夢追人ニュース

十和田市現代美術館副館長 藤 浩志さん

[夢追人ニュース]

「フラワーズ」「十和田奥入瀬芸術祭」など次々と新企画を生み出す

アーティステック・ディレクター

hujihirosi.jpg 十和田現代美術館の開館5周年記念展第1弾4月から始まった「フラワーズ」にしても、9月から始まった第2弾「十和田奥入瀬芸術祭」にしても、首都圏からの若い人たちで溢れた。その5周年企画をプロデュースしたのが、自らも美術家であり、十和田市現代美術館副館長で、アーティスティック・ディレクターの藤浩志さんである。
 「今回の「十和田奥入瀬芸術祭」は、焼山地区の地域再生に美術館がどのように関わるかという問題が重要です。美術の中でいうと、十和田市現代美術館は発信力があり注目されていますから、美術関係者たちが次ぎは何を持ってくるんだろうかと、非常に関心をもっている。
 それと今、いろんなところでアートプロジェクトブームで、芸術祭、トリエンナーレなど、いろんな町や地域がアートを活用するようになってきているんです。
 その中で芸術祭のあり方が問われている。
 芸術祭が、子どもたちにとって、地域のひとにとって、焼山に暮らすひとにとって、遊覧船を運営する会社にとって、十和田湖周辺で暮らすひとにとって、どういう意味があるのかなど、幾つも意味を重ねる必要があります。
 ですから一つの切り口で説明するのは難しい。
 仕掛けるうえでは、一つひとつに意味や思いを込めていて、将来的にはそれらがつながってゆき、十和田市に暮らすひとたちが創造力や活動力を身につけ、創造的な活動が広がっていくことが重要だと思うんです。そして大きくは、十和田市がクリエイティブなまちとして定着してゆけばいいと思っています」
と、熱く、とうとうと語る。
 確かに、十和田市現代美術館ができてこの5年、十和田市が変わった。一つは、首都圏など多くのひとが十和田市を訪れるようになった。二つにはまだ少ないが若い芸術家たちが十和田市に移住するようになってきた。三つには十和田市がクリエイティブなまちとして見られるようになってきているなどである。
 それらを意識的に一層強く進めて行こうとしているのがアーティスティック・ディレクターの藤浩志さんである。
 藤浩志。昭和35年(一九六〇)鹿児島県出身。京都市立芸術大学卒業。在学中は演劇に没頭。そこから空間や地域での表現に興味を持つようになった。
 同大学院修了後、青年海外協力隊として、2年間パプアニューギニア国立芸術学校の講師を務めた。
 帰国後、都市計画のコンサルタント会社勤務を経て、藤浩志企画制作室を設立。以後、地域素材を利用した活動を展開。子どもたちがいらないおもちゃを持ち寄って遊ぶ「かえっこ」は全国に拡がり、青森市ではねぶたの廃材を使って「龍」を制作するなど、30年近く全国100を越える地域でアートプロジェクトに携わってきた。
 十和田市にも、まだ現代美術館構想が出る前の平成5年(一九九三)に、調査のために来十している。
 美術家としても、国際展などに出品している。