ローカルニュース

 お菓子のみやきんが七戸町笊田の国道4号線沿いに整備された新本社・工場「SWEETS STUDIO」の落成式を行った。
miyakinkoujyou1.jpg
 新工場は400坪、食品衛生管理の国際規格「HACCP」取得を目指し、エアシャワーなど徹底的な衛生管理に務め、県外・海外への販路拡大を視野に入れ、生産能力は4~5倍に増量。
 工場内では粉を使って生地を仕込む仕込室・バームクーヘンなどを焼く焼成室・近日中に消費する生菓子などを手作りで仕込む上生 朝生準備室・1分間に20~40個を包装機で作る包装作業室・板重(お菓子を入れて重ねる箱)などを洗浄する洗浄室・冷やしたまま伸ばす生地などを扱うパイローラ室・フラットで台車のまま入れる冷蔵庫など部屋ごとに役割があり、大量生産が可能な最新の設備と繊細な技術が必要な人の手作業で稼働している。
miyakinkoujyou2.jpg
 宮沢一史社長は「お客様が製造工程を見学出来る専用通路もあり、将来的にはカフェと販売店を隣接し、ドリームストリートと名付け、観光・販売の拠点として地域活性化につなげたい」と語った。
miyakinkoujyou3.jpg
 宮沢会長は「みなさんのおかげで工場を建てることが出来た。父と子が共に夢見た願いが叶った。」と挨拶した。
 工場の製造工程見学は午前9時から正午まで無料公開される。また、3月9日から「餅駒饅頭」140円(+税)も新発売される。お問い合わせは...0176‐62‐5100迄
自然と暮らす家づくり
次の代にも残したい「いわ木の家」
iwakikatusi.jpg
~岩木勝志さんプロフィール~
 昭和29年2月20日生まれ(64歳)
旧十和田湖町生まれ。中学を卒業後、家業である建築の世界へ足を踏み入れる。創業は昭和30年、昭和58年に会社として設立し、父親が亡くなった平成11年に代表取締役として就任した。木材を使った住宅に着目し「いわ木の家」を設立。県産材を使用した自然と暮らす家を提案し、あおもり県産木造住宅コンテストで受賞する。
 「第10回あおもり産木造住宅コンテスト」で一般投票による特別賞を受賞した有限会社岩木建設 代表取締役・岩木勝志さんを訪ねた。
 中学を卒業してから家業である建築業で大工として学び、今年で勤務49年の職人。平成11年に亡き父の後を継ぎ、有限会社岩木建設・代表取締役として就任、後に同敷地内にいわ木の家設計事務所を設立した。
 岩木さんは集成材(何枚かの木を接着・圧縮して合わせたもの)ではなく無垢材に着目し、木本来の自然の性質を活かしながら家を建てたいと思うようになり、県産材を使用(青森県産材は8割、2割が秋田)。からまつやヒバ、杉など木にはそれぞれに特徴があり、適材適所に使いながら、木目や匂いを感じながら自然の中で暮らすイメージで家を建てたいと感じた。
 いい意味で現代の建設業界は技術も発展し、2×4やプレカット製法(先に枠などを作る技術)など、家を建てると言うよりも組み立てるような技法が増えてきた。理由はコスト削減と簡略化だが、本当の意味で木を扱える職人が少なくなってきたのは残念。若い世代にも伝えていきたいが、育つ前に辞めてしまうのが悩みだと教えてくれた。
 自然の木の良さの分かり易い違いを聞くと、木目のシートを張った板材とカンナで削った無垢材を触らせてくれた。触り心地はもちろん、木の温かさが全然違う事に驚いた。本は本来、熱や水気や匂いを吸収するもので発散するもの、木目も当たり前に違い、同じ柄を並べたシールには出せない味がある。岩木さんは「次の代まで使える丈夫で長持ちする自然の家をお客様に届けたい」と語った。
元気になって自宅に帰れるように
健康管理を支援する新施設長
odamasahiro.jpg
~小田正博さんプロフィール~
 昭和20年3月9日生まれ(73歳)岩手県盛岡市出身。弘前大学医学部に進学し、医師免許を取得。それから48年間地域医療に従事し携わってきた。福祉の里の山本理事長の要請を受けて、今年1月にみのり苑施設長として就任。
 今年1月から「社会福祉法人福祉の里・老人保健施設みのり宛」の施設長・医師として就任した小田正博先生を訪ねた。介護施設は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホームなど様々あるが種類や目的の違いを明確に説明できる人は少ないだろう。
 介護老人保健施設(以下、老健と略)は本来、病院と自宅の中間施設という位置づけになっている。怪我や病気などで病院へ入院し、治療が済んで退院しても、自宅での生活がすぐには困難な状態であれば、自宅に戻る前に施設に入所してもらい、在宅生活を想定したリハビリを行い、在宅復帰のための支援をすることを目的としている。
 小田先生は「山本理事長の要請で施設長として就任した1月は上北保健所管内でインフルエンザ警報が発令され、施設内でも数名の感染者が出たため、集団感染を防止する対策に追われたことが大変だった。」という。その理由として、みのり苑では入所者が100名、通所リハビリテ―ションの利用者が一日で約90名おり、他の施設に比べて毎日の人の出入りが多いためだと言う。
 みのり苑では看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士や介護支援専門員など多職種の有資格者が勤務しており、それぞれ役割分担して利用者への支援を行っている。在宅復帰率は県内62ある老健の中でもトップクラスを誇り、高い在宅復帰率でありながらも中・重度の利用者の受け入れも積極的に行い、医療面でのサポートを中心に高齢化がすすむ地域社会への対応も行っている。
 小田先生は「入所者の健康管理に最大限注意を払い、在宅復帰のための支援とこれからも高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように職員と力を合わせて医療と福祉のサービスを行っていきたい」と語った。
 十和田市立東小学校3年生と保護者ら約150名が集まり、2月3日に十和田バラ焼きゼミナールと協同して「日本一長いバラ焼き入りの恵方巻き」作りにチャレンジした。
higasibarayaki03.jpg
 初めにバラゼミ舌校長の畑中氏からなぜバラ焼きでまちおこしなのか?B‐1グランプリやバラゼミの今までの活動をスクリーンで紹介しながら観光の原点はふるさとを支える力、十和田プライドの構築が必要だと論じた。そして子どもたちに今回はバラ焼き入り恵方巻きの日本一を目指すが、それぞれに得意な事や好きな事を頑張ってオンリーワンの人間になって欲しいと呼び掛けた。ただバラ焼きをやるのではなく、なぜやるのか?それがどういう結果につながるかまで説明を聞いた児童・保護者らは真剣な笑顔で恵方巻きに取り組んだ。
higasibarayaki01.jpg
 つなげたテーブルの上にラップを引いて、長く伸ばして敷いた海苔に酢飯をのせ、バラゼミメンバーと一緒に鉄板で調理した玉ねぎとバラ肉を炒めたバラ焼きをトッピング。それを畑中舌校長の掛け声で合わせて一気に巻いた。全員でゆっくりと持ち上げ長さを計測。最長となる【38・6㍍】を記録し、バラ焼き入りの恵方巻き日本一の長さを更新した。児童・保護者らは歓声を上げて喜び、作った恵方巻きを笑顔で食べた。
higasibarayaki02.jpg
 十和田市の地元企業、株式会社福萬組が八戸学院大学と共催し、地域スポーツ活動の活性化を支援していきたいとバスケットボールクリニックを企画。講師に福島雅人氏(現・山形銀行女子バスケットボール部ヘッドコーチ)、長南真由美氏(現・専修大学コーチ)を招き、2月24日に十和田市立南小学校体育館で市内・近隣の小学生約180名を対象に「八戸学院大学×㈱福萬組バスケットボールクリニック」を開催した。ドリブル技術などのファンダメンタル(基礎)を講師が指導し、大学生と小学生の子どもたちがゲームなどをして楽しんだ。
kukukurinic3.jpg
kukukurinic1.jpg
 長南さんは「まだバスケは始まったばかり、いろんなことにチャレンジして楽しんで欲しい」と挑戦する楽しさを伝えた。福島さんは「1日は1440分。そのうちの3分でいいからドリブル練習や英単語を1つ覚えてみる。1年経ったら身についている」と継続する大切さを伝えた。地元企業・地域の子どもたち・大学生・プロのコーチが集まったクリニックは参加したみんなを笑顔にし、大成功に終わった。
kukukurinic2.jpg


 十和田市の企業・個人の寄付・協賛による有志の企画で2月6日に十和田中学校で腰塚勇人氏の「‐ドリー夢メーカーと今を生きる‐命の授業」が開催された。
kositukayuuto.jpg
 腰塚氏は中学校でバスケ部の顧問として教育・指導に取り組む熱血教師だった。ある日、人生を大きく変える出来事が起こった。スキーで首の骨を折り、一命は取り止めたものの全身を動かす事の出来ない麻痺状態となった。絶望の中で心を救ってくれたのは、妻や両親、同僚の先生や生徒、医者や看護師、周りにいる人たち。入院、リハビリ生活の中で自分の命が助けられ、生かされていることの幸せに気が付き、奇跡的に職場復帰を果たすことが出来た。
 この期間に自分の人生についての見方や考え方、感じ方が変わってきたが、世間では障がい者に対する視線、子どものいじめによる自殺など、心痛ましい事件が多く取り沙汰されていた。自身の実体験から命の大切さ、生きてることの素晴らしさ、普段の生活で当たり前に感じ、忘れかけている幸せについて伝えたい。その想いから全国を回って「命の授業」を始めた。活動開始から約8年、1450回目の講演が十和田中学校となった。
 講演では脚を引きずりながらも力強い声で生徒らに呼びかけ、命の喜ぶ生き方「ドリー夢メーカー」について語った。口は何のために使うのか?目は何のために使うのか?耳は何のために使うのか?手足は誰のために使うのか?心は誰のために使うのか?自分の命を喜ばせる行動を一つ、仲間や家族を喜ばせる行動を1つ、考えて欲しいと問いかけた。
 日常にある「当たり前」が実はとても素晴らしいことだと気付くことは感謝の気持ちにつながり、感謝が出来ることで誰かを喜ばせることができる。講演が終わり、生徒らは大きな拍手で腰塚氏を見送った。この「命の授業」を聴いた子どもたちが自分の命も、周りの命も粗末にすることはないだろう。
 十和田市名水保全対策協議会が「春の小川」の復元事業の一環として平成29年度元気な十和田市づくり市民活動支援事業の支援を受け、2月17日に十和田市民文化センターで「名水・湧水環境の保全に関するシンポジウム」を開催した。
 事例発表で北里大学獣医学部生物環境科学科講師・柿野亘氏が「湧水環境保全にかかわる生活論理をつくりたい」をテーマに白上名水広場・沼袋名水公園の水域に棲んでいる生き物たちを紹介。シナイモツゴなど絶滅危惧種も棲んでいることから私たちがどう取り組んでいかなくてはいけないのかを語った。
mwisuiyusui.jpg
 パネルディスカッションでは「100年先まで守り続ける湧水環境について」をテーマに十和田市立西小学校4年生と十和田市立藤坂小学校4年生をパネリストとして招き、環境保全の取り組みを発表。柿野氏をコーディネーターとし環境教育について学んだ。
 十和田市の写真家・小山田邦哉さんが星野リゾート奥入瀬渓流と十和田市現代美術館の共同企画の個展「coordinates(座標)」を奥入瀬渓流ホテル内東館1階・展示スペース・アーツキューブ奥入瀬に開いた。
oyamadatenji.jpg
 作品は3点。廃墟の壁や窓やシャッターの写真にスプレーで思い描いたアートを表現。作品タイトルが作品の基となった廃墟などの座標となっており、webで検索すると探すことができる。入場は無料。展示は3月28日迄。
 十和田市民文化センターで2月11日「第28回伝統芸能まつり」が開演された。
 各地域に伝わる舞踊は歴史を辿り、舞が生まれた理由を知る事が出来る。それを地域で残し歴史と文化を伝えていく伝統芸能。舞と衣装と小道具でその地域の時代の背景を想わせ踊る。毎年招待芸能を呼ぶことも目玉の一つ、今年は秋田県由利本荘市から国指定重要無形民俗文化財「本海獅子舞番楽」を招待し開催された。
dentougeinou18.jpg
 会場にはたくさんの観客が訪れ、全13の団体(保存会)が伝承されてきた舞踊を披露した。継承が難しいと言われる伝統芸能の中で沢田鶏舞保存会は沢田小児童や卒業生が地域の活動として取り組み、軽やかな足取りで鶏舞を披露した。
 十和田市在住の小・中学生を対象に文化や芸術、スポーツなどで優秀な成績を収めたことを表彰する「平成29年度十和田市教育奨励賞」が2月17日に十和田市民文化センターで開催された。
kyouikusyou.jpg
 文化・芸術部門は合唱・吹奏楽・読書感想文・珠算・絵画・版画・ポスター・ピアノ・俳句・書道・4コマ漫画・献立コンクールから小・中学生が148名。
 スポーツ部門は野球・自転車・レスリング・空手道・スキー・駅伝・陸上競技・サッカー・水泳・少林寺拳法・卓球から小・中学生が71名。計219名が表彰された。
 生徒代表挨拶では十和田中学校野球部の相間野斗歌くんが入学当時は想像も出来なかった成績を収めることができた。厳しく鍛えてくれた指導者、優しく支えてくれた保護者に感謝の意を述べた。
3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13