編集長のたわごと

満70歳になりました

[編集長のたわごと]

 私事であるが、2月10日で満70歳になった。
 40歳になったとき、あることに気がついた。我が家で、私は4代目であるが、80歳前に亡くなったひとがいないのである。それもみな亡くなる直前まで働いていた。それじゃ俺も80歳まで働かなければならないと、仕事年齢を80歳に定めた。それにはサラリーマンでは駄目だと会社を辞め、1年後に現在の仕事を見つけた。
 平成16年(二〇〇四)に、市民大学講師に三浦雄一郎さんに来ていただいた。三浦雄一郎さんは、70歳のときエベレストに登頂した。その翌々年に、東京都老人総合研究所が、三浦さんの体力テストをしたところ、体力は20代の男性と同じだというのである。
 私は、人間って鍛えると40歳は若返ることが出来るんだと、そのとき仕事年齢を90歳まで引き上げた。
 ところがである。私の人生の師である、元青森大学学長の盛田稔先生は、90歳を過ぎてなお現役である。
 大正生まれの盛田稔先生が、90歳を過ぎて現役なら、昭和生まれの俺は100歳まで仕事をしなければならないと、仕事年齢を100歳まで引き上げた。
 そして今、私は70歳を迎え、現在の仕事をして30年経った。
 中学校、高校で国語3で、40歳になるまで返事の来ないラブレター以外書いたことのなかった私が、この30年間でたくさんのことを学んだ。本も5冊出版した。
 100歳まで仕事をするとなると、あと30年働かなければならない。
 今、私は、これからの自分にどんな可能性があるだろうかと、ワクワクしている。
 何故なら、40歳で今の仕事を始めたときはゼロからの出発であった。が、現在の私は、30年間学んできたその上に、あと30年も学び続けることができるからでる。 

kaoru70.jpg70歳の誕生日には、仲間たちと飲んで騒いで祝いました。ご機嫌な私です