ローカルニュース

インターネットで地元の魅力を発信
生産者と消費者をつなげる仕事人
身体を動かす地域密着のIT企業
okayamatakuya.jpg
~岡山拓也さんプロフィール~
昭和57年7月9日生まれ(34歳)
十和田市出身。学生時代はサッカー部に所属し活躍。三本木高等学校を卒業後は文教大学情報学部へ進学した。当時はインターネットが普及し始めた頃でIT企業に興味を持ち、現在ではブラック企業といわれる某ベンチャー企業に就職し朝から晩まで働いた。知り合いの先輩に誘われシステムサーバーメンテナンスの会社に転職したが地元に帰郷する事を前提に仕事を考え、EC業者にターゲットをしぼり、2011年に地元食材をネット販売する㈱WANDを起業した。
 今回は株式会社WANDの代表取締役・岡山拓也さんを訪ねた。パッと見の外見からは強面に見える岡山さんは話しをすると気さくで温かく知性を感じさせる話術もあり、若くして会社を起業した根拠と自信をうかがわせた。
 学生当時、インターネットが普及し始めた頃からIT関連の仕事に興味を持ち、大学と社会で様々な事を学びながら、将来は地元に帰郷する事を前提に戻ってきたら何をするかを考えていた。
 様々な職業の中で絶対になくならないものは「食」業。地元では安価な食材が関東では高値で販売されている。農家では品質や形によって食べられるのに捨ててしまう食材があるという事を知り「もったいない」の気持ちから自分が架け橋となって生産者と消費者がどちらも喜んでくれる仕事、地元食材を直接仕入れ、通信販売で安価で全国へ配送をする事業の起業へと辿り着いた。
 帰郷してからすぐに単身で農家に飛び込んで営業。想いを伝え、会社の説明をして各地を回ったが...当時はどこも相手にしてくれなかったという。まずは農家を知る事から始めようとJAおいらせふじさか青年部に入会。実際に農家の手伝いをしながら無農薬のオーガニック商品や選別で捨てられてしまう良品食材に目をつけた。生産者から少しでも高く買い、消費者へ少しでも安く売るために農家に直接交渉し、ネット販売事業は大成功を収める。
 地元から学んだ事が多かったという岡山さんは自身の成長のために公益社団法人十和田青年会議所にも入会し、地域密着の企業として地域のためにあり続けたいと語った。商品に関するお問い合わせはオンラインショップ「青森期待の新人商店」を検索。または...0176‐27‐6234迄
 十和田市現代美術館開館10周年企画展「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」が2月9日に入館者数1万人を達成した。記念する1万人目となったのは、中国の春節(旧正月)を利用して台湾から家族旅行で訪れたユ・ミさん(35)と夫のリュウ・カシンさん(35)。
 ユ・ミさんは「今回で日本は7回目、青森県は初めてです。団体ツアーに参加して、まさか自分たちが1万人目になるとは思わなかった」と突然のサプライズに驚きながらも喜んでいた。2人は4泊5日のツアー予定で今日が3日目。インバウンドを象徴するかのように今回は外国人観光客が記念すべき1万人目となった。
genbiichimannnin.jpg
 記念品のプレゼンターを松本茶舗代表の龍太郎氏の長男、現北里大学生の松本賀統さんが務め、スタッフ一同、2人を祝福した。
 企画展は3月24日まで。観覧料は800円(常設とセットで1200円)高校生以下は無料。団体割引きあり。原則月曜休館となる。お問い合わせは展0176‐20‐1127迄。
 十和田市現代美術館で書文化研究寄遠會主催の書展「探(TAN)展」が2月9日から11日の三日間、市民活動スペースで開催された。書を通じて集まった仲間と企画するささやかな書展。第1回目は「環展」、2回目は「原展」、3回目となる今回はテーマを「探展」とした。
tantenji.jpg
 書展とは思えないメッセージ性の強いアート作品が並び、訪れた観覧者はそれぞれに作品を感じ取っていたようだ。お問い合わせは...070‐4024‐0838迄。
 交通至難地域における市民サービスの向上を図るために平成31年4月1日から十和田湖郵便局において、住民票の写し、納税証明書等の交付を開始。2月6日に十和田市役所で日本郵便株式会社東北支社と十和田市が包括連携協定を締結した。証明書の交付は県内5番目。包括連携協定は深浦町、六戸町に次いで県内3番目の取り組みとなる。
 小山田市長は「新年度から交付の一部を包括連携協定を結ぶことが出来て嬉しい。十和田湖畔地域だけでなく、郵便局は市民にとってなくてはならない機関。ネットワークを活用し、市民の安心と安全を守るため、今後とも行政運営に協力いただきたい」と感謝の意を述べた。
yuubunkyokuteiketusiki.jpg
 日本郵便株式会社東北支社長・中江紳悟氏は「本日の協定締結までご協力いただいた方々に感謝。郵便局が果たすべき社規的使命を全うし、十和田市との密接な相互関係、顧客サービスの向上を目指したい。郵便局の社員が地域を回っているので何か異変を見つけた時に情報提供していき、全国2万4千のネットワークを活用して地域社会の役に立ちたい」と挨拶した。
suportusyou19.jpg
 平成30年度の十和田市体育・スポーツ賞の表彰式が2月9日に十和田市民文化センターで開催された。体育功労賞は2名、特別賞は23名、個人・団体のスポーツ賞は総数217名が受賞した。長年の実績を認められ、体育功労賞を受賞したのは中沢四五郎さん(ゲートボール)、小山田誠さん(相撲)。一般個人の部・スポーツ栄誉賞はバイアスロンの立崎幹人さん。生徒個人の部・スポーツ賞は山崎勝磨さん(相撲)、齊藤美姫さん(レスリング)。一般団体の部は北里大学獣医学部(躰道)。以下、優秀選手賞・スポーツ奨励賞は209名となった(個人名・種目は略)。
kyouikusyoureisyou19.jpg
 2018年度十和田市教育奨励賞表彰式が16日に十和田市民文化センターで開催された。文化・芸術・スポーツなどの各分野で優秀な成績を収めた小学生95名、中学生101名が賞状を受取り活躍を称えられた。
 以下、部門、受賞者を紹介(チーム・団体は小学六年生、中学三年生のみ紹介)
 小学校文化部門▽合唱/鳥谷部咲・今泉菜歩・松田菜々美・舛澤愛梨・平野結愛・石橋千紗・奥村りこ・北館美乃(南小合唱部6年生と5年生以下計28名)▽感想文/秋元智尋・林葵咲・田中日葵・齋藤百花▽絵画/岩本郁香・沼田涼冴・桑原ひなの・仁和優心・向井彩乃▽ピアノ/中島麻結・西野圭恭▽俳句/中村光希・蛯名尊琉▽珠算/舛舘春華・宮野優真▽ポスター/柴田莉杏
 小学校スポーツ部門▽野球/今野航来・斉藤洸太・山田康瑛・藤田倖成・鶴田敦也・木村勇斗・若澤飛優・駒井利朱夢・関口玲輝(五年生以下略、計18名)▽バスケットボール/竹内結菜・角瑞稀・上久保南・石ケ守柊子・寅谷由菜・小山田りさら・前山梓・小山田朱恩・保坂美羽・佐々木日那(五年生以下略、計16名)▽ハンドボール/羽吉大地・村畑大地・志田颯太・川上宗一郎(五年生以下略、計13名)▽空手/柏木奈々莉・上田歩音▽レスリング/斎藤寧彩・菅原美紅
 中学校文化部門▽吹奏楽/柏崎花・佐々木優花・鳥谷部美空・成田瑠妃・附田くれは・田中萌栄子・山川杏莉・小川真葵・宮本宇海・大竹真央(三本木中吹奏楽部3年生10名と2年生以下計39名)▽弁論感想文/苫米地美空▽ポスター/野中海天▽絵画/佐々木華穂▽作文/伊勢谷芽生▽版画/小川晴南▽ピアノ/中島有唯
 中学校スポーツ部門▽バスケットボール/白銀未悠・渡辺朋恵・馬場美翔・泉舘雪乃・石川愛菜・高橋美羽・高田佳穂子(三本木中女子バスケットボール部、3年生7名と2年生以下計16名)▽野球/山田飛勇馬・村畑輝・長沢将平・川原健・起田航平・長谷川碧羽・三村れん・山辺虎太郎・荒岡伸・鳥谷部勇樹・吉田政斗・長畑誓良(3年生12名、2年生以下計20名)▽ソフトテニス/鶴田琳子(三本木中ソフトテニス部2年生以下計8名)・天羽星莉▽サッカー/大鳥空良(女子サッカー5名)▽陸上競技/日向結菜・戸来莉玖▽水泳/下久保信之介▽レスリング/土井海亜奈▽ハンドボール/中野渡遙咲
dentougeinou19.jpg
 2月10日に十和田市民文化センターで「第29回十和田市伝統芸能まつり」が開催された。歴史と文化の継承のために各地区で取り組んでいる伝統芸能。藤島獅子舞保存会、南部駒踊り、鶏舞、切田神楽会、さんさ踊りなどが披露された。そして毎年各地から招待している【招待芸能】今年は杉沢比山の杉沢比山連中。勇敢な二人舞を披露した。
 名称「一般財団法人十和田奥入瀬観光機構」が十和田市DMOとして設立。2月15日に富士屋グランドホールで設立発起人会・理事会・社員総会を開催した。
 DMOとは、観光物件・自然・食・芸術・芸能・風習・風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人のこと。 Destination Management Organization(デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)の頭文字の略。
 開会の挨拶で小山田市長は「まだまだ観光事業には伸びしろがある。外部の専門家を呼び、観光事業を強化し、より良い循環を作る事にDMO設立の意味がある」と期待を込めた。
 代表理事は神戸山手大学教授・副学長であり、一般財団法人日本インバウンド教育協会代表理事も務める小野田金司氏。「十和田湖、奥入瀬渓流、現代美術館と十和田市の観光資源は素晴らしい。今までの経験を活かし、インバウンドの集客につなげていきたい。」と挨拶した。
dmoseturitu.jpg
 一般財団法人十和田奥入瀬観光機構は顧問に十和田市長の小山田久氏、副理事長に十和田商工会議所会頭の石川正憲氏、十和田湖商工会会長の佐々木千佳子氏、全日本空輸㈱青森営業所長の峯尾泰子氏、㈱JTB青森支店長の伊藤仁氏が就任し、運輸団体5社、旅行団体3社、産業団体3社、金融団体4社の代表らによる役員構成となる。
大好きなアートに触れる仕事で
未来のアーティストに期待したい
ooytanisae.jpg
十和田市現代美術館
広報担当 大谷 紗絵さん
 現在、十和田市現代美術館で広報担当を務める大谷紗絵さんを訪ねた。おっとりとした優しい笑顔で迎えてくれた大谷さんは1987年5月生まれの三沢市出身。三沢高等学校を卒業してから仙台の美術系の大学へ進学した。大谷さんは中学校時代から絵画教室に通うなど、美術には昔から興味があり、大学に通っている時は絵本作家になりたいと作品を作っていた時代もあったという。卒業後はそのまま大学で事務をしながら絵画やデザインの授業のサポート役として従事。約3年勤めた後に住宅や施設などの照明を提案する照明プランナーという仕事をする。
 そろそろ青森県に帰郷したいと思っていた頃、観覧しに行こうかと偶然開いた十和田市現代美術館のサイトを閲覧したらスタッフの募集があった。28歳で帰郷し、就職する。三沢市から通いながら初年度は受付などの仕事をしていたが2年目に事務局に異動し、アシスタント業務を経て、広報担当を任せられる事となった。広報という業務は初めてのことも多く、手探りで考えながら仕事を覚え、今年で4年目を迎える。様々なカタチの関わり方があるが仕事として美術に携われて嬉しいと笑顔を見せた。
 大谷さんは十和田市は珍しくまちなかにアートがある環境で羨ましいと思う。他は車で行くようなところが多く、少し町はずれにある美術館が多い。現代アートを身近で感じ、育った子どもたちの中から、将来素晴らしい作品を生み出すアーティストが出てくるんじゃないかと期待するのが楽しみの1つですと語った。
nagomi1.jpg
◎場所/十和田市東三番町1番地14号
◎TEL/0176‐58‐5584
◎営業時間/午後5時~午後12時 
◎定休日/なし ◎駐車場/なし
  創業は平成28年7月、会社設立は平成31年2月。今年で3年目を迎える和海(なごみ)は海鮮メインの居酒屋として旧島津家跡地に新規改装オープンした。水槽が店前に置いてあり、「海鮮」と「和」を感じさせる店構えが店名となっている。店内はおしゃれに仕切られたテーブルと小上がり合わせて14席あり、約50名様まで受け入れることが出来る。海鮮は独自の仕入れルートで季節によって楽しめる。オープンから魚料理だけではなく、肉料理や揚げ物、サラダなど様々あり、本日の旬のおすすめメニューは魚介を中心に十和田産品を使った創作料理や少人数でも食べられる鍋料理などもある。また、他ではあまり見かけないような名前のメニューもあり、どんな料理なのか想像しながら楽しむ事もできそうだ。
nagomi2.jpg
↑女性も嬉しい揚げ物とサラダのコンビネーション。ベーコンとジャガイモのカリカリサラダ 550円
nagomi3.jpg
↑こんがり香ばしい和海のとまとデミソースのバケットピザ 600円
↓キャベツと大根おろしに濃い目のソースが合う。倉石牛のサイコロやわらかステーキ鉄板焼き 1200円
nagomi4.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11