夢追人ニュース
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

オープン4年1ヵ月で入館者70万人突破!!

[夢追人ニュース]
70mannintoppa.jpg 平成20年(二〇〇八)4月26日にオープンした十和田市現代美術館。平成24年(二〇一二)6月23日、4年1ヵ月で、入館者が70万人を突破した。
 これを月割りにすると月約1万4286人、1日約571人(1ヶ月25日計算)入ったことになる。
 しかもその圧倒的多くは、市外、県外からの入館である。それも昨年の3・11東日本大震災で東北の観光地が軒並み減少している中での、これだけの入場者である。
 十和田市現代美術館の計画が持ち上がったとき、市民をはじめ市議会からも疑問の声があがり、市民の中には「現代美術を余所の人が観るに来るはずがない」と反対集会を開く者もいた。
 それまで現代アートは、地方ではほとんど観ることがなかったから、不安を感じたのは当然であったろう。
 本紙は、平成19年(二〇〇七)1月号より、「野外芸術文化ゾーンって何だ!?」というテーマで、オープン直前の平成20年(二〇〇八)3月号まで連載した。
 その第1は、反対論、賛成論の紹介。
 第2は、金沢21世紀美術館、霧島アートの森、広島市現代美術館、奈義町現代美術館、熊本市現代美術館など、日本の主な現代美術館の作品及び入館状況の紹介。
 第3は、十和田市現代美術館に展示される作品及び作家の紹介である。
 こうして、平成20年4月26日に、市民賛否両論の中オープンした。
 ふたを開けてビックリ。ゴールデンウィーク中の11日間に2万8405人が入場し、関係者をアッといわせた。
 さらに、その年の9月3日、オープン130日目にして10万人突破。
 平成22年(二〇一〇)11月、オープン2年半で50万人突破。
 そして、3・11東日本大震災で出足が鈍ったものの、このほど70万人突破したというわけである