十和田湖ニュース

錦秋の奥入瀬渓流を行く

[十和田湖ニュース]

 奥入瀬渓流エコロードフェスタ

oirasekeiryu-1.gif 今年の奥入瀬渓流の秋は、まさに錦秋という言葉がふさわしい紅葉であった。
 10月29、30の両日、奥入瀬渓流のマイカーを規制してのエコロードフェスタは、好天に恵まれたこともあって2日間で約6,000人が奥入瀬渓流の散策を楽しんだ。
 観光シーズンには、マイカーでごった返す奥入瀬渓流。この日だけはシャトルバスのみの運行で、参加者たちは錦秋の奥入瀬渓流の景色を楽しみながらゆったりと歩いていた。
 県南から十和田湖へ行くには、今は奥入瀬渓流の道しかないが、本来の奥入瀬渓流は、大町桂月が「住まば日本 遊ばば十和田 歩きゃ奥入瀬三里半」と歌ったように、歩くのが一番である。
 一日も早い奥入瀬バイパスの完成を望む。そのときは、すべての車をシャットアウトし、本当の奥入瀬渓流の姿を取り戻すことができるであろう。

oirasekeiryu-2.gif奥入瀬渓流の代表的な流れのひとつ阿修羅の流れ。激しい流れだが、奥の方が明るく、黄金の国から水が流れているようにも見える

 

oirasekeiryu-3.gif雲井の滝の紅葉は終わっていたが、人気スポットのひとつである

 

oirasekeiryu-4.gif車が来ないので安心して歩ける。景色のいい場所に行くと、ほとんどのひとがカメラないし携帯のカメラを向ける

 

oirasekeiryu-5.gif自転車で渓流をのぼるのもいい

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする