ローカルニュース

十和田市在住のシンガーソングライター桜田まことさん

[ローカルニュース]

3.11東日本大震災支援がきっかけで、このほど全国コンサートツアーを行なった

sakuiradamakoto.jpg 6月29日、十和田市文化センターで行なわれた満席の「桜田まことコンサートツアー2013 inとわだ」は熱気に包まれた。
 これは、4月19日、宮崎市から始まり、福岡、東京、京都など全国16ヵ所で行われた最終回のコンサートであった。
 地元十和田市で、楽器屋をやりながら音楽活動を始めたのは平成6年(一九九四)。それから19年、全国に仲間ができ、「ライブをして欲しい」と声をかけられ、今年は16ヵ所の全国ツアーを行なった他、昨年はカナダから声がかかり、12都市14公演を行なった。
 桜田まことというと、RABラジオ「桜田まこと 風のうた、音の旅」のパーソナリティや、ソフトバンクホークスの応援歌『ぼくたちのホームラン』の作詞・作曲及び歌などで知られている。
itabasikazuyuki.jpg 全国に飛び出すそもそものきっかけは、3・11東日本大震災の支援であった。
 3・11の惨状を見て桜田さんは、被災地の人たちを勇気づけるために音楽で支援できないものかと、遠野市を拠点に、三陸沿岸の子どもたちへの支援活動を行なっているプロジェクトNextに問い合わせた。早速5月に入り、山田町からぜひ来て下さいとの連絡が入り、避難所である保育園でコンサートを行った。さらに、音楽仲間である秋田県出身で元オフコースのメンバーである大間ジローさんらとグループを結成し被災地を廻った。
 今はネットの時代である。その活動をインターネットで見ていたカナダの人たちが、私たちも日本の被災地を応援したいからまことよ来てくれということになった。
 こうして昨年(二〇一二)9月にカナダに行き、12都市14公演をやり、カナダの人たちから行った先々で熱烈な歓迎を受けると共に、多くの義援金を預かり帰ってきた。
 それらの活動の中で生まれた歌の一つ『Rising Sun』の一節を紹介する。

さあ見えるだろう
新しい夜明けが
もう迷わない
振り返らず進もう
涙は全て流してしまおう
夢の種を育てる時が来た

a-suga-ruzu.jpg 桜田まこと 昭和43年(一九六八)十和田市に生まれる。3歳のとき、原因不明の髪が抜け落ちる病気になった。そんなことで子どもの頃はコンプレックスの塊であった。
 中学校に入ったとき、三つ下の妹が習っていたピアノが今は使われず埃をかぶっていた。オフコースが好きだった桜田さん、そのピアノで何気なくオフコースの曲を弾いてみた。自分で弾くピアノの音と、オフコースの音は新鮮だった。それから、学校から帰ると毎日ピアノに向かった。
 コンサートでは、見事なピアノの弾き語りをするが、ピアノの先生についたことなく、運指法もこのとき以来自然に身についたものである。
 三本木高校ではバンドを組み、盛岡大学4年生のとき、カナダに1年間留学。帰国後盛岡で3年間活動。平成6年に帰郷。十和田市で音楽活動を行った。
 最初の10年はコンサートだけでは食えなかったから楽器店を経営しながら活動。平成15年(二〇〇三)よりコンサート活動一本に絞った。それから10年、作曲やコンサート他、音楽プロデュースと活動を広げ、作曲は300曲を超えている。

 桜田さん満45歳。人間としても成熟期に入った。そして全国へと活動も広がった。45歳の新しいスタートでもある。
 弁証法に「量から質への転換」の法則がある。これまで量を積み重ねてきた桜田さん。成熟期に入りどう質的に変化するか楽しみである。

桜田さんがプロデュースするアースガールズと応援に駆けつけた盲目シンガーソングライターの板橋かずゆきさん