はたらくひと必読!仕事人!!

サン・ロイヤル とわだ 総支配人 佐藤 祐二さん

新生!サン・ロイヤル とわだ 目指すは「5つ星なおもてなしステーション」 
satouyuujiji.jpg
佐藤 祐二さんプロフィール
 昭和33年4月11日生まれ(55歳)
神奈川大学 経済学部卒業後に五所川原で勤務、その後、青森市のウェディングプラザ アラスカで7年間ブライダルのノウハウを学び、三沢市の古牧温泉 渋沢公園に引き抜かれ9年間勤める。、星野リゾート奥入瀬渓流ホテルでの勤務、過去の経歴や実績を認められ、今年7月に十和田市のサンロイヤル十和田の支配人となり、今後の活躍が期待される。
 今回取材に行ったのは最近イベントなど数多く企画し話題に上がることが多い「サン・ロイヤル とわだ」の新しい支配人だ。柔らかい物腰と耳障りのいい声で温かく出迎えてくれるような印象を感じた。
 今の仕事を始めたきっかけは当時、県内でもトップを走る「ウェディングプラザ アラスカ」に入社し学んだことから始まった。年間350件もの結婚式をこなしてきた実力と実績を買われ後に「古牧温泉 渋沢公園」へ引き抜かれるが、古牧温泉が倒産し一時離職。後にゴールドマン・サックスが買収し会社経営は「星野リゾート」となる。
 星野リゾートに入社してからは県内外のホテルやブライダルの会社を見て回りいろいろな事を学んだ。
 「奥入瀬渓流ホテル」や「青森屋」ではブライダルだけではなくホールや営業のスキルも身に付け結婚式では3000組以上の経験を積んでいった。
 これだけの経験や実績があればいきなり一国一城の支配人としての仕事が始まった事も至極当然のことかもしれない。いいことを見て真似するだけじゃなく吸収して他では出来ない事をやりたい。お金をかけずにアイディアで勝負。社員一同意識レベルを高めてサン・ロイヤルだから出来ることを考えて実行。会社も十和田市も盛り上げて活性化させたい。
 またそのためには5つの分野で十和田No・1を目指していく理念のテーマとして『5つ星なおもてなしステーション』を掲げた。すでにブライダルの演出では大竹菓子舗とコラボした飴細工のヴェールなど挑戦を感じさせる企画を成功させている。「これからを見てて下さい」と笑顔で語った。