ローカルニュース

 十和田市現代美術館で横尾忠則さんの大好評の企画展「十和田ロマン展POP IT ALL」が入場者数3万人を達成。その関連企画として横尾さんと館長の小池一子さんが9月22日、トークイベントを行った。偶然にも同い年だという2人、懇親会での何気ない話しから始まった。
genbitaidan.jpg
 十和田の夜空で天の川を見た。東京では見れないので1時間ほど眺めていると地球も銀河系の1つでしかないと感じたという。横尾さんは元々は映画などのグラフィックの仕事をしていたがモマの展覧会を観に行って会場から出て来た時にグラフィックデザイナーからアーティストに変わったという。
 小さな頃は空間が歪んで見えたり、そこに無いものが見えたりと不思議な経験は誰でもしているが大人になると忘れてしまったり無かったことにしてしまう。情報を組み立てて物を考え作る事は普通で、幼児性があることは蓄えることでアーティストにとって大切な力だと思うと語った。また「未完が面白い」という理由で本などは最後まで見ないと言う。作品も同じで完成したら終わってしまう。人も未完のまま生まれ、未完のまま消えていく、だから面白い。展示してある自分の作品も一旦置いてあるだけで完成はしていないと語った。作品と見る側は共存をしているがズレがあり、その秘密や謎がアートであり、文字とは別の「伝えるもの」で1人1人受け取り方や感じ方が違って当たり前と語った。
 それからはインドや禅寺を回った雑談などをして、最後に現代美術について語った。元々、美術館は過去の大作を飾ることが多かったが若手アーティストのために「現代美術」という言葉が最近生まれた。十和田市現代美術館もまだ未完で面白いという意味合いだと感じた。
 9月24日に十和田市民文化センターで第27回青森県民文化祭が開催された。テーマを「教育と文化のまち十和田市」とし、大ホールでは桜田マコトさんの司会で南小学校合唱部と三本木小学校音楽部による合同合唱、沢田っ子鶏舞による伝統芸能沢田鶏舞、切田中学校文化部によるヴァイオリンの弦楽合奏、大深内中学校少年駒踊りなどが行われた。十和田ふぁみりーずの助演パフォーマンスの後はダンスが始まり、少林寺拳法にダンスを取り入れた演技、DANCE WAGによる躍動感あふれる演舞で会場を盛り上げる。
 この日はあおもり10市大祭典も同時開催されていてパレードの流し踊りを終えたばかりの舞と躍動の有志がステージに登場し三本木小唄を踊った。司会を務めた桜田マコトさんが弾き語り、最後は合同合唱で公演を締めた。
kenminbunkadance.jpg
 第1研修室(旧展示ホール)では十和田華道展が開催。青山御流楽山会青森支部・(一財)小原流上十三支部・華道家元池坊十和田支部の作品約50点が合同展示され来場者を迎えた。
kenminbunkakadou.jpg
 9月18日の敬老の日を中心に全国各地で「100のありがとう風呂」が開催された。これは敬老の日に祖父母や高齢者の方々に感謝の言葉を書いた入浴木をお風呂に浮かべるというもの。
 十和田温泉がさつき幼稚園と南小学童保育の児童の協力で青森県産のヒバにメッセージを記入してもらったものを9月16日から18日の3日間、湯船に浮かべた。メッセージには「元気で長生きしてね」「大好きだよ」「ありがとう」など子供たちから祖父母へ向けた愛情いっぱいの言葉が温泉に入る利用者に届けられた。お問い合わせは...0176‐58‐5218迄
towadaonsenarigatou.jpg
 青森県南地方の郵便局(計113局)において枚数限定販売するオリジナルフレーム切手「十和田湖・奥入瀬渓流~四季彩~」が作成され、9月1日から販売が開始する事を8月29日に小山田市長に表敬訪問し報告。本郵便株式会社から階上郵便局長・橋本憲章氏と十和田西二十二番局長・野月光士氏が十和田市長・小山田久氏と十和田市観光協会会長・稲本修明氏にオリジナルフレーム切手を販売記念として贈呈した。
 2015年春に1回目、今回で2回目となるオリジナルフレーム切手は青森県を代表とする十和田湖と奥入瀬渓流の四季をテーマに十和田市観光協会主催の十和田市写真コンテストの入賞作品から選定。62円切手が10枚で1シート1200円、全1000シート限定で販売される。
yubuinikite.jpg
yubuinikite2.jpg

 十和田市の地ビール「奥入瀬ビール」が誕生から20周年を迎えた。現在では様々なビアカップで高い評価を得ている奥入瀬ビールを少しでも地元の人に飲んでもらおうと奥入瀬ろまんパーク内の「奥入瀬麦酒館」から市街地に進出。8月25日に富士屋グランドホールで「奥入瀬ビールまつり」を開催した。300人を超える来場者が祝う会場では数々の賞を受賞している自慢のピルスナー、アンバーラガー、ダークラガー、ヴァイツェンと新発売されたオイラセラガーの5種類が用意。十和田湖ひめますやガーリックポークなど地元食材を活かした料理を味わいながら地ビールの味を楽しんでいた。
oirase200.jpg
oirase201.jpg

 8月6日にみのり苑で夕涼み会が開催された。利用者とその家族や地域の人にも楽しんでもらい、思い出に残るような祭りにしたいと毎年好評開催されているイベントだ。屋台メニューも充実し、お婆ちゃんから子供まで四世代にわたる家族も楽しんでいる姿もあった。
 会場を盛り上げるのは馬花道の躍動感あるヨサコイに舞扇会の気品のある舞踊、パワフルジャパン十和田のゆるキャラたちも応援に駆けつけた。職員による盆踊りが終わる頃には少し暗さも増してきて、舞台もライトアップ。水神雷太鼓による演奏のあとには恒例の花火大会が打ち上げられた。天候も夕涼み会日和といえる気持ちのいい会場で来場者は食べて話して見て楽しんでいた。
minnorienyuusuzumi1.jpg
↑応援に駆け付けた子供たちに大人気のゆるキャラ、十和田ふぁみりーず
minnorienyuusuzumi2.jpg
↑↓会場を盛り上げる舞や太鼓の演舞
minnorienyuusuzumi3.jpg
minnorienyuusuzumi4.jpg
↑夜空を明るく照らす花火大会は大盛況のまま終わった

 8月4日に東公民館ホールで「~ふるさと再発見~あおもりの不思議な世界」講座が開催された。講師を務めるのは「しるばにあっぷる」編集長・山本光一さん。趣味が多彩でしるばにあっぷるの編集長の他にも約1000人程も集まる十和田湖ウォークの事務局や短歌の会、釣りの会なども手掛けている。身近にあって知らないものがたくさんある。様々なジャンルで好きな事をやっているだけでそれを記事にしている。風化して無くなってしまうものを取り上げたと自己紹介を含め挨拶した。
 それからはスライドを観ながら青森にある不思議な場所を紹介。つがる市の千本鳥居に並ぶ狐の像、入内の石神神社の長い階段を登るとある大きな目玉のような自然石、田子にある文字が表わされているたくさんの石にはシャメール族?の存在が確認できる。五所川原にある12本のヤス、1本の木から12本の木が分かれて伸びている。1本が枯れると新しい木が生えて来て12本を維持という不思議な木がある。青森市には八甲田山の不思議な森、雪中行軍があった場所で形がいびつな木があり、亡くなった人の怨念が宿っているといわれている。鹿角市にはクロマンタと呼ばれる赤い三角の形をした表面がある山がある。十和田湖にはたくさんの不思議な場所があってミステリーツアーでも出来ると思うと伝えた。全部で30種類ほどの不思議な場所、その言い伝えなどが来場者に語られ、室内で探検するミステリーツアーのように様々な不思議を紹介した。
 しるばにあっぷるは無料で販売。お問い合わせは...0178‐38‐7070(NPO法人青森県福祉サポート協会)迄
husiginabasyo.jpg

日独交流報告

[ローカルニュース]
 8月29日に「第44回日独スポーツ少年団同時交流帰国報告」が行われた。7月31日から8月17日まで十和田乗馬スポーツ少年団よりドイツに派遣された中沢乙子さんが教育長を表敬訪問し、活動の報告をした。三冊のアルバムを開きながら報告、活動の記録カードや写真を見ながらドイツにあるもの、日本にないものを語った。戦火から逃れた歴史ある(1300年代)建物が多く普通に街中にあること、地震はあまりないために昔の日本の建物のようなものがあり、何かの文化交流があったんじゃないかと考える。ディズニーのモデルにもなったシンデレラ城の本物の城にも入った。他にも料理のサイズが大きい事、日照時間がながく9時ころまで外が明るかったことなど様々な思い出を伝えた。文化の違いを感じ、いろんな場所に行ってとても勉強になったと笑顔で報告し、この活動について感謝を述べ今後に活かしたいと抱負を伝えた。
doiyuhoukoukai.jpg
 三本木農業高等学校植物科学科の1・2学年の生徒43名が十和田きみがらスリッパ用のデントコーン圃場で8月29日に除草活動を行った。伝統工芸品を守る。若い力で活性化を図る。生産者との交流やデントコーンの播種活動を知ってもらい地元の高校と連携を図るなど様々な活動が結びついている教育の一環として毎年取り組んでいる。当日は雨が時折降る中、お揃いのユニフォームで除草活動に取り組んでいた。今回は新しく植えた土地で根っこの長い雑草ではなく水草なのでどんどん手で抜けると生徒らは楽しそうに地道な作業を繰り返す。5月の播種、8月の除草活動と続き、11月にはデントコーンの収穫予定だ。
 この活動はとわだ産品販売戦略課と三農の協力で十和田きみがらスリッパ生産組合が生産・普及・販売に努めている。お問い合わせは...0176‐51‐6746迄
dentokonkuskaari.jpg
menyadaichi11.jpg
◎場所/上北郡東北町大字大浦立野66‐2
◎営業時間/午前11:00~午後7:30 (※スープがなくなり次第終了することがあります)
◎定休日/木曜日
◎駐車場/あり(大型車も可)
 今回は東北町役場小川原湖交流センター宝湖館から三沢市方面へ向かう途中にあるお店、来年でちょうど創業10周年を迎えるラーメン屋「麺家だいち」を訪ねた。店内に入るとコの字型のカウンターが8席、4人掛けのテーブルが3席(+子供用イスあり)、6人で座れる小上がりが2席ある。店長のマンガ好きからか約2000冊もの漫画本が置いてあるのも印象的だ。塩ラーメンや油そば、黒醤油チャーハンなど定番の人気メニューの他にも期間・数量限定の特別メニューも常連客を離さない。また、最近開発したという他では絶対に食べられない濃厚な味わいの「味玉」もおススメだ。変わらない味と挑戦していく新メニューはどちらも一度は食べて欲しい。
menyadaichi2.jpg
↑定番の人気メニュー 塩チャーシュー 850円(税込)
menyadaichi3.jpg
↑スープのない熱々の油そば 700円(税込)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11