夢追人ニュース

シュタイナー学園中等部校長 増渕 智さん

[夢追人ニュース]

 子どもjの成長に合わせた人間教育を行う

masubutosatoru1.jpg 「それでは皆さん、隣り同士が向き合って、一人は手を餅をつくようにペッタンペッタンと上下に叩いて下さい。もう一人は、その杵に叩かれないように、こねてください。ハイ、それでは始めますと」と、『うさぎのもちつき』の歌をうたう。
 百数十名の参加者が一斉に、ペッタン、ペッタン、ハイこねて、ハイこねてと、動き出す。どっと笑いが起こる。一瞬にして会場が和やかになる。
 8月5日、十和田市民大学「未来を拓く人を育てる~シュタイナー学校の授業から~」(講師/シュタイナー学園中等部校長増渕智)の一コマである。
 増渕さんはこの日、一般にはまだあまり知られていない、シュタイナー教育を理解してもらうために、小学1年生から中学までの授業内容を、市民大学の参加者に、実際に動いてもらいながら講演した。
 今、日本の小中学生の不登校者数は12万2432人(文科省平成21年度調査)いる。
 不登校には、学校の授業について行けない、先生や部活でのトラブル、いじめなど様々な理由があろう。いずれにしても、学校が面白くない場所であるからである。
 シュタイナー教育には教科書がない。子どもの成長に合わせた人間教育である。もちろんテストもない。だから、シュタイナー教育には落ちこぼれもない。
 幼児から、小中学までの教育を含めた生活体験が、その人のその後の人生を大きく左右する。
 市民大学への参加者は、なるほど、現在の日本の教育には、こういったことが欠けていると感じた人が多かったに違いない。
 増渕さんは、
 「シュタイナー教育は、人間の成長を7年おきにとらえます。
 第一期は、生まれてから7歳まで。この時期は、遊ぶことを基本とした人間の成長に合わせた体験的な教育。
 第二期は、7歳~14歳まで。この時期は、心に豊かな動きが出てきますから、心をわくわくさせるような、驚きや喜びを喚起するような教育。
 第三期は、14歳~21歳まで。この時期になると、思考に問いかけ、思考が生き生きとする教育を行なっています。
 このようにして、頭と心と手足が調和することを目指した教育、これがシュタイナー教育です。
 シュタイナー教育には教科書がないんです。ですから、なにより教師の質が問われます。子どもには通信簿もありません。通信簿のかわりに、教師がその子どもの人間成長の記録を書くわけです」と語る。
 シュタイナー学校は、いわば人間教育の学校である。
 シュタイナー学校は、オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーの提唱に基づく学校であるが、シュタイナー学校は欧米を中心に約800校、日本に8校ある。
 増渕さんは、その日本のシュタイナー学校、シュタイナー学園中等部の校長先生である。
 増渕智。昭和43年(一九六八)7月、十和田市に生まれる。三本木高校、北海道教育大学を卒業。大学時代に、『ミュンヘンの中学生~シュタイナー学校の教室から~』子安美知子著(朝日文庫)に出会った。この一冊の本が増渕さんの人生を決定づけた。こんな素晴らしい学校があるんだと感動。大学を1年間休学し、ロスの郊外にあったシュタイナー学校に隣接する、大人のためのシュタイナー教育を学ぶセミナーに留学した。
 大学を卒業すると、シュタイナー学校の教師になるべくイギリスに2年間留学。帰国後、東京シュタイナーシューレ(現シュタイナー学園)に勤務。平成23年(二〇一一)より、同中等部校長として、現在に至る。

 市民大学の参加者が一瞬にして増渕さんの生徒になってしまい「ペッタン、ペッタン」と、一斉に動き出してしまった。

masubutisatori2.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする