首都圏とふるさとをつなぐ 東京=十和田

ひと 上久保留美子さん

 旧十和田湖出身、今、ひっぱりだこの経営コンサル会社㈱iiの代表取締役
 kamikuborumiko.jpg
昨年、8月と10月の2回、ポータルミュージアムはっちで、八戸経営セミナーが行なわれた。
 これには、不況といわれ続けている今の状況から脱皮しようという、県南の若手経営者や起業者たちが50人ほど参加し、熱心に聞きいっていた。
 この日のセミナーの講師は、起業支援ネットワークNICe代表理事の増田紀彦さん。
 増田さんは、企業&地域の「不」「負」「普」を、「富」転化しよう!というテーマで話し、「不」「負」「普」に知恵を付加することで、それは「富」に大変身するということで、寒冷地の「不」「負」「普」を「富」に転化した、北海道音更町の、氷点下での南国フルーツ栽培や、山口県周防大島の、ジャム屋と伝統農業コラボの例などを紹介。
 後半はグループに分かれてのワークショップである。
 故郷を元気にしたいという想いで、これを企画したのが、旧十和田湖町出身で、㈱ii代表取締役の上久保留美子さんである。
 上久保さんは、昭和53年(一九七八)旧十和田湖町に生まれた。十和田湖一中、八戸工大二高、日本外国語専門学校卒業。
 上京後、焼き鳥屋でのアルバイト、居酒屋、リゾートレストラン、BAR、高級レストランなどを経て、高級料亭の店長となる。
 しかし、料亭のお客は、上場企業のエリートサラリーマンばかり。
 よし、私も上場企業へ入るぞと、もう一度学校に入り猛勉強。そして念願の上場企業に入った。が、入ったものの、所詮は大きな歯車の一つに過ぎなかった。
 そこで生甲斐を見いだせず、自分らしく働ける職場を探し、平成12年(二〇〇〇)に、リクルートの広告代理店に転職。リクルートでたくさんの経営者たちに会い、経営を学びたいと経営コンサルティング会社へ再び転職。ここで、3年間で、600のフランチャイズ店をつくった。
 これが自信となり、平成21年(二〇〇九)に独立。㈱iiを設立し現在に至っている。
 ㈱iiの問い合わせは、
 〒104‐0061 東京都中央区銀座3‐13‐4 真光ビル4F‐B ℡03‐3209‐7274迄。