夢追人ニュース
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

栗林 隆個展 「WATER水WASSER」大好評!!

[夢追人ニュース]

十和田市現代美術館

kuribayasitakasi.jpg 「おっ!何だこれ!?すげえや」
 栗林さんの展示室に一歩足を踏み入れたとたんに、そう感じたのは、私だけではないであろう。
 漆黒の険しい連山、その麓に雲海が広がる。観る人は、鳥になったか、あるいは飛行機に乗って見ているような、そんな錯覚に陥る。
 ドイツから帰国後、栗林さんの日本で最初の個展「WATER水WASSER]である。
 「WATER]は英語で水。「WASSER]はドイツ語で水。だから日本語に翻訳すると「水・水・水」ということになろう。
 水は液体としての水のみならず、固体としての水、気体としての水、あるいはエネルギーとしての水など、様々な形で存在する。
 人間と自然の関係を一貫として表現する栗林さんならではの作品である。
 栗林隆さんは、昭和48年(一九六八)長崎県出身。武蔵野美術大学卒業後ドイツに留学。平成14年(二〇〇二)デュッセルドルフ・クンストアカデミーをマイスターシューラーとして修了。国内外の現代美術展に出品。海外で高い評価を受けている。
 展示は、9月2日(日)迄。
 作品を上からも見られるように回廊になっている