ローカルニュース

 三本木農業高等学校ラグビー部を卒業した「田嶋グン」選手(現釜石シーウェーブス)がラグビーU20日本代表に選ばれ、活躍をした。1月14日に久しぶりに母校へ凱旋。ラグビーU20日本代表ジャージを寄贈した。
ragbitajima1.jpg
 遠藤校長は「田嶋グン選手は我が校の誇りである。現ラグビー部も新人戦では久しぶりの準優勝だった。OBの方々、保護者の方々の力を借りて、次は花園を目指したい。全校生徒で応援し、共に夢を掴みたい」と激励の言葉を送った。
 寄贈式終了後は「囲む会」を行い、田嶋選手は在校生ラグビー部員36名と、監督の苫米地衆候教諭、OB代表の成田一郎さん、コーチの中岫崇さんらと学生時代の思い出を振り返りながら、日本代表で出場した時の秘話などを語った。
 田嶋選手が3年生だったころの1年生(現3年生)の後輩からは「グン先輩はとてもきれい好き。部屋をきれいにするなど、生活面でいろいろと教えてもらった」。成田OB代表からは「口数が少なく、前に出る性格でもないが、人よりも倍の練習を積み上げ、怪我をしない強い身体をもっている選手だった。偉大な選手が近くにいるので目標として欲しい」と伝えた。
sannouragbee1.jpg
sannouragbee2.jpg
 よつば寮の寮長も務める中岫コーチは「学生時代は送迎担当もしていた。グンは見た目通り物静かで、コツコツ積み上げるタイプ。筋トレなども自主的に行い、学生時代にはベンチプレス130㎏を持ち上げていた。みなさんもグンの背中を見て応援してほしい。」と伝えた。中岫コーチは当時七戸町でサッカーをしていたグン選手に目をつけスカウトした秘話も語った。苫米地監督は「当時はライバルの八戸工業にいて対戦した。日本代表の選手がいた学校であることに誇りを持って欲しい。」と激励してから、グン選手が出場した日本代表戦当時の映像を見る。イエローが2枚で人数的不利もあり、ビハインドの場面。諦めずに次に向けて話し合い、35‐34で逆転勝利した。田嶋選手は「U20日本代表でも「ONE TEAM」の精神は変わらない。グランドに立ったら先輩後輩は関係ない。試合での自分の役割を果たすためには監督や先生とのコミュニケーションも大事。」と後輩へ語った。
 田嶋選手は「成田コーチ、中岫コーチに鍛えられ、身体面でも精神面でも多くの事を学べた。三農ラグビーの伝統「走る・スクラム」を守って欲しい。厳しい練習もあるが団体スポーツをやってて本当に良かった。身体が大きかったり、足の速い人はいる。自分にはないものだから当たり負けしない身体を鍛え続けた。U20日本代表でアジアチャンピオンになってもゴールではないので、次は日本代表を目指したい。」と後輩らを激励した。現在178㎝112㎏の田嶋選手。次は日本代表で活躍する姿を見れるように応援していきたい。
sannouragbee3.jpg
 令和元年度の「幼児リサイクル教室」が実施された。これは市で平成22年から循環型社会の形成を目的とし、幼児期から環境保全に対する意識の向上を計るため、幼児向けに資源ごみのリサイクル教室を行っているもので、市内の保育園、幼稚園を周り、紙芝居や資源ごみの分別ゲームを行っている。
risiakuru2020.jpg
 紙芝居の内容は去年とは内容を変えて「ごみじゃないよ、しげんだよ」(目黒区大型紙芝居)にした。紙芝居を読んでゴミが資源に生まれ変わる事を伝えた。
 その後に資源ごみの分別ゲームをし、プラスチックや紙、ペットボトルやアルミ缶を仕分けた。園児らは合格シールをもらいこれから家のゴミは分別して捨てることを約束し、リサイクル教室は終了した。
 市内の中学生、高校生が「社会福祉やボランティア活動の大切さ」について学び、意見交換や高齢者との交流を通じて「思いやりの気持ち」「助け合いの気持ち」を育むための十和田市中高生福祉サミット「思いやり広場」が1月7日に開催された。
 社会福祉法人十和田市社会福祉協議会が主催となり、集まった市内中高生27名と市民交流プラザトワーレで開会。午前の部では社会福祉について考える意見交換。高齢者についての話しや、どうやって楽しんでもらうかの企画を練習し、午後には実際に高齢者が集う場所(ふれあい・いきいきサロン)を訪問した。
 考えたゲームは最初は頭を使うゲーム。漢字穴埋め&漢字バラバラクイズで高齢者らと交流を深める。
 次に身体と頭を使うゲームでパラリンピックの正式種目ともなっている「ボッチャ」で遊んだ。ボッチャとはジャックボール(目標球)と呼ばれるボールにそれぞれのチームが交互に自陣ボールを投げたり転がしたりしながらいかに目標球に近づけるかを競うスポーツ。老若男女、障がい者、健常な人でも同じルールで遊べる。
bortanthiahachigou.jpg
 チームを分けて中高生と高齢者が交互にボールを投げる。簡単なルールだが戦略性もあり、目標球に自陣ボールがピタっとくっつくと周りからも歓声があがりゲームは盛り上がった。
 十和田市馬事公苑(駒っこランド)で1月16日に「馬そり始走会」が開催され、キッズゲレンデがオープンした。
 今回、始走会に招待された園児は「緑と太陽の保育園」。駒っこランドを訪れた園児ら17名はまずは牧場に移動し、馬そりを体験。ソリは天気によって屋根ありと屋根なしが選べる。園児らは「さくら」が引く馬そりに乗ってコースを一周。その後に馬へニンジンのエサやり体験をした。「きずな」「ルナ」「ダイヤ」「のぞみ」の4頭へ笑顔でにんじんをあげる園児ら。今回は身体の大きいのぞみ以外は小さな馬だったので臆することなく積極的ににんじんをあげていた。あっという間になくなったにんじん。えさやり体験後は芝生広場へ新設したキッズゲレンデに移動。
 園児らはソリやゴムボートで長い坂を何度も滑り、冬の駒っこランドを満喫した。
kidsgerende11.jpg
kidsgerende12.jpg
kidsgerende13.jpg
 イオンスーパーセンター十和田フードコート前で1月10日から17日の期間、十和田地区4つのライオンズクラブそれぞれが市内小・中学校の協力を得て、ライオンズクラブ国際平和ポスター展示会を開催した。今年度のテーマは「平和への道のり」。感情豊かな子どもたちが平和を祈り一生懸命描いた約90点の作品が飾られた。
 クラブ優秀賞は法奥小6年・石倉縁さん、西小6年・角田明音さん、三本木中1年・中谷望さんが受賞した。
rainzuposuter.jpg
 十和田市消防出初式が1月19日に官庁街通りで行われた。参加した消防職員と消防団員718名が堂々とした分列行進を披露し、地域住民の生命と財産を守る決意を新たにした。
syouboudezemesiki.jpg
 行進後には十和田市民文化センターへ移動し、殉職消防職・団員に対する黙祷を捧げた。退職した消防団員や優良消防分団に感謝状や表彰状を贈呈。
 小山田市長は「凛々しい分列行進で心強く思う。安全で安心な市民生活を守る欠かせない存在だ」と消防職員、団員らを激励した。
 十和田市現代美術館の企画展「AKI INOMATA‥シグニフィカント・アザネス 生きものと私が出会うとき」の来場者が最終日の1月13日に来場者数2万人を達成した。
 節目となる2万人目は盛岡市から家族旅行で訪れた梅村さんファミリー(幹雄さん(42)、奈々恵さん(34)、寛太くん(9)、衣都ちゃん(4)の4人家族)。盛岡から一泊二日での家族旅行。奥さんは絵を描いていて、アートには興味もあったので、ネットなどで見ていて前から来たいと思っていたという。今回初めて訪れたら2万人目となってビックリしたと喜んだ。作家のAKI INOMATAさんもお祝いに駆けつけ、記念品の作品カタログを梅村さんにプレゼントした。
genbninimannin.jpg
 企画展は昨年9月から開催され、美術館では珍しいヤドカリやミノムシなど生きものとアートの共作をテーマに展示。INOMATAさんならではの個性が光る企画展となった。INOMATAさんは今後、ロンドンで個展を開く予定。
 2020年度のカケモの新春交歓会が1月9日にサン・ロイヤルとわだで開催された。
 創業114周年を迎え、会社設立としては62周年を迎えたカケモ。会場にはカケモと関連がある業者関係126社、約250名が集まり、新年を無事迎えたことを祝った。会長不在のまま始まった新春交歓会では代表取締役社長・欠畑茂治さんが挨拶。
kakemo20201.jpg
 初めにスポーツメーカーの「ナイキ」を例に出して話しをした。『常識は裏切られるためにある。期待は上回るためにある。』これはナイキの社長の言葉。他のメーカーが薄くて軽いランニングシューズを売り出している中、ナイキだけは逆に厚底のシューズの開発に取り組んだ。今ではランナーの約80%以上の使用率を誇っているという。
 また、アリババという世界マーケット産業が大きな変革を進めている。ほぼキャッスレス決済で、顔認証で会計が済む時代もすぐそこまできている。
 今は大変な時代にいる。大変とは大きな変化。そして大きな変化にこそチャンスがある。一文字しか違わない「Change」を「Chance」にしていかなくてはいけないと語った。
 今年のテーマは『「令和時代・創造的変革への挑戦!」‐感動は人を動かし、出逢いは人を変える‐』とし、感動するような商品・サービスを提供し、お客様に選ばれるお店へと変革していきたい。
 昨年、三小通り店隣にTRIALが出店し、周りからも心配される声が聞こえましたが、カケモは大丈夫。お客様の流れが増えたことによって昨年よりも売り上げが伸びたものもある。2020年カケモグループ・スローガンを「カケモらしさを磨きあげよう!」とし、人との触れ合いを大切に、温かみのある地域のベストローカルストアを目指していくと挨拶した。
 十和田市現代美術館で企画展「冬眠映画祭vol・1 かいふくのいずみ‐インディペント・アニメーション最前線!‐」が1月25日から開幕した。
touminnsai2.jpg
 今回は冬の美術館をゆっくりとみてもらえるようにと美術館では珍しいアニメーションの企画展。冬眠映画祭と題したアニメーション企画展は今回が初となる。
 今回の企画展を取りまとめたのがアニメーション研究の第一人者であり、各種プロデュースをするディレクターの「土居伸彰」氏がゲストキュレーターを務める。さまざまな分野で活躍する日本のアニメーション作家3組によるグループ展。短編アニメーション作家の「ひらのりょう」さん、アニメーション作家の「ぬQ」さん、有坂亜由夢、おいたまい、コハタレンの3人からなるビデオチーム「最後の手段」が参加アーティストとして作品を手掛けた。
 事前リサーチで奥入瀬渓流や十和田湖には人を癒す見えない霊性があるとインスピレーション感じた作家が「かいふくのいずみ」として空間を表現。
 十和田市の歴史は複数の自治体のパワーでできあがり、十和田湖・奥入瀬渓流は噴火から始まった自然現象のパワーで形成されたことを受け、それを複数のアーティストのパワーで融合した。それぞれの個性を活かしたまま展示された作品は今までにない独特な空間を演出している。来場者にはこの空間でパワーを感じて欲しいと語る。
touminsai.jpg
 企画展示室2ではアニメーションが上映。上映作品は短編7話。今までに見たことがないような刺激される作品を約40分間魅入る事が出来る。
 会期は1月25日(土)~4月5日(日)迄。お問い合わせは十和田市現代美術館℡0176‐20‐1127。
 十和田市を含む県南地域では古くから用途を終えた布を裂いて地機で折り込む「裂織」が行われてきました。しかしながら戦後、暮らしが豊かになるにつれて裂織は廃れていき、地域での伝承が危ぶまれてきました。そこでふるさとの伝統文化「南部裂織」の普及・伝承のため昭和50年に設立されたのが「南部裂織保存会」。その南部裂織保存会が令和元年度の青森県文化賞を受賞した。十和田市内の受賞では昭和53年度に受賞した米田一穂さん(俳句)以来、41年ぶりの快挙となった。
 同団体の小林輝子会長、澤頭ユミ子副会長、小野寺枝津子事務局長が小山田市長を表敬訪問し、受賞の喜びを伝えた。小林会長は「今までいろんな賞をもらったけど、これが一番嬉しい。貧乏人の織物と言われていたボロ織りを文化まで高められ、認められた」と喜びを報告した。
 ただ最近はこぎん刺しが流行っていて裂織は少し押されてる感はある。広報やメディアなどいろんな形で宣伝してもらえることはありがたい。おかげで旅行者が体験してくれることも増えたと語った。何かのイベントで使ってもらえるように小山田市長に絹で織った裂織の半纏をプレゼントし、これからの活動を祈念した。
sakeorihyousyou.jpg
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15