夢追人ニュース

梅内美華子さんを講師に寺山修司市民大学短歌学科

[夢追人ニュース]
umenaiminako.jpg 寺山修司五月会(山本優会長)が主催する、寺山修司市民大学の短歌学科が、歌人の梅内美華子さんを講師にこのほど行われた。
 これには40名ほどが参加。寺山修司の短歌について学んだ。
 寺山修司五月会は、当初寺山修司の三沢時代の同級生たちを中心に組織され、この会がなければ三沢市に寺山修司の記念館がなかったといわれるほど、寺山修司記念館建設の中心的役割を担った団体である。
 寺山修司五月会は、記念館オープン以後、毎年8月に行われる「テラヤマ・ワールド」で、県内小・中学生のための俳句大会を行っていたが、平成22年(二〇一〇)より、寺山修司市民大学を開設していた。
 講師の梅内美華子さんは、八戸市出身の歌人で、平成23年度(二〇一一)芸術選奨文学部門で、文科大臣新人賞を受賞。またこのほど歌集『エクウス』で、中堅女性歌人の優れた歌集に与えられる第8回葛原妙子賞を受賞するなど、新進気鋭の歌人である。