夢追人ニュース

第8回B‐1グランプリで「十和田バラ焼きゼミナール」を銀賞に導いた 舌校長 畑中 宏之さん

[夢追人ニュース]
  若いときはヒッピーとなり世界23ヵ国を放浪
 
hatanakahiroyuki.jpg ご当地グルメでまちおこしの祭典、第8回B‐1グランプリ豊川大会でシルバーグランプリを受賞した十和田バラ焼きゼミナール(以下バラゼミ)。そのバラゼミの中心となってシルバーグランプリに導いたのが舌校長の畑中宏之さんである。
 「B‐1グランプリには、第5回の平成22年(二〇一〇)の厚木大会から出展しているんですが、このとき第8位の入賞でした。
 厚木大会は、初出展だったんで無我夢中だったんですが、第6回大会からは目標を立てたんです。それは、バラゼミのそもそもの目的は食によるまち興しですから、十和田をどうPRするかということです。
 以降、姫路での第6回大会では第8位。北九州での第7回大会では第10位でした。
 実は、優勝すると次回からはオブザーバー参加しか出来ない。この3大会でバラ焼きゼミナールが全国に大分知られるようになって来た。
 そこで今年は優勝を目指そうと、十和田西高校の生徒25名、メンバー25名の50名体制で挑みました」と語る。
 結果、優勝できなかったものの見事第2位に輝き十和田の名を全国に売った。と同時に、優勝に向けての再挑戦の道を残した。
 十和田バラ焼きゼミナールのそもそものきっかけは、平成22年(二〇一〇)の東北新幹線全線開通を控えて、平成18年(二〇〇六)に食でまちづくりをしようと、市の主導で、商工会議所青年部や観光協会、JA、コンサルタントなどをメンバーに調査検討会議が発足した。畑中さんはこの検討会議に商工会議所青年部専務として参加した。
 そこではご当地バーガーや三本木ラーメンなどの様々な意見が出された。が、コンサルタントから、新しいものを作っては成功しない。むかしから食べられているものを探した方がいい。行政主導では3年も持たない。民間でやるべきだなどのアドバイスがあり、その中で目をつけたのが「バラ焼き」であった。
 こうして、平成20年(二〇〇八)12月に有志が出資金を出し合い「十和田バラ焼きゼミナール」が結成された。
 バラ焼きゼミナールでは、スピード感があり、行政に対してノーといえて、自由度のある組織にして行こう。そのためには基本的には補助金に頼らず、税金を納められる活動をして行こうなど活動規範を決めた。こうして平成22年に厚木大会に初出展した。
 バラゼミのすごいことは、この活動に小学生や高校生を巻き込んだことである。それらが高く評価され、テレビや新聞、雑誌などで紹介された他、外務省の在外公館などが行なう広報活動の宣伝資料として、約100ヵ国、200局近いテレビ局に提供され、十和田バラ焼きゼミナールの活動が世界に紹介されることになった。
 また、経済産業省がタイ・バンコクで開催したクールジャパン事業日本食文化の祭典「ジャパン・フード・カルチャー・フェスティバル」にも出展した。
 十和田を全国に売る活動が、そのエネルギッシュな活動によって、全世界に十和田を売ることになった。
 その他、バラゼミの後方支援組織として企業組合ラビアンローズを設立。バラ焼きに関する商品開発などを行なっている。
 畑中宏之。昭和38年(一九六三)8月、十和田市に生まれる。三本木高校卒業後、沖縄大学に入学した。が、ここでヒッピーと知り合い、その話を聞くうちに世界に興味を持ち、それから10年近くかけてインド、中近東、アフリカなど世界23ヵ国を廻った。可愛い子に旅をさせよの諺ごとく、旅で世界を広く見たことが、畑中さんのバラゼミの活動を支えている。
 そして28歳で帰郷。青年会議所、商工会議所青年部を経て、バラ焼きゼミナールへと活動を移した。
 畑中さんは今働き盛りの50歳。このまちをどうして行くか。まだまだこれからを期待したい。
第8回B‐1グランプリで「十和田バラ焼きゼミナール」を銀賞に導いた