夢追人ニュース

鷹山宇一記念美術館 パレットと絵画展

[夢追人ニュース]
ピカソ、ダリ、熊谷守一など国内外の巨匠のパレットを展示

 パレットは、絵具を溶き、混ぜ合わせ、自分の思う色を創る。画家にとっては、一心同体的な画材である。パレットには、その画家の性格や人間性がにじみ出る。
 その、「巨匠たちの素顔~パレットと絵画~」展が今、鷹山美術館(戸舘昭吉館長)で開催されている。

 これは、茨城県笠間市にある、笠間日動美術館のコレクションの中からの、パレットと画家の作品を集めた展示である。笠間日動美術館は、日本の画廊界の草分けである日動画廊の創業者長谷川仁氏によって、氏のふるさとである笠間市に設立された美術館である。
 作品及びパレットは、ピカソや、マチス、ダリなど世界の巨匠。日本では、安井曾太郎、梅原龍三郎、東郷青児、小磯良平などの作品が展示されている。私は絵なんてわからんという人でも結構楽しめる美術展である。

会期は、6月26日(日)まで(会期中は無休)
問い合わせは、0176-62-5858

201104-03.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする