十和田湖ニュース

ひと 河井 大輔 さん

[十和田湖ニュース]

 ㈱ノースビレッジネイチャーランブリングガイド

kawaidaisuke.gif このほど、㈱ノースビレッジより『奥入瀬渓流自然遊歩マップ』が発刊された。
 これは、奥入瀬渓流の、例えば、自分がいるここから石ヶ戸まで何㌔あるとか、ブナの倒木が流れにかかっているとか、カワガラスがいるとか、ツツジが生えている大岩があるとか、よくもこんなに調べたものだと、清流だけでなく、木、花、コケ、動物など、事細かに書いている。奥入瀬渓流は、通り過ぎる観光客が多い中で、このマップを片手に歩いたなら100倍は楽しめる。そんなマップである。
 このマップをつくった河井大輔さん。「奥入瀬渓流をゆっくり歩いて、いろんなものを探して下さい」と語る。
 河井さんは、昭和39年(1964)大阪生まれの、東京育ち。子どもの頃から自然が好きで、自然の中で暮らすには北海道がいいだろうと北海道の大学に入る。その後、北海道の自然を紹介する雑誌の編集や環境調査などを経て、全国の自然を旅した。
 十和田湖に来たとき、こんなに近くに、下駄履きでも行けるような生活の場にブナの原生林が残っている。こんな素晴らしいところがないと、平成19年(2007)に十和田市に移住した。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする