ローカルニュース

 三本木中学校が創立70周年記念として瀋陽日本国総領事官 領事 奥正史氏を迎えておもてなし講演会「おもてなしは中国をもてなせるか?~三中の君たちに期待を寄せて~」をテーマに開講した。三中では2年前のB‐1グランプリin十和田のボランティアを始めとして「おもてなし」を継続させようと様々な活動を行っている。去年は修学旅行先での地域PR活動などを行い、今年はおもてなし3年目となる。
 初めに三本木中学校3年生の執行部おもてなし大臣・深瀬日奈子さんが自分たちが1年生の頃から続けてきた過去の活動映像を振り返りながら後輩たちへも活動の継続を伝えた。
cyuugokukouen.jpg
 講師を務めるのは瀋陽日本国総領事官 領事 奥正史氏。始めの挨拶を中国語で話し、生徒の心をつかんでから講演は始まった。「おもてなし」と「もったいない」は世界には全く同じ意味はない言葉で日本の文化や心、気持ちから生まれた世界に誇れる言葉だと思うと語る。文化の違いといえば中国には「サービス」という概念は希薄で常識一つとっても当たり前が違うのでびっくりするかもしれないと幾つかの体験談を語った。しかし最近の中国では「工匠精神」という量より質を求めるプロ意識の精神も言葉として使われるようになり少しずつ変化はしている。
 そこで「日中国交正常化45周年記念B‐1グランプリ!ご当地グルメで日中友好」のイベントを開催(予定)をすることをサプライズ告知。そして是非、三中生徒を連れて行きたいと発表した。言葉も文化も違う世界で三本木中学校生徒は「おもてなし」を出来るのか?と奥氏は生徒らに問いかけて講演は終了した。
 驚いたのは講演約1時間の間に生徒からは無駄話は一切聞こえず姿勢を正して集中して聞いていたことだ。最後に生徒会長・沼畑優弥くんが感謝の意を述べ生徒全員で挨拶した。
 十和田乗馬倶楽部主催のTHRC(TowadaHorsebackRidingClub)ホースショーが6月18日に開催された。
 北里大学にんじんサークルの協力もあり、体験乗馬やカドリール(複数の人馬が音楽に合わせて図形を描くような競技)などが行われ、ドームテント内では「草野信一作品展~小さな馬具たち~」が展示された。去年よりも大きく規模を縮小したのか来場者は多く見られなかったが外国人や親子連れが訪れ楽しんでいた。午後からは流鏑馬が始まり宮城県からの参戦もあった。
hoseshwo1.jpg
 初級の部では去年から流鏑馬の魅力を知ったという外国人のアンジーさんも参加。鎧返し(的の枠に弾かれる)などの場面では歓声もあがった。時間が取れずに観にこれない人のためにFM青森のラジオ放送もしていた模様。乗馬を通じて魅力を伝える流鏑馬に興味のある方は...www.towada-joba.com/0176‐26‐2945迄
hoseshwo2.jpg
 6月17日から7月9日まで東八甲田ローズカントリーで「しちのへバラまつり2017」が開園された。(一社)東八甲田ローズカントリー主催で七戸町の夏季冷涼な気候を利用したバラ栽培を広めようと企画。初日にはオープニングセレモニーやオリジナル窯焼きピザの販売が行われ、家族連れや外国人など多くの来場者が訪れた。
baramaturi2.jpg
 ガーデンクイズラリーを利用してバラ園を歩かせながら様々なバラ約50種5000株で来場者を歓迎した。ばら園を見渡せる高台にある「ばらのお店」ではバスソルトやジャム、石鹸や紅茶などのバラのグッズを販売していた。また、前日が雨で上がってきた気温に蒸し熱くなってきたバラ園では「ばらソフト」が人気で行列をつくっていた。
baramaturi1.jpg
 東八甲田ローズカントリーではローズサポーターを募集中。お問い合わせは...0176‐62‐5400迄
 十和田市在住の三浦道子さん、章志さん夫妻が平成29年4月29日より個人宅で人形を展示する人形展示館「悠久の館」を開設した。入館料は大人300円、高校生以下無料。開館から多くの観覧者が訪れ、その入館料の一部である15000円を十和田市の福祉に役立てたいと小山田市長を表敬訪問し、寄附を行った。
 小さい頃から古い時代を味わえる人形を集めていたが江戸時代の雛人形を譲ってもらった事をきっかけに4年前から本格的に収集を開始。趣味が高じて雛人形と五月人形を約400体を自宅で展示する運びとなった。
 保管するために入館料をいただくことになったが何か社会貢献をしたいとの想いから今回の寄附寄贈となった。小山田市長と会話する時にも常に笑顔が絶えず、仲睦まじい夫婦だと伝わってきた。時代の移り変わりも感じられる魅力ある人形館へのお問い合わせは...080‐6093‐5191迄
ninngyoukihu.jpg
「知は喜び 智は力」を合言葉に、北里大学公開講座と連携し、市民自らが企画し運営する十和田市民大学講座。平成9年(一九九七)から始まって今年でちょうど20周年を迎えた。
 20周年目を迎えた今年は、ショパンコンクールで入賞した二人のピアニストデュオ・グレイス(高橋多佳子&宮谷理香)。十和田市現代美術館を企画段階からかかわった現十和田市現代美術館長の小池一子さん。身近な食材から健康を考える慶應大学教授の井上浩義さん。美、健康、老化と環境因子との関連とその対策を考える筑波大学大学院教授の矢田幸博さん。男子体操部で28回団体優勝した青森山田高校体操部監督の荒川栄さんなどと多彩である。
simindaigakukuza2017.jpg
第1講座
(高齢介護課と共催)
佐々木 茂良さん(還暦を過ぎてから富士登山登頂回数1400回以上)
 テーマ「今日までの自分を超えて明日を生きる」~いきいきシニアのセカンドライフ~
 ▽日時/7月11日(火)午後1時30分~▽会場/十和田市民文化センター 
第2講座
(北里大学公開講座と共同開講)
井上 浩義さん(慶應大学医学部教授 )
 テーマ「食と健康」~身近な食材から健康を考える~
 ▽日時/7月20日(木)午後6時30分~▽会場/十和田市民文化センター 
第3講座
(北里大学公開講座と共同開講」
矢田 幸博さん(花王㈱サニタリー研究所主席研究員・筑波大学大学院グローバル教育院教授 )
 テーマ「美、健康、老化と環境因子との関連とその対策について」
 ▽日時/7月27日(木) ▽会場/北里大学獣医学部(第111教室)
第4講座
(青少年育成十和田市民会議と共催)
荒川 栄さん(青森山田高校男子新体操部監督・㈱AKcompany代表取締役 )
 テーマ「部活動(男子新体操)を基軸とした地方創生」
 ▽日時/8月30日(水)午後6時30分~▽会場/十和田市民文化センター
第5講座
入交 眞巳さん(北里大学獣医学部元講師・日本ヒルズ コルゲート㈱ ・プロフェッショナル獣医学術部マネージャー)
 テーマ「犬と猫の行動をビデオで知る」
 ▽日時/9月22日(金)午後6時30分~▽会場/十和田市民文化センター 
第6講座
小池 一子さん(十和田市現代美術館館長・武蔵野美術大学名誉教授 )
 テーマ「アートと人生」
 ▽日時/10月27日(金)▽会場/十和田市民文化センター)
第7講座
ピアノデュオ
デュオ・グレイス(高橋多佳子&宮谷理香)
 テーマ「入賞者二人が語る、ショパン国際ピアノコンクール」
 ▽日時/11月16日(木)午後6時30分~▽会場/十和田市民文化センター 
yokootadanori1.jpg
 一九六〇年代後半、寺山修司の「天井桟敷」にも参加したこともある日本を代表する美術家、グラフィックデザイナーである横尾忠則の美術展「横尾忠則 十和田ロマン展 POP IT ALL」が十和田市現代美術館で開かれている。
 一九七〇年代初頭、横尾忠則は2年間にわたり日本各地を旅し、風景画を制作した。その「日本原風景旅行」シリーズの中に、十和田で描いた「十和田湖 奥入瀬」が含まれている。作品『渓流の奔流』は、後の画家・横尾忠則の代表的テーマ「瀧」のルーツとも言われている。
 今回の「十和田ロマン展」には、「瀧」シリーズ他、今回の作品展のために特別に描いた十和田市をイメージした『Towada Roman』他、横尾忠則の代表的な絵画作品約40点などを展示。美術家横尾忠則の世界が満喫できる。
 横尾忠則(81)昭和11年(一九三六)兵庫県西脇市に生まれる、満81歳。5歳にして「講談社の絵本」石井滴水の『宮本武蔵』の巌流島の決闘を模写し、画才を現す。昭和18年(一九四三)小学1年生のとき『漫画少年』に漫画を投稿。昭和21年(一九四六)母とともに大阪の鶴橋の闇市の米や織物を売りに行き、大阪市内の空襲跡の風景に衝撃を受ける。昭和27年(一九五二)高校1年生のとき、通信教育で挿絵を学び、油絵やポスターの制作を開始。昭和31年(一九五六)神戸新聞にカットを投稿していた常連5人で個展を開催。それがきっかけで神戸新聞社へ入社。昭和35年(一九六〇)安保反対デモに参加。昭和36年(一九六一)京都労音のポスター制作。昭和42年(一九六七)寺山修司の「天井桟敷」に参加。ニューヨーク近代美術館に作品がパーマネントコレクションされる。以後国内外で活躍し、これまで毎日芸術賞(一九九五)、紫綬褒章(二〇〇一)、初の小説集『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞、旭日小綬章(二〇一一)などを受賞。
 平成16年(二〇〇四)多摩美術大学大学院客員教授。平成22年(二〇一〇)神戸芸術工科大学大学院客員教授に就任。
 平成24年(二〇一二)神戸市に「横尾忠則現代美術館」オープン。平成25年(二〇一三)「豊島横尾会館」をオープンするなど、81歳になった現在でも衰えを知らぬ八面六臂の活動をしている。
 横尾忠則作品展への問い合わせは...℡0176-20‐1127(十和田市現代美術館)迄。
yokootadanori2.jpg
yokootadanori3.jpg
yokootadanori4.jpg
yokootadanori5.jpg
yokootadanori6.jpg
 上北郡を中心に活動する吹奏楽団「クレールウインドオーケストラ」が6月10日に第20回定期演奏会を開演した。約600人が来場し、司会者・中島美華さんの進行で指揮者・秋元辰一さんが演奏を指揮する。第1部は「原石の未来」から始まり2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅲの「インテルメッツォ」、歌劇「トスカ」などの演目で重厚なオーケストラの音色を奏でた。
 第2部では「ウエスト・サイド物語」をテーマに珍しく指パッチン(フィンガースナップ)を演奏に取り入れて物語の雰囲気を演出。ストーリーを中島さんが語り、演奏が物語を想像させる。途中「トゥナイト」を中島さんが熱唱し拍手喝采の場面もあった。1950年代の若者たちの抗争と悲劇の愛を演出し、来場客をウエストサイド物語の世界に惹きこんだ。
kureruwindo.jpg
 ラストは「シンフォニック・ダンス」をメドレーで演奏。多くの拍手で会場は盛り上がり演奏会は終了。アンコール曲では「美女と野獣」を奏でコンサートは感動の余韻を残したまま終了した。
 クレールウインドオーケストラは吹奏楽団員も募集中。興味のある方は090‐7329‐4964(団長・山下一成)迄
 十和田市春祭り期間を含む時期に十和田市中央公園緑地にて露店を開設し、多くの来場者をもてなし、賑わいを創出している「十和田青空商店組合」が売上金の一部を十和田市の福祉のためにと寄附金83102円を6月15日に小山田市長を訪問し寄贈した。この寄付採納は平成11年から始まり、計14回となり、障害者用ストレッチャーや車イス等の購入にあてている。
 十和田青空商店組合会長・志田博俊氏は「市のおかげで食の安全のための電源は確保でき、各露店に冷蔵庫など置かせてもらっている。来年はシートを全部張り替えたい。同時に外国人観光客への対応や路駐の問題も解決していきたい」と語った。小山田市長は感謝の言葉を述べた。
aozorasyoutenkihu.jpg
 5月の27日28日に岡山県で開催された第32回全国選抜ゲートボール大会で青森県代表として出場した「十和田西」が見事予選を突破、決勝では1点差の接戦を制し、全48チームの頂点に立った。
 大会ルールとして65歳以上の男子に65歳未満の競技者が2名まで登録可。また、去年は国体でも優勝した十和田西は選抜大会では初優勝となる。6月15日には優勝報告のため小山田市長へ表敬訪問した。今回は大会に参加した72歳から24歳のメンバーで構成されている工藤福志さん、市沢賢三さん、蛯名啓一さん、東亮太さん、小笠原民雄さんらが表敬訪問し、大会での結果を報告した。大会では球が滑るために難しかった。決勝ではお互いにミスもあり何とか勝つことが出来たと報告した。ゲートボールは戦略と技術があり若い人から高齢者まで一緒に楽しめるスポーツで小学生でも楽しめるし駆け引きの戦略もあって面白いと語った。次は7月に開催される選手権大会県予選に向けて頑張りたいと抱負を述べた。
ghateballyusyou2101.jpg
 十和田の「まちのデンキ店」として昔からある株式会社 大竹電化センターが今年50周年を迎え、6月の9日・10日・11日の3日間に十和田市西十三番町にある隣保館で50周年大創業祭を開催し、家電の特価販売などを行った。
ootakedenki50.jpg
↑笑顔で50周年を喜ぶ取締役・大竹昇さん
 大竹電化センターは太陽光発電もオール電化もリフォームなどの各種工事も解決できるのが強みで量販店では出来ないような身近なサービスやアフターで地域の方々に愛されている。電化製品のことなら...0176‐23‐2302迄
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12