カオルのざっくばらん対談

緩和医療、緩和ケアって何だ!!(2)

[カオルのざっくばらん対談]

真実を隠すことはその人に対する人権侵害だ

asinoyosikazu3.jpg 蘆野 ですから在宅療養、在宅看取りのシステムづくりが、今、始まったのです。私たちは、病院も、地方自治体も、国も、そして国民も、それを実行していかなければならないのです。
 小笠原 つい最近までは、がんが見つかると、それを患者に告知するかしないかということが問題になったように思うんですけれど、人間の一生を考えたとき、病気になったならなったで、自分の一生をどう終るかということが非常に大事だと思うんですね。
 たとえば、あなたはあと3ヵ月の余命ですといわれたとき、最初はショックでしょうが、やっぱりその残された3ヵ月をどういきるかということを、当然ながら考えますよね。
 蘆野 私たちは、基本的にはその人の生き方をどう支えていくかを考えて、その人に合った支援を提供していく。それは家族に対しても同じです。
 私たちもいつかは死ぬわけで、それも、がんで死ぬ確立がだんだん高くなっています。現在、半分以上の人ががんにかかっています。歳をとると、当然長生きした結果がんが出てくるんです。
 そのがんが出てきたとき、どう生きていくかということを一人ひとり考えていかなければならない。
 それを考えるにしても、人はどう生きたかという話を聞いたり、見たりする方が色んな生き方ができるわけです。
 そういう多様な生き方を積み重ねることが文化につながるわけです。
 がんであること、それが治るのか治らないのか、あるいは余命がいくらかということを、わかっていればちゃんとお話しをして、その人の生き方を皆で支えていくことが重要なのです。正しい情報を伝えず嘘の情報を伝えることは、その人の人権を無視することになります。問題は、伝える、伝えないではなく、伝え方なんです。

人間は必ず立ち直る力を持っている

 悪い知らせを、どのようにその人に伝えるかが重要になってくるわけです。
 人間は必ず立ち直れるんです。どんな悪いことがあっても、たとえば小笠原さんも、人生に煩悶をきたし流浪の旅に出たり(笑い)、色んなことがありましたよね。落ち込んだからといって、悪いことがたくさんあったからといって、死んでいるかというと、確かに自殺する人もいますけれども、結構みんなしっかり生きているんです。
 多くの人は、今までいいことばっかりがあったんじゃない。その人たちが事実を受け止めて立ち直ってきたからこそ生きているんであって、人間は必ず立ち直るんです。それが人間の姿なんです。そのことを信じることが大切なんです。この人がこんなことをいったら落ち込むだろうなというのは、その人に対する冒涜なんです。

10万人に医師に対する緩和ケア教育が始まっている

 ただし、早く立ち直ってもらうためには 伝え方が大事なポイントになります。
 がんに携わる医師が全国で約10万人といわれていますが、今その医師に対する緩和ケアの教育を行なわれようとしています。
 その中で重要視しているのがコミュニケーションの技能です。話す相手に対して悪い知らせをどう伝えるか、今その教育を行っているわけす。
 大事なのは対話の仕方です。〃告知〃をするしないという議論をする時代ではなく、どう対話するか、早い立ち直りを皆で支援していくことが、今一番必要とされているわけです。
 そのためには、いくつかの対話の重要なポイントがあるわけで、それを医師に教えている状況です。
 大事なのは、がんであるとか、たとえば治らないということを告知するしないという問題ではなく、どのようにして本人が理解できるように、暖かみのある言葉で、正確な情報を伝える技能を修得することです。
 小笠原 むかしであれば、あなたはがんで、あと3ヵ月の命ですよということを告知するかしないかという、そういう水準ではなく、がんというのはどういう病気で、現在どこまで進行しているかという正しい情報を伝えるということですね。
 それと、先生は文化だといったのは死生観の問題ですか。

看取りは日本の文化だ
 蘆野 たとえば、在宅医療をすすめ、自宅で看取りをすすめる場合、病院から追い出されると誤解している方がいるのですが、むかしはみな家族が集まり家で看取りましたよね。
 ところが現在は、家で看取らない時代になった。死というものを病院に閉じ込めているわけです。医療で覆い隠しているわけです。これは実は大変なことなんです。
 むかしは、地域の中で、近所の人や親族や家族が、大切な人を囲んで看取っていたのです。これがむかしから受け継がれてきた大事な文化でもあるわけです。
 このような看取りの中で、た人が集まり、お盆や正月という儀式ができてきたわけです。それが今壊されつつある。
 小笠原 昨年、大ヒットした映画『おくりびと』はまさにそれですね。
 蘆野 最近は「最後は自宅で」と希望する人が少しずつ増えていますよ。
 今までは、病院でないと死亡診断書を書いて貰えないと思っている方が多かったのではないでしょうか。
 小笠原 私の母も中央病院で亡くなったんですけれど、そうする死亡診断書に、何月何日、何時何分と書きますよね。それは必要ないわけですか。
 蘆野 死亡診断書の書式ができたのは、おそらく医療法(昭和23年)ができたときなんです。60年前なんですね。その頃はほとんど自宅で亡くなっているんです。死亡診断書の死亡時刻は、医師が同席しないときは推定時刻でもいいのです。
 病院で亡くなる方が50㌫を超えたのは昭和52年(一九七七)なんです。それ以前は自宅で亡くなる人の方が多かったんです。たとえば、山間部の家で亡くなったとすると、医師がその後訪問して死亡診断書を書いていた。それも今と同じ死亡診断書なんです。
 ところが今は、病院で医師が立ち合い、モニターを見て何時何分に亡くなりましたと宣告する形になってしまったので、医師も地域の人も皆死亡する瞬間に医師が死亡時刻を宣告しなければならないと思い込んでしまったんですね。
 先ほどいったように看取りは非常に大事であって、家族や地域の人たちが側で、その死ぬ経過、亡くなっていく経過を、自分たちの将来的な姿と合わせながら見て、学んでいくことが大事なのです。
 自分たちが今後どう生きていくのか。自分たちの生をもう一度確認する。看取りとは本来そういう学びの場であったのです。