ローカルニュース

 子どもの健全な自立を促すことを目的として、親は手伝わずに子供だけで献立・買い出し・調理・弁当詰め・食事・片付けまでをする「弁当の日」を広めていこうと有志団体が7月11日に三本木中学校で講演会を開催した。講師に長崎県佐世保市立広田小学校教諭・福田泰三先生を招き、「いまこそ食育!『弁当の日』が未来をかえる!」と題し講演会は始まった。1年生から3年生までの全校生徒、及び保護者が見守る中、福田先生は何故「弁当の日」が必要なのかを問いかける。「みなさんには目的や目標がありますか?その違いはわかりますか?生活面・クラブ面・勉強面で自分のマネジメントをしっかりと立てて欲しい」と有名スポーツ選手の実践を例えに出して紹介した。その言葉の中には「○○のために□□をする。」など一流選手が子どもの頃に自分で決めた夢を叶えるために決めた約束があり、自分のためではなく誰かのために...結果として世界で活躍する人物になったことが解る。
bentounohisancyu.jpg
 福田先生は自身が過去に受け持っていたクラスでいじめが原因で学級崩壊寸前であったことを告白。それには様々な要因があり、子どもたちの心が病んでいたからだと思うと話した。だからこそ弁当の日を始めた。少しずつ子どもたちの心が変わり始め、親への感謝の気持ちや友達とのコミュニケーションが増え、他人を思いやる気持ちが育まれた。謝りたいと申し出たいじめっ子からの手紙に会場は静まり返る。
 食事は身体を作るために必要な事で作れなければ買うしかない。料理が出来ない大学生のダイエット食のような食生活を例に挙げ、最近の子どもたちには体のだるさ、便秘、低体温などの問題があると取り上げた。また、無理なく始められるように「みそ汁の日」も紹介。味噌汁は栄養価も高く簡単に作れる家庭の味、母親の味として覚えて欲しいと伝えた。最後に実際に取り組みを始めた三本木中学校陸上部の映像を流し、最後に「誰かを幸せにするために楽しく生きてください!」と挨拶をし、拍手喝采で見送られ講演会は終了した。
 十和田バラ焼きゼミナールが今まで小学生2校を対象に挑戦してきた「日本一長いラビアンロール巻」を更新しようと十和田市立甲東中学校2学年生徒・保護者の親子レクの一環として企画され、7月28日に開催した。
ravianrolkoutou3.jpg
 始めに集まった甲東中学校2学年48名と保護者にバラゼミ舌校長畑中さんが講話をする。B‐1グランプリ十和田大会では約5500人がボランティアで参加し、十和田市の魅力を全国に発信しようと、バラ焼きというツールを通して個人・企業が一つになった。なぜバラ焼きでまちおこしなのかを説明し、今までの活動の中で学んだこと、活動の中で得た大きな成果、愛とは何かを熱く説いた。
ravianrolkoutou2.jpg
 講話が終わってからは十和田バラ焼きの調理体験、その後に日本一長いラビアンロール巻を作るために体育館では収まりきらない記録を作ろうと長い廊下に移動し、机を直線に並べ、長く敷いたラップの上に海苔を並べて重ね合わせる。ご飯をのせてバラ焼きを中央に敷きつめたら準備完了。慣れない手付きで掛け声を合わせて一斉に巻いた。ラップを外して持ち上げて壊さずに3秒たったら記録成立。慎重にタイミングを合わせ「せーの!」で持ち上げる。見事に成功し、参加した生徒・保護者からは歓喜の声が上がった。記録は...「43・6m」となり日本一長いラビアンロール巻は記録更新した。バラ焼きをツールにしての親子の大切な時間は緊張と歓喜の思い出となった。
ravianrolkoutou.jpg
 平成30年度「とわだ子ども議会」が7月26日に開催された。これは子どもたちが議会を模擬体験することで議会の仕組みを学び、質問を通して十和田市について考え、郷土を愛する心を育むことを目的に開催。実際に過去に出た案(アートシャッターやクイズラリーなど)が市議会で適用され、実施されたものもある。
 市内の小学校6年生を対象に某集し、18名が各々が質問趣旨を議会で堂々と発表した。質問趣旨と答弁を一部抜粋して紹介...
 ▽駒田友多加/空き店舗などを利用して子どもたちとお年寄りが交流できるカフェや憩いの場を作ってはどうだろうか?→トワーレなどでレクリエーションを開催したり、各地区で老人クラブも集っている。そこに子どもたちが参加してみてはどうか?
 ▽杉山尋都/若い人を増やすために空き家を移住者に無料で貸し出ししてみてはどうだろうか?→空き家を有効活用するために「空き家バンク」というのがあり、利用登録者もいる。無料にするには市で協議して仕組みを作らないと難しい。
 ▽黒田萌々香/子どもたちの夢を市が応援する支援制度を作って欲しい。例えば未来作文などで選出するなどしてはどうだろうか?→十和田市教育委員会では文化・スポーツなど東北大会・全国大会への支援、中学生を対象に世界で活躍する著名人を講師として講演会を開催している。
 ▽田中佑季/東小付近では車の交通量も多く、中高生の自転車なども危ない。旧十和田電鉄線路跡地を自転車専用ロードにしてはどうか?→市道ではなく県道のため県には要望を出している。今年度は一部整備が始まる。安心安全のために順に対応していきたい。
 ▽新山凌世/犯罪のない町にしたい。様々な場所に防犯カメラの設置をしてみてはどうでしょうか?→市内の公共施設には設置をしている。児童の通学路にも警察と相談し設置していきたい。
 ▽高木凰丞/観光客を増やすため市民からPR動画を募集し、HPなどの載せてみてはどうか?→写真よりも動画が効果的。英語版のHPも制作予定しているので考えたい。
 残念ながら質疑趣旨を紹介出来なかったこども議員を紹介...▽小原心結▽斗澤大我▽村井志歩▽三沢優正▽三沢優葵乃▽川崎彩人▽鈴木美尋▽道地陽樹▽三浦寧花▽山端桃子▽中川百花▽山下奈菜
kodomogikai18.jpg
 今年で第3弾となる和酒女子オリジナルラベル清酒「八甲田おろし特別純米酒 好きになっちゃった」が鳩正宗株式会社より本数限定発売されることが決まった。第1弾は200本、第2弾で450本、第3弾となる今回は好評の声をいただき600本の出荷となる。
 7月21日には「肴や」で和酒女子による商品完成を祝う会(浴衣編)が開かれ、仕込みを手伝った和酒女子メンバーと十和田市唯一の酒蔵の杜氏の佐藤企さん、先日ドイツのデザイン部門でグランプリを受賞しデザインを手掛けた「字と図」吉田進さんが集まり、完成と8月3日からの出荷発売を祝った。今年は仕込みを3月3日に行ったためラベルには「ひなまつり仕込み」と表記。
 杜氏の佐藤さんは「今年はひなまつりに仕込むことができ、去年よりも爽やかな風味でさっぱりとした仕上がりにもなり、出荷数も600本と増えた事に嬉しく思います。」と挨拶した。
wasyujyosi3.jpg
 和酒女子オリジナルラベル清酒「八甲田おろし特別純米酒 好きになっちゃった」は8月3日から出荷開始。販売はメーカー・各店舗にお問い合わせを。
 7月14日から8月19日まで十和田市馬事公苑称徳館で企画展「蝶と押し花アート展」が開催された。
十和田市在住の昆虫採集家・鳥谷部一嘉さんが日本全国を廻り採集した蝶の標本がずらりと並ぶ。沖縄の蝶、毒蝶、迷蝶、擬態する蝶、カブトムシやセミなどが色鮮やかに飾られた。
押し花では同じく十和田市在住の東大野美穂子押し花教室の東大野美穂子さんの作品や教室の生徒の作品、三本木中学校の職場体験で作ったしおりも展示。可愛い花の色や特徴を活かしながら一枚の絵としてアート作品となっていた。見てるだけで心が癒されるような押し花の作品は1人でも多くの人に是非一度見て欲しいと感じた。
cyoutoosieart.jpg
osibanacyouten.jpg

towdasteartbuku.jpg
 十和田市で結婚や市内への移住に感心のある方に対して情報を分かり易く提供するための「十和田市オリジナル婚姻届・新生活スタートブック」を作成・発行した。内容はオリジナルの婚姻届けが1枚、婚姻記念書が発行されることや式場のお知らせ、簡単な結婚・移住についての質問に対する答えが書いてある。配布は6月1日より、1000部発行。市内の公共施設などに置かれる。
syoubousanketuan.jpg
 6月10日に平成30年度十和田市消防団観閲式が行われた。十和田市官庁街通りには十和田地域の消防団が集まりこれからの安全・安心を守る意識を再確認した。
ikenobou18.jpg
 いけばなの池坊で6月17日に巡回講座が開催された。テーマを「いけるということ 花と向き合う」と題し、講師に池坊中央研修学院研修員・井上太一先生を招いて行われた。花は挿すのではなく、いけなければなりません。命ある花を「命」として扱うべきと家元説示の言葉を借りて伝える。自由花・生花正風体・2種類いけなど実際に集まった来場者の前でいける。長さは調整しながら少しずつ短くしていき形を止めてからバランスを見る。植物の姿をよく見る事。体を選ぶときは花より葉を見るとよい。など講義をしながら作品を完成させていった。
syamosige1.jpg
◎場所/十和田市東三番町2‐30
◎TEL/0176‐58‐5425
◎営業時間/午後5時30分~午前0時
◎定休日/日曜日(仕入れの都合で変更あり)
◎駐車場/なし
 十和田シティホテル向かいにある青森シャモロック料理を提供する「シャモしげ」は今年で創業から6年目となる。店名の由来は"シャモロック"と店長の"かずしげ"さんの名前から。自信を持って提供する備長炭を使って焼く串焼きは何を食べてもハズレがない。店内に入ると何故か左手に駄菓子コーナー(笑)オープンキッチンの厨房の目の前にあるカウンター席が6席、小団体まで受けられる小上がり席と4名様まで利用できるテレビ付き個室が2室ある。席料もお通しもないため、安心して一見さんでもメニューを見ながらゆっくり食事が出来る。一般的な鶏肉よりも高価な青森シャモロックをメインに様々な串焼きや一品料理や鍋料理、佐助豚(岩手県産3元豚)の串焼きや丼物が他店では提供できないような安価から選べる。飲み放題メニューはえびす生ビールも飲めて120分2,000円。幹事が喜ぶ宴会コースも受け付けている。
syamosige2.jpg
↑青森シャモロックを隅々まで楽しめる串焼き
↓ササミわさび焼やレバ―は苦手な人でも美味しく食べられる逸品
syamosige3.jpg
syamosige4.jpg
身体と心を整える運動療法
tomabechikaori.jpg
ルーシーダットンインストラクター
苫米地 香さん
 十和田市内外で「ルーシーダットン」のインストラクターとして活躍する苫米地香さんは昭和56年3月17日生まれ、新潟県出身。学生時代からアルペンスキーに情熱を打ち込んでいたが、腰などを痛める怪我をしてしまい、整体・病院通いが続く毎日に気持ちまで落ち込んでいた。結婚を機に青森県に移住。旦那さんの母親がアクアビクスのインストラクターをしていたこともあり、手伝いや参加をすることで身体を動かす事が気持ち良いと改めて感じた。何か出来ないかと探していたところに自己整体を目的としたタイで伝わる運動療法「ルーシーダットン」と出会う。初めて身体を動かす人や、筋力の衰えた人、高齢者でも始めやすいという点や「自己整体」という言葉に惹かれ週2で八戸市の教室に通った。自身の身体の調子が良くなっていくことを実感し、子育てで忙しい中でもずっと続けていきたいとの想いから、インストラクター養成講座を受けて日本ルーシーダットン普及連盟認定インストラクターとなった。
 苫米地さんは自身の会社(会場)を持たない出張インストラクターとして市内外から依頼があれば様々な場所で教室を開催している。現在の定期開催教室は総合型スポーツクラブRED HORSEの一環での開催、南部町での出張教室、お寺の本堂でルーシーダットン、座禅、法話をする教室も開催。また、保育園で子育てに忙しいお母さんを対象に企画しているホットママプロジェクトでも教室を開催し好評を得ている。自身で身体と気持ちを整える自己整体「ルーシーダットン」の良さをもっと広めていきたいと語った。お問い合わせは...Facebookで検索、またはtoma.kao.a@gmail.com迄。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11