首都圏とふるさとをつなぐ 東京=十和田

加賀ひとみさんが主役のロメーオ役で出演決まる!!

日生劇場オペラ「ロミオとジュリエット」で、十和田市出身のメゾソプラノ歌手加賀ひとみさんが主役のロメーオ役で出演決まる!!
 kagahitomi.jpg十和田市出身のメゾソプラノ歌手加賀ひとみさんが、11月11日(日)に行われる、日生劇場オペラ『カプレーティ家とモンテッキ家‐ロミオとジュリエット』で、主役のロメーオに抜擢された。
 オペラ『ロミオとジュリエット』は、ベッリーニ作曲の、誰でもが知っている許されぬ恋の物語。主役のロメーオ役は、男性が歌うのが一般的だが、今回の田尾下哲の演出はメゾソプラノが歌うのが特徴。そこで白羽の矢が当ったのが加賀ひとみさんである。
 今回の『ロミオとジュリエット』の解説には、「新国立劇場公演『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル役を始めとして、数々のオペラ公演に出演している加賀ひとみ」と、加賀さんを紹介している。
 十和田市出身では初めての、中央で活躍するオペラ歌手の誕生である。
 音楽は、新日本フィルハーモニー交響楽団。
 日生劇場オペラ『カプレーティ家とモンテッキ家‐ロミオとジュリエット』は、
 ▽日時/11月11日(日)午後2時~

 ▽会場/日生劇場

 ▽入場/S席13000円、A席11000円、B席9000円、C席7000円、D席5000円。チケットはすでに販売されている。