十和田市現代美術館
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

加藤久仁生展に若い人の列

[十和田市現代美術館]

gennbiq2.jpg十和田市現代美術館

 十和田市現代美術館の今年最後の企画展「加藤久仁生展」が始まった。
 加藤久仁生は、多摩川美術大グラフィックデザイン科卒業後、平成13年(二〇〇一)に㈱ロボットに入社。同社のアニメーション作家を集めたROBOT CAGEに所属。テレビ番組等のアニメーションを制作してきた。
 その作品の一つ、『つみきのいえ』が、平成21年(二〇〇九)に、アメリカの第81回短編アニメーション部門でアカデミー賞を受賞した他、アヌシー国際アニメーション映画祭アヌシー・クリスタル賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど、新進気鋭のアニメーション作家である。
 また、『つみきのいえ』が絵本(白泉社刊)となり、これも版を重ねている。
 加藤久仁生展は、東京など全国4ヵ所を回る巡回展で、そのトップを切ったのが十和田市現代美術館である。
 展示は、八つのコーナーに分かれており、絵本『積み木の街』のコーナーでは、『つみきのいえ』誕生のきっかけとなった、アニメーション制作の約1年前に企画した絵本『積み木の町』であった。その構想のアイディア・スケッチなどが展示されている。
 脚本のコーナーでは、加藤さんが「つみきのいえ」で脚本家と初めて共同作業をおこなった。
 脚本家の平田研也さんは、『積み木の街』のイメージ画と世界観から着想を得て制作を開始した。当初は、老夫婦の物語りであったが、最終的には妻を亡くした老人の物語りになった。
 アイデア・スケッチのコーナーでは、加藤さんが、スケッチブックやコピー用紙にアイディアイメージをびっしり描いている。
 その他、動画、背景画、絵本原画など、加藤久仁生の世界に引き込まれてしまう企画展である。
 加藤久仁生展は、若いひとのファンが多く、たくさんの若者で賑わっている。
 会期は、9月10日~平成24年(二〇一二)1月9日(月祝)迄。問い合わせは

 十和田市現代美術館℡0176‐20‐1127迄。
 写真は、オープンニングで挨拶する加藤久仁生さんと

 若いひとで溢れる加藤久仁生展

gennbi1.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする