首都圏とふるさとをつなぐ 東京=十和田

居酒屋「りんごの花」 新宿区商店会連合会推奨「金賞」受賞

十和田市出身坂本真奈美さん経営の居酒屋「りんごの花」
新宿区商店会連合会推奨オープン1年目で見事「金賞」受賞

ringonohana.jpg 東京で、青森県の食材及び商品を100㌫使った、青森県をアピールする居酒屋、その名も居酒屋「りんごの花」。その「りんごの花」が、オープンして1年目にして、見事、新宿区商店街連合会推奨「金賞」を受賞した。
 歌舞伎町など日本一の繁華街を持つ新宿区には、93の商店街があり、それに加盟する店が約5600店ある。
 新宿区商店街連合会推奨「金賞」は、その5600店の中から、1年以上経営を継続し、店構え、品揃え、顧客サービス等その創意と努力が地域のお客様に高く評価されている店(但し金融業、風俗関連業を除く)を選び表彰するもの。
 今年度は16店が選ばれ、その一店に居酒屋「りんごの花」が選ばれた。
 居酒屋「りんごの花」は、十和田市出身の坂本真奈美さん(40)が、昨年1月、新宿区荒木町に、青森県の食材と商品にこだわった、青森県をアピールする店を開業した。
 ちなみに、酒は鳩正宗など12蔵及び、長いも焼酎、にんにく焼酎など。野菜は十和田おいらせミネラル野菜。肉はシャモロック、奥入瀬ガーリックポーク。魚は海峡サーモンの刺身。味付けはスタミナ源タレと、オール青森県産。
 それだけではない、津軽三味線ライブや青森県出身の落語家の寄席など、徹底して青森県にこだわっている。
 そんなことから青森県出身者は勿論だが、ふるさとの暖かさを味わいたいと、多くの人が訪れている。
 それが評価され、今回の金賞受賞になったもの。
 青森県の皆さんには、上京したとき、また在京の皆さんにはぜひ一度は立ち寄ってみて下さい。きっとファンになるでしょう。
 場所は、都営新宿線曙橋下車・A1の出口&、東京メトロ四ツ谷三丁目下車・A4の出口から、外苑通りに出て5分。問い合わせは、℡03‐6380‐6724迄。

青森県宣伝の居酒屋「りんごの花」を経営する坂本真奈美さん(写真右)