ローカルニュース

 七戸町立鷹山宇一記念美術館の特別企画展「キャシー中島 愛を綴るキルト展」が5月1日(土)から開催された。また、併催として南部菱刺の民藝作家石井キク展も開催。期間は7月18日(日)迄となる。
kyasi-nakajima4.jpg
 キャシー中島さんはハワイ生まれ。タレントとして活動する一方でキルト作家としてハワイアンキルト、ピースワークキルトを中心に色彩豊かな作品を数多く制作。趣味が高じて料理研究家、ガーデニングデザインにも活動の場を広げ、その芸術的才能は数々の賞を受賞するなど高い評価を受けている。キャシー中島さんの作り出すキルト作品には故郷ハワイへの愛、家族への愛、自然への愛、そのひとつひとつの愛をつなぎ、大きな愛へ綴っていくように、ひとつひとつ布を縫い合わせてきた。本人のキルト作品に加えて彼女が語った言葉や綴ったエッセイ、写真などと重ね併せながら展示し、愛に満ち溢れたキャシー中島さんの創作世界を紹介している。
kyasiinakajima5.jpg
kyasi-nakajima2.jpg
kyasi-nakajima.jpg
作品は美しく咲く花々をモチーフとしたハワイアンキルトやステンドグラスキルトが24点、季節の移ろいと共に色を変えてく連作「シャワーツリー」を8点、愛する家族のために綴ったキルトやアメリカで受賞した作品など14点が展示されている。
kyasi-nakajima3.jpg
 また、併催で南部菱刺「民藝作家 石井キク」さんの作品も展示。石氏キクさんは七戸町出身。日本でもキルトに似た刺し子があり、青森県では津軽コギン・南部の菱刺が有名。七戸の宝と称される南部菱刺を併催し、これを機に周知しようと開催された。独特なひし形の中に様々な模様があり、石井キクさんの繊細さが伝わってくる。
 今展では会期の中でキャシー中島さんのトークショーを予定しているが、新型コロナウイルス感染状況を踏まえながら現在は未定。ホームページにてお知らせする予定となっている。
 お問い合わせは...0176‐62‐5858(七戸町立鷹山宇一記念美術館)迄
 現在、人口6万人のまちでさえ核家族化が進み、「親子で一緒に料理する機会」や「親から料理を習う機会」どころか「一緒に食事をする機会」さえも満足にままならない家族が増えているという。
 そこで十和田発酵食文化協会の会長・矢部聖子さんが、キューピーみらいたまご財団助成事業を活用し、先祖たちが残してくれた素晴らしい郷土料理を通じ、「親子で一緒に美味しい地産のものを食べる」経験をしてもらい、「豊かな食・豊かな家庭・豊かな地域」を担う親子を増やし、イベントを通して家族同士も繋がれるような輪を広めていきたいとの想いから親子で参加できる料理教室を開催した。
oyakoryouriky1.jpg
 第1回目は4月11日に開催。会場は十和田市東コミュニティセンターで定員となる4家族が参加。今回講師を務めた小林シェフやボランティアスタッフなどの協力を得て『かざり巻きずし・しじみ汁・桜もちもしくは桜もち』を作った。
oyakoryouriky2.jpg
oyakoryouriky3.jpg
 材料を準備して料理のコツや、味付けのポイント、出汁の取り方、巻き寿司の巻き方などを聞きながら親子で料理を作った。子どもたちは慣れない包丁を持って慎重に切りながら、親子の対話も楽しんで料理を作った。作り終えてからはそれぞれのテーブルで楽しい親子お食事会。自分たちで作った料理はやっぱり美味しくて、少し形が崩れていてもみんな笑顔で食べていた。食後には参加者全員でお片付けして、ふりかえりシートに記入。講師から一言もらい記念撮影をして閉会した。
 主催者の十和田発酵食文化協会の会長・矢部聖子さんは「郷土料理は先人たちが残した文化であり、料理をつくることで地域の食材を知ってもらい、親子でつくることで触れ合いの時間を増やしたいとの想いで企画した。コロナ禍だからこそ家庭の料理・食事時間が大切になると思う。毎月1回のペースで開催するので興味のある方は参加して欲しいです。また、個別で料理教室も開催しているので気軽に参加もして欲しい」と語った。
 今後の予定としては...5月9日(日)長芋と梅の炊き込みごはん・季節の天ぷら・おひたし/6月27日(日)よもぎと白だんご作り/7月11日(日)そば打ち、かつおだしのとり方にも挑戦!/8月8日(日)甘~いお赤飯、昔ながらの煮しめ/9月12日(日)中華がゆ、皮から作る水ギョウザ、杏仁豆腐(中国の郷土料理)、会場は東コミュニティセンター、各回4家族までとなっている。お問い合わせは...090‐4552‐9451(十和田発酵食文化協会・矢部聖子会長)迄
 昨年は新型コロナウイルスの影響を受け、花火大会を中止。その代替えイベントとして願いを込めた「スカイランタン」を夜空へリリースした。今年は願いを込めて祈るイベントとして十和田湖湖水まつりを開催する。
 そのスカイランタンの新製品のテストフライが4月30日に十和田湖畔休屋桟橋前で実施された。ランタンは以前使ってた和紙から「プレアーブライト」という素材に変わり、雨にも強く、ゴムより軽く、浮遊時間は約一か月と長持ちする。
huraitojikkenn.jpg
 和紙は雨風に弱く浮遊時間が短い。そこで「あおもりバルーン集団ねじりんご」と十和田奥入瀬観光機構が監修し、全国初となるバルーンランタンの開発に成功した。残念ながらテストフライ当日はかなり横風が強く、ランタンが真横に飛んでしまって浮遊する様子は見れなかったが風に強い事は証明できた。ライトが若干薄いようにも見られ、これから改良の余地もあり。参加者からそれぞれ意見を仰ぎ、今後に繋げるようだ。スカイランタンへのお問い合わせは...0176‐24‐3006迄
chinjyoisyo.jpg
 十和田市旅館ホテル業組合他から市へ4月23日に陳情書が提出された。
 陳情書から一部抜粋「私たち宿泊業界は、国内旅行はもちろん、インバウンドにも大きく舵を切り、日本が誇るおもてなし文化の発信に努めてまいりました。昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界的にも観光関連業は大きな打撃を受け、その影響は本年も続いております。令和3年3月までは国・県・市からの支援策等もあり、何とかこの状況を乗り切ろうと尽力して参りましたが、このままでは組合員個々の力ではこの苦境を乗り切ることが出来ないと強く感じています。宿泊支援策を要望いたします」と計7点の支援策を提案し小山田市長に陳情書を提出した。
 小山田市長は「時期を考えてからの判断となる。大変なのは理解しているのが早急に決断せず検討していく」と返答した。
 代表として表敬訪問した十和田市旅館ホテル業組合組合長の下山勝さん(十和田シティホテル)は「今のままだと宿泊するホテルや旅館のない観光地になってしまう。要望したものは市からの補助事業無くしては実施は難しい。宿泊割引などのキャンペーンを実行し、従業員の雇用を守りたい。すぐには難しいとは理解しているが、出来るだけ早い支援の開始を要望したい」とコメントした。
 改修工事のために休館していた市民文化センターが4月1日から開館した。
 大ホール、生涯学習ホールの天井の耐震化や、全館LED化、トイレを全て洋式に変更、舞台吊物の更新、授乳室の設置などが主な改修ポイント。改修工事とコロナ禍も重なり、昨年度はイベントがほぼゼロだった十和田市に新たな芽吹きが生まれる活動拠点として開館。指定管理者は東北共立・県南環境保全センターグループとなる。その社員であり、館長を務める横道彰さんに話しを伺ってみた。
yokomichiakira.jpg
 横道さんは市役所を退職後に東北共立・県南環境保全センターグループに入社。前館長の小山田さんから話しをいただき、館長を務める事となった。それからすぐ耐震改修工事があり、一旦指定管理者から外れたが、去年の夏に公募し、改めて指定管理者として4月から務める事となった。公共施設に入る指定管理者にはそれぞれ特徴があり、目標がある。市としての方向性が同じであればいい。今まで約13年間にわたり実施してきた管理運営の4つのスローガン、賑わいと親しみある施設・人や環境に優しく快適な施設・公平公正で平等な対応の施設・市民文化団体と連携する施設を守り、十和田市の文化芸術振興の中心的役割を担う施設である文化センターの管理運営に取り組んでいきたい。
 基本的には賃館がメイン。コロナ感染予防にはしっかりと対策、配慮しながら利用して欲しい。現状はコンサートなど大きなイベントは予定にないが、サークルや愛好会の活動は少しずつ復活している。全ての部屋で半分の入場制限がある厳しい中でしっかりとした使い方、使われ方をしていきたいと語った。
 一般社団法人十和田奥入瀬観光機構(小野田金司理事長)が4月29日より、AST内でフランチャイズオープンしたサンキューバナナ十和田店を再開。お客様から希望の多かったジュースにしたいフルーツの「いちご」を新商品として限定販売する事となった。
 苺は産地によって甘味・酸味が違うので独自に配合したブレンドで開発。甘酸っぱくて飲みやすく果実がずっしり入ったジュースとして完成した。値段は580円。販売期間は8月29日までとなっている。
sankyuuichigo.jpg
 新型コロナウイルスの影響のため、昨年度は中止となってしまった十和田市の春を彩る女流騎手による大祭典 第18回「桜流鏑馬」が無事開催された。
 感染症対策を万全に開催された十和田市春まつり。「日本の道百選」や「新日本百景」にも選ばれる十和田市官庁街(駒街道)に面する並木桜が満開の緑地公園で毎年4月下旬に開催されている行事で2年ぶりの開催となった。
sakuyabusame20214.jpg
 今年は4月24日・25日の2日間開催。会場では馬と触れ合える体験乗馬や流鏑馬男子立射演武、フォトコンテストやベストドレッサー賞を決める総選挙投票、とわだをピンクにそめる会の募金活動や啓蒙活動、次世代リーダー育成プログラム「Future Generations」のワークショップとして流鏑馬の生地で作ったマスクの販売などが行われ、会場にお訪れた来場客をもてなした。
sakuyabusame20213.jpg
 大会は初級・中級・団体・上級と分かれ、桜舞い散る中での流鏑馬演武となった。大会はユーチューブ(十和田流鏑馬観光連盟YouTubeチャンネル)で動画配信されており、会場にこれなかった桜流鏑馬ファンにも中継で届けられた。
sakuyabusame20212.jpg
 桜流鏑馬は華麗な衣装を纏った女流騎手が約100mの走路を10秒~13秒の間で駆け抜け、その間に設置された3つの的に連続で騎射し、的中点とタイムで競い合うスポーツ。煌びやかで力強く、一瞬で終わる美技に会場を魅了する。馬という生き物をパートナーに、わずかな時間で矢を構えて放つ。その一瞬を見逃さないようにと沿道にはカメラマンがびっしりと並ぶのも見所の1つになっている。第18回桜流鏑馬入賞者は以下の通り...
【初級】総合優勝・赤澤珠李/総合2位・桜庭梨/総合3位・星野奈々
【中級】総合優勝・石田直子/総合2位・成田園子/総合3位・島田夏帆
【上級】総合優勝・布施蒼依/総合2依・上村鮎子/総合3位・折坂つぐみ
【特別賞】ベストドレッサー賞・ホーン・アンジ―/弓使い賞・髙田美緒/安全騎乗賞・赤澤珠季/新人賞・星野奈々
 フォトコンテストは5月25日迄の応募期間で、結果は12月19日に発表される。最優秀賞写真は次年度のポスターとして使用される。詳細はこちら(http://towada-yabusame.com/sakuraphoto/)迄
 昨年11月から実施していた奥入瀬渓流館の改修工事が完了し、4月26日にリニューアルオープンする運びとなった。
 ネイチャーガイドカウンターの設置、渓流の成り立ちや動植物を解説する展示コーナー、奥入瀬渓流地形模型の設置、動画コンテンツを楽しめるデジタルサイネージ等の設置など、渓流散策のネイチャーガイドの拠点として利用出来るように完成された。また、物産コーナーでは新しい事業者として「株式会社ESARIO」が渓流散策グッズの販売や、青森りんご専門カフェ「a la ringo(あら、りんご。)」の運営をスタートさせる。
 4月26日に奥入瀬渓流館でオープニングセレモニーが開催され、小山田市長、十和田八幡平国立公園管理事務所長・深谷雪雄さん、観光建設常任委員会副委員長櫻田百合子さん他、関係者各位が参加した。
oirasekeiryuukansin1.jpg
 小山田市長は「この奥入瀬渓流館は平成3年に奥入瀬渓流の魅力を全国、世界へ発信するための資料館として整備されたものであり、年間約7万人が利用している。この度、平成28年に策定された十和田八幡平国立公園ステップアッププログラムで国、県、市がインバウンドに対応する計画を実施。海外からの観光客に楽しんでもらうとそれぞれに企画を策定した。市としてはこの奥入瀬渓流館をリニューアル。自然観光や苔観察のガイド拠点と位置づけ、トイレの増設や、インフォメーション施設の設置や展示内容の充実を図った。また、物産コーナーでは公募により選ばれた株式会社ESARIO様に運営委託することになり、渓流散策を楽しんでもらうためのグッズの販売や休憩場所として活用してもらう。専門知識を有するガイドの常駐で奥入瀬渓流の成り立ちや苔の特徴についてより深く学べる。また、これから先を見据えた奥入瀬ヴィジョンなるものを策定した。バイパス開通後は一般車両を通行制限し、歩いて奥入瀬渓流を楽しむことになり、より多くの方々に利用されることが期待される。旅行者の長期滞在を促すためのワーケーション環境整備も充実させていきたい。」とこれまで尽力頂いだ関係者各位に深く感謝し、挨拶とした。
oirasekeiryuukansin2.jpg
 記念のテープカットを行い、リニューアルセレモニー終了後はネイチャーガイド事務局長も兼任するおいけん(NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会)の川村祐一氏による館内の紹介。分かり易く変わったポイントを説明をしながら見どころや、今後の展開を話した。
 物販コーナーでは苔観察には欠かせない観察用のルーペセットや南部裂織り監修の特別に作った南部菱刺しや、希少な奥入瀬とちみつ(栃蜜/トチノキの花期を迎える5月下旬から6月上旬に県内外から養蜂家が訪れ、渓流沿いやその周辺に蜂場を作る。豊富なトチノキの巨木に恵まれた奥入瀬で生まれた独特な香りとコクある甘さの奥入瀬とちみつ。)やそれを使ったお菓子などが販売され、ここでしか買えない価値ある商品がある。カフェは神戸に本店を持つ「a la ringo」が青森りんご専門店としてオープン。りんごを使ったクッキーやパイ、アイスやドリンクなど、おしゃれなカフェで散策から戻ってきた観光客が一息つける居場所となっている。
oirasekeiryuukansin3.jpg
 おいけんの川村さんは「まずは、ここに立ち寄ってもらって、奥入瀬の歴史や観光スポット、苔や植物について学んでもらい、基礎知識をつけてから散策することで奥入瀬の魅力を倍楽しんで欲しいと思う。もちろんネイチャーガイドもいるので活用して欲しい。そして散策が終わってから立ち寄ってもらってゆっくり休んでお土産を買って帰ってもらいたい」とPRした。
oirasekeiryuukansin4.jpg
 コロナ禍ではあるが、インバウンド、アフターコロナに向けて万全の準備で観光客を迎える。奥入瀬渓流館へのお問い合わせは...0176‐74‐2200迄
 十和田市現代美術館で2008年のオープン以来、初となる塩田千春、名和晃平による新たな常設作品の公開を記念して、鷲田めるろ館長によるギャラリートークが開催された。実質、鷲田館長が十和田市現代美術館に就任した頃は昨年4月のコロナ禍であって、1年たった今回が初の開催となる。同館では毎月10日は十和田市民の常設展観覧料が無料となる「十和田市民無料デー」が設けられてあり、市民の方々にも新しい作品を知っていただくために4月10日に開催となった。
wasiomreruri.jpg
 鷲田館長は始めに「塩田さんの作品は入れ替えとなり、以前はキム・チャンギョムのメモリー・イン・ザ・ミラーがあった部屋となる。作品はそのまま保管し、他の美術館でレンタル希望があれば貸し出せるようにしている。名和さんの作品は元倉庫を改装して新しく展示室とした。作品は常設ではなく、あるコレクターから3年間という期限付きで借りたものとなる。そして12月にもう1点、建物を新たに増築してからの展示となる。全部でこの3つが新しい作品展示となります。」と挨拶した。
 最初に塩田さんの展示作品の部屋に参加者らと移動し、作品について語った。
 鷲田館長は「実は塩田さんには十和田市に来る前に話しを投げかけてはいたが、今まで青森県に来たことがなく、十和田市の歴史を聞き、十和田湖のイメージが強くなったので舟を使った作品を作りたいと言っていた。しかし、調べると木の舟はもう使っていないと言われた。そこで舟を探すと一艘だけ休屋のお店のオブジェとして昔使っていた木の舟が置いてあると知り、交渉して譲ってもらうことが出来た。来館者の方にも作品の印象を強く魅せたいと、舟の帆先を入口から入って正面にくるように設置した。塩田さんは毛糸を使った作品で有名だが、特に色は赤と黒が多い。生と死をテーマに掲げ、赤い線は血管や記憶の流れをイメージ出来るという。塩田さん本人も闘病生活があって死を近くに体験してきたという。絵画から始まったがどう表現しても、他の人たちと似たり寄ったりしてしまうので限界を感じ、空間に作品を作るようになった。作品は作り始めから見ていたが、線を目で追えるくらいの薄い密度から1つの群れになってくることで1つのアート作品をして完成。タイトルを〝水の記憶〟とした。水の上に浮かんでいる舟というイメージだけではなく、水中にいて舟が沈んでいるという世界感もあるので自由に作品のメッセージを感じて欲しい」と語った。
siota.jpg
 次に名和さんの作品展示会場に移動し、作品説明をした。「名和さんは彫刻家と言ってもいい。作品はエゾシカの剥製に透明な球を貼り付けている。名和さんの作品は他にも様々な鳥や動物の剥製で作っているが、2019年に作った代表的なこの作品を今回レンタルした。彫刻と剥製の違いとしては、剥製は美術作品として見られていないことで、彫刻は命のないモノに生命を吹き込むような表現であること。名和さんは元々生きていた動物を人工的に剥製にすることで、ポーズを強めていることに気が付いた。人口水晶をつけたのはデジタルにあるピクセル(画像)をイメージした。画像越しで見る生命は生身のものではなく、画像を通して送られたデータでしかない。逆に映像的なピクセルを実際の目で見て感じてもらえるような作品にした。物質と生命の関係を考えられる作品だと思う。」と語った。
nawakouhei.jpg
 十和田市春まつり主催者で、令和3年4月13日に十和田市官庁街通りで桜の開花宣言をした。
 開花は昨年よりも5日早く、2002年(平成14年)4月12日に次いで平成12年の調査開始以来、2番目に早い発表となった。
 開花宣言翌日から雨風強い日が続いたが、桜は綺麗に咲き、観光客を出迎え、春まつりを彩る。官庁街通りを歩く人たちも多く見られた。
_20210420_134903.JPG
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の写真

※写真をクリックすると記事にアクセスできます。

  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2838.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2838.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2838.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2838.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2838.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2837.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2836.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2835.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2834.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2833.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2832.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/-26-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2831.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2831.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2831.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/13-13.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2830.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2829.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/05/post-2829.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2828.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2827.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/52.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2826.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2825.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2825.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-58.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/65-2.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2823.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-sunroyal-towada-beer-matsuri-ver.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-sunroyal-towada-beer-matsuri-ver.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/post-2821.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/04/-2021-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2820.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2819.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2819.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2818.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2818.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2817.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-61.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2816.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2815.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2814.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2814.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2812.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/post-2811.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/03/-34.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2810.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2809.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-5-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2808.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2807.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2807.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/-2021.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2806.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2806.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2805.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2804.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/dvr.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2802.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2801.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/02/post-2803.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-11-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2800.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2799.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2798.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2797.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-18-1.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2796.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2796.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2795.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/-shinobuopen.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2021/01/post-2794.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2793.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2792.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2791.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2790.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2789.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/-10-10.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/-40-3.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2788.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2787.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2786.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/12/post-2785.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/-in-50.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2776.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2775.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2774.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2773.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2772.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2771.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2771.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2770.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2770.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2769.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2768.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2767.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2766.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2782.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/post-2781.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/16-6.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/16-6.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/11/100-80.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2763.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/365-365.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/37-4.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2762.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2761.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2760.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2759.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2757.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2756.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2755.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2764.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2783.html
  • http://bunka-sinbun.jp/news-article/2020/10/post-2780.html