ローカルニュース

 令和2年度の「とわだの逸品開発事業」商品完成お披露目会が3月25日に市民交流プラザ「トワーレ」で開催された。十和田市では地域の食材を活かした消費者の購買意欲に訴える商品づくりを支援する「十和田の逸品開発事業」を実施している。令和2年度は既存商品のブラッシュアップ(改良)のみを対象として支援を実施している。当日は令和2年度事業者5者がお披露目会で商品をPR。開発秘話や想いをそれぞれに発表した。
towadasanpin4.jpg
 以下、事業者(商品)紹介/雅菜工房(黒豆しとぎバター、青豆しとぎバター、赤豆しとぎバター、しいたけこうじ漬け2種類)/株式会社あおもり味蕾屋(あおもりの林檎と胡桃パウンドケーキ、奥入瀬の湧水ジュレ)/奥入瀬サーモンファクトリ(鮭とば2種類)/漆畑畜産 焼肉 牛楽館(短角牛牛丼)/甲田ファー夢(にんにくマリアージュ3種類)
towadasanpin2.jpg
 今回初参加となる甲田ファー夢の農業プランナー甲田秀行さんは「家族で運営していて、主にニンニクを生産。長芋やキャベツなども愛情たっぷりで育てている。しかし、形や大きさの関係で規格外になってしまうのものあり、同じ愛情を込めて育てた野菜を捨てるのは勿体ないと有効活用するために加工商品として開発した。にんにくをベースにたまねぎ・トマト・りんご等と合わせたペーストを開発。さっぱりとしていて肉やパンにつけても美味しく食べられる」と挨拶。
 同じく初参加の奥入瀬サーモンファクトリの柴田康秀さんは「いまから約2~3年前から開発を始めていた。商品の字体やパッケージのデザインを変更した。この事業を活用して外に発信したい」と語った。
towadasanpin1.jpg
 漆畑畜産(焼肉牛楽館)代表竹内志穂子さんは「当社は自社の十和田湖和牛ととわだ短角牛をブランド牛として育てていて、その牛肉をネットやお店で販売している。以前にもバラ焼きを加工商品として開発したが、どうしても玉ねぎの水分で水っぽくなってしまう課題があった。そこで牛丼に合う食材を探していて、ごぼうを見つけた。味わい深くご飯にぴたり合う商品としておすすめしたい」とPRした。
 ㈱あおもり味蕾屋では野月哲也プロダクトマネージャーがあおもりの林檎と胡桃パウンドケーキを開発。一般向けではなく、現状では土産用として奥入瀬渓流ホテルでのみ販売している。
towadasanpin3.jpg
 雅菜工房ではシリーズで開発している豆のしとぎバター3種としいたけこうじ2種を準備。雅菜工房は今までもしいたけごはんの素など数品を開発。ご飯やパンに合うこだわりの逸品を提供している。
 小山田市長も味見をしながら事業者と会話を交わしていた。他にも令和元年度事業者3者《小笠原農園(にんにく味噌2種類・黒にんにく青南蛮みそ)/中こう果樹園(りんごサイダー)/七尾敬次(サラダドレッシング)》も商品を展示。地域食材を加工・発信したい方は十和田市農林商工部とわだ産品販売戦略課0176‐51‐6743(担当・加賀)迄
 一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社(佐々木千佳子理事長)から、東北魂ビールプロジェクトの一環として、副原料に「青天の霹靂」を使用したビール「奥入瀬ビール ケルシュ 青天の霹靂」が発売することが報告され、お披露目のために3月8日に小山田市長を表敬訪問した。
beer.jpg
 東日本大震災をきっかけに平成24年8月立ち上がった東北6県のクラフトビールメーカー11社の連携組織「東北魂ビールプロジェクト」に令和元年から参加。
 東北産ホップ「IBUKI」と各地域のお米を使用したビールで青森県産米「青天の霹靂」を使用。フルーティーな香りをもちながらもすっきりとした味わいでお米の風味が感じられる。商品は令和3年3月4日(木)発売。限定3000本で550円(税込)となる。
 本紙の1頁で紹介した十和田市のまちを美術館にするプロジェクト「Arts Towada」が10周年を迎え、開館以来初となる常設展の入れ替えを行った。
 新たな作品を3点公開。その1つ、名和晃平さんの作品を倉庫として使用していた場所を展示室に改装し、4日1日から展示する。
 名和晃平さんは彫刻家。京都芸術大学教授。1975年生まれで京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。セル(細胞・粒)という概念を機軸として彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知的体験を生み出してきた。近年ではアートパビリオン「洸庭」などの建築プロジェクトも手掛ける。
 作品名《PixCell‐Deer#52》はミクストメディアという素材を使った2019年に名和さんが制作した作品。「PixCell(ピクセル)」とはインターネットを介して集めた動物のはく製やガキなどの物体の表面を透明の球体で覆った彫刻作品。これはネットを介して肉眼で見るものはパソコンや携帯などの画面の細胞(セル)を介してみている事で、普遍的となっている情報社会の現状を彫刻作品として表現している。そのセルで覆われる事により、異なる物体でも同一の質量に変化したり、セルのレンズ効果により、物体の表面は歪曲され、セルを通して見る作品は視覚的にも触覚的にも捉える事が出来なくなる。
 真っ白な室内にライトアップされて佇むシカの彫刻。透明な球体と光の反射で白く光る作品にも見える。思わず触りたくなる程の迫力で来場者を迎える。作品は期間限定の展示。常設展ではないが、常設チケットで観覧する事ができる。
sikakurisutaru.jpg
 以下、名和 晃平氏よりメッセージ
《この度寄託という形で、十和田市現代美術館で初めて作品を展示させていただくことになりました。
世界で活躍するアーティストの作品が至るところに展示される美術館の一角で、作品を発表できることを大変光栄に思います。
「PixCell」は、オブジェクトを透明の球体で覆いその存在を「映像の細胞」に置き換えた彫刻作品です。スクリーン越しに日々夥しい量のイメージと接する情報化社会で、ものの「表皮」のもつリアリティについて考えながら制作しています。実際に美術館に足を運びご覧いただければ幸いです》
 明治安田生命保険相互会社より、十和田市及び、市立中央病院へ寄附採納が行われた。
 3月4日に小山田市長を表敬訪問した代表の3名、八戸支社支社長・齋藤浩二郎さん、八戸支社十和田営業所営業所長・吉田幸介さん、八戸支社法人職域担当・岩田安生さんが新型コロナウイルス感染症対策の寄付金として金15万円を手渡した。
 明治安田生命は八戸市と「包括連携協定」を締結。保険事業や社会貢献活動への取り組み、スポーツ振興や健康づくりに関することなどに力を入れている。最近ではJリーグクラブ「ヴァンラーレ八戸」とタイアップしたイベントやサッカー教室の開催をしている。
 小山田市長は「会社経営のみならず、地域と連携し社会貢献していることは素晴らしい。3月、4月はどうしても人の往来が多くなる時期なのでワクチン接種へ努めていきたい。病院の方もコロナ対策では苦戦していると思うので役立てたい」と感謝の意を述べた。
IMG_1478.jpg
 齋藤支社長は「いま会社では2大プロジェクトがあり〝地元の元気プロジェクト〟と〝みんなの健活プロジェクト〟がある。その一環で今回の寄附が決まった。支社は八戸、十和田、三沢にあるので支店がある地域の活動に努めている。また、プロサッカーのヴァンラーレ八戸とタイアップしながらイベントなどに取り組んでいき、地域の健康につなげていきたい」と語った。
 十和田商工会議所青年部(佐々木紀仁会長)が3月30日、十和田市に絵本「おかねってなぁに?」30冊の寄贈を行った。
ehonkihu2.jpg
 これは渋沢栄一プロジェクト第2弾としての企画。第1弾では渋沢栄一翁の玄孫である澁澤健氏と、日本商工会議所会長・米良充朝氏による対談があり、それを経て、澁澤健氏監修による「おかねの大切さを渋沢栄一翁から学ぶ」という視点で描かれた絵本を子どもたち向けに制作した。
 渋沢栄一翁は東京商工会議所の生みの親であり、1万円札の顔となった偉人。その周知を図り、お金の大切さを伝える小学低学年向けの絵本として制作。全国の会員や企業へ協賛を頂き、非売品として全国約460ヶ所の単会(商工会議所がある地区)へ配布される。県内では7単会(青森・弘前・八戸・十和田・黒石・五所川原・むつ)の小・中学校と公立図書館へ寄贈される。
 同席した竹達大輔顧問(令和2年度青森県連会長)と十和田YEG佐々木会長は「子どもたちへ1万円札の顔となった渋沢栄一翁について知ってもらい、お金の教育に役立てて欲しいと思う。絵本の内容は林檎の木を例に独り占めすると枯れてしまうのでみんなで分け与えることが大事など、子どもたちにも分かり易い内容で掲載。後半は少し難しいかもしれないが、お金の流れの仕組みについての詳しい説明もある。」と語った。
ehonkihu1.jpg
 絵本は4月中に市内各小中学校、公立図書館へ寄贈される予定。
  公益社団法人三沢青年会議所(以下、三沢JCと略)の第58代理事長に就任した築井生(つくい しょう)さんに話しを伺った。
tukuisyou.jpg
 築井さんは1987年5月18日生まれ(33)の三沢市出身。スマートな外見からは意外ではあるが、学生時代はラグビーに青春を費やしたという。三沢商業高等学校を卒業後に先輩方々も就職している東京の証券会社に就職。約2年勤務し20歳で帰郷した。
 地元に戻ってからは家業である総合保険会社「有限会社保険企画ツクイ」に入社。保険業は万が一の事故などに安心・安全という目に見えないものを商品として売る仕事なので信用が第一。メリットをあげるなら在庫がないということだという。入社後は業務に専念し、現在は専務取締役として勤務する。
 築井さんは4人の子宝に恵まれ子育てに奮闘する中で、三沢市ではあまり盛んではないラグビーをもっと広めたいと思い、事業をやりたいならと2013年に先輩に誘われ三沢JCに入会した。
 東北青年フォーラムinMISAWAや三沢国際サマーフェスティバルでは役員として様々な事業で経験を積み、8年目となる令和3年度に理事長として就任した。
 新型コロナウイルスの影響で去年1年はほとんどの事業が中止となり、築井さんは順序的にはそろそろかな?と気持ちの準備はしていたが、収束の予想のつかないコロナ禍に理事長になる上で、この運動にはさらなる革新が必要であり、持続可能な社会の実現に挑戦し続けなければいけないと本年度スローガンを「革新と挑戦」とした。
 本業ではある保険業も多少の影響はあったが、三沢市内は自衛隊や原燃の自粛から特に飲食業が大きな打撃があったと聞いている。会員にも飲食業関係者がいる。その中で2021年度は地域のために何をやっていくか、この環境の中で何ができるかを考え、実行していかなくてはいけないと決意した。
 まずは三沢JCの会員拡大。去年は21名で卒業や退会があり、今年は16名の少数精鋭でスタートする。全国的にも会員数が減少している課題を乗り越えるために、青年会議所運動の推進や発信力の向上に務めていきたい。会員拡大は社会と組織の最大の接点であり、より良い青年会議所にするために必要不可欠だと思う。
 また、青少年育成事業は持続していく。1978年から続いている三沢・沖縄児童交歓事業は気候・風土・生活環境が違う地域での児童らが互いに見聞を深め、友好を結ぶことで健やかに育つことを目的としている。今年度は向こう側との感染状況を踏まえて慎重に実施するかを決めたい。他にも高校生との懇談や意見交換をして若者目線から何を求められているのかを確認して、今後の事業に繋げたい。
 地域の未来のためというのは地域の子どもたちのためにいま何ができるかを大人が行動していくことで示すこと。将来的には子どもたちが地元を自慢できるような、帰ってきたくなるようなまちづくりを目指していきたい。
 そして三沢市は古くから異文化を受け入れてきたまち。学生時代はクラスに2~3人は外国人がいるのは普通だったが、他地区では珍しいということを聞くと、外から見た視点と、住んでいる人とは少し違っている。空港・駅舎・漁港があり、自衛隊がある三沢独自の特徴を活かして、今の新型コロナウイルス感染症対策のための新しい生活様式も受け入れて、三沢市として時代の移り変わりへ適応し、まちの明るい社会の実現へ向けて尽力できるように第58代理事長として運動していきたいと語った。
  公益社団法人十和田青年会議所(以下、十和田JCと略)の第65代理事長に就任した小関英賢さんに話しを伺った。
kosekihidemasa.jpg
 小関さんは十和田市出身。昭和56年9月13日生まれ(39)八戸工業高等学校を卒業後に八戸工業大学へ進学し、神奈川県の自動車部品の製造メーカーに就職。リーマンショックの影響で神奈川工場を閉鎖。それから同系列の仙台の工場へ転勤となった。神奈川時代に知り合った奥様と結婚し、仕事も順調ではあったが、2011年、東日本大震災を経験する。なんのために仕事をしているのか目標が見えなくなってしまっていた時期もあって、仕事を辞める気持ちが次第に強くなった。家業である有限会社小関麺興商事で働く兄(小関教仁工場長)に相談すると、社員の高齢化もあり、手伝ってくれるなら嬉しいとの言葉を聞き、反対する奥様を説得し、34歳で仕事を辞め、家業を継ぐため帰郷した。
 帰郷してから約1年は家業の業務を覚える事と、東京生まれの奥様の周りの環境が落ち着くまで、仕事と育児に専念した。2人の子育てをしながらも、父(小関力代表)から何度となく入会を勧められていた十和田JCに2017年に入会した。
 理事長を務めると決めたきっかけは去年、コロナ禍ではあったがJCの青森ブロックへ専務として出向した時に、そこでロム(各JCの単位)以外でJC運動を経験した次年度理事長を務める予定者というメンバーと交流した時に、当時は理事長になることにプレッシャーを感じていた自分が恥ずかしくなるくらい、みんな活き活きとしていて、私も理事長をやってみようと決意した。改めてロムを見てみて、このメンバーで卒業まで一緒に頑張ってみたいと思った。
 JC運動はコロナ禍で前年度は感染症対策のため何もやれなかった。JCらしくあるために、いま立ち止まっている地域のために、自分たちが1歩先に、1歩前に出て地域を盛り上げたいとの想いから今年度のスローガンを『突き進む! ~誰よりも速く 誰よりも先へ~』とした。
 主な事業として、まずは会員拡大。全国的にも会員減少は課題である。今年度は15名スタート。入会予定者は6名となるが、卒業間近の年代も多く、経験を積ませるには若い年代も欲しい。まずは新会員を育成しながら、年間10名を増やすことを目指している。
 現時点で今年度の予定事業はお祭りと青少年育成事業の2つ。青少年育成事業は今までは職業体験など、子どものみを対象にして企画してきたが、今年度はコロナ禍で引きこもりがちになっている家族対象に招待をしたいと考えている。十和田市の自然の良さを体験しながらその魅力に触れ合える「農楽校」でのキャンプ体験を思案中。いまは無理に新しい事業を立ち上げるより、ベースがある既存の市民団体と協力して実施することで、その宣伝にもなるし、会員の負担軽減にもなる。誰かが一歩先に踏み出してやらないと本当に何もなくなってしまう。地域のために決行したい。
 お祭りは去年は中日がなく二日間開催の〝春夏秋まるっとフェス〟に少しだけ参加するような形であったが今年は出来れば開催したい。もともと祭りは地域の豊作や幸せを願って開催された行事。町内会の方々と相談をして、どのような工夫をして開催するかを決めたい。山車作りもあるの早めに決めに決断が必要だが、新型コロナウイルス感染症の状況をみて判断したい。
 家業はついてはもちろんコロナの影響は受けたが、厳しいのは自分たちだけではない。それでも頑張っている個人店のために特注麺のオーダーも受け、小ロットでも対応するなどしていきたい。こんなご時世だからこそ、お客様のありがたみをあらためて感じる。
 十和田市の将来のため、子どもたちのため、十和田JCとして、この1年を頑張っていきたい。行政・民間と一体となってまちを盛り上げていくと語った。
 
 十和田市民文化センター(横道彰館長)が1年間の耐震工事を終え、4月1日から開館始動を再開した。
 外装内装はほとんど変わっておらず、トイレが綺麗になり、絨毯が張り替えられ、授乳室がリニューアル。証明がLEDになった。プラネタリウムは現在プログラム中でまだ起動していない。
bunkasentarr.jpg
 4月1日から再開。すでに研修室やホールの予約は入っている。これからもアフターコロナにイベント開催できるように感染症対策を設けて予約を受け付けている。お問い合わせは...0176‐22‐5200迄
 サン・ロイヤルとわだで約9ヶ月ぶりとなるビアイベント「SUNROYAL TOWADA BEER MATSURI冬ver」が開催された。2月12日開催予定からコロナの影響を受け、3月30日に延期。参加者制限をかけ、本来の半分の人数で開催された。
sanroiyaru1.jpg
 入口では検温手指消毒などをしてコロナ対策を兼ねながらの中で約150名が参加した。参加者は久しぶりのベアイベントに楽しそうにビールを味わい料理に舌鼓をうっていた。
sanrouiiayasakurada.jpg
 ゲスト出演した十和田市のシンガソングライターの桜田まことさんがオンステージ。いつもなら観客席を回りながら歌い歩くパフォーマンスが見られるが、今回はステージ上でのみ、それでも歌とトークで力強いパフォーマンスで会場を盛り上げた。
 そして、もう1つの目玉企画となる大抽選会。景品も豪華で1位は大型テレビとなる。
 佐藤支配人は「本当に久しぶりのイベント開催となったが、お客様の笑顔を見ると、厳しかったがやれて良かったと思う。」と語った。
 十和田市文化財保護協会が平成29年から制作を実行し、約4年をかけ刊行した「十和田市の文化財 第一巻 ‐信仰編」が令和2年度12月20日に完成し、郷土学習の教材にと3月30日に市に36冊の寄附をすることを報告。
 これは市内の民間信仰や神社、寺院についてわかりやすくまとめたもので、十和田市の文化財や歴史を知る上で有益な内容となっている。この本は市施設及び市内小中学校に配布し、郷土資料として、郷土学習の郷土教材として活用する予定となっている。
 来庁した十和田市文化財保護協会の中野渡武信会長と佐々木秀一調査研究部長は「専門家から見ると少し物足りないかもしれないが、出来るだけ分かり易くまとめて一般向けに作成した。十和田市には歴史がないと言われてきたが、そうではないことを知って欲しい。三本木が出来る前からの歴史があり、十和田市民にも歴史についての認識を改めて考えてもらうきっかけになればありがたい。」と語った。
bunakasyokizou.jpg
 小山田市長は珍しく雑談に花を咲かせながらも本紙を眺め、楽しそうに資料や歴史について語り合っていた。
 制作には10名が携わり自費出版で完成させた。現在、十和田市文化財保護協会会員は50名ほど、この企画は第三巻まで予定してあるので後継者を探しながら会員は引き続き募集している。内容はカラー120ページ。十和田市の民間信仰(6項目)、神社(14項目)、寺院(11項目)について紹介されている。今後の予定はまだ未定となっているが会員らと協力して第三巻まで完成させたいと語った。
bunakasyokizou2.jpg
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の写真

※写真をクリックすると記事にアクセスできます。

  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2827.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/52.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2826.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2825.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2825.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-58.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/65-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2823.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-sunroyal-towada-beer-matsuri-ver.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-sunroyal-towada-beer-matsuri-ver.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-2021-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2820.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2819.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2819.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2818.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2818.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2817.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-61.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2815.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2814.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2814.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2812.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2811.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2809.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2808.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2807.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2807.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2806.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2806.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2804.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/dvr.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2802.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2801.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2803.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2799.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2798.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2797.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-18-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2796.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2796.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2795.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-shinobuopen.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2794.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2793.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2792.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2790.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/-10-10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/-40-3.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2788.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2787.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2786.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2776.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2775.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2773.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2771.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2771.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2770.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2770.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2769.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2768.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2767.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2782.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2781.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/16-6.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/16-6.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/100-80.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/365-365.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/37-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2762.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2761.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2760.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2759.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2757.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2756.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2755.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2764.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2783.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2780.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2779.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2778.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2777.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/25-19.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/-10-9.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2758.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2765.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2754.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2753.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2752.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2752.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2751.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2751.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/09/post-2750.html