ローカルニュース

 令和2年度「とわだ子ども議会」が12月25日のクリスマスに開催された。密を避けるために例年の半分の人数で開催。参加した12名(1名欠席)が挨拶終了後に市政に対する質質疑を行い、小山田市長がそれに応答した。
 小山田市長は「市には条例というものがあり、条例の中の『まちづくり』には子どもたちが参加できる権利がある。みなさんの意見を発表してもらい、自分たちで創る十和田市を意識して欲しい」と挨拶。質疑応答は以下の通り。
 ①荒尾洸太(北園)安心安全な建造物が必要。市民がスポーツや学習に活かせる施設があればいい。税金はどのように使っていますか?/市は市民が安心して暮らせるように道路の整備や福祉のサービス、新型コロナウイルス感染症対策、学校の洋式トイレやエアコン設置などに使っています。最近では屋内運動施設「こまかいドーム」が完成。文化センターも来年には使用できるし、地域交流センターを市街地に建設予定しているので是非、活用して欲しい。
kodomogikai1.jpg
 ②櫻田陽奈(北園)アートに触れながら子供たちが楽しめる場所、例えばアート遊園地などを作れないか?/商店街にもアート作品はあり、アート広場など誰でも触れ合えるアートのまちとして県内外からも認められている。アートに触れ合う企画も支援している。子どもの頃からアートに触れ合える環境は大事だと思う。
kodomogikai2.jpg
 ③橘音色(北園)商店街活性化のための出店についてインターネット募集を出してはどうか?/市としてはお店をやりたい人ができるように助成金を出している。これまでに13名が出店済み。インターネット募集やレビーをいただくことも効果はあると思う。
kodomogikai3.jpg
 ④小笠原史織(南)危険なく安心して暮らせる道路整備について、段差がある道を整備してはどうか?/学校の通学路や利用者の多い道を中心に整備している。これからも安心安全なまちづくりを進めたい。
kodomogikai4.jpg
 ⑤佐藤未悠(東)毎年、日本各地で自然災害が起ている。市民の防災意識を高める防災訓練をしてはどうか?/市では防災ハザードマップを作り、全世帯へ配布した。総合防災訓練は毎年開催場所を変えて行っている。地域の方々が主体となった防災へ取り組みたい。
kodomogikai5.jpg
 ⑥高橋陽菜(東)外灯の整備について、まだ暗い場所も多く、市民アンケートを取ってみてはどうか?町内会や学区の方々から聞いて、年間20灯ほど順に設置している。
kodomogikai6.jpg
 ⑦佐々木岳人(三本木)いまスケボーをやっているけど遊べる場所がない。約2000万円かかるスケボーパークを作って欲しい。/現在スポーツ施設があり、大人から子供まで交流する場はつくられている。スノボーパーク建設はすぐには難しい。
kodomogikai7.jpg
 ⑧田中煌(三本木)十和田市が美しいまちであるように、市民へゴミ拾いスタンプなどを作ってゴミ拾いをさせてはどうか?/スタンプがなくても市民一人ひとりがゴミ拾いをしてくれる意識を作ることが大事。ゴミのないまちを目指したい。
kodomogikai8.jpg
 ⑨田中日葵(三本木)スマホを通して病院の待ち時間を知るシステムを作ってはどうか?/感染症対策にもなるのでいいアイデアだと思うが、病院側から教えてもらう必要があり、その分の負担をかけることになる。市と病院が連携する必要がある。
kodomogikai9.jpg
 ⑩中島健(三本木)屋内複合施設がもっと必要。ボルダリングやスケボーができる場所が欲しい。/現時点では難しい。
kodomogikai10.jpg
 ⑪山本哲也(三本木)偏った食事ではなく、健康的な食事ができるように市営の駐車場付き食堂を作ってみてはどうか?/バランスの食事は大事。市では「おいしい十和田グルメフェア」などを開催。食堂やレストランなど美味しい食事を提供してくれるお店はたくさんあるので、地域食材を食べて欲しい。
kodomogikai11.jpg
 最後に記念撮影をして令和2年度の子ども議会が閉会した。子どもたちにとっても市政に興味を持てるいい経験だったと感じた。
kodomogikai20.jpg
 今年度は新型コロナウイルスのために開催中止となった桜流鏑馬。それを来年につなげようとリモート教室などを開催してきた十和田流鏑馬観光連盟が新たな企画として「流鏑馬文化祭」を12月19日・20日の2日間、十和田商工会館を会場に開催した。
yabusamebunkasai2.jpg
 馬の文化は古くからあるが、女性も参加できるスポーツ流鏑馬の文化は新しく、そして十和田市で発祥したことは間違いない。春と夏に大会、冬に文化祭を企画することで一年を通して流鏑馬を盛り上げることにつながるだろう。
yabusamebunkasai3.jpg
 会場では北里にんじんサークルや桜流鏑馬ブースなど手作りの紹介新聞などが飾られ文化祭感が増す。とわだをピンクにそめる会の紹介ブース、和鞍・和鐙展示や草野真一ミニチュア馬具作品展、流鏑馬衣装コレクションなどが展示された。また、これまでのフォトコンテストの最優秀賞の紹介や活動紹介、受賞した賞などの紹介ブースもあり、これまでの歴史を垣間見ることができる。
yabusamebunkasai1.jpg
 19日は流鏑馬バンド「スリーエス」ライブやカントリーダンス、流鏑馬男子立射演武などが行われた。とわだをピンクにそめる会プレゼンツ・お医者さんと話そう!「乳がんについて」セミナーも行われた(こちらは毎週土曜日の12時から14時まで、ハピたのかふぇで無料相談会を開催している。お問い合わせは...0176‐23‐0853迄)。
yabusamebunkasai4.jpg
 20日はとわだをピンクにそめる会「ピンクリボンアドバイザーと話そう!」からスタート。花柳流花すず会の演舞でステージを盛り上げ、お昼時には流鏑馬映像クリエイター中野守の流鏑馬ヒストリーと題した歴史を振り返る映像を流した。午後からはZoomを使っての初心者セミナーや次世代リーダー養成プログラム「Future Generations」のプレゼン発表、桜流鏑馬フォトコンテスト表彰式が行われた。今年の流鏑馬部門の最優秀賞は作品名「女帝降臨」の成田穂積さん(七戸町)が受賞(※詳しくは十和田流鏑馬観光連盟公式ホームページ参照)。最後に観光連盟次年度計画を紹介。来場者へプレゼント抽選会を行い、第一回目となる「流鏑馬文化祭」は滞りなく終了した。
yabusamebunkasai5.jpg
 代表の上村鮎子さんは「初日は急に降り積もった雪の影響で多くの来場者は見込めなかったが、コロナ禍なのでちょうどいい。毎年フォトコンテストだけを開催してたので昨年から文化祭は企画してみたかった。初の試みだったので次回はもっと大きい会場で開催したい。流鏑馬連盟としては今年のラストイベント、来年は2倍の想いを込めて思いっきり盛大に開催して盛り上げたい」と語った。

 右記で紺綬褒章を受けた株式会社三沢奥入瀬観光開発がオーナーを務める星野リゾート奥入瀬渓流ホテル(高橋伶央総支配人)と星野リゾート青森屋(岡本真吾総支配人)が氷瀑ディナーときみがらプロジェクトの取組について、小山田市長へ報告を兼ねて参席した。
 奥入瀬渓流ホテルの高橋総支配人は「宿泊する部屋は換気と加湿が大事だと思っている。観光はいろんな方々が様々な想いをもって足を運んでくる。コロナ禍で県外への旅行が懸念される中で、最近では市内からの宿泊もある。近場をもう一度見直して魅力を再発見するようなマイクロツーリズムを勧めている。今年度は4年目の冬季営業のシーズンを12月18日から迎えることができた。今年は寒波も早く、いい氷瀑が出来た。観るだけの観光ではなく、食して体験して楽しむことができるツアーを企画している」とPR。その後、ヨーロッパで食べられるスイーツ「ベイクドアラスカ」を試食してもらった。
 青森屋の岡本総支配人は十和田市の伝統工芸・きみがらスリッパについての取組を紹介。「青森屋がある敷地内へ実際にトウモロコシ畑を作り農業体験もする。今は時間の都合上、スリッパではなく、ミニぞうり作りを宿泊者に体験してもらっている。全国的には厳しい現状だが、Gotoキャンペーンを活用して欲しい」と語った。
hosinorizortapir.jpg
 株式会社三沢奥入瀬観光開発(佐藤正満代表取締役)、宝産業株式会社(佐藤正満代表取締役)が十和田市が平成29年度から3年間、地方創生の取組として行った「冬季観光充実・強化による地方創生推移信プロジェクト」の趣旨に賛同し、各年度それぞれ1000万円ずつを企業版ふるさと納税として寄附をいただいたことにより、内閣総理大臣より紺綬褒章が授与され、代理として小山田市長から伝達式が行われた。
kizoumisawaguruup.jpg
 来庁した株式会社三沢奥入瀬観光開発 取締役副社長・前山仁さんは「両館で冬季営業を再開させるのは悲願だった。形を変えて協力することで地方の魅力を発信出来た。しかし、コロナで今年度の営業は大変厳しいものとなった。ただそれまでの冬の間の宿泊は増えていたので効果は実感できた。寄付は今年度で終了となるが事業は継続していきたい」と話した。
 小山田市長は「おかげで氷瀑ツアーも開催することができている。奥入瀬渓流の自然を守りながらトンネル完成を待ち、これからも取り組んでいきたい。特A級と呼ばれる観光地でガイドを育てて、ガイドで生計を立てられるくらいになればいいと思う」と語った。
 観光振興を図ることを目的としたアーツ・トワダ ウィンターイルミネーションが開催。12月4日に予定していた点灯式を県内コロナ感染の報告を受けて18日に変更した。
 300万個の青のLEDがアート広場を埋め尽くす。当日はサンタのトラックもイベントに駆けつけ、集まった子供たちにプレゼントを配った。会期は2月14日までとなる。
winterirumo2020.jpg
 また「光と音が彩る冬花火in十和田湖」が1月28日~30日までの三日間、十和田湖畔休屋多目的広場特設ステージで開催。入場無料ですが入場制限あり。
 奥入瀬渓流氷瀑ツアーも実施。運行日は2月28日まで。お問い合わせは...0176‐24‐3006迄
 竹内淳子代表がまとめる医療・介護・福祉関連の団体(現在11名)。楽しい寸劇で認知症などを伝えてきた「じゅんちゃん一座」が令和2年度に受賞した3つの賞の報告へ小山田市長を表敬訪問した。
 受賞は以下の3つ、1・社会福祉法人 読売光と愛の事業団 第18回 読売福祉文化賞 高齢者福祉部門、2・公益財団法人 社会貢献支援財団 第55回 社会貢献者表彰、3・公益財団法人 杉浦記念財団 第9回杉浦地域医療振助成(活動分野)「みんなでまこう!繋がり・繋がる幸せネットワークの種」プロジェクトの3つを受賞。
 小山田市長は「今年はコロナ禍のため、できることは少なかったと思う。最近は見れる機会も減り残念。高齢者はもちろん、子どもが見ても理解出来る内容だと思う。これからも大事な役割を担うと思うので応援したい」と激励した。
jyuncynichizahyousyou.jpg
 竹内先生は「今年で9年目、寸劇は1年に1話、テーマを決めて制作している。認知症に対しては専門なのですが、特殊詐欺に関しても作っています。今までで200公演、今年度は1回しかできなかったけど表彰されて嬉しい。練習は仕事終わりに集まっているので大変だけど違った組織が集まっているので色々とプラスになる。今年はコロナ禍のため、孤独を感じる人が多く、その環境は認知症を悪化させやすいと言える。今年度は実質一回の公演となったが、来年度はまた寸劇で笑顔を増やしたい」と語った。
 「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」が12月18日から今年で3度目となる冬季営業をスタートした。見どころや楽しみ方を提供する、その魅力を一部を少し紹介したい。
 まずは雪化粧した渓流沿いで冬の味覚を堪能する「真冬の雪見美食旅」プラン。一組専用の暖かいドームで雪見アペリティフ(食前酒)から始まる冬限定のディナーコース(フレンチレストラン「Sonore」から)を雪景色を楽しみながら味わえる体験が出来る。雪に覆われた渓流が見られる露天風呂テラス付き客室でプライベートな空間と時間を満喫できる。
hoyubakutuar1.jpg
 次に「氷瀑ガールステイ」プラン(※女性限定ではない)では、冬の奥入瀬でしか見られない「天然の氷瀑」を観て歩く体験ツアーと、「氷瀑ディナー」や「氷瀑スイーツ」など氷瀑をイメージした特別なコースメニューで食体験。また、疲れた体を癒す「氷瀑スパ」で心も身体もリフレッシュすることができる。他にも氷瀑初心者でも安心して冬を楽しめる「氷瀑ガールグッズ」も用意。手ぶらで来ても大丈夫な氷瀑尽くしのプランとなっている。
hoyubakutuar2.jpg
 また、館内の露天風呂は冬限定の氷瀑の湯となり、プランにはスノーシューハイクや氷瀑ライトアップツアーも含まれる。食もアクティビティも温泉もとことん氷瀑を楽しむことができる。
 次に雪かきで自ら参拝までの道を切り開く「冬の十和田湖開運ツアー」が2月1日(光の冬物語会期終了後)から実施。恐山と共に北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝する。雪国ならではの体験としてスノーシューを履いて雪かきをしながら参拝までの道を切り開くツアーとなっている。こちらは御朱印希望の方は前日までに予約が必要。
 宿泊プランの他にも大浴場の混雑状況がスマホで確認できる「3密の見える化」サービスの実施や、全客室に手指消毒用アルコールを設置など、最高水準のコロナ対策宣言をしている。安心して非日常を楽しむ旅を提供できるように万全の対策と一期一会の感動を発信していく星のリゾート奥入瀬渓流ホテルへのお問い合わせは...0570‐073‐022(星野リゾート予約センター)迄。
 また、コロナ禍におけるインバウンド需要の減少や輸出の停滞等により、国産農林水産物等の在庫滞留が問題となっている。そこで農林水産省が進める「#元気いただきますプロジェクト」へも参加。時期ごとに美食フェアを開催。ホタテやマグロやイカ・ホッキ貝などを贅沢に味わえる。育てる人、獲る人、届ける人、料理する人、食べる人も大きな一つのチームになって食べてニッポンを応援したいプロジェクトとなっている。
 三農発「観光・スマート農業」推進プロジェクトの連携協議会および、成果報告会が12月18日に同校大会議室で開催された。
 委員には県農林水産部、県観光国際戦略局、県産業技術センター野菜研究所、市農林商工部、十和田奥入瀬観光機構、十和田おいらせ農業協同組合、青森県中央大学、十和田西高等学校、農業経営者、県教育庁(順不同)らと青森県立三本木農業高等学校の教員らが就き、生徒らの発表を聞いた。
sanoupurezen1.jpg
 始めに三農発「観光・スマート農業推進プロジェクト」の事業内容を紹介。連携協議会の設立、農業体験を通じた高校生「交流」プロジェクト、三農スマート農業プロジェクトを発表し、それぞれの現状と課題を提示した。
 現状として、インバウンドによる青森県の自然・農業・文化が再注目され、外国人観光客数伸び率は67%と全国1位となっている。県南地域では奥入瀬渓流・十和田湖など国内有数の自然観光資源を保有し、ゴボウや長芋、ニンニク等の根菜類をはじめとする全国トップクラスの生産量を誇る農業資源が豊富である。しかし、超高齢化社会により、県内労働人口が急激に減少している。
 そこで、海外からの高校生教育旅行における本県高校生と交流したいとのニーズへ対応しながら、これまでの生産農業に加えて、近年増加している「観光農業」への対応をし、県内労働人口の減少を見据えた「農業の省力化」を「三農生」がやるとテーマを決めた。その事業効果と成果発表。
 観光農業へ視野を向け、青森県を訪れる外国人の中で3分の1程を占める台湾の教育旅行にフォーカスを当てた。台北市立松山高級工農学校を受け入れて交流事業を実施。また、実際に台湾へ行って現地の声を聞いてきたりもした。感想としては予想をはるかに超える大都会で、市場などでは日本の食材は残念ながら「りんご」くらいしか見当たらなかった。ここから調査を兼ねて次に進む予定でしたが、新型コロナウイルスのために社会生活が完全にストップ。計画は一旦中止となりました。しかし、ZOOMを使ったweb交流会を実施し、日本に来たいとの声は聞けました。教育旅行団で参加してくれた高校生にとって青森県は思い出の場所となり、リピーターとして期待が出来ると思う。外国人にとって「異文化に触れたい」という想いは強く、農業はagriculture(アグリカルチャー)と呼ばれる文化であり、食文化の体験にも着目した。そば・大豆を実際に栽培したり、納豆の商品開発やそばの新商品開発に携わったりなど、地域との交流事業も実施した。まとめとしては、外国からの教育旅行、農業体験や交流はインバウンドへ十分つながるということ。新型コロナウイルスにより観光業自体が揺らぎ、生産農業と観光農業を足した新青森型農業の提案。今後の課題も提示し、観光農業プロジェクトの報告を終えた。
 次にスマート農業について報告。三農スマート農業プロジェクトとして、知ることと普及活動から始めた。活用するドローンについて自身でも学び、講習を受けて修了証も取得した。ドローンで撮影し、生産管理システムAIを使って管理する。GIS(地理情報システム)やImageJ(画像処理ソフト)を活用することで情報を数値化する。三農スマート農業PRの一例として三農スマート米の生産や、圃場見学やドローン体験をする一日留学in三農などを企画し、今までの農業にAIをプラスすることで労働者・後継者不足等の問題の解決につながればいいと思うと報告した。
 遠藤校長は成果報告会終了後に「畜産も農産も育てている学校ですが、一番は子どもたちが成長している学校であることを目指したい」と挨拶した。その後は来賓の委員らと協議を重ね、これからの課題について話し合った。
 株式会社桜田造花店が十和田市東一番町の旧みちのく銀行跡に2店舗目となる家族葬ホール「偲‐shinobu‐」をオープンした。12月12日からオープン内覧会を開催。
kazokusousinobu1.jpg
 桜田祐也常務取締役は「自宅で過ごすようなイメージで亡くなってから葬儀までの期間、約三日間を完全サポート。現在は大きな葬儀が少なくなり、家族だけで小さく行う事が増えている。また、コロナ禍の中で集まって弔うよりも流れ作業のように密にならない工夫が葬儀でも主流になり、大きな箱が必要なくなりつつある。もちろん大人数用に別の大ホールもある。この家族葬プランにふくまれる内容は他社では別料金に含まれやすいものも入れ、会員価格で39万円(一般価格45万円)で全て任せる事が出来る。
 見送る側の家族の負担も減らし、最後は故人とゆっくりと家族の時間を過ごして欲しい」と語った。
 部屋は和モダンな落ち着ける内装で、2家族まで受け入れることが可能。時代の流れに合った家族葬スタイルの葬儀へのお問い合わせは...0176‐22‐8000迄
十和田市現代美術館 企画展
Arts Towada 十周年記念
「インター+プレイ」展 第1期
 9月8日に1万人目の来場者を記録してから、約3ヶ月。十和田市現代美術館企画展Arts Towada十周年記念「インター+プレイ」展の第1期で12月9日に3万人目の来場者を達成した。
genbi3mannnninn.jpg
 記念すべき3万人目は黒石市から来場した大平啓太さん(32)と啓子さん(30)夫婦。宮城県出身で、今年籍を入れて青森県に嫁いできた奥様は医療関係の仕事。コロナ禍のため、たまの休みにこっそり二人で出掛け、旦那さんが青森県を紹介するのが現在の楽しみだという。お二人は「CMで知って、前からきてみたかった。まさか3万人目になるとはビックリです」と驚きと喜びを語った。記念として、鷲田めるろ館長より、記念品が贈呈された。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11