ローカルニュース

寺小屋「稲生塾」始まる

[ローカルニュース]
inaojuku.jpgふるさとを愛する心・武士道の心・開拓の心を養ってもらおうと始まった寺小屋「稲生塾」(新渡戸記念館他主催)。その第3期「稲生塾」が今年も始まった。
 第1回目は、「新渡戸稲造の武士道精神を学ぼう」として、『こども武士道‐大切な教えの巻』(講談社刊)の著者である高橋和の助さんが、武士道精神を活用した実践として、震災の瓦礫の写真を見せながら、その問題をどう解決するかなど意見を出させ、武士道の心である、義、勇、仁、礼、誠などを学んだ。
 第2回目は、「150年前の大行灯をつくろう!」
 第3回目は、「太素の森の話し会~ちょっぴり怖い十和田のミステリー~」
 第4回目は、「とわだ時空調査隊~まちの魅力を伝えよう~」
 第5回目は、11月10日「世界と友だちpart2~料理・音楽などの文化体験(チェコ共和国)~」
 第6回目は、12月1日「書の心は武士道の心~書道&茶道体験~」となっている。
 学校でのいじめと自殺が大きな社会問題になっている今、武士道の心であるまさに義、勇、仁、礼、誠が必要であろう。
 もう始まっているが、問い合わせは、℡0176‐23‐4430