2011年7月アーカイブ

第39回北奥羽現展

[催物案内, 美術]
▽期間/9月16日(金)~19日(月)
▽会場/十和田市民文化センター
▽主催/現代美術家協会北奥羽支部
▽問い合わせ/TEL:0176-23-3416(滝沢)

kosinojunnko.jpg 『おひさま』の後を継いで、10月3日から始まる、NHK連続テレビ小説は『カーネーション』。
 『カーネーション』は、コシノジュンコさんら、世界的なファッションデザイナーコシノ三姉妹を育て、自らも日本のファッションデザイナーの草分けとして活躍した小篠綾子さんをモデルにした物語である。
 十和田市民大学(川村清市企画運営委員長)の第1回講座はコシノジュンコさんであった。
 コシノさんは、「独自の文化をつくろう」と題して、
 母親について、80になっても90になっても「人生これからや」といっていた。夢には完成がないんです。10代のときには10代の夢、20代のときには20代の夢がある。まず想うことが大切である。しかし、向こう岸を見ているだけでは渡れない。想ったら行動することです。
 また、「受けるより与える方が幸いである」と、キリストの言葉を引き合いに出し、人生を語った。

 

長利 洋
 北里大学獣医学部農地環境学教授

「水田ものがたり」

▽日時/9月24日(土)午後1時~
▽会場/北里大学獣医学部第104教室
▽受講料/300円
▽主催/北里大学公開講座実行委員会
▽問い合わせ/TEL:0176-23-4371

2、肺
 プロスキーヤーの三浦雄一郎が、70歳のとき、世界最高峰のエベレストに登頂した(その後75歳でも登頂)。
 その翌々年に、東京都老人総合研究所が、三浦雄一郎の体力テストを行なった。
 結果、三浦雄一郎のその体力は、20代後半の男性とほぼ同じだというのである。
 さもあろう。そうでなければ標高8848㍍、酸素濃度が平地の三分の一しかない山に登ることはできないだろう。
 そのとき私は、体力とはすなわち筋力、あるいは心臓の強さであろうと思った。
 もちろん筋力も心臓の強さも必要だが、それは違っていた。ナント肺に吸い込む酸素の量が20代後半の男性と同じであったというのである。
 実は、エベレストなど空気の少ない高山に登るとき、血液中酸素の濃度を測るらしい。血中の酸素濃度が少ないと、集中力を欠いたり、頭痛がするなど、非常に危険だという。
 だから肺の酸素を吸い込む能力が大事である。
 なるほど、そうだったのかと私はすぐ納得した。
 私が20代のころ、長唄をやっていたことがある。
 その長唄をやっているとき、あることに気がついた。長唄の先生は皆元気なのである。80歳になっても腹の底から朗々と声を出していた。
 長唄は3年ほどでやめたので、そのことをすっかり忘れていたが、三浦雄一郎の記事を見て、そういうことだったのかと、むかしを思い出したのであった。
 歌は、オペラでも、日本の長唄でも民謡でもすべて腹式呼吸で発声している。
 つまり、肺の中にたくさんの空気、酸素を吸い込んでいるのである。
 それが、長唄の先生の健康の源であることがわかった。
 このように肺の健康は、若さ、あるいはアンチエイジングにとって、重要な役割を果たしている。
 肺は、心臓を挟んで左右に一つづつ、これも二つある。
 肺は、簡単にいうと、吸い込んだ酸素を血液に供給すると共に、エネルギーを燃やした廃棄物である二酸化炭素を血液の中から取り出し、体外に排出する、いわばガス交換の機能を果たしている。
 ガス交換は、呼吸気管支の末端にある、直径0・14㍉程度の、極小の泡のような肺胞で行なわれている。
 肺胞は、両肺併せおおよそ6億個あり、その表面積は畳30~40枚分(約80㎡)もあるという。
 タバコを吸う人や高齢になると、この肺胞の働きが悪くなり、ガス交換の能力が落ち、体内に酸素を含んだ血液が充分に行き届かなくなる。
 こうなると、ちょっと動いただけで息切れしたり、疲れやすくなる。
 三浦雄一郎や長唄の先生の肺は、酸素が肺胞の末端まで充分に届き、その吸う量が、20代後半の若者と同じであったということである。
 『ドクターアリスが教える長寿の秘密』の「肺」編で、喫煙歴15年のリサに、肺がんの手術を、モニターを通して見せる場面がある。
 切除した肺がんの患部は、肺胞にタールが詰まりどす黒くなり、がん化したところが硬くなっていた。
 これを見せられたリサはもうタバコは吸いませんと自分に誓った。


3、心臓
 心臓は、子どもでも知っている、一番良く知られている臓器である。
 心臓はまた、ここは会社の心臓部である。あるいは心臓が強い、毛の生えた心臓、「もう心臓がドキドキだワ」など、様々な例えに使われる場合も多い。
 心臓は、胸のほぼ中央に位置し、左側がやや大きく、握りこぶし大の臓器である。
 心臓の役割は、一にも二にも、心筋の収縮と拡張によって、血液を全身に送り届けるポンプである。
 心臓は、まず強力なポンプ(心筋)でもって、大動脈というホースを使って血液を全身に送り、細胞のすみずみまで酸素と栄養分を届ける。
 一方、細胞でエネルギーを燃焼し、そこから出た二酸化炭素を含んだ汚れた血液を、大静脈によって回収。それを肺に送りガス交換。その酸素を充分に含んだきれいな血液を心臓に送り、心臓はそれを全身に送る。
 これが生まれてから死ぬまで、1分1秒、365日、休むことなく動いている。
 送り出した血液のうち、約28㌫は肝臓へ、約23㌫は腎臓へ、約15㌫は脳に送られる。
 こうして1分間に、安静時で約60回ポンプ(心筋)が拍動、その送り出す血液の量は約5㍑である。
 5㍑ということは、1・8㍑(約1升)の瓶2本と、1・5㍑のペットボトル1本の量を、わずか60秒で送り出しているということにある。
 これが運動時には、筋肉が大量の酸素を必要とするため、安静時の20倍、30倍にもなる。
 心臓は、大変な働き者である。ご苦労様です。ありがとうございましたと、頭が下がる思いのする臓器である。

 近年、夏になってもゆかたを着る女性が少なくなった。やはり、夏は、女性のゆかたの着姿が似合う。せめて盆踊りだけはゆかたを着て踊りたいものである。「ゆかたの似合う女性コンテスト」は、夏の風物詩であったゆかたの着姿を取り戻し、ゆかたの魅力を伝え、日本の文化を守り普及させたいとしている。

 以下実施要綱である。

・参加資格/子どもからお年寄りまで、ゆかたの似合う女性すべて

・審査基準/ゆかたを自分なりに着こなしていること

・賞/グランプリ部門 -グランプリ1名(まかど温泉富士屋ホテル一泊ペア宿泊券)

    -準グランプリ2名(十和田富士屋ホテルレストランでのペアディナー券)

  /シニア部門(60歳以上)-優勝1名、準優勝2名(賞状と賞品)

  /ジュニア部門(小学生以下)-優勝1名、準優勝2名(賞状と賞品)

・審査/第1次審査(書類及び写真審査)、第2次審査(当日会場にて審査)

    第1次審査を通った全員にスポンサー賞。グランプリ、準グランプリ入賞者は、

    次年度のポスター等のモデルに起用

・応募方法及び締切り/所定の用紙に、正面、全身など、自己をアピール写真2~3枚

    添えて7月25(月)必着で事務局に送って下さい

    応募用紙は、十和田市内の公共施設、十和田地区東奥日報各販売店にありま

    す。 [とわだ夏おどり]のホームページからも応募用紙をプリントできます。[と

    わだ夏おどり]で検索してください

・問い合わせ及び応募先

    〒034-0022 十和田市東二十四番町28-5 BUNKA新聞社内 とわだ夏

    おどり実行委員会

    TEL 090-2602-8097(小笠原)  FAX 0176-23-0292

         *写真は、昨年の「ゆかたの似合う女性コンテスト」風景

natuodori.jpg

 

 奥入瀬渓流をトレッキングしよう

 中高年者や女性を中心とした乗馬トレッキングの会「十和田の休日乗馬クラブ」(佐藤清会長)では、7月例会の参加者を募集しています。

 以下、要項は次ぎの通りです。 

 日 時/7月24日(日)午前5時 湯ノ台食堂前出発(観光シーズンのため車が来ない早朝トレッキング) 

 コース/湯ノ台-焼山-奥入瀬渓流-子ノ口までの約3時間

 会 費/6,000円

 *もし、朝起き不安な方は、23日(土)夜、蒼星の森のゲストハウスで泊まることができます。

  午後6時、湯ノ台食堂集合。夜、バーベーキュー等行ないますので、会費1,000円。寝袋と飲み物は各自持参

 *詳しい問い合わせは、℡090‐1815-1624(佐藤)迄

 

jouba.jpg  

堀 泰智
 北里大学獣医学部小動物第2内科学講師

「犬と猫の心臓病」

▽日時/9月10日(土)午後1時~
▽会場/北里大学獣医学部第104教室
▽受講料/300円
▽主催/北里大学公開講座実行委員会
▽問い合わせ/TEL:0176-23-4371

201107-05.jpg新村 拓
 北里大学副学長‐一般教育部人間科学教育センター教授

「自宅で最期を迎えることについて考える~看取りの文化と在宅死~

▽日時/10月8日(土)午後1時~
▽会場/北里大学獣医学部視聴覚ホール
▽受講料/無料
▽主催/十和田市教育委員会
▽問い合わせ/TEL:0176-23-5277

201107-04.jpg行俊 可愛
 北里大学東病院看護部精神科病棟主任

「認知症とは?」~本人も、周りの人も笑顔で過ごすために~

▽日時/9月17日(土)午後1時~
▽会場/十和田市民文化センター
▽受講料/無料
▽主催/十和田市教育委員会
▽問い合わせ/TEL:0176-23-5377(十和田市中央公民館)

 松本何とか復興大臣が辞任した。就任わずか9日目である。

 むかしは、頭のいい子どもがいると、末は大臣か博士かと褒め称えたものである。が、就任して、口が災いしてわずか9日目で辞任。

 軽い、軽い、軽すぎるよ。アキ菅内閣の象徴である。

 青森県の太平洋岸、上北地域には、十和田市現代美術館、七戸町鷹山宇一記念美術館、三沢市寺山修司記念館と、個性のある美術館、文学館がある。

 十和田市現代美術館は、このほど発刊された『日本の美術館ベスト100ガイド』のトップを飾った今注目の現代美術館である。

 七戸町鷹山宇一記念美術館は、たとえば今行なわれている企画展は、ピカソやマチス、ダリなど世界の巨匠。日本では、安井會太郎、梅原龍三郎、東郷青児などのパレットと作品を展示する「パレットと絵画展」が行なわれるなど、企画展でその名が知られている。

 三沢市寺山修司記念館は、寺山修司唯一の記念館で、全国にファンが多い。

 この三つの美術館、文学館を、シャトルバスに乗り、わずか1,000円の料金で見られるのである。

 新幹線開業を記念した「あおもり アート ぐれっと パス」は、7月16日~10月30日迄。

 ちなみに「ぐれっと」とは、方言で、「ぐるっとまわる」、あるいは「すべて」という意味がある。

 問い合わせは、

 十和田市現代美術館   ℡0176-20-1127

 七戸町鷹山宇一美術館 ℡0176-62-5858

 三沢市寺山修司記念館 ℡0176-59-3434迄

 なお、当ネット新聞のトップページからも入ることが出来ます。

sankangoudou.jpg

201107-03.jpg第1部
 チャンピオンオンステージ (これまでの受賞者出演)

第2部
 ふたりのビッグショー

《友情出演》
 舞扇流、ハイビス・フラ
 花柳流美好会

▽日時/9月18日(日)午後1時30分~
▽会場/十和田市民文化センター
▽入場/3500円(当日4000円)
▽主催/実行委員会
▽問い合わせ/TEL:0176-23-5034

 私は、日本の古いことわざ「実るほど頭を垂れる稲穂かな」が好きである。日本人の日本人らしい心の一つだと思っている。

 私が仕事を始めたころ、文化専門の新聞は全国的にも珍しいということで、結構マスコミに取り上げていただき注目された。多少、有頂天になっていたろう。

 そんな私が家を出るとき、妻が口うるさくいったことは、「人が見ているんだから、偉ぶるなよ」であった。多少軽薄であった私であったから、きっと偉ぶるだろうと、口うるさくいってくれたものだと思う。今でも私は妻に感謝している。

 ところがである、あの復興相に任命された松本何とかいう大臣、その言動のみならず態度は、俺は大臣だぞと、上から人を見下した物言えは、誰もがあの男は何だ思ったに違いない。しかも、今一番大事な復興相である。

 実は、稲はことわざの通り実ると頭を下げるが、麦はもともとは乾燥地帯の植物であるから、のげを天に突き出し、真っ直ぐ上を向いている。したがって、実ったあと雨が降り続くと、雨水が穂にたまり、芽が出てしまい、品質が極端に落ちてしまう。

 松本何とかという大臣はまさに、品質が極端に落ちた、麦穂のような人間である。

201107-02.jpg▽日時/9月29日(木)午前10時30分~
▽会場/十和田市民文化センター
▽入場/1200円
▽問い合わせ/TEL:03-3994-7624

 十和田市の馬のテーマパーク十和田市馬事公苑「駒っこランド」(管理者/NPO法人十和田馬主協会=宮野進理事長)が、このほど福島県南相馬市で被災した馬を一頭引き取った。

 この馬は、3.11東日本大震災に遭い、厩舎ごと津波で流され、多くの馬が流されたなかで、奇跡的に一命を取り留め、全身傷だらけで歩いていたのを保護されたもの。

 この馬は、耳に埋め込まれているマイクロチップから、三歳の牝馬で、岩手競馬で「ワタリワカタケ」の名で出走していたが、8戦未勝利だったことから、昨年12月に引退。その後、NPO法人引退馬協会に引き取られ、南相馬市の相馬ポニー牧場で飼育されているところで津波に遭ったことがわかった。

 宮野理事長は、この馬の引取り先を探していることを知り、相馬野馬追に参加するなど、南相馬市と馬の交流があったことから、被災地支援をも兼ねて受け入れを決定したもの。

 十和田馬主協会では、大震災の不遇を乗り越えてきた馬であるということから、この馬を、希望(のぞみ)と命名。

 希望は今、駒っこランドの人気馬として、第2の人生ならぬ馬生を送っている。

               写真は、駒っこランドの新しい仲間となった希望(のぞみ)

 

komakko.jpg 

 

人間情報紙「夢追人」6月号(第330号)

人間情報紙「夢追人」6月号の主な記事

  • 十和田市現代美術館・アートと建築を巡る旅『日本の美術館ベスト100ガイド』の表紙を飾る!!
  • 大変魅力的 現代美術館、寺山修司記念館、鷹山宇一記念美術館 3館ぐるっと鑑賞
  • 十和田市民大学始まる コシノジュンコさん母親を語る
  • 十和田市中心商店街活性化の拠点 稲生プラザ ウエストのネーミング募集!!
  • 十和田観光電鉄(株)社長に生粋の十鉄マン 白石鉄右エ門さん
  • 湯舟気持ちよきこと天下に稀れ也 ~蔦温泉物語
  • 野呂修平 ~バレエ一筋55年
  • 十和田乗馬倶楽部フェスタ2011にアメリカンバイク170台

人間情報誌「夢追人」購読のお申し込みは、こちらまで

BUNKA新聞社
  〒034-0022 青森県十和田市東二十四番町28-5
     TEL0176-23-0249     FAX0176-23-0292

201107-01.jpg▽日時/10月22日(土)午後2時30分~
▽会場/スワニー
▽入場/一般2000円(当日2500円)、高校生以下1000円(当日1500円)
▽主催/六ヶ所村文化振興公社
▽問い合わせ/TEL:0175-72-3400