ローカルニュース

piruzen31.jpg
 十和田市にある飲食店「ビアプラザPILSEN」が2月某日、約30年間続けて来たお店を令和2年3月29日に閉店する張り紙を店内に出した。大きく宣伝はしていないがあっという間に噂は広がり、惜しむ声が多く聞こえた。それというのも十和田市飲食店を牽引してきた代表的なビアホールであり、店長の人柄や美味しいビールや料理のファンが多くいるからである。
 ビアプラザPILSENは平成2年12月12日にオープン。当時はお洒落すぎるビアホールとして、県内では他にない飲食店として注目を集めた。十和田市の人口でもビールの消費量はキリン生ビールが青森県1位、ハイネケンが東北1位の記録を出したことがあるほど繁盛していたこともある。
 ピルゼンは約60名ほど受け入れることが出来る大きなフロアで結婚式の二次会や歓送迎会、団体から個人客、老若男女、幅広い年齢層に支持されてきたので十和田市に住む現社会人であれば一度は足を運んだことのあるお店ではないだろうか?
 また、プルタブ回収活動やチャリティゴルフコンペを通しての中央病院への寄附寄贈、リユース箸の推進運動、ベルマークを集めて学校への寄付など、地域に根差した活動を通し、少しでも十和田市のためにと活動を続けている。繁盛店閉店の経緯や理由などは本紙P7で紹介。現時点で閉店までは予約も多いと聞くが最後に行ってみたい方は電話予約を下記まで...「0176‐25‐1231」
piruzen32.jpg
piruzen33.jpg
↑店長の岩城康次さん。飲食店街からここの明かりが消えるのは本当に残念だ。↓ピアプラザPILSENのお店の入口と店内の様子
 新型コロナウイルスの感染拡大に対して、北里大学獣医学部で2月20日、緊急特別セミナーを開催した。
koronakouen.jpg
 「動物とヒトのコロナウイルス」をテーマに、長年コロナウイルスを研究してきた宝達勉名誉教授と髙野友美准教授が講師として解説。「感染拡大はしているが致死率は決して高くはなく、インフルエンザ同様の基本的な予防策の徹底が重要」と強調。コロナウイルスはノロウイルスやロタウイルスとは違いエンベロープ(脂質)があるウイルスなのでエタノール(アルコール)でウイルスを死滅することが出来る。
 また、ウイルスの感染について潜伏期キャリアー・回復期キャリアー・健康キャリアーと発症・治癒・発症せずともウイルスを排出する事もあると伝えた。
 緊急セミナーはウイルスについて正しく理解してもらおうと学生や市民ら約300名が参加した他、同大学系列のキャンパスにも中継で生配信され、質疑応答の時間でも様々な意見が交換された。
 社会福祉法人 共生の杜(三浦親堂理事長)と地域活動支援センターアセンドハウス(高橋孝明センター長)が主催となり、令和元年度の第1回精神保健福祉セミナーが2月15日にサン・ロイヤルとわだで開催された。
seisinhokenseminae.jpg
 「入院医療から地域生活中心へ」という理念を軸とし、障がいを抱えている方も、抱えていない方も地域の一員として安心して自分らしい暮らしが守られるように地域共生社会を創りあげる必要があり、その手段の一つとして適切な服薬管理がある。
 健康な状態を維持していくためにどうすれば良いかを考えることを目的として開催された。昭和大学薬学部病院薬剤学講座 精神科専門薬剤師・黒沢雅広先生を講師に招き、「向精神薬の話あれこれ」~気になるサプリメントの話にも触れますよ~をテーマに講演が開演された。
 向精神薬には坑精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬、中枢神経刺激薬、抗パーキンソン薬などがあり、心(性格)ではなく、脳(精神)に作用すると説明。神経細胞同士の情報伝達に作用し、報酬型行動(ドーパミン)、癒やし・精神安定(セロトニン)、集中・やる気(ノルアドレナリン)のバランスを薬で調節することが精神科での治療となる。
 向精神薬の効果は安定するまで時間がかかるので「用法・用量」をしっかり守った上で判定をする必要がある。糖尿病や高血圧、がんや精神疾患など併用療法が必要な場合は「薬理学的合理性」があるかが大事だと伝えた。また、地方は車社会だからこそ睡眠導入薬を服用する場合はモラル(道徳)が必須。自己判断ではなく、医師の指示を守り、適切に使用しなくてはいけないと語った。
 サプリメントに関する話では健康食品と医薬品の違いを説明。安易にキャッチコピーなどは鵜呑みにせず信頼できる情報で判断すること。青森県は喫煙者の割合、飲食習慣者の割合、食塩摂取量などワーストが多く占め、平均年齢は最下位。健康志向を大切にし、薬膳スープを飲むなど心掛けた方がいいと語った。
 令和元年度の十和田市6次産業化推進シンポジウムが2月6日、サン・ロイヤルとわだで開催された。
 講師にフィールド・フロー株式会社の代表取締役・渋谷健氏を招き基調講演を行った。渋谷氏は2104年に会社を設立。「事業に脚本を」をコンセプトに戦略立案やシステム開発、人材育成など総合的に提供するオープン・イノベーション実践活動を全国展開している。
rokujisangyousibuya1.jpg
 第1部として講演が開演され、初めに「かせぐまちづくり」とは何なのかをテーマに地方創生(6次化)が上手くいかない理由を述べた。人口減少からの社会課題が複雑化していくと環境の変化に飲み込まれ「消滅」するか、環境を受け入れて適応し「進化」するかの2択しかなくなる。消極的な現状維持ではダメで自組織単独でやらなければならない状況を作っても期間とコストがかかり過ぎて現状ではほぼ不可能だということがわかる。だから1人でやらないこと、まちでやる。信頼できる仲間と共有していかなくてはならない。指揮者がいて様々な楽器がハーモニーを奏でるオーケストラを例に出して伝えた。
 次に「かせぐまちづくり」の実践にあたる課題が何なのかを考え、自社で取り組んでいる仕組みや認知発達システム、事業成長促進プログラムなどを説明した。氷山の一角を例に見えてない・わからない部分に気付き、理解し、わかるようにする方法を知る事が大事だと伝えた。プロ人財のネットワークと地域の信頼関係を活かし、事業者と支援者(パートナー)と消費者(出口=市場)をつなぐことが必要だと語った。
 最後に6次化とは単純に地域経済をデザインすることであり、必然のモデルであること。重要な事は地域における戦略機関とローカル・コンシェルジュ(地域の参謀役)を起ち上げる事。地域外へ対する発信と地域事業者の成長を出来ることから実践し、とくに2020の機会を最大限活用することが必要だと語り講演会は終了した。
 講演会終了後には同会場で村上美穂子氏(中こう果樹園)、大竹正貴氏(㈱大竹菓子舗)が自社の紹介、6次産業化での実践活動の取り組みを報告した。引き続き第2部としてパネルディスカッションが行われ、「効果的な連携戦略について」をテーマにコーディネーター・須田憲和氏(㈱パワフルジャパン)、パネラーとして村上美穂子氏、大竹正貴氏、吉田勉(東北農政局地域連携課長)、影山恭英氏(国産㈱)、渋谷健氏がそれぞれの立場からの意見を交換した。
rokujisangyousibuya.jpg
 その後はとわだ産品販売戦略課から「HACCP」の取り組み紹介があり、第3部として隣会場で地域加工品PRブース・個人事業相談コーナー・HACCP相談コーナーが設けられ、参加した来場者らで交流を深めた。
 ドローン関連事業を展開するITH合同会社から2月6日、十和田工業高等学校に小型ドローン「TELLO(テロ―)5台を寄贈した。テロ―は重さ約80gの初心者向けの小型機で、スマートフォンと同期させ手軽に操作が可能。写真や動画が撮影できる他、プログラム学習教材としても利用可能出来る。
 ITH合同会社の髙見雅之代表・三上大介副代表が同校を訪問。三國槇治校長と電子機械科の各学年の代表者にドローンを寄贈した。生徒は「ドローンを活用して地域貢献にも力を入れたい」と感謝の言葉を述べた。
dorooonkizou.jpg
 髙見代表は「子どもたちなら操縦はすぐに慣れると思う。正しい使い方を守り、若い自由な発想でどうやって産業に役立てるのかを考えて欲しい。」と期待を込めて激励した。学校側としては教材として活用し、生徒の知識向上、操縦技術習得を図る方針。学生でも資格は取れるということなので、選択科目として「ドローン」が増えることもあるかもしれない。
 令和元年度青森県産業教育振興会二北地区協議会が2月4日、三本木農業高等学校で開催された。同会の中間報告終了後に研究発表会が行われ、三本木農業高等学校(JGAPの手法を用いた牛舎の経営改善)、十和田工業高等学校(卓球マシーンの製作)、三沢商業高等学校(イカピザの制作)の代表生徒らがそれぞれの発表テーマをもった研究発表会を行った。
 その後に株式会社福萬組取締役副社長・福島司子さんが「青森から世界へ~from Aomori to the World」を演題に講演会を開演した。始めに会社の概要紹介をし、自身のプロフィールや生い立ち、留学した海外での思い出などを語った。日本と外国の違い、そこで学んだことなどを生徒らに伝えた。ゲストとして来校したプロバスケットボール選手の北向選手が講演に参加。夢を持つ大切さを伝えた。
sannoukouen1.jpg
 十和田工業高等学校で第8回目となる生徒の学習成果発表会が2月5日に行われた。
 同校5科(機械-エネルギー科・電子機械科・電気科・電子科・建築科)とコンピューター部、ロボット研究部が1年間で取り組んだ課題研究の成果を発表。
 機械・エネルギー科は「ソーラークッカーを作ろう!」を研究主題に成果を発表。多面体集光型装置の製作に時間がかかり、天候にも左右されたことなど、反省点と調理の実食を報告。環境に優しく災害時への備えにもなると発表した。
 電子機械科は「卓球マシーンの製作」を研究主題とした。去年の先輩方が製作した卓球マシーンをより、性能のよいものにすると試行錯誤し、実験を重ねたことを報告した。
 電気科は「走れ!ホワイトボード消し!」を研究主題にした。センサーでホワイトボード上の文字を消すためにライントレースカーを応用して制作。実際にホワイトボード上を走らせると蛇行したり動作速度が落ちるなど課題も見つかった。
towakouhappyouiu.jpg
 電子科は「Live2DをWebカメラで連動させ動かす」を研究主題に選んだ。インターネット等の動画によく見かけるようになったLive2Dに興味を持ち、アニメーションを人の動きと連動するように動作させるプログラムを制作した。動作や可動域など不自然な動作が多く見られ、データの整理整頓が大事だと感じた。文化祭までに発表することが出来たと報告した。
towakouhappyoui2.jpg
 建築科は「七戸養護学校とのものづくり交流」を研究主題とした。今年で5回目となる交流事業として教具の依頼を受け、今年度は書見台とヘルメット置き場の製作をした。設計に不備があり、寸法がズレてしまった反省点と、加工はスムーズに行えたため時間を費やし、しっかりとした完成度で製作することが出来たと報告。誰かのためのものづくりで喜んでもらえることが嬉しかったと発表した。
 コンピューター部は「コンピューター部有志の活動 この5年」と題し、プログラミング体験や人工衛星のモールス信号受信の体験、3Dプリンターを用いての衛生模型の製作体験など報告。衛星設計コンテストの参加報告などを発表した。
 ロボット研究部は「全国高等学校ロボット競技大会青森県予選への取り組み」を発表。ロボット製作に時間がかかり、練習時間がほぼない状態での大会出場になってしまった。全国には出場できなかったが県で唯一の技術賞を獲得したことを報告した。
 近年の労働力不足が深刻化する中でスマート農業が今後の農業経営には欠かせない存在になると見込まれている。十和田市ではスマート農業の現状や課題について情報共有や意見交換をすることを目的に検討会を開催。第1回目の「スマート農業推進検討会」が2月13日、十和田市役所庁議室で行われた。
 上北地域県民局、JA、農機メーカー4社、農業者5名、市職員が参加する検討会。農業就業人口の推移、高齢化及び後継者不足が進んでいる経緯から情報を公開。次に各農機メーカー(ヤンマー・クボタ・ヰセキ・ニューホランド)からスマート農業機械・技術の現状についての自社のPRプレゼンがあった。GPSやタブレットを使用しての最新の農機は高齢者や農業新規参入の人でも効率よく精度の高い農耕が出来るような機能を搭載していることがわかる。その後、現在スマート農機を利用している農業者から長所や短所など発表された。農機熟練者でなくても自動操縦で真っ直ぐ引けること、圃場が大きくないとあまり意味をなさないこと、電波が悪い場所では使えないことが多いことなどがあげられた。今後の課題としては電波塔の設置など具体的な案が出され、これからの農業就業者の手助けになるように市も協力していく姿勢をみせた。
sumartnougyoukaigi.jpg
 十和田市教育委員会が令和元年度の体育・スポーツ賞の受賞者を発表。2月8日に十和田市民文化センターで表彰式が行われた。
 体育功労賞は青森県サッカー協会前副会長・十和田市サッカー協会前会長の高田重利さん(70)と、十和田市朝野球協会前会長・青森県朝野球連盟常任理事の成田和雄さん(67)の2人が選ばれた。受賞者はこの他、スポーツ賞5名、優秀選手賞54名、スポーツ奨励賞144名の計203名が受賞(体育功労賞及び特別賞を除き、団体受賞を含む)。受賞者の紹介は以下の通り。
 【体育功労賞】
高田重利、成田和雄
suoisyoutakada.jpg
suoisyounarita.jpg
 【スポーツ賞】
▽一般個人/佐々木隆斗(ハンドボール)
▽生徒個人/山崎勝磨(相撲)▽生徒団体/Iverson(小笠原佳澄、畠山遙凪、能地七花(バスケットボール))
 【優秀選手賞】
▽一般個人/畑山郁子、宮木芙美代、吉田侑雅(アーチェリー)/栗山旺大(柔道)/川上智治、小笠原法人(少林寺拳法)/中嶋久美子、堀内裕太(躰道)/鹿島唯(テニス)/添島拓未、菊谷美咲、千葉渓太郎(馬術)/深堀雄一(ボウリング)/佐々木茂、佐々木あさみ(陸上)▽生徒個人/小山田涼、角浜ゆい(アーチェリー)/佐々木琉矢(サッカー)/吉田芙生、小濱あかり、千葉翔太、後澤海斗、千葉拓朗、畠山昂己(少林寺拳法)/川口優恵、赤垣有紀(相撲)/苫米地勝成(ソフトテニス)/柏本結子(登山)/佐々木愛心、斉藤孝典(馬術)/赤坂和香、泉日彩、渡辺朋恵(バスケットボール)/田高永輝(陸上)/小川颯太(レスリング)▽一般団体/北里獣医学部躰道部(小笠原拓矢、平竜乃介、石原宙暉、須藤聡太)▽生徒団体/三本木農業高等学校アーチェリー部(中野渡叶子、小野寺沙々音、岡田咲桜、佐々木朱里、畠山静菜、松橋英泰、田中響、大村和央、大平啓心)/三本木農業高等学校相撲部(谷内勝哉、曽我幹、藤田一翔、坂本博一、伊藤寧、山下渉)
 【スポーツ奨励賞】
▽一般個人/山端詩韻遠、藤井康弘(空手)/岸恵理子(弓道)/鳴海輝子、和田良子、鶴田玲子、川上敏男(グランドゴルフ)/中野渡通行、久保英視、中野文子(パークゴルフ)/音坂勇一、都築一雄、三上大介、永井文斗、畑井智士、清水目基、三國泰輔、宮地寿子、杉山幸雄、竹内英夫(水泳)/荒谷智以子、荒谷隆史(スキー)/櫻田晴夫、中野誠子、田中貞子、三浦浩、佐々木寛一郎、佐々木佳和子(卓球)/鹿島育子(テニス)/芳賀一博、鈴木辰也、瀧内義男、櫻田秀子、芳賀裕美子(陸上)▽生徒個人/中村陽香、酒井華、吉田孝祐、末林捺基(少林寺拳法)/細田美帆(ソフトテニス)/岡野凌斗(陸上)▽一般団体/十和田市グランドゴルフ協会(田中力、豊川繁美、池田満穂、山下良一)/十和田市ゲートボール協会(工藤福志、小川堅一、市沢賢三、市沢みつゑ、蛯名啓一、猪野和子、浜田陸奥雄、佐藤省吾、鈴木幸子、藤村忠良、関轍夫、東秀夫、吉田福司、丸井喜美、和田リヨ)/十和田市サッカー協会(豊川晃良、久保拓穂、佐々木政彦、下山裕、櫻田悟、菅原陽平、芋田大哉、小林孝弘、柏崎昴大、佐々木優介、櫻田尚也、立崎凌之、小笠原希、山田隆行、山崎克彦、浦田雅人、村山淳一、小川向希、豊川和也、棟方直人、山崎智貴、附田優也、石橋真悟、根岸竜星)/十和田市柔道協会(松本亮、米田裕紀、下山孝幸、畑山琢磨、斗澤雅樹、八嶋諒、水梨恭宏)/十和田市バレーボール協会(白山忍、岩渕美咲、漆舘愛美、小堀千春、小笠原麻由、吉田麻美、加賀沢祐香、中谷瑞希、小林智子、中野渡昭子、乙部由佳子、附田麻美)/十和田市パークゴルフ協会(中野渡完治、笠石邦秋、沢光雄、高橋修、田中秀樹、立崎祐吉、志田杉美、佐藤雅子、扇田リエ、中野渡セツ子、水野貞子、中野勝子、佐藤悦子、仁和ちわ)/十和田市ボウリング協会(小笠原勢一、野月明広、桜田恵美子、畑中薫、小笠原英明、下田昭博)▽生徒団体/三本木農業高等学校女子サッカー愛好会(和泉茉野、戸来桃子、成田美月、久保田空、濱田なな子、佐藤琴乃、山田優和、大久保葉月)/三本木高等学校ハンドボール部(市川堅太、山崎柚葵、前田晃央也、鈴木翔大、北川皓基、齋藤凛太朗、小川和馬、高村昴生、福原慶悟、気田雄登、志田樹、細越琉雅、村畑日斗、嶋川賢吾)
 インバウンド十和田・米内山和正会長が主催となり「十和田市の魅力を世界に発信!We Love Towa Dance」と題したオリジナルダンスのお披露目が1月19日に市民交流プラザトワーレで開催された。東京オリンピック開催を前に、十和田市民が参加し、地域PRを出来る内容のPV制作を行い、各メディアやインターネットを通じて世界に発信することを目的とする。当日はダンススタジオPEACE MAKER代表斉藤和幸さん、シンガーソングライターの桜田マコトさんらと子どもたちがダンスを踊った。詳しい内容はホームページ《 https://towada-dance.info 》から閲覧できる。
towadansurenstyu.jpg

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14