夢追人ニュース
  • 十和田市現代美術館の写真1
  • 十和田市現代美術館の写真2
  • 十和田市現代美術館の写真3
  • 十和田市現代美術館の写真4
  • 十和田市現代美術館の写真5
  • 十和田市現代美術館の写真6
  • 十和田市現代美術館の写真7
  • 十和田市現代美術館の写真8
  • 十和田市現代美術館の写真9
  • 十和田市現代美術館の写真10
  • 十和田市現代美術館の写真11

現代美術館 開館5年で約83万人入館

[夢追人ニュース]

5周年記念展「フラワーズ」は9月8日迄
ゴールデンウィーク中だけで25,700人入る
 

hurawa-zu1.jpg hurawa-zu2.jpghurawa-zu3.jpg 十和田市現代美術館(坂戸勝館長)が開館5周年を迎えた。平成20年(二〇〇八)4月26日開館から5月9日まで5年間の入館者数は約83万人である。
 4月27日から始まった、開館5周年記念展「flowers(フラワーズ)」は、4月27日~5月6日までのゴールデンウィーク期間中だけでも、官庁街通りの桜と相まって2万5713人が入館した。
 この「flowers」は、「花」をテーマに14人のアーティストが作品を創るというもの。
hurawa-zu4.jpg しかもその作品は、美術館の中だけに留まらず街に飛び出し、中心商店街の14店舗に展示。観客は案内図を見ながら、街を回遊し観る、街にも「花」を咲かせる、美術館と商店街が一体となった「flowers」である。
 作品を展示した店主は、
 「北海道とか東京、大阪からも来ていました」と喜びを語る。
 展示アーティストは、青山悟、安斉研究所、大庭大介、大巻伸嗣、草間彌生、工藤麻紀子、須田悦弘である。、高橋匡太、チェ・ジョンファ、チームラボ、奈良美智、蜷川実花、藤森八十郎、山本修路の皆さん。 

 写真上/オープニングセレモニーに参加したアーティストたち

       (但し左側3人は館長、副館長、市長)

 写真下/草間彌生さんの花

 写真右/チェ・ジョンファさん(韓国)の花
 写真左/奈良美智さんの花

 一歩街に出て見ると
hurawa-zu8.jpghurawa-zu6.jpg hurawa-zu5.jpg 写真上/十和田市に移住したイラストレーター安斉将さんの花(七丁目バス停前)
 写真中/展示のために店まで変えてしまった山本修路さんの作品(高村食料品店)

 写真下/色とりどりのほうきやモップの花が(AST)

 会期は、9月8日(日)迄