首都圏とふるさとをつなぐ 東京=十和田

十和田市出身の画家 鈴木實さんに青森県文化賞

日展会員の鈴木實さんに青森県文化賞 suzukiminoru.jpg平成24年度の青森県文化賞に4個人1団体が発表された、その一人に十和田市出身の画家鈴木實さんが選ばれた。
 鈴木さんは、昭和5年(一九三〇)1月、十和田市に生まれた。青森師範予科、弘前大学教育学部美術科卒業。美術家の第1期生である。
 卒業後、地元の三本木中学校、五戸高校などの教壇に立つが、地方にいては絵の勉強ができないと上京。
 上京後、教壇に立つ傍ら、全国造形教育研究会の中核として、教育美術の分野で活躍した。
 また画家としては、全国的な美術団体「示現会」で、佳作賞、日展で特選を獲得。現在は「示現会」の常務理事・審査員を務めている。
 平成12年(二〇〇〇)に県褒賞も受賞している。