催物案内
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

「あたってコ!」

[催物案内]

 寒い冬
 かつて家族が自然と集まる中心には<こたつ>がありました。

 冬休みの子どもたち、農閑期のおじいさんおばあさん、みんながそれぞれの楽しみ方で参加して楽しめるアートプロジェクトです。・・・美術館にこたつにあたりに来ませんか?来場者が一緒につくる作品、自由に触れる作品。おコタを囲んで日替わりワークショップなどなど。アートしながら「あったか~い団欒」を一緒に過ごしませんか?
 ▽会期/平成24年1月21日(土)~2月5日(日)
   開館時間:9:00-17:00(最終入場閉館30分前まで)
   休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
 ▽会場/十和田市現代美術館
 ▽入場/無料
 ▽主催/十和田市現代美術館

■■展覧会概要■■

▽作品展示、作家によるワークショップ
  各作家による、地元住民ともにつくり上げた作品、触って遊べる作品の展示を予定。
  また、各作家によるワークショップも行います。

▽参加型作品
 ●夢のこたつ計画
  みなさんから集まった夢のこたつのアイデア、イラストを展示。
  その中から1点「あたってみ大で賞」を選び、立体化して展示。
  大賞受賞者には「こたつトロフィー」も授与します。
 ●みんなで裂こう!織ろう!巨大こたつ掛け作り
  十和田の伝統工芸、南部裂織の手法を応用した「段ボール裂き織り」の
  巨大版を会場内に設置。来場者が少しずつ織り足し、会期中つくりあげます。
  材料は、古着の他、キミガラや稲、枝、実など、十和田の農産物や自然も織り込みます。

▽おコタdeワークショップ
  
展示室に来館者が自由にあたれるこたつを複数設置。
  ワークショップやイベントを行うほか、本やおもちゃ
  (福笑い、すごろく、囲碁将棋、野球盤、人生ゲームなど昭和なもの)
  も貸し出すなど、くつろげる空間とする。
  南部裂織のコタツ掛けを使用。

▽外こたつ
  
美術館そばに昨年完成したアートステーショントワダのファサード通路に、
  外こたつを設置し、鍋のふるまい、パフォーマンス等を行います。

▽フィナーレイベント『大団欒』
  
完成した巨大コタツ掛けを、こたつをつなげた巨大コタツに皆でかけて最後の団欒を楽しみます。

■■参加作家(予定)■■

 •島本直尚(しまもとなおひさ)(デザイナー/ウラハラ藝大校長/東京都在住)
 •瀬尾泰章(せおひろあき)(写真家/ウラハラ藝大代表・監修/東京都在住)
 •スサイタカコ(アーティスト/静岡県在住)
 •タナカトウコ(フードクリエイター/ウラハラ藝大ベジ*タベル・ラボ主宰/上北町出身)
 •安斉将(あんざいまさる)(イラストレーター/十和田市在住)
 •沼尾美也子(ぬまおみやこ)(ダンサー/DANCE WAG主宰/三沢市在住)


■■展覧会に関する問い合わせ■■

十和田市現代美術館:佐々木・豊川・加賀
メール:mikako_sasaki@city.towada.lg.jp (佐々木)
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10番9号
TEL:0176-20-1127/FAX:0176-20-1138
 kotatu.jpg