ローカルニュース

父から継いだこだわりの黒にんにく
自信を持って広めたい青森の味力
hatayamahiroe.jpg
~畑山啓恵さんプロフィール~
 昭和57年6月30日生まれ。十和田市出身。三姉妹の末っ子として育ち、父親が子どもたちのためにと平成18年に起業した米の卸し業を手伝う。平成18年に父親の体調が悪くなり、その時奨められてた「黒にんにく」に興味を持ち、手探りで研究を兼ねて生産を始めた。ヨーロッパで開催されるモンドセレクションにも3度選ばれ、金賞を受賞するまでとなった。

 今回は現在全国で注目を浴びている「黒にんにく」を生産している「青森第一食糧有限会社」代表取締役・畑山啓恵さんを訪ねた。
 会社に到着し車を降りると、にんにくの食欲をそそる匂いが鼻に飛び込んでくる。昔はカラオケボックスだった場所を室(熟成庫)に改装し、会社を設立。黒にんにくを自社生産し全国に販売している。
 当時は黒にんにくの生産が少なかった時代、製造法も社外秘の会社が多く、初めは自分たちで一から研究しながら温湿度の管理や塾製法を編み出した。完成までに捨てる事となった多くのにんにくのおかげで海外のコンテストでも金賞を受賞するまでの品質となった。JAから直接ミネラルが豊富なにんにくを仕入れ品質管理にもこだわりがある。
 一番嬉しいのは電話で注文してくれるお客様から直接感謝の声が聞けること。熟成したにんにくの成分には様々な効果があると注目されている。昔は嫌だった亡くなった父親の手伝いも今では自分の生きがいとなり本当に感謝している。これからは女性であることを武器に、女性ならではの目線で出来ることにも取り組んでいきたいと語った。
 生産を始めた頃の夢は「全国に黒にんにくを広めたい」だった。それが叶った次の目標は青森県でしか買えない地域限定商品の開発だという。完成までは情報発信出来ないが今後に期待したいと感じた。ご注文、お問い合わせは...0176‐23‐7118迄
インターネットで地元の魅力を発信
生産者と消費者をつなげる仕事人
身体を動かす地域密着のIT企業
okayamatakuya.jpg
~岡山拓也さんプロフィール~
昭和57年7月9日生まれ(34歳)
十和田市出身。学生時代はサッカー部に所属し活躍。三本木高等学校を卒業後は文京大学情報学部へ進学した。当時はインターネットが普及し始めた頃でIT企業に興味を持ち、現在ではブラック企業といわれる某ベンチャー企業に就職し朝から晩まで働いた。知り合いの先輩に誘われシステムサーバーメンテナンスの会社に転職したが地元に帰郷する事を前提に仕事を考え、EC業者にターゲットをしぼり、2011年に地元食材をネット販売する㈱WANDを起業した。
 今回は株式会社WANDの代表取締役・岡山拓也さんを訪ねた。パッと見の外見からは強面に見える岡山さんは話しをすると気さくで温かく知性を感じさせる話術もあり、若くして会社を起業した根拠と自信をうかがわせた。
 学生当時、インターネットが普及し始めた頃からIT関連の仕事に興味を持ち、大学と社会で様々な事を学びながら、将来は地元に帰郷する事を前提に戻ってきたら何をするかを考えていた。
 様々な職業の中で絶対になくならないものは「食」業。地元では安価な食材が関東では高値で販売されている。農家では品質や形によって食べられるのに捨ててしまう食材があるという事を知り「もったいない」の気持ちから自分が架け橋となって生産者と消費者がどちらも喜んでくれる仕事、地元食材を直接仕入れ、通信販売で安価で全国へ配送をする事業の起業へと辿り着いた。
 帰郷してからすぐに単身で農家に飛び込んで営業。想いを伝え、会社の説明をして各地を回ったが...当時はどこも相手にしてくれなかったという。まずは農家を知る事から始めようとJAおいらせふじさか青年部に入会。実際に農家の手伝いをしながら無農薬のオーガニック商品や選別で捨てられてしまう良品食材に目をつけた。少しでも高く買い、少しでも安く売るために農家に直接交渉し、ネット販売事業は大成功を収める。
 地元から学んだ事が多かったという岡山さんは十和田青年会議所にも入会し、地域密着の企業として地域のためにあり続けたいと語った。商品に関するお問い合わせはオンラインショップ「青森機体の新人商店」を検索。または...0176‐27‐6234迄
 5月14日に(公社)十和田青年会議所主催の「イメージandチャレンジ!職業体験学習」が十和田東公民館で開催された。市内及び近隣在住の小学生を対象に募集し、9つのさまざまな職業から3つ選んで体験学習をする。今回は①消防士②警察官③カメラマン④パティシエ⑤ウェイター(ウェイトレス)⑥建築士⑦水道業⑧デザイナー⑨美容師の中から選んだ職業を参加した親子で体験した。
 ①消防士は火災時などの人命救助訓練や消火活動の放水訓練などを仮想して行った。
syokugyoutaiken2n.jpg
 ②指紋採取の鑑識業務や白バイにまたがれる体験などをし、警察官の業務に対する意識なども学ぶ。
syokugyoutaiken1n.jpg
 ③写真のオクヤマの協力でカメラマンは実際に写真を撮ってパソコンで選別をし、プリントした写真をアルバムにしてお客様へ届けるまでの流れを体験。
syokugyoutaiken4n.jpg
 ④パティシエはオリジナルのケーキ作りを大竹菓子舗の協力で楽しむ。
ongakutakarakons5.jpg
 ⑤ウェイター(ウェイトレス)はナイフとフォークの使い方やマナーなどを学んだり、十和田富士屋ホテルのスタッフとしてトレーを使った運び方などを体験
ongakutakarakons7.jpg
 ⑥建築士は女性建設技術者ネットワーク会議のメンバーが仮想の家作りをミニチュアで体験する作業を行った。
ongakutakarakons6.jpg
 ⑦水道業はササキ石油の協力で実際に水道管を切って繋いで水を流すまでの作業工程を体験させた。
ongakutakarakons8.jpg
 ⑧デザイナーはiPadを使っての自分だけの名刺作りをテクノルスタッフが指導。
ongakutakarakons9.jpg
⑨美容師はヤマノ美容室のスタッフとヘアカットやネイルを体験し、オシャレな髪のセットなどもしてもらっていた。
syokugyoutaiken3n.jpg
どの職業も高い技術や意識の持ち方などがあり、普段は知らない事を学び経験した事は子どもたちにとって将来をイメージするきっかけにもなったと感じた。
baikingu2017.jpg
 5月15日に十和田市立南小学校体育館で「修学旅行における十和田産品PR隊結団式を含むバイキング給食会」が行われた。今回で4回目となり恒例となったこの活動は教育の一環として地元の地産品を子どもたちに知ってもらい生産者との交流や十和田・六戸学校給食センター職員の協力のもと、バイキング給食でのマナーや食べ物の働きを知ってもらうために企画。また、修学旅行を機に旅行先で十和田産品のPR活動をし、地域活性化につなげたいとPR隊を結団した。
baikingu2017no1.jpg
 当日は南小学校6学年児童89名が生産者や産品提供企業、給食センター職員などと一緒にバイキング給食を食べ、パワフルジャパン十和田・十和田ふぁみりーずのゆるキャラとも交流を深めた。食育と郷土を愛する心を育む十和田南小学校の修学旅行はもうすぐ出発を迎える。
 5月7日に十和田市民文化センターで豊川 麗子さん(ヴァイオリン)、亀山 瑠香さん(ソプラノ)、平 菜摘さん(ピアノ)の若手女性音楽家3人で結成し、活動しているColors(カラーズ)が親子向けの体験できるコンサート「音楽のたからばこ~赤ちゃんから聴ける&遊べるファミリーコンサート」を開演した。
ongakunotakara.jpg
 初めにコンサートとして曲を披露。はらぺこあおむしやきらきら星変奏曲、ディズニーメドレーなどの曲が演奏され会場を盛り上げる。ステージを降りて観客の目の前で演奏するなど近距離で音楽を感じられるコンサートスタイルがカラーズの特徴だ。
ongakutakarakons3.jpg
ongakutakarakons2.jpg
 次に衣装を煌びやかなドレスから可愛らしいワンピースに着替えてリトミック体験。先着順で配られたカラフルで小さな「たまごマラカス」を手に、会場にいる親子たちが輪になって音楽のリズムや高さに合わせて歩いて跳んでしゃがんだりして身体を動かしていた。
ongakutakarakons1.jpg
 次はピアノ体験。会場にいる親子を壇上に上げて実際に演奏させた。ピアノの音や絃の動きなど普段は見れない位置から触れるピアノに親子共々、興味深々で覗き込んでいた。そして最後はヴァイオリン体験が行われた。子供用の大きさのヴァイオリンは大人気で子供たちは初めて持つであろうヴァイオリンを説明を聞きながら可愛らしく一生懸命に弾いていた。
ongakutakarakons4.jpg
 今までにない音楽を親子で身近に感じられるコンサートは大盛況のまま終了。次回の開演も期待された。お問い合わせは...050‐3579‐3325(スタジオR)迄。
marusye.jpg
 5月28日に市民交流プラザ「トワーレ」駐車場で「しずくの恵マルシェ」が開催された。これは農業後継者や新規就農者、加工業者などの新たな販路の確保・拡大を目的に平成28年から開催されている十和田市の支援事業の一環で、今回はキムチで有名な明洞や串焼きの桃太郎、外山きりたんぽなどが販売され、就農者からは大竹農園、上明戸農園、豊川農園、CONSE FARMが参加し、林檎や林檎ジュース、ポップコーンや山菜、ミニ大根やハーブなど加工品もふくめ地元食材を販売。パワフルジャパンとわだは道の駅の商品を並べ、計8者が参加し青空の下、出店した。
 前日の雨で市内の小学校の運動会が延期となり、当日は過ごし易い天気となったが残念ながら親子連れの姿はあまり見られなかった。午前中は十和田市のゆるキャラ・とわだふぁみりーずも応援に駆けつけ会場を盛り上げる。
 次回の開催では北里大学のダンスサークルも参加し会場を盛り上げる予定。出店などのお問い合わせは0176‐51‐6746(十和田市農林部とわだ産品販売戦略課)迄
kurumaisukizouiki.jpg
↑車いす贈呈を喜ぶ山端政博さん(左・生きがい十和田理事長)と代表として贈呈した四戸忠さん(右・日産プリンス青森販売常務取締役)

 5月26日に日産プリンス青森販売株式会社が自動車販売関連事業で発生する支払いに関して「キャッシュレス化」を推奨し、振り込みに必要なくなる印紙代などを積み立てた金額を社会貢献活動の一環として、営業エリア内の社会福祉法人生きがい十和田に「リクライニング式車いす」を寄贈する運びとなった。
 贈呈は同グループの小規模多機能ホームひだまりで行った。社会福祉法人生きがい十和田・理事長の山端氏は「性能の良い車いすを寄贈してもらい有り難く使わせていただきたい。利用者の安心・安全にもつながり、介護の方たちの助けにもなる」と感謝の意を述べた。寄贈された車いすは利用者・職員のために使われる。
 また、小規模多機能ホームひだまりは助成金を貰わずに設立。十和田市内では初めて宿泊介護・デーサービス・訪問介護ヘルパーの3つを1つの施設だけで行うという特徴がある。一般的には介護施設のケアマネージャーが宿泊担当や通所担当、訪問ヘルパーなどを役割別に振り分けていることが多いという。その仕事を小規模多機能ホームひだまりでは同じ人が全てを担当する事で認知症の方々にも安心して利用してもらえるという強みがあるという。利用に関してのお問い合わせは...0176‐24‐2777迄
syouboukurenn.jpg
 7月3日に行われる青森県消防学校で開催される「第46回消防救助技術青森県大会」への出場に向けて、代表権を懸けた選考会が5月25日十和田消防訓練施設で行われた。
 当日は四和小学校児童が消防署見学を兼ねて来場。選考会に取り組む消防隊員の技術と正確さ、そしてスピードを競う消防学校の運動会のようなアクロバティックな動きに目を輝かせて声援を送っていた。
 種目は個人/はしご渡はん、ロープブリッジ渡過。団体/ロープブリッジ救出、引揚救助、ロープ応用渡はん、ほふく救出と計6種あり、当日は多くの先輩消防署員が厳しい目で見守る中、十和田消防署・十和田湖消防署・六戸消防署から20歳~33歳までの若手の署員28名が選考会で日々の訓練の成果を発揮した。実施タイムから選出され、7月に行われる大会へ出場する事となる。
hahanohibara.jpg
 5月14日の「母の日」に十和田温泉では母の日スペシャル企画としてラビアンローズ(仏語でバラ色の人生)デーを開催した。
 昨年も開催し好評であったために第2回目の開催となるこの企画は普段、日頃の家事や育児、仕事で疲れているお母さんへ感謝の気持ちを込めて十和田温泉から贈られる特別な企画だ。母の日にちなんで888輪以上の薔薇を浮かべ入浴するお風呂は優雅な気分にひたりながら疲れを癒してくれるだろう。
 また当日に岩盤浴を利用したお客様には十和田天然シリカ水「ラビ・アン」をプレゼントするなど一年に一度しか経験出来ない特別な日を母の日に贈った。
 お問い合わせは...0176‐58‐5218(十和田温泉 女将 丸井香織)迄
自然と触れ合う子どもの居場所
拡げていきたい親子の時間
sindousachiko.jpg
Happy  Children
新藤 幸子さん
 今回スポットを当てたのは自分の家の庭にプレパークを作り、自然の中で遊ぶ子供たちの成長をSNSなどで発信しているHappyChildren新藤幸子さんを訪ねた。新藤さんは昭和46年12月15日生まれ。弘前出身、転勤や結婚を機に子育てをするならここだと思い、平成9年に十和田市に移住してきた。現在は三男一女の4人の子育てに奮闘中。
 当時、長男が4年生 の頃に近所の子どもたちが家に遊びにくる事が多かった。全国的にも言える事だが片親や共働きで親子の時間が作れない家庭が増えてきている現状があり、自分の周りだけでも何とか出来ないだろうかと考えた。昔はよく見かけた空き地や車通りが少ない道路で遊ぶ子供たちは目にしない。根本的に集まって遊べる場所、遊びを許してくれる場所がないと気が付いた。家の中でゲームだけでは心と身体が成長するわけがなく、自然と触れ合いながら子供たちらしい遊び場を作ってあげたいと夫婦で自分の家の庭に手作りの小屋やブランコを作った。そうすると呼びかけているわけでなくても自然と近所の子供たちが集まって遊び始めた。木登りしたり鬼ごっこをしたり、底なしに元気な子供たちはご近所迷惑になりそうなほど遊んだ。悪ガキたちとの思い出も今では懐かしいと語る。最近では自分の庭にある小さな公園で遊ぶ子供たちを見守るだけではなく、ちとせ小学校などの広場を借りて出張プレパークも開催している。情報発信しているSNSでは共感の声が多く、真似してみたい、参加してみたいとの声が市内外からも多く寄せられた。始めは自分の周りだけでも...と始めた子供たちの自然と触れ合える居場所作りは県内でも拡大していき、仕事と子育てを両立している親と子どもの成長の助けとなっている。活動についての情報は...「 ameblo.jp/sa-shindo/ 」を検索。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11