二〇〇八)㈱ノースビレッジ入社。平成25年(二〇一四)NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会を設立し現在に至る。同理事長。

 十和田湖の新しい魅力を探る-観る観光から遊ぶ・体験する観光へ
  -湖で遊ぶ その2-  ゆったり、のんびり、カヌーで遊ぶ
 ネイチャーエクスペリエンス グリーンハウス

guri-nhausu0.gif
 大町桂月が「山は富士、湖は十和田湖」と絶賛した十和田湖。風のないときの湖面は鏡を張ったように周りの景色を映す。新緑、深緑、紅葉と季節によって、また早朝、昼、夕方と湖が変化する。
 グリランドのボートアドベンチャーが動であれば、グリーンハウスのカヌーは静である。カヌーは、ゆったり、のんびり、湖上での約2時間、ガイドの案内を受けながら、湖の魅力を十二分に満喫できる。
 十和田湖でのカヌーは、平成20年(二〇〇八)に、ノースビレッジが最初に始めた。そして昨年7月、それをグリーンハウスが引きついで行っている。
 利用者は、20代後半から40代女性の割合が多く、夫婦やカップル、女性同士での利用者も増えている。地域では、首都圏を中心に、県内や遠方からの来訪者も多い。
 湖上で遊ぶ。十和田湖でのカヌーツアーは新しい魅力である。

guri-nhausu1.gif
guri-nhausu2.gif
guri-nhausu3.gif
guri-nhausu4.jpg
guri-nhausu5.gif
 グリーンハウス ツアーデスクへの問い合わせは、℡0176‐70‐5977迄。

十和田湖の新しい魅力を探る-観る観光から遊ぶ・体験する観光へ 
十和田湖ボートアドベンチャー「グリランド」

gurirando4.gif
gurirando2.gif
 十和田湖といったら、イメージするのは当然のことながら「湖」であろう。標高約400㍍、最大水深約327㍍、総面積約60平方キロ㍍。十和田湖の良さはなんといっても水のきれいな湖と自然美である。
 時代は見る観光から、遊ぶ・体験する観光に変わってきている。この60平方㌔ある広大な十和田湖。しかも湖は美しい。この湖で遊ばない手はない。
 平成23年(二〇一一)にイギリス制の軍用高速ゴムボートを買い、ボートアドベンチャーを立ち上げた小川貢さん(40)。若者と外国人(三沢米軍基地)に大人気で、休みにはバスをしたててやってくる。わずか4年で今はボート7隻に増やし、ホテルや食堂、お土産店などが閉鎖や廃業している中で、十和田湖で業績を伸ばしている事業者の一人である。
 この広い十和田湖。十和田湖は遊びでまだまだ十分に魅力を開発できる。十和田湖に再び人が溢れる、その十和田湖の新しい魅力を紹介しよう。

gurirando1.gif
gurirando3.gif
gurirando5.gif
gurirando7.gif
 
gurirando6.gif
 問い合わせは/℡090-4158-4811

②十和田湖への観光客の入込数の変遷

P1010294.JPG
最高時334万人、現在は199万人と高時より135万人減少
 十和田湖への観光客がどう変わってきたのか、以下「青森県観光統計」より、その入込数を見てみよう。
 昭和30年代から始まる日本経済の高度成長。とくに昭和35年(一九六〇)に発足した池田内閣の所得倍増政策をきっかけに国民所得が増えるとともに、国内外の旅行者も増えた。
 昭和41年(一九六六)に全国農協観光協会が設立されレジャーとしての旅行が一般化されるようになった。十和田湖への観光客も増え、昭和52年(一九七七)には234万人と200万人を突破。平成2年(一九九〇)に311万人と300万人の大台を突破した。が、翌平成3年(一九九一)にバブルが崩壊。日本経済に陰りが見え始める。
 にも関わらず300万人台を維持。平成14年(二〇〇二)12月に、東北新幹線八戸駅が開業。その翌平成15年(二〇〇三)には334万人と、十和田湖観光の入込数が過去最高に達した。
 しかしそれもつかの間、翌平成16年(二〇〇四)より減少が続き、平成17年(二〇〇五)には291万人と300万人を割った。平成22年(二〇一〇)12月に新幹線新青森駅が開業。これで観光客が戻るのではないかと期待された矢先の平成23年(二〇一一)に3・11東日本大震災が勃発。その年は最高時の半分にも満たない161万人と激減、十和田湖観光は大打撃を受けた。
 翌平成24年(二〇一二)に多少は回復したものの199万人止まりで、最高時と比較すると135万人減少、最高時の約6割弱の入込数であった。
 
湖水まつり、国境祭、十和田湖冬物語は
 十和田湖の三大イベントである十和田湖湖水まつり、十和田湖国境祭、十和田湖冬物語はどうであろうか。
 夏に行われる十和田湖湖水まつりは昭和40年(一九六五)に始まった。
 県の観光統計をみると平成16年(二〇〇四)に7万5000人だったものが、平成24年(二〇一二)には4万1000人と、わずか8年間で半数近くの54㌫に激減している。
 秋に行われていた、青森、秋田、岩手の、3県の祭りが一同に見られる国境祭は昭和56年(一九八一)に始まり、平成23年の3・11東日本大震災で中止となり、以降行われていない。が、平成16年に8万5000人だったものが、平成22年には6万1000人と、6年間で約70㌫に減っている。
 冬のイベントとして注目を集めた十和田湖冬物語は平成19年(一九九七)に第1回が始まった。1ヵ月近く行われることもあり、平成16年に27万5000人だったものが、平成22年には21万4000人と、8年間で約6万人減っている。

ホテル、民宿、食堂、お土産店は
十和田湖畔で営業している、ホテル、民宿、食堂、お土産店などはどう変遷しているのか、十和田市観光推進課の資料から見てみよう。
 ホテル、民宿など
 平成17年(二〇〇五)に36軒あったホテル、民宿が、平成26年(二〇一四)には26軒と、9年間に10軒が休業ないし廃業に追い込まれている。
 お土産店、食堂など
 お土産店、食堂などはもっと深刻である。平成17年に41軒あったものが、9年後の平成26年には26軒と15軒が休業ないし廃業、率にして63㌫に激減している。
 以上のような状況から、休屋の目抜き通りは廃墟となった建物が目立ち、観光地としては甚だみっともない状況にある。
 どうしてこうなったのであろうか。次回からそれを検証してみたい。
 また、十和田湖の新しい魅力に注目し、業績を伸ばしている事業者もいる。それらをも同時に紹介して行こう。



 ① 十和田ビジターセンターオープン
bijita-senta-.gif
 十和田八幡平国立公園は、昭和11年(一九三六)に「十和田国立公園」として指定され、2年後の平成28年(二〇一六)2月に指定80周年を迎える。
 かつて大町桂月が「山は富士、湖は十和田」と書いた十和田湖。富士は世界遺産に登録された。が、3・11東日本大震災及びそれに伴う福島原発の事故の影響もあったこともあり、十和田湖への観光客が減少すると共に十和田湖のホテル、飲食店の廃業や倒産。昨年は十和田湖遊覧を行っていた十和田湖観光汽船が倒産するなど十和田湖観光は衰退する一方である。
 国立公園指定80周年を間近に控え、なぜそうなったのか、今後どうすればいいのかを考えてみたい。

jibita-senta-2.gif
 4月16日、十和田湖遊覧を行っている十和田観光電鉄㈱(白石鉄右ェ門代表取締役)遊覧船の運航開始のセレモニーが行われ、今年の十和田湖観光がスタートした。
 十和田湖遊覧は2社体制の昨年までは子ノ口~休屋間の定期航路と、十和田湖を周遊する遊覧航路とがあった。が、今年からは定期航路は廃止。遊覧航路のみとし、子ノ口から休屋までの航路は修学旅行など予約があった場合のみ行うとしている。
 むかしは観光バスで訪れる観光客が圧倒的に多かった。その時代は子ノ口~休屋間の定期航路が有効であった。が、車社会に入り車で訪れる観光客がその比重を増してきた。にもかかわらず子ノ口~休屋間の定期航路はたとえお客が一人のときでも、空気を運んでいると揶揄されながらも運行。それが遊覧船の赤字を招いてきた。
 が、今年の一社体制は順調な滑り出しである。
 今、十和田湖観光汽船の元従業員による子ノ口~休屋間の再開が準備されているというが、どうなるであろうか。
 また4月20日、環境省の十和田ビジターセンターがオープンした。これまで、十和田湖への国や行政による施設の拡充がほとんどなかった。初めての十和田湖への公共施設といっていいであろう。
 十和田ビジターセンターは、十和田湖の成り立ちや十和田湖の全体像が一目でわかるような立体模型や、十和田湖に生息する動物や魚類、四季折々の植物などが展示されている。
 が、このビジターセンターで一番注目したいのが実は休憩施設である。
 ビジターセンターの中には、ホールにテーブル4、椅子10。ラウンジに椅子17。レクチャールームに椅子64。2階にテーブル3、椅子12、長椅子(2人掛)4。2階の展望室にテーブル1、長椅子(2人掛)4。ベランダにテーブル5、長椅子10(3人掛)。湖側の外にテーブル4、長椅子(3人掛)10。併せテーブル17脚、椅子約130脚ある。
 これまでの十和田湖は、歩き疲れてどっかに休もう、あるいは雨が降ってどっかに雨宿りをしようと思っても、お店やホテルしかなかった。ホテルは泊まる予定がなければ入りにくいし、お店に入ると何か買わなければ気まずい。
 つまりこれまでの十和田湖は、観光客に対して非常に不親切であった。
 このビジターセンターは誰に気がねすることなく自由に入り、休憩することができる。そして展示物によって十和田湖の全体像及び十和田湖の魅力を知ることもできる。
 これにコーヒーでも出れば最高であるが、私は観光客に十和田湖に来たらまずビジターセンターに行きなさいと薦めたい。

jibita-senta-4.gif
jibita-senta-3.gif

kokefo-ramu.jpg  奥入瀬渓流のコケ(蘚苔類)に注目し、コケが観光資源になり得るかを調査・研究する、奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト実行委員会(通称/モスプロジェクト)の報告フォーラムが、1月19日、市民文化センターで行なわれた。
 フォーラムは、まず特別講演として、国立極地研究所特認教授の神田啓史さんが、「奥入瀬渓流のコケ植物について‐蘚苔類相基基調調査報告‐」を行なった。
 神田さんは、調査の結果奥入瀬渓流には170種のコケがあることがわかった。また、どんなところにコケがあるか。岩、腐植土、樹など、写真で説明した。
 続いて、ノースビレッジガイドの河井大輔さんが、何故コケに注目したか、及びモスプロジェクトの1年間の活動を報告した。
 河井さんは、これまでの奥入瀬渓流の観光は、どれだけ少ない時間で、どれだけ多くを楽しむかの通過型の観光スタイルであった。観光は「光」を「観」と書く。これからは、地域の「光」を、ゆったり、じっくり、たっぷりと観る、滞在型の観光に変えて行かなければならない。
 大きな自然は小さな自然の集まりである。コケの観察は、あるく、たたずむ、うずくまるの、これまでと全く違う形の自然とふれあう観光となる。
 また、この1年間でどんな講師に来ていただいたかでは、日本蘚苔類学界会長の秋山弘之さん、岡山理科大学自然植物園園長の西村直樹さん、国立科学博物館の樋口正信さん、『苔とあるく』の著者田中美穂さん、『コケはともだち』の著者屋久島野外活動総合センターの小原比呂志さんなど、日本のコケ研究の専門家をほぼ網羅するほどの講師陣であった。
 続いて行なわれた、「小さな自然を観る旅は奥入瀬観光を変えるか?」のパネルディスカッションでは、河井大輔さんをコーディネーターに、パネリストには、下川原まゆみさん(十和田湖奥入瀬観光ボランティアガイドの会)、高岡實さん(NPO法人十和田・奥入瀬郷づくり大学)、藤浩志さん(十和田市現代美術館副館長)、山下圭三さん(星野リゾート青森屋総支配人)、アドバイザーとして神田啓史(国立極地研究所特認教授)で議論を深めた。
 モスプロジェクトの1年間の活動及び、その報告フォーラムは、将来の十和田湖・奥入瀬の観光形態を変えるであろうと思われるほどのインパクトのあるフォーラムであった。
 なお、これを機会に「奥入瀬自然観光資源研究会」(鮎川恵理会長)が発足した。

 パネルディスカッション「小さな自然を観る旅は奥入瀬観光を変えるか?」写真左から、コーディネーターの河井大輔(㈱ノースビレッジ)、パネリストの下川原まゆみ(十和田湖奥入瀬観光ボランティアガイドの会)、高岡實(NPO法人十和田・奥入瀬郷づくり大学)、藤浩志(十和田市現代美術館副館長)、山下圭三(星野リゾート青森屋総支配人)、アドバイザーの神田啓史(国立極地研究所特認教授)の皆さん

iwakinoboru1.jpg ▽期間/2月24日(日)~3月3日(日)初日午後1時~スライド&トーク

 ▽会場/写真のオクヤマ十和田店

 ▽問い合わせ/℡090‐3317‐7918
 *岩木登写真塾第二期生募集(3月第二週~)

 

 towadakohuyumonogatari1.jpg ▽期間/2月1日(金)~2月24日(日)

 ▽会場/十和田湖休屋特設イベント会場

 towadakohuyu3.jpg▽主なイベント・展示・アトラクション/

  冬花火

  郷土芸能の三味線ライブ

  雪見足湯

  乙女の像ライトアップ

  イルミネーションツリー

  スノーランプ

  青森・秋田の郷土料理が堪能できる「ゆきあかり横丁」他

towadakohuyu2.jpg ▽問い合わせ/℡0176‐75‐2425(十和田湖国立公園協会)


 

奥入瀬渓流の景観をつくっている一つはコケ(蘚苔類)であった
奥入瀬渓流のボランティアガイドたちが研修会
 

koke1.jpg コケについて説明する日本蘚苔類学会会長の秋山弘之さん(兵庫県立大学准教授)。わずか20㍍を3時間かけて説明した。それだけコケは面白い。熱心に聞き入るボランティアガイドの人たち


 koke2.jpg奥入瀬渓流の魅力を再発見し、それを観光につなげようと追求している奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクト実行委員会が、奥入瀬渓流のコケ(蘚苔類)に注目し、専門化を招いて勉強会を始めた。
 これには、奥入瀬渓流のボランティアガイドら約30名が参加した。
 実は、奥入瀬渓流の緑の美しさは、コケによるものが大きい。
 改めて奥入瀬渓流に眼を向けてみよう。
 渓流の岩にぶつかり激しく水しぶきをあげている奥入瀬渓流。その白く、激しく流れる水が奥入瀬渓流の魅力の一つでもある。
koke4.jpg 眼をその水から岩に移してみよう。どの岩にもコケがびっしりくっついており、岩肌がほとんど見えない。また、森に眼をやると、立木や岩にもびっしりとコケがついている。
 そう、奥入瀬渓流はコケの宝庫なのである。
 コケは、おおよそ5億年前、海草の緑藻類が陸上に上がった最も原始的な最初の植物であり、世界に約2万種類、日本に約2000種類あるといわれている。
 そして奥入瀬渓流には、八戸工大の鮎川恵理先生の調査で63種類が確認されている。
 6月2日に行われた、日本蘚苔類学会会長の秋山弘之さん(兵庫県立大学准教授)を講師に行われたコケ観察会では、わずか20㍍を3時間かけて解説した。
 それだけコケは面白いのだ。

koke5.jpg 

 ▽日時/7月14日(土)・15日(日)午後2時分~

 ▽会場/十和田湖畔休屋地区

 ▽イベント/フラダンス、水神雷太鼓、よさこい、ボートレース、魚のつかみ取り、渡一座ステージ等

 ▽問い合わせ/℡0176‐75‐2425

1  2  3