ローカルニュース

 一般社団法人十和田奥入瀬観光機構が主催となる「地元ネイチャーガイドによる自然学習会」が7月17日~19日の三日間に市民交流プラザトワーレ、十和田市立図書館で開催された。
 講師にNPO法人奥入瀬自然観光資源研究会(通称・おいけん)の川村祐一氏を招き、「これを知ってて観るとおもしろい~奥入瀬渓流~」をテーマに学習会が行われた。
gaidoseminare.jpg
 テーマに沿って、奥入瀬渓流はどうやってできたのか、奥入瀬渓流の植物の生え方、奥入瀬渓流の歩き方、コケから自然をひも解いてみると、これからの奥入瀬についてを歴史を振り返りながらの学習会が始まった。
 自然の基本構造として『地史』の上に『生物史』が成り立っている。火山噴火でせり上がった山の高いところでカルデラ噴火が起こり、そこに生まれた湖が十和田湖。その一部が決壊し、そこから約70㎞にわたり流れ出た。その5分の1が現在の奥入瀬渓流と呼ばれている。辺りは岩だらけで植物や生物はいなかった。
 山瀬の風や渓流のしぶきなどおかげでシダやコケが岩につき、鳥や風が植物の種を運んで大きな自然となった。自然が生まれた事で生き物が住み、長い年月をかけ、奥入瀬渓流という雄大な自然が誕生した。
 奥入瀬渓流の植物はコケの他にもシダ植物が多い。コケとシダの大きな違いは根から養分を吸収するか、葉から吸収するかで、コケの先祖は海の中で流されないように根をはって葉から養分を吸収していた植物がコケとなり、丘に上がった(水面が下がった)植物で太陽から養分を吸収・光合成をした植物がシダとなった。その植物が木となり花となり環境に対応・進化して様々な特徴をもつ植物となった。奥入瀬にはその自然の歴史が詰まっていて、現在も進化し続けている植物もあるという。
 奥入瀬渓流の歩き方としては各エリアの特徴を知っておくこと。ブナ林など森を見たいなら下流、渓流などの流れをみたいなら中流、多くの滝を見たいなら上流と分かれている。
 これからの奥入瀬渓流についての講義では、今までは国立公園と指定された自然の中を国道が通っているという非常に珍しい場所。これは自然環境にとっては当たり前に良いわけではない。あと7~8年後にバイパスが開通する。そうなるとマイカー規制もかかり、歩いて奥入瀬渓流を散策するようになる。奥入瀬渓流は天然の自然博物館【奥入瀬フィールドミュージアム】として通り過ぎる自然ではなく、立ち止まって見る自然となるだろうとこれからの展望を語った。
 最後に「大きな自然は小さな自然が集まってできている」ことと、それは「立ち止まるから見えてくる」ことを伝えて学習会は終了した。目先のガイドではなく、歴史を知り、自然を理解し、観光客にどう伝えていくかを学ぶ時間となった。
 今後は奥入瀬渓流ガイド養成講座も開催予定で、日英中の共通講座やネイチャーガイドツアー体験なども企画している。お問い合わせは...0176‐24‐3006(一般社団法人十和田奥入瀬観光機構)迄
 平成21年度から始まり、今年で12年目を迎えた十和田市立第一中学校の「若鷹ボランティア」が7月22日に道の駅奥入瀬ろまんパークで実施された。
 ボランティア活動を通じて自発的に奉仕する助け合いの精神を養うことを狙いとし、奥入瀬ろまんパークへ遊びにくる観光客や子どもたちが安全に楽しめるようにと生徒らは小川清掃、噴水清掃などを行った。
wakatakabiranthia.jpg
 第一中はこの日が夏休み初日となっていたが、生徒46名(当日2名欠席)と教員10名は汗を流しながら約2時間のボランティア清掃を満喫した。
 十和田こども食堂実行委員会(水尻和幸会長)がクラウドファンディングを活用し、大型バスを購入。約3ヶ月かけて地域巡回型のこども食堂バスに改造。そして大型バスのラッピングも施し「奥入瀬ひょうたんランプ号」として完成した。7月8日に十和田市役所北側駐車場でお披露目会を行った。
kodomobasuhirou1.jpg
 バスの性能やラッピング広告の説明をする水尻代表に小山田市長は「こども食堂バスの市内施設への提供には感謝している。市としてはこども食堂へ学校へ給付できなくなった食材を寄付する事となった。子どもたちが楽しく利用できるバスだと思うし、大人たちが頑張っていることが子どもたちに伝わると思う。いろんなイベントが今年は中止になってしまったが子どもたちに『食』を提供して欲しい」と日本初の第一号となったこども食堂バスに感心していた。
kodomobasuhirou2.jpg
 バス食堂内では実際に提供しているワンプレート料理や配る弁当などを小山田市長に提供し、美味しそうな料理に市長からも笑顔がこぼれていた。
 水尻代表は「十和田こども食堂実行委員会では2020年5月からこのこども食堂バスを活用し、食材配布やお弁当配布などの支援を行っております。今後の状況を見ながらバス車内の食堂営業を開始し、美味しく楽しい食事を十和田市はもとより、青森県内全市町村の子どもたちにも提供していきたいと思っております」と挨拶をした。
 今後は十和田市中央やグランドホール駐車場でひとり親支援のお弁当配布や、相撲場での野外こども食堂体験、12月10日の美術館でのクリスマスパーティーなどを予定している。お問い合わせは...0176‐27‐1815(十和田こども)食堂実行委員会)迄
 一般社団法人十和田奥入瀬観光機構が主催となり、テイクアウト応援事業「十和田市#Stay Home応援企画~おうちで外食しませんか~」がスタート。
 これは新型コロナウイルス感染症の影響を受けている市内事業者を応援する事を目的として、テイクアウト応援事業参加店舗でテイクアウト商品やデリバリー商品を購入すると、1商品当たりの購入代金の半額(最大500円)を割り引くキャンペーンで割引分は十和田市が助成する。
 実施期間は今年12月31日(木)までとなり、テイクアウト商品を購入時に各店舗に設置した指定用紙に「電話番号」と「氏名」を署名する。参加店舗は最大75店舗(※6月22日現在は37店舗)で店頭には同紙面にあるステッカーが提示されている。お問い合わせは...0176‐24‐3006(担当:三戸)迄
suteihomeouen.jpg
 多言語の観光パンフレットやウェブサイト、動画制作やタバコ自動販売機をリメイクした「とわだばこ」制作など、青森県十和田市の魅力を世界へ発信しようと目指す市民団体「インバウンド十和田(米内山和正会長)」が新たなる試みとして制作発表したオリジナルダンス「We Love Towa Dance」のオリジナルLINEスタンプを2020年6月30日から発売することを発表。
towadansline.jpg
 「We Love Towa Dance」とは2019年に十和田市秋まつりで初披露された地域の魅力を音楽とダンスで表現したオリジナルダンスで、同市在住のシンガーソングライッター桜田マコトさんが音楽制作。同市にダンススタジオを構える斉藤和幸さん(Peace Maker)と沼尾美也子さん(ダンスWAG)が振付指導を担当し、動画制作を米内山和正さん(インバウンド十和田)が行った。動画はYouTubeで視聴できる。
 LINEスタンプはそれに参加した方々をキャラクターにし、1セット32種類で50LINEコイン(120円)で購入可能。また、その収益の一部をインバウンド十和田が行うまちづくり活動に充てられる。お問い合わせは...090‐6451‐6910(Mail:info@inbound-towada.jp)迄
towaadansline2.jpg
↑今回発売されたLINEスタンプを簡単に検索できるQRコード
 十和田市在住、現JR東日本コンサルタンツ株式会社 東北支店 技術部担当部長の瀧内義男さん(61)が、公益社団法人土木学会(以下、土木学会と略)より「令和元年度 技術功労賞」を受賞したことを小山田市長に報告した。
gijyutusyoujyusyou.jpg
 土木学会とは大正3年に社団法人として設立され、平成23年に公益社団法人に移行となった。会員の所属は、教育、研究機関の他、建設業、建設コンサルタント、エネルギー関係、鉄道・道路関係、行政機関や地方自治体など多岐にわたり、現在は約4万人いる団体で、土木学会賞は大正9年に設立。技術功労賞は①教育・研究・啓発、②調査・計画、③設計・監理、④用地・補償、⑤施行・検査、⑥管理・運用・防災・保全の6分野が対象となり、毎年、全国で10名ほどが受賞している。
 また、今回の受賞は「設計・監理」の分野の受賞であり、青森県民としては初となる。瀧内さんは「地面より下の基盤や基礎などを主にやっている。鉄道関連の工事では夜間作業も多く、表に出ることは少ない。栄誉ある賞をいただけて驚きと喜びがあり、支えてくれた皆さんには感謝しかない。これからも東北の鉄道の安全・計画・設計を考えていきたい」と受賞の喜びを報告した。
  最後に「約32年間の単身赴任として頑張れたのは支えてくれた妻としっかりと育ってくれた息子たちのおかげでもあり、感謝している。」と語ってくれた。
 十和田商工会議所が新型コロナウイルス感染症で大きな影響を受けている地元商店街や飲食店等の支援を目的に「コロナに負けるな!十和田のお店応援ラリー」を令和2年7月20日(月)~10月31日(土)の期間で実施する。
 これは「プレミアム付割引クーポン券」として1冊5000円分(500円割引クーポン券10枚綴り)を3000円で購入できるというもので、消費者は2000円もお得があるというもの。内容は10枚のうち全加盟店でご利用できる共通クーポン券が4枚、スーパー等の大型店を除く中小店専用クーポン券が6枚で、取扱加盟店ポスターが提示されているお店で1000円以上のお買物で500円割引クーポン券が1枚利用できる。取扱加盟店は購入時に配布される取扱加盟店一覧で確認、またはホームページで確認できる。販売限度額は1人3冊(9000円)まで購入可能となっている。
 また、割引クーポン券を使ってのお買物で応援ラリーシールがもらえ、シールを集めて応募すると市内経済の回復・復興を願う十和田産品がつまった「十和田復袋」が抽選で当たる。参加方法・応募方法・賞品などについて、プレミアム付割引クーポン券等についてのお問い合わせは...0176‐24‐1111(十和田商工会議所)迄
towadaouenrariii.jpg
 有限会社 みのる養豚(中野渡稔代表取締役)で株式会社青森銀行(成田晋取締役頭取)の支援を受け、2020年3月13日付にて豚を対象畜種とする「JGAP(家畜・畜産物)認証」を取得。本認証取得は養豚事業者としては本県2例目となり、県南地域では初となる(畜産事業者としては県全体で6例目)。
 「JGAP」とは「Japan Good  Agricultural Practice」の略称のことで、畜産における農場運営、食品安全、環境保全、労働安全、人権福祉、家畜衛生、アニマルウェルフェアなどの持続可能性を確保するための農業生産工程管理手法で農畜産物の生産工程で生産者が守るべき管理基準の実践を認められたということになる。具体的には点検項目(畜産113項目)に基づきPDCAサイクル(計画・実施・記録・点検・評価・管理や改善)により継続していくもの。
minoruyoutonn.jpg
 7月20日にJGAP認証取得の報告に小山田市長を表敬訪問した。小山田市長は「付加価値をつけ、ブランド力を高めることにつながる」と激励した。
 中野渡代表は「みのる養豚では年間5万頭を出荷している。今回は5つある農場の1つ、自養豚を生産している第5農場が認証取得された。また、ガーリックポークなどブランド力を高めるため、他の農場での取得も目指したい」と意気込みを伝えた。
 同席した中野渡大常務取締役は「豚の出荷するまでの取り組みと、商品のアピール力を高めるために始めた。この取り組みはスタッフの働き方改革にもつながった。地元雇用すること、ガーリックポークはにんにく生産者の農家も助けることにつながる。ブランド力を高め、販路拡大することが十和田市の活性化にもつながる」と挨拶した。
 JGAP認証取得についてのお問い合わせは...017‐777‐1111(株式会社青森銀行企業サポート部業務顧問・石郷喜廣)迄
 令和3年4月より青森県立三本木農業高等学校が十和田西高等学校と六戸高等学校と統合し、上北地区統合校「青森県立三本木農業恵拓高等学校」として再スタートすることとなった。7月28日にその体験入学が行われ、400名の中学3年生が訪れた。
 「三本木農業恵拓」名前の由来は伝統ある三本木農業を継承したまま、十和田西高校、六戸高校の校歌にある「恵」の文字と、十和田市の開拓の精神である「拓」の文字から取った。ほとんどがその地区の名前からある高校の命名としては非常に珍しい。
 学科は十和田西高校、六戸高校をそのまま普通科2科とし、植物科学科、動物科学科はそのまま、環境土木科と農業機械科を統合し環境工学科として設立、農業経済科は食品科学科と名称を変える。5科だった学年は計1科増え、6科となる。
 また、当日は体験入学に来校した中学生を対象にボタンやネクタイなどの制服のデザインを考える制服デザイン総選挙投票も行い、投票結果から来年度入学する学生の制服デザインも自分たちで決める企画を実施した。
 遠藤校長は「農業高校としては普通科と結びついた唯一の学校となる。新しい三農は先生方ではなく、生徒のための学校にしたい。生徒が主役の学校を目指し、数年後にはその主役となった生徒らがこの地域、青森県、日本を支える人材となれるように育って欲しいと願います」と挨拶した。
keitakukoukou.jpg
 その後は三農3年生による司会進行で学校説明が行われた。1898年創立、123年の歴史があり、県内では3番目に古い公立高校であること。その敷地は東京ドーム11個分、ほぼ東京ディズニーランドと同じ広さであること。植物科学科と動物科学科の1年生が実習のために義務入寮する志岳寮の説明。テストの成績だけではなく、知識+経験が三農の考える学力だということ。農業を学び、農業で学ぶ地域人の育成に力を入れていることを伝えた。
 三農の魅力を三農の生徒が中学生へ伝える司会進行はそれぞれの科の選択コースや特徴を説明し終了した。その後は施設見学や体験実習などを行い体験入学は終了。来年度は210名が入学予定。伝統のある新しい農業高校としてこれからの発展に注目していきたい。
akitamatakasi.jpg
 画家の秋山隆さん(78)が昨年10月に描いたF10号の油彩画「山里の奥瀬遠望」の1点を十和田市に寄贈した。作品は旧十和田湖町役場に展示予定。
 他にも故郷である東北町へ7年がかりで描いたF150 号の大作「小川原湖伝説絵図」1点と他風景画9点の小品も寄贈。これらは町の公共施設に展示予定となる。
 秋山さんが本格的に画を書き始めたのは大学に入ってから。現在で画家歴60年となる。今までに多数の美術展で入賞し、それを市町村へ寄贈などしている。主に風景画を描いていたが、様々な土地の歴史や情景に興味を持ち、最近では一枚の画が本のように思えるように様々な事柄を一枚の画に詰め込んで描く歴史画が面白いと語る。
 十和田市に寄贈した「山里の奥入瀬遠望」は国道102号線沿いの赤石辺りから。美しい風景を残しておきたいと描いた。
akitamatakasi2.jpg
 東北町に寄贈した「小川原湖伝説絵図」は故郷である東北町の小川原湖伝説をテーマに7年かけて完成させた。小川原湖伝説に関する本や歴史資料を読みながら想像を巡らし、事実である部分と、言い伝えなどを含め小川原湖の歴史を知る事が出来る大作となった。
akitamatakasi3.jpg
 秋山さんは東北町にある旧上北郵便局舎社内でギャラリーポストを開展中(7月末迄)。お問い合わせは...0176‐52‐7496(秋山隆所長)迄。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11